当事者の歩み寄りが、eスポーツのよりよいシーンを生む

当事者の歩み寄りが、eスポーツのよりよいシーンを生む

2018.09.03

eスポーツの関係者が歩み寄れば、よりよいシーンを生み出せる

松井氏は大会ガイドライン作成や視聴の拡大、選手の当事者意識を求める

長期的なビジネスパートナーとおもしろいタイトルがeスポーツ発展のカギ

8月22日、パシフィコ横浜 会議センターで開催された「CEDEC 2018」にて、ゲーム開発者に向けたeスポーツシーンについてのカンファレンス「e-sportsでなにかをしたい人たちへ」が行われた。

登壇したのは、数々のeスポーツイベントを開催するグルーブシンクの代表取締役 松井悠氏、プロゲームチームを運営するGamingDの代表取締役 江尻勝氏の両名だ。松井氏と同じグルーブシンクの川本直也氏も登壇予定だったが、運営するeスポーツイベントのトラブルにより、来場することがかなわなかった。

グルーブシンク代表取締役 松井悠氏

eスポーツは多様化するゲームの楽しみ方の1つ

まずは松井氏によるセッションから。

松井氏はゲームを作ること以外はなんでもすると言い、主にeスポーツ関連のサポートやデザインの仕事をしている。「Red Bull 5G」のイベント開催やUnityのサイト制作、ゲーミングスクウェアの運営など多岐にわたる。

冒頭、松井氏は来場したデベロッパーの方々への感謝の意を示した。やはり「ゲームあってこそのeスポーツ」ということだ。

eスポーツの現状に関しては、とりあえず「メシは食える」ところまではきているが、ガッツリ儲かっている人がいるとはまだ聞かないという。eスポーツ元年として、ゲーム業界を中心に各方面で話題となっているものの、まだそこまで市場規模も大きくなく、やれば儲かるものでもないらしい。

職業としてやっていけなくもないが、大儲けできるというところまでには至っていない

次にゲームの楽しみ方が多様化しているという話に。現在は遊ぶ、観る、着る、創る、聴く、競うという楽しみ方ができている。自分でゲームを遊ぶだけでなく、人のプレイを観たり、キャラクターの格好をして楽しんだり、ゲームを創ったり、ゲーム音楽を聴いたり、腕の立つプレイヤーと競い合ったりと、さまざまだ。

そんな多岐にわたっているゲームカルチャーにおいて、競技にフォーカスしたものがeスポーツだと松井氏は考えている。そこで「eスポーツとはどういうものか」を掘り下げていくにあたり、eスポーツへの理解を深めていく必要があるだろう。

遊びのツールとして存在していたゲームも、今やさまざまな楽しみ方があり、その中で競技に特化したものがeスポーツとして注目されている

立場の違う当事者が歩み寄り、eスポーツのよりよいシーンを

松井氏はeスポーツがリアルスポーツと異なる点として、開発者、販売者、競技者の3種類のポジションが存在することを示した。立場によってeスポーツの目的が変わり、パブリッシャーにとってはプロモーションの一貫として、デベロッパーは単純にコンテンツとして、プレイヤーはエンドコンテンツとして、オーディエンスはエンターテインメントとして捉えている。さまざまな立ち位置が存在するeスポーツにおいては、「eスポーツをどうするか」ではなく「eスポーツで何をするのか」を考える必要があるのだという。

eスポーツの特殊な点は、デベロッパー、パブリッシャー、プレイヤーそれぞれのポジションがあり、スタンスがあること。同じものを扱っていても立場によってその内容や目的がまったく違う
黙認と許諾、違法と合法など、まだ明確に線引きができないことが多くあり、それによって二の足を踏んでしまうこともある 
ゲームタイプによってもできることが違う。F2P(Free to Play)タイトル、いわゆる基本無料で、課金や広告で収益を上げるタイプのゲームに必要なこと、できること
パッケージタイトル、いわゆる買い切りタイプのゲームに必要なこと、できること

パブリッシャーもデベロッパーもプレイヤーも、それぞれeスポーツのスタンスの違いから、自分たちに必要なものしか見えていないが、少しずつ歩み寄って行くことで、よりよいeスポーツのシーンを構築できるのではないかと松井氏は提言する。

