帰ってきたホンダのSUV! 日本復活で再考したい「CR-V」の現在地<br />

帰ってきたホンダのSUV! 日本復活で再考したい「CR-V」の現在地

2018.09.10

ホンダがSUV「CR-V」を国内市場で

日本市場で味わった毀誉褒貶、当初は売らなかった5代目

日本復活は絶妙のタイミング? 「CR-V」を取り巻く状況

ホンダは先頃、しばらくは日本での販売をやめていたSUV「CR-V」を国内市場で復活させた。なぜ今、このクルマを日本に導入するのか。そもそもなぜ、このクルマは日本から姿を消していたのか。このタイミングでCR-Vの過去を振り返るとともに、その日本における可能性を考えてみたい。

日本復活を果たした「CR-V」。サイズは全長4,605mm、全幅1,855mm、全高1,680mm。価格はガソリン車が税込み323万280円~403万560円から、ハイブリッド車が378万4,320円~436万1,040円から

ライトな機構のSUVとしてデビューした初代「CR-V」

「シビック」「インテグラ」「S2000」「NSX」など、スポーティなモデルがイメージをけん引していたホンダだが、1990年代後半にはレジャーユースのクルマの開発に力を入れていく。その代表格となったのが初代「オデッセイ」だ。オデッセイは“クリエイティブムーバー”という位置づけで、「RV」(レクリエーショナル・ビークル)と呼ばれていたクルマに“走りの性能”を加味したモデルとして大ヒットを遂げた。

初代「オデッセイ」(画像提供:本田技研工業)

そのクリエイティブムーバーの第2弾として、1995年に登場したのが「CR-V」だ。初代のスタイリングを見ればわかるように、当時のクロスカントリー4WD的なパッケージングを採用してCR-Vは誕生した。パワートレインは2Lのガソリンエンジンだった。

このパッケージングでありながら、4WDシステムは非常にライトなものだった。採用したシステムは「デュアルポンプ」といわれるもの。前後タイヤの回転差を2つのポンプで検出し、このポンプを使って前後駆動力の伝達を行う方式のスタンバイ4WDだ。当時、すでにスズキ「エスクード」やトヨタ自動車「RAV4」といったSUVが登場していたが、それらに比べ、CR-Vはずっと軽微な装置で4WDを実現したモデルだった。

ライトな機構を採用していた初代「CR-V」(画像提供:本田技研工業)

当時はクロスカントリー走行が重視される傾向が強かった(といっても、日本にはそうした場所はほとんどなかったのだが)こともあり、同システムのオフロード性能は酷評を受けることもあったが、実は日本での使い勝手は非常によく、CR-Vは高い人気を得た。このクルマが登場するまでホンダは、クロカン4WD系の自社モデルを持っておらず、いすゞ自動車の「ミュー」を「ジャズ」という車名で販売したり、ジープ「チェロキー」を「クロスロード」という車名で売ったりしていたこともあって、CR-Vはホンダファンから支持された。

徐々に大きくなったボディとエンジン

大ヒットとなった初代CR-Vはその後、モデルチェンジを繰り返していくことになる。2001年に登場した2代目は、4WDシステムこそ初代同様にデュアルポンプ式だったが、そのシステムは進化していた。2代目CR-Vに搭載されたエンジンは2Lだったが、初代とは異なる型式のものであり、2004年のマイナーチェンジ時には2.4Lに置き換えている。

デュアルポンプ式という機構を引き継ぎつつ、進化も遂げていた2代目「CR-V」(画像提供:本田技研工業)

当時はSUVという言葉が根付くか根付かないかの時代で、日本国内のSUV人気はさほど高くなく、主流はミニバンだったのだが、世界的に見ると、2代目CR-Vは非常に評価され、ヒットした。初代の全幅は1,750mmとすでに3ナンバーだったが、この2代目は1,780mmにまで幅を広げた。

2006年デビューの3代目はさらに大きく、全幅は1,820mmとなった。エンジンは2.4Lのまま。このモデルチェンジの際に、デュアルポンプにワンウェイカムを組み合わせた4WD方式とすることで、後輪への伝達トルク向上とレスポンスの改善を図った。2代目までは2ボックスのクロカン4WDライクなパッケージングであったのに対し、3代目はモノフォルムとなったことも特徴だ。

横幅が1.8mを超えた3代目「CR-V」(画像提供:本田技研工業)

2011年に登場した4代目で、CR-Vは大きな転換期を迎えた。北米での販売を強く意識し、ロサンゼルスオートショーで発表を行ったのだ。ボディ全幅は1,820mmのままだったが、日本での販売台数確保のため、2Lエンジンは復活させた。

北米での販売を強く意識していた4代目「CR-V」(画像提供:本田技研工業)

現行モデルとなる5代目は、ホンダが2015年に発表したもの。しかし、日本には導入せず、北米、中国、アジア、南米、ロシアなどで販売してきた。この5代目で、ボディ全幅は1,855mmにまで広がった。

なぜ今、日本復活なのか

初代のデビュー時、CR-Vは日本でも非常に注目されたモデルだった。2代目のデビュー時も注目度は高かったように記憶しているが、3代目あたりになると、その注目度は少しずつ落ちていったような気がする。3代目のデビューは2006年で、翌2007年には「ストリーム」をベースとした「クロスロード」(前に述べたチェロキーのOEMモデルとは異なる、ホンダオリジナルのクルマ)が登場。大型化、プレミアム化したCR-Vをフォローしたのが、このクロスロードだったのだ。CR-Vが格を上げたことは、かえって注目度を落とす結果につながったのかもしれない。

ホンダオリジナルとなった「クロスロード」(画像提供:本田技研工業)

4代目のデビューは2011年だが、私の記憶では、広報活動はあまり積極的ではなく、ひっそりとしていた印象がある。ホンダの方針としても、日本でのCR-Vは、ちょっと横に置いた存在としているような感じだった。世界的にはSUVのシェアが加速度的に増えていたが、日本ではまだまだということだったのだろう。そんな流れもあり、5代目は発表当初、日本に導入されなかった。

しかし、2017年の東京モーターショーにホンダはCR-Vを展示し、日本での販売再開をアナウンスした。この背景には、日本でのSUV人気の上昇がある。2017年通年の登録車の販売台数を見ると、4位に11万7,299台でトヨタ「C-HR」が入っている。ホンダのミニバン「ステップワゴン」は4万6,457台で22位だ。すでに日本でも、レジャーユースのクルマの主流はミニバンからSUVにシフトしていると見ていいだろう。

2017年の東京モーターショーに登場し、このほど日本で発売となった5代目「CR-V」

「CR-V」を買う前に押さえておきたいポイント

CR-Vには2列シートで5名定員のモデルと3列シートで7名定員のモデルが存在する。この組み合わせのクルマは、日産自動車「エクストレイル」、トヨタ「ランドクルーザー」および「ランドクルーザー プラド」、マツダ「CX-8」、三菱自動車工業「アウトランダー」など選択肢が豊富。CR-Vは後発となるが、こうした実用性重視のモデルの場合は、じっくり選ばれることも多いので、後発で装備が充実しているモデルのほうが、販売面で有利なことも多々ある。そういう意味でも、CR-Vの売れ行きには注目していきたい。

シートは2列か3列か選べる。画像の右側に見えているのが3列目シートだ

アウトドアレジャーの盛り上がりなどもあり、今後しばらくの間、SUVが人気モデルとしてシェアを伸ばしていくことは確実だろう。ユーザーは「本当に3列シートが必要なのか?」であったり、「3列目にはどれくらいの体格の人が、どれくらいの距離ならば乗っていられるのか?」といった点を熟慮してクルマを選ぶことが大切だ。大人数で長い距離を乗るならば、SUVはミニバンに敵わない。

ただ、「ミニバンに乗っていたものの、3列目には滅多に人が乗らなかった……」という人は、SUVの良さを深く感じられることだろう。やはり、SUVの乗りやすさは、ミニバンを大きくリードしているからだ。もちろん、5名までしか乗らないなら、2列シートを選ぶのが賢い買い物だ。

荷室容量は2列シートで5人乗車時がガソリン車で561L、ハイブリッド車で499L。3列シートの7人乗車時は150Lとなる
LINE WORKSを削除(解約)するには?

LINE WORKSを削除(解約)するには?

2019.03.21

LINE WORKSを解約したいと思ったら

解約の前にまずは「所属メンバーの削除」を行う

ユーザーは自分のアカウントを削除できるの?

LINE WORKSを試験的に導入したけれど合わなかったという場合や、利用していたプロジェクトが終了したから削除したいという場合に備えて、LINE WORKSを削除(解約)処理する手順をまとめておく。

LINE WORKSの削除はメンバー削除から

「管理者画面」を開いた上で「基本設定」を開くと、左メニューの一番下に「LINE WORKSの解約」という項目がある。ただし、使っている最中にいきなり解約しようとしても「解約できません」と表示されるはずだ。解約のためには、先に所属メンバー全員を削除しなければならない。

「基本設定」で「LINE WOKRSの解約」を選択
メンバーが残っていると解約できない

メンバー削除は、上メニューで「メンバー」を選んだ画面から行える。最高管理者は削除できないため、解約準備ならば上部のチェックボックスを使って全員を一括選択してから、最高管理者のチェックだけを外すのが簡単だ。上にある「削除」をクリックすると確認画面が表示されるので、「メンバー削除」で完了させよう。

なお「副管理者」など役職者については先に権限を削除してからでなければメンバー削除ができないので注意して欲しい。

「メンバー」で最高管理者以外を選んで「削除」をクリック
確認画面で「メンバー削除」をクリックしよう

解約理由を添えて処理完了

再度「基本設定」で「LINE WORKSの解約」を選ぶと、メンバーの削除が完了していれば解約へ進む画面が表示されるはずだ。最高管理者のパスワードと、解約理由のアンケートを入力すれば解約が完了する。

最高管理者のパスワードを入力
解約理由のアンケートも必須項目だ

個人アカウントの削除方法は?

LINE WORKSを管理者ではなくユーザーとして利用している場合、自分のアカウントを削除することはできない。

LINE WORKSのユーザーアカウントは、会社のメールアドレスのようなイメージだ。アカウントに利用する文字列などはユーザーが決められるが、アカウントの存在自体は管理者がそれぞれに発行している。そのためユーザー側はログインしないことで「使わない」状態にはできても、削除はできない。もし退職する、プロジェクトから外れるなど事情がある場合には、管理者にメンバー削除の依頼を出そう。

同じく、最高管理者の権限を持っている人が異動等でアカウントを削除したい場合には、まずは権限の委任をして、一般ユーザーになってからメンバー削除をしてもらう必要がある。

「LINE WORKS 完全指南 設定&使い方」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/lineworks

関連記事
総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事