「ストロング系チューハイ」、なぜ人気? 愛飲者が理由を分析

カレー沢薫の時流漂流 第7回

「ストロング系チューハイ」、なぜ人気? 愛飲者が理由を分析

2018.09.17

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第7回は、「ストロング系チューハイの人気」について

今回のテーマは「ストロング系チューハイ人気」だ。

ストロング系チューハイの「強さ」とは?

この時点で「おっ俺たちのストロングゼロの話か」と身を乗り出してしまっている。これは、ギャンブル依存症の人間のダイイングフィッシュのような目が、お馬さんの話になったとたんプリズムのように輝き始めるのと同じ原理である。

ここ一年ぐらいで、サントリーのストロングゼロを筆頭に「ストロング系チューハイ」が爆発的に広まってきている。「俺のところには広まっていない」というのなら、それで良いし、新たに興味を持つ必要はない。むしろそのまま「ストロング系チューハイが関係ない世界」にいることをお勧めする。

昨年末など、「ストロングゼロ文学」という大喜利ネタがツイッターで流行ったほどだ。ググってもらえればすぐ出てくるが、「ストロングゼロ文学」とは、簡単に言えば有名な小説などの一文に、突然ストロングゼロをぶち込んで、すべてどうでも良くさせる、というものである。

意味不明に聞こえるかもしれないが、これ以上ストロングゼロの特性を説明している大喜利は存在しない。酒として美味いとか不味いとかの問題ではない。この「どうでもよくさせる」力こそが、ストロングゼロをはじめとしたストロング系チューハイがウケた理由である。

上記はあくまで個人の感想だが、大多数の個人の感想でもある。何故なら、ストロングゼロに関して「味がいい」と言っている人はあまり見かけないからだ。私も味に関しては「アルコール汁」としか思ってないし、美味い液体が飲みたいなら「ファンタグレープ」という神の雫を飲む。

では、何故そんな大して美味くもないものを好んで飲むかというと、何度も言うが「飲むとすべてどうでも良くなる」からだ。激怒したメロスもストロングゼロを飲んだ瞬間、何に激怒していたか忘れてしまうのである。

私も、昨年末に大喜利などでストロングゼロの評判を聞きつけ、試してみた者の1人である。ストロング系の何がストロングかと言うともちろんアルコール度数だ。

標準的なストロング系チューハイの度数は9%である。ストロングでないチューハイのそれよりは高いが、他にも度数の高い酒はいくらでもある。だが、ストロング系チューハイはとにかくすぐ飲めて、酒の回りが早く、あっという間に「すべて忘れてイイ感じ」になれてしまうのだ。

当然、良い事も悪い事も全部忘れてしまうのだが、今の世の中悪い事の方が圧倒的に多いため、ストロングゼロを飲むと「トータルで幸せになれる」のである。

「遊びではない」飲用の副作用

さらに言えば、ストロング系チューハイがウケた理由はその安さだろう。スーパーに行けば100円程度でロング缶が買えてしまう。

ストレス解消の方法は他にもあるし、金をかければいくらでも解消できる。しかし、そんな金銭的余裕がある者ばかりではないし、むしろ金がないことがストレスなのだ。それが100円程度で解消してしまうのである。ストロングゼロが「飲む福祉」という異名で呼ばれるのも納得である。

このように、コスパ最高リピ確定な、ストレス社会の救世主と言っても過言ではないストロング系チューハイだが、もちろん良いことだけではない。他の酒がそうであるように、ストロング系チューハイも飲み過ぎると体に悪いし、アルコール依存症になる恐れもある。

特に「飲むと楽になる」という理由で飲んでいる人間はあっという間に「ストロング系チューハイを飲まないと人と話せない、仕事に行けない」というところまで行ってしまう。

私もストロングゼロを「楽しさ」目的で飲んでいた人間だが、徐々に飲む量が増え、「このままでは問題を忘れるために飲んでいたストゼロのおかげで新しい大きな問題が起る」と察知したので、一旦飲むのを止めた。大体、自分は無職なので、ストゼロを飲んでまで行かなければならない仕事や、話さなければいけない人間もいないのだ。