まず、開発者には競技として観るときに、「誰が、何をしているのか」「どちらが優勢なのか」といった内容をデータとして可視化できる「視聴の拡張」を求めた。次に、パブリッシャーには、その大変さは理解しているが、「イベントや大会のガイドライン作成」を、そしてプレイヤーには、単なる参加者としてでなく、一緒にイベントを作っていくと言う意識を持ち、「お客様然としない」ことを求めた。

カーサッカーゲーム『Rocket League』の大会についてのガイドライン。黙認状態だと、いつ中止にさせられるかわからない状態なので、あらかじめやってはいけないことを示すことで、大会運営側もパブリッシャーも安心することができる

つまり、「ここまでが自分たちの領分」だと線引きをするのではなく、ちょっとした手間を惜しまないで協力し合うことが重要なのだ。

「ファイティングチューズデーというイベントは、元々『ドラゴンボールファイターズ』のコミュニティに、バンダイナムコエンターテインメントが協力し、一大イベントとなりました。今では『ドラゴンボールファイターズ』だけでなく、『鉄拳7』のイベントも行われています」(松井氏)

ガイドラインの件も、海外メーカーではすでに作成しているところが多く、大会を開きたいプレイヤーにとってはわかりやすく、ありがたい。現状日本では、ほとんどがメーカーに許諾申請を行った上で開催するか、許諾は出していないが黙認をしてもらうかのどちらかだ。黙認の状態だと、いつそれが覆るかわからないので、運営側は安心してイベントを開催できない。松井氏も、パブリッシャーにガイドライン作成の話はもちかけているものの、手間がかかる作業なだけに対応してもらえていないところが多いという。

ただ、ガイドラインを策定しているメーカーがある以上、大会運営の安全性や手間を考えると、今後はガイドラインのないタイトルを大会に扱わなくなる可能性もある。そうなると、ますます日本のタイトルがeスポーツシーンから取り残されてしまいかねないので、運営やプレイヤーの領分ではあるが、パブリッシャーの問題でもあるという意識を持った方がいいのかもしれない。

中野にあるeスポーツ施設「Red Bull Gaming Sphere Tokyo」で毎週火曜日に開催されているファイティングチューズデー。『ドラゴンボールファイターズ』のコミュニティ発祥で、後にバンダイナムコエンターテインメントが協力
参加者がそれぞれパソコンを持ち込み、ゲームを楽しむLANパーティ「DreamHack」。現在では、参加者が1万5000人を超える巨大イベントとなった。ゲームの対戦だけでなく、音楽ステージや新作ゲームの試遊、PC機器などのメーカーブースの出展もある

eスポーツの未来は、ビジネスパートナーとおもしろいタイトルにかかっている

ここでGamingDの江尻氏を交えて、質疑応答に移った。

まず、江尻氏に対して「ゲーミングハウスはどれくらいあるのか」という質問が投げかけられる。ゲーミングハウスとは、プロゲーマーがゲームをプレイするための環境を整えたシェアハウスのようなものだ。現状は両手で数えるくらいしかないという。

「ゲーミングハウスにいる選手は給料をもらっているのかという問題もありますし、そもそもゲーミングハウスとして機能するまでに至っていないところもあります。そういったことを踏まえて考えると、まだまだ少ないですね」(江尻氏)

ゲーミングハウスがeスポーツの合宿所のようになっているか、ただゲームができるたまり場のようになっているかなど、きちんと機能しているかでゲーミングハウスとして存在するかどうかといったところだ。

GamingD代表取締役の江尻勝氏

次に「海外のeスポーツは盛り上がっているという話や、巨額な賞金の話はよく聞きますが、大きな大会でも空席は目立ち、チケットでの収益が難しくなっているところもあります。今後はどうなっていくと思いますか」という質問が出た。

「ゲームに関係ない企業と一緒にやっていくことで盛り上げていることも考えられますが、そういった企業はブームが去ると同時に、一緒に去ってしまうので、リスクはあります。長くビジネスパートナーとして一緒にやっていけるかを考えています」(江尻氏)

「おもしろいゲームが出れば盛り上がります。ただ、100年人気が続くゲームはないので、数年ごとにタイトルのローテーションをしていくしかありません。定期的ににおもしろいタイトルが出れば継続していくと思います」(松井氏)

最近では、ゲームに無関係の企業がeスポーツ大会のスポンサーを務めるケースも増えてきた。さまざまな業界を巻き込んで、盛り上がっていくことを願う。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu