eスポーツの理解を深めるセッション開催 - アール氏など6人が解説

eスポーツの理解を深めるセッション開催 - アール氏など6人が解説

2018.08.28

eスポーツ選手はアスリートに近づいている(アール氏)

日本ではゲーム動画を観る土壌ができている(中村鮎葉氏)

自分が好きなものについて胸を張って言えるように(かずのこ選手)

8月21日、東京竹芝にてデジタルとコンテンツの産業拠点構築を目指して活動しているCiP協議会が、その成果を国内外に発信するイベント「YouGoEx」を開催。そのYouGoExにて、eスポーツに関するカンファレンス「e-Sportsエキシビジョン」が行われた。昨今のeスポーツが急速に発展しつつあるものの、まだまだ一般的には認知度が低いため、比較的ライトな層に向けたセッションとなった。

司会を務めるのは、eスポーツ市場に参入している吉本興業の次長課長の2人。どちらもゲーム好きを公言しており、特に井上聡氏は芸人の中でもゲーマーとして名が知れている。

eスポーツについて解説をしてくれるのは次の6人だ。
中村鮎葉氏:ゲームのプレイ動画の配信を中心に行う動画配信サービスTwitchの日本人第1号社員であり、『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ(スマブラ)』のトッププレーヤーでもある。
ゆわ選手:中学生ながら『パズドラ』のプロライセンスを持つ。
リールベルト氏:世界でもっとも人気の高いeスポーツタイトルである『リーグ・オブ・レジェンド』の日本のプロチームで監督を務める。
アール氏:対戦格闘ゲームを中心に動画配信の実況を20年以上続けている。
SHAKA氏:元プロゲーマーで現在ストリーマー(ゲームの動画配信をする人)である。
かずのこ選手:『ストリートファイターVアーケードエディション』や『ドラゴンボールファイターズ』など複数の対戦格闘ゲームの大会に参加し、いずれも好成績を残している。

司会は次長課長の2人。どちらもゲーム好きで知られており、特に井上聡氏は『モンスターハンター』シリーズをはじめ、ハードなプレーヤーとしても知られている

世界でも議論されるe“スポーツ”の名称

最初のテーマはズバリ「eスポーツとは?」というもっともベーシックながら、誰もが知りたい内容が取り上げられた。

eスポーツは競技性のあるデジタルゲームを使い、プレーヤーがその技術を競い合うものだ。いわゆる従来のテレビゲーム大会と変わらないが、その規模とプレーヤーの技術力はまさにアマチュアとプロフェッショナルの差がある。

ただ、スポーツと冠しているだけあり、リアルスポーツとの差異である体を動かすということに関して、「ゲームはスポーツと見られにくいのでは」という次長課長の質問に対して、中村鮎葉氏は「運動でない部分は世界的に議論されています」と日本のみならず、世界でも話題になっていることを示した。

「世界で勝てるプレーヤーは尊敬されています。そういう意味ではアスリートに近づいてきたのではないでしょうか」とアール氏は語る。

これらの話を受け河本氏は、「ゲーム大会のままでは、権威がつけにくいのかも」と、日本人のゲームに対するスタンスとそれに対応するための手段として、スポーツを冠しているのではないかと言及した。

Twitchの日本人の第一号社員とスマブラプレーヤーの2つの肩書きを持つ中村鮎葉氏
対戦格闘ゲームを中心に20年以上の実績を持つ、ゲーム実況のトップランナーであるアール氏

最高賞金総額は『DOTA2』の27億円!

続いて話題はeスポーツイベントで発生する賞金について。ここはプロ選手として長年賞金付きトーナメントに参加しているかずのこ選手に話を聞いた。

「『ウルトラストリートファイターIV』のプロツアーで優勝したときに、1500万円の賞金を得ました。賞金はそれまでゲームばかりやって好き勝手やらせていただいたので、親に少し還元しました」と、かずのこ選手。

1500万円という高額に驚く次長課長の2人だが、そこでSHAKA氏が「大きな大会では2500人くらい参加しますが、それより小規模でも選ばれた選手のみが参加しており、高額賞金に見合うイベントになっています。最高額の話をすると、現在では『DOTA2』というゲームの大会が賞金総額27億円。バンクーバーのバスケコートかスタジアムで開催しており、チケットもプラチナ化しています」と世界の高額賞金大会について紹介した。

中学生ながらすでにプロとして活動しているゆわ選手にも賞金の話が移り、「僕のプロライセンスは賞金がもらえないジュニアライセンスなので、賞金はもらっていません。松竹芸能に所属しているので、そこからギャラを少しもらってはいます」と答えた。

高額賞金やスポンサー支援によってアスリートに近い状況にあるeスポーツ選手。普段どんな生活をしているのだろうか。

「1日10時間以上は練習しています」(かずのこ選手)
「四六時中ゲームに関わっています」(リールベルト氏)
「平日はほとんど『パズドラ』はやっていません。他の方と比べると全然違うので申し訳ないですが、遊び感覚でやっています」(ゆわ選手)
とさまざま。ただ、eスポーツで生計を立てている選手や監督と、プロ選手とはいえまだ賞金を得ていない選手とで、状況による差異とも見て取れた。