しかし、ストゼロが有名になってから、各社競い合うように、ストロング系チューハイを出しているし、最近ではアルコール度数12%という、さらなるストロング商品が生まれている。

どうも、世の中全体が「問題の解決」より「解決できないから問題を忘れる」方向へシフトしているように思えてならない。実に私向きの社会だ。むしろ、やっと時代が俺に追いついたと言っても過言ではない。

ちなみに、これは別の媒体の担当の言だ。

「ストロングゼロは酒ではないです。ストロングゼロは、ストロングゼロを飲まなければやってられない人が飲むものです、遊びではないのです。」

遊びではなかったのか。少なくとも、ストロング系チューハイが他の嗜好品と一線を画した存在であることは確かだろう。

最初は遊びのつもりでも、気づいたら地獄の果てまでついて来ているという、さそり座の女みたいになる可能性はある。

手を出す時は注意が必要だ。

連載バックナンバーはこちら

「XC40」でボルボが二連覇! 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員に要因を聞く

「XC40」でボルボが二連覇! 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員に要因を聞く

2018.12.07

日本に丁度いいサイズ感、ボルボ「XC40」が大賞受賞

トヨタは「カローラ スポーツ」と「クラウン」がベスト10に

選考委員に聞く採点理由と「XC40」の評価

「第39回 2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー」はボルボのSUV「XC40」に決まった。前回の「XC60」に続き、ボルボが二連覇を成し遂げた。トヨタ自動車の「カローラ スポーツ」は2位と健闘したが、得点を「クラウン」と分け合うような格好となった分、あと一歩、XC40には及ばなかった。

ボルボ「XC40」とCOTY受賞を喜ぶボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長

受賞で日本向け増産!? 「XC40」は2,000人が納車待ち

XC40はボルボのSUVラインアップで最も小さいクルマだ。日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の受賞理由にも、「日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズ」の一文が入っている。COTYを受賞したボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は、「XC40は日本で約2,000人のお客様に納車を待ってもらっている申し訳ない状態。この受賞をCEOのホーカン・サミュエルソンに報告し、必ずや、日本向けに2,000台の増産を勝ち取りたい」と笑顔で語っていた。

「2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終結果

COTYでは選考委員(今回は60人)が各25点を持ち、「10ベストカー」(今回はスバルが10ベストカー受賞を辞退したので全9台)に各自の評価基準で配点していく。その際、必ず1台に10点(最高点)を付け、残りの点数をほかのクルマに割り振るのがルールだ。今回、その「10点」を最も多く獲得したのが、トヨタのカローラ スポーツだった。

クラウンと点数を分け合わなければ、カローラ スポーツでCOTY受賞を狙えたような感じもするトヨタだが、広報に聞くと、この結果は「想定通り」とのこと。選考委員に聞いた話によれば、トヨタは最後まで、カローラとクラウンのどちらを“推す”のか、態度を鮮明にしなかったそうだ。どちらも自社のクルマなので、ひいきしなかったということなのだろう。

10ベストカーを受賞する「カローラ スポーツ」の小西良樹チーフエンジニア(右)と日本カー・オブ・ザ・イヤー 実行委員会の荒川雅之実行委員長

COTY選考委員に聞く選考理由とボルボ二連覇の感想

COTY表彰式では、選考委員を務めた数人のモータージャーナリストから話を聞くことができた。

諸星陽一さんは、「いいクルマが多くて悩んだ年」だったと振り返る。カローラ スポーツに10点を入れた理由については、「10年後に今年を振り返ったとき、『カローラが若返った年だった』と分かるクルマだったから」とした。XC40については「すごくいいクルマだと思う。サイズ的には少し大きいけど、ボルボの中では日本に合うサイズのクルマだし、クルマそのもののできもすごくよかった。獲るべきクルマが獲ったという側面もあるのでは」と納得の表情だ。

「イノベーション部門賞」はホンダの「クラリティ PHEV」が受賞

御堀直嗣さんはボルボ・カー・ジャパンの広報活動を評価する。情報発信を担当する社員が商品のアピールポイントをよく理解している上、「10ベストカー」の試乗会にはわざわざ最も安いグレードのXC40を持ち込み、商品の“素”のよさを訴求していた姿勢に好感を抱いたそうだ。

御堀さんが10点を入れたのはクラウンだった。その理由は、「欧州車などと競争できる操縦性を持たせながら、国内専用車として培ってきたクラウン独特の乗り心地、しなやかさというか、優しさというか、そういうものを併せ持っていたので」とする。

「エモーショナル部門賞」はBMW「X2」が受賞

森口将之さんはボルボの二連覇に「驚いた」としつつも、「ボルボのブランドは、一言でいえば“のってる”という感じ。海外のカー・オブ・ザ・イヤーやデザインの賞も受賞しているし、『XC90』から始まった新世代ボルボの商品が確実に評価されているのでは」と分析する。

「スモールモビリティ部門賞」はダイハツ工業「ミラ トコット」が受賞

二連覇を成し遂げたボルボからは、ここ数年のマツダとの共通点を感じるというのが森口さんの感想だ。一時期、経営危機にあったマツダは、2012年にSUV「CX-5」を発売して以降、“新世代商品群”と称して次々に新商品を世に問い、評価を高めていった。実際のところ、新世代商品群からは「CX-5」「デミオ」「ロードスター」の3台がCOTYを獲得してもいる。

ボルボもCX90以来、新しいクルマの市場投入を続けており、今回、COTYで二連覇を達成した。経営危機にあったマツダと、一時期は伸び悩んでいたボルボ。その両社が、逆境にあっても守りに入らず、ものづくりをゼロから見つめなおした姿勢を評価したいと森口さんは話していた。

その日、ソフトバンクで何が起こったのか? スマホ通信障害の原因と不安

その日、ソフトバンクで何が起こったのか? スマホ通信障害の原因と不安

2018.12.07

ソフトバンクの携帯電話サービスに全国規模の通信障害が発生

原因はエリクソン製の交換機と発表、世界11カ国で同様の被害

同様の「重大事故」は他社でも起こる可能性、自衛も必要か

ソフトバンクの携帯電話サービスで全国規模の障害が発生した。12月6日13時39分頃発生した障害は全国に影響し、同日18時4分頃まで、4時間30分に及んだ。原因と、残された課題を探る。

交換機の不具合で通信障害が発生?

今回の障害は、LTEに関わる交換機の不具合によるものという。この不具合は、コアネットワーク(基幹通信網)内のSGSN-MME(Serving GPRS Support Node-Mobility Management Entity)という2つのノードで発生した。問題の交換機を製造したのはエリクソンで、現時点では「交換機のソフトウェア証明書のバージョン齟齬」が不具合の原因だったと発表されている。

スウェーデンに本拠を置くエリクソンは、グローバル市場にコアネットワーク向け製品を提供していたことから、イギリス大手のO2をはじめ、世界11カ国の携帯電話キャリアでソフトバンクと同様の障害が発生した。

音声・データ通信ともにつながらない状態が続いた

この交換機の不具合により、ソフトバンクの4G LTE網に障害が発生し、音声・データ通信ともにまったくつながらない(圏外になる)、またはつながりにくい状況になった。その影響で、3G網には通信が集中して輻輳が発生したため、スマートフォンでの通信がまったく行えない、というユーザーが全国で発生した。

同様に固定電話サービス「おうちのでんわ」、自宅用無線LANサービスの「SoftBank Air」もまったく使えない、または使いづらい状況に陥った。サブブランドのY!mobileも同様で、さらにはMVNOでソフトバンク回線を使うLINEモバイルなどにも影響した。

交換機のソフトウェアのバージョンを古いものに戻して復旧を図った結果、同日18時4分頃には障害が解消。当初は通信集中による輻輳も見られたが、翌7日の14時時点では、それも解消して通常通りの利用ができている、という。

「重大事故」に強い是正義務

電気通信事業法では、119番などの緊急通報を行う音声サービスの障害が1時間以上継続し、影響が3万人以上に及んだ場合に「重大事故」として、総務省への速やかな報告を求めている。現時点で、ソフトバンクは影響人数を「調査中」としているが、全国で発生した障害のため、重大事故に該当するのは間違いなく、今後30日以内に原因などを明確に報告する義務がある。

今のところ、これまで9カ月間にわたって使ってきたソフトウェアが、なぜこのタイミングで障害を起こしたのかは分かっていない。証明書の期限が切れたから、という可能性もあるが、現時点ではソフトバンクは「調査中」としている。

とにかく、コアネットワーク内の装置のソフトウェア的な問題による障害だった、ということは明らかになっている。キャリアは、災害時の通信をバックアップするために重要施設を分散化して二重化するなどの対策を取っているが、今回の障害では、ソフトバンクが東京・大阪に置くすべての重要な設備が障害を起こした結果、全国規模での障害となってしまった。

LTE化も影響拡大の背景、他社は他人事ではない

影響が大きくなった背景には、LTE網への移行が進んでいる点も挙げられる。有限の周波数を使っている関係上、キャリアはより効率的なLTEへの移行を推進してきた。3G網で利用する周波数を減らしてLTEに移行した結果、3Gで通信できる容量が限られてしまうため、LTEの障害で3Gしかつなげられなくなったときに、接続できないユーザーが大量に発生したのだ。

音声通話でもLTEを使ったVoLTEが一般化しており、4G LTEが全て影響を受けたため、音声通話にも影響が及び、問題が拡大した。

これに関してはドコモもKDDIも同様で、同じように障害が発生した場合に、「逃げ場」がなくなるという問題がある。とはいえ、3Gはもはや終了を前提としており、バックアップのためだけに残すには無駄が多すぎる。

昨今の通信網はネットワーク構成が複雑化し、どのような障害が発生して、どこまで通信に影響するか分かりづらくなっている。冗長化によってマルチベンダー化することも一つの手段だろうが、重要設備であるため、そのコストも馬鹿にならない。ユーザーの通信料削減のためのコスト削減が求められている現在のキャリアにその余力はないだろう。

もともと、これまでも各社は「重大事故」を起こして対策を整えてきており、災害における対策も重点的に取り組んできた。今回の詳細な原因が明らかになっていないため、キャリア側の対策と今後の取り組みはまだ判断がつけられないが、同じことが起きないような対策が望まれる。

対策の一つとなりうるキャリアの設置する公衆無線LANサービスは、回線に携帯網を使っている例もあり、こうした障害時に使えなくなる危険性もある。キャリアは固定回線化を進めることも必要だろう。

無線LANを使って音声通話を行うWi-Fi Callingという仕組みもあるが、日本のキャリアはサービス提供に及び腰だ。とはいえ、こうした場合の対策としては有効でもあるため、これもキャリアの対応を促したいところだ。

事業者の責任は重いが、ユーザーも自衛すべきか

これに対して、ユーザー側に取れる対策はあるだろうか。今回は、公衆電話を使ったというネットの声もあったが、これも一つの手ではある。とはいえ、急激に数を減らす公衆電話は、いざという時に見つけられるかは分からない。

前述のキャリアの公衆無線LANサービスも利用できる。LINEなどのSNSサービスでの音声通話なら無線LAN環境でも利用できる場合もあるため、ある程度の代替にはなる。キャリア以外の有料の公衆無線LANサービスもあるので、いざという時には一時的な契約もありだろう。サービス間のローミングの仕組みもあれば、追加料金を支払わずに済むので、サービス提供者同士の連携があっても良さそうだ。

筆者は複数キャリアの回線を所有しているが、こうしたバックアップは万人に勧められるものではない。とはいえ、最近のMVNOは、プリペイドカードからすぐに利用開始できるので、こうしたSIMカードを買っておくというのもいいかもしれない。

iPhone Xsのように、eSIMを採用した端末も有効だろう。無線LAN環境があれば、通信プランをインターネット経由で購入してすぐに利用開始できるため、一時的な障害時に購入して使うことができる。物理的なSIMカードのように事前に購入しておく必要がないというのもメリットだ。ただ、国内キャリアが提供していないと、いざという時のバックアップにならないので、各社の対応を期待したい。

障害時にキャリア間でローミングをする仕組みも考えられるが、現状の仕組みではさすがに難しいだろう。複雑化したネットワークは、安易な対策ではカバーしきれなくなっているため、完全に障害を発生させないことは難しい。

ソフトバンクとエリクソンのさらなる究明・対策の公表が待たれるところだが、他のキャリアも他山の石として、設備の検証や対策の検討は必要だろう。