中堅企業が世界最大の見本市「ミラノサローネ」に挑戦 - 担当者が語る出展の裏側

中堅企業が世界最大の見本市「ミラノサローネ」に挑戦 - 担当者が語る出展の裏側

世界規模の家具見本市「ミラノサローネ」

住宅設備のサンワカンパニーが同展に出展

成長中の企業がミラノに打って出た狙いと成果は

はじめまして。サンワカンパニーで広報を担当しています矢頭ユミと申します。

2018年4月、私たちはイタリア・ミラノで開催された「ミラノサローネ国際家具見本市」(以下、ミラノサローネ)にて同時開催されたキッチンの見本市「エウロクチーナ」に出展しました。これで、ミラノサローネへの出展は2回目となります。

2018年4月、ミラノサローネ(エウロクチーナ)でサンワカンパニーが出展したブース

サンワカンパニーはキッチンをはじめとする住宅設備の企画・開発・インターネット販売をしている会社で、主力商品のひとつがキッチンということもあり、キッチンの見本市に出展しています。今年のミラノサローネでは、8種類のコンパクトキッチンを展示しました。

まだ国内でも成長途上のサンワカンパニーですが、わたしたちがなぜ、世界最大の家具見本市に複数回出展しているのか、その理由について、本年の展示の成果と共にご紹介します。

世界中の関係者が集まる「ミラノサローネ」

そもそも「ミラノサローネ」とは何なのか、最初にご説明いたします。「ミラノサローネ」は2018年で57回目を迎える、世界最大の国際家具見本市のことです。ビジネスの場であるため、平日の入場は業界関係者およびプレス関係者に制限され(週末は一般開放されています)、今年は過去最大の43万人以上が来場しました。

巨大な会場は端から端までおよそ2kmの長さがあり、1日ではとても回り切れないほど。各社の最新デザインの商品が趣向を凝らして展示されており、有名なブランドでは、ブースに入場するために長蛇の列をなすようなところもあります。業界関係者が心を踊らせながら、新しい商品・デザインを発掘するのが「ミラノサローネ」です。

出展が難しい本会場にあえて挑戦

「ミラノサローネ」に出展するきっかけになったのは、社長である山根太郎の考えからでした。それは「私たちが目指すのは”世界”のサンワカンパニーであり、そうなるためには世界最大の家具見本市で勝負をするべきだ」というものです。

とはいえ、前述したとおり、私たちはまだまだ国内でも成長の余地があり、客観的に見ても、「まずは国内の市場に注力するべきでは?」と考えられるかと思います。ですが、少子高齢化が進む日本では、日本の住宅に関する市場は縮小していく見込みです。そこで、企業として成長している今の段階から、海外での販路の拡大、そしてブランディングの種まきをすべく、「ミラノサローネ」出展に挑むことになりました。

ところが、「ミラノサローネ」は一般的な展示会と異なり、出展したいと希望を出し、出展料を払えば出られるというものではなく、非常に出展のハードルが高い見本市です。

昨今、ミラノサローネに参加したという大手の日本企業は多くありますが、家具見本市の会場の中ではなく、その周辺で会場を借り、個展のようなかたちでインスタレーションなどを展示されています。そちらも当然大変な事業ではありますが、今回、私達はキッチンを中心に展開する会社として、あえて参加条件が厳しい本会場での参加を選んだのです。

2016年出展時のサンワカンパニーブース

出展を現実のものとするため、当社の商品や出展プランの提示だけではなく、社長の山根が直接、イタリア語でプレゼンをするなど、粘り強く交渉を続けた結果として、2016年、はじめて出展が叶いました。

初出展から、レッドカーペットが敷かれ、人気企業のブースが建ち並んでいる素晴らしい位置で出展させていただきました。これはミラノサローネ主催者からの期待を反映した配置で、光栄な思いとプレッシャーの両方が感じられました。

コンパクトキッチンで世界のライフスタイルを提案

さて、ここからは2018年の展示についてお話したく思います。「The Impact of Compact」をテーマに、コンパクトキッチン8種を展示しました。

デザイナー・Kicco Bestetti氏とのコラボレーションで生まれた、カートのように移動できるキッチン「QB 01」。

このテーマに設定した理由は、ひとつが世界の都市部で住宅の狭小化が進む中、小さい空間に対応しうる、デザイン性の高いキッチンが少ないということ。もうひとつは、コンパクトキッチンを使用する場所が、家の中だけでなくオフィスの中、屋外など現代のライフスタイルの変化とともに広がりをみせているという点に可能性を感じたからです。

実体験からしても、2016年の「ミラノサローネ」出展の際、他のブランドの展示を見たところ、ラグジュアリーなもの、非常に大きなキッチンが多く、コンパクトなキッチンは皆無だったと記憶しています。

デザイナ-・Alessandro Mendini氏とのコラボレーションキッチン「AM 01」。アイランド型として利用できるキャビネットとなっている。

同年はそれに対して、4点のキッチン(ミドルサイズのキッチン2点、コンパクトキッチン2点)を出展しました。中でも特に、「ミニマリズム」デザインをコンセプトとした《セラジーノ》というコンパクトキッチンが会場で注目を浴びました。こうした体験から、コンパクトキッチン自体が、世界市場において大きな可能性を秘めていると感じました。

2016年出展時に注目された「セラジーノ」。2018年の展示商品(写真)では、イタリアのタイル技術と日本の匠の技を組み合わせ、全面タイル張りを実現し展示した。

そこで、2018年の出展時には、世界的に有名な建築家・デザイナーとコラボレーションした新モデルなど、さまざまなコンセプトを持ったコンパクトキッチンを提案することで、ほかの出展企業との差異化を図ることが出来るのではないかと考えました。

イタリアで生産した新製品だったということもあり、初めて今回出展するキッチンと対面したのは、開催直前の会場設営時でした。キッチンだけでなく、そのキッチンがある生活を想起させるような食器やインテリア、照明とともに、8種のキッチンが展開されている様子は、それぞれのキッチンの個性を最大限に引き出したものになっていました。

デザイナー・Elisa Ossino氏とのコラボレーションキッチン「EO 01」。壁面の裏にIHヒーターやシンクを格納したミニマルな設計。

業界関係者の方が、今回の私たちの展示をどのように捉えていただけるのかワクワクしながら2018年の開催を迎えました。

想像を超えた成果

そして、いよいよ本番。サンワカンパニーのブースは