『ストリートファイターV アーケードエディション』や『ドラゴンボールファイターズ』などで世界大会に出場し、好成績を残しているプロゲーマーのかずのこ選手
『パズル&ドラゴンズ』のプロ選手としてライセンスが発行されているゆわ選手

eスポーツ観戦はシンプルなルールの動画視聴が第一歩

次の話題はeスポーツ観戦について。これからeスポーツを観戦してみたいという新規ユーザーにとって、どうやったら楽しむことができるかを話し合った。

eスポーツに限らずスポーツはルールや内容を知らないと楽しみにくい。その反面、自分で遊んだことがあるゲームであればとっつきやすいだろう。動画配信サイトには、数多くのゲームタイトルの大会動画があるので、好きなゲーム名で検索し、まずは大会を動画で視聴することが第一歩だ。

「テトリスやソーシャルゲームなどは、ルールも単純であまり詳しくない人も楽しめると思います」と話すアール氏に対して、河本氏から「テトリスでどうやって競い合うんですか?」という疑問が。

そこで中村鮎葉氏が「テトリスの大会はかなり熱いですよ。ブラインドテトリスとかあって、次に来るブロックの形だけは見えるんですけど、積み上がった状態は見えなくなっているんです。それでも、ちゃんとブロックを消していくんです」と答えた。

日本はeスポーツ市場がようやく立ち上がった状態だが、世界ではすでに一大イベントとして確立している。そこで、世界のeスポーツ事情についても言及した。

「ゲームタイトルごとに人気があり、それぞれの大会が盛り上がっています。私が監督しているチームの参加しているタイトルは『リーグ・オブ・レジェンド』ですが、その大会は1カ月くらいかけてやるんです。ちょうど先日サッカーのワールドカップが開催されていましたが、それに近いものがありますね。グループステージで勝ち抜いたチームがトーナメントに進出し、優勝をかけて戦います。会場も中国だとオリンピック会場になった鳥の巣や、韓国のソウルもオリンピックスタジアムなどで開催しています」(リールベルト氏)

観ているほうも、リアルスポーツと同様に良いプレーがでると歓声があがり、盛り上がるとSHAKA氏は述べる。「私が選手だったときは、プレーすることがすべてでしたが、ストリーマーになってからは大会を観るのが楽しくなった。それまで一度もプレーしたことがなかった対戦格闘ゲームも観るようになりました」

話を聞いていた井上氏は「芸人を集めてファミスタ大会とかやるんですけど、プレーしている人だけでなく、まわりで観ている人もすごく盛り上がります」と実体験を語った。

『リーグ・オブ・レンジェンド』のプロチームの監督を務めるリールベルト氏
プロゲーマーを経て、ゲームの動画配信を行うストリーマーに転身したSHAKA氏

日本におけるeスポーツの現状は?

特定の国の事情ではあるものの、これだけ盛り上がりを見せている世界のeスポーツに対して、日本は現状どうなっており、今後どうなっていくのだろうか。

「日本の動画データを見ると、人口の割合から多くの人がeスポーツ大会の動画を視聴していることがわかります。観るという土壌ができているので、今後うまくいくと思います」(中村鮎葉氏)

ただ、問題点がないわけではない。一番の問題点は、日本で好まれているゲームと世界でプレーされているゲームが違っていることだ。

日本で流行っているタイトルで、技術力の高い選手を排出できたとしても、世界でプレーされていなければ、彼らが活躍する大会は存在しないわけだ。これはリアルスポーツでも同様のことで、「世界規模で展開するのか」「国内だけで行うのか」の目的の置きどころを考えなくてはならない。ただ、世界で活躍する場があるということは、活躍のフィールドが広がるので、ある程度はそちらを目指す必要があるだろう。

また、昨今のeスポーツブームで、メディアに多く取り上げられ、企業からも注目されるようになってきた。そのことについて「多くのメディアに取り上げられ、注目されるようになりましたが、もともとゲーム大会を運営していたり、参加している人は、ちょっと混乱ぎみですね」とアール氏。

「日本は世界に追いつこうとして、いろいろ模索していますね。あと、一気に追いつこうとしていることもあり、選手やプレーヤーはちょっと置いていかれた感じもします」(かずのこ選手)

市場が大きくなると、どうしても「これまでやっていた人」以外の人や企業が参加し、それぞれにやりたいことがぶつかってしまうことは多々ある。発展を目指しつつ、これまでやってきた人へのリスペクトも忘れずに、急ぎすぎないように進んでいく必要があるのかもしれない。

将来的な話でも、さまざまな意見が飛び交った。

「東京オリンピックが開催されることで、世界各国の人が日本に訪れます。オリンピックでeスポーツのブースが出るかどうかはわからないですが、確実にeスポーツの大きなイベントは、オリンピック近辺で数多く開催されると思います」(アール氏)

「自分が好きなものについて胸を張って言えるように、ゲームに対する考え方が変わってもらえれば嬉しいですね」(かずのこ選手)

「以前、大会で賞金が発生したときに会社員の選手が、賞金をもらうと副業になってしまうから、会社をやめるかプロ選手を専業にするか、せまられたって話を聞きました。将来的には僕も会社に勤めながら大会に出たりするかもしれないので、こういうことを解消してほしいです」(ゆわ選手)

まだまだ問題点の多いeスポーツだけに、今回のエキシビジョンだけでは解決に至らないのは当然ながら、それでもこのエキシビジョンに参加した人にとっては、eスポーツの理解度が高まったのではないだろうか。

関連記事
NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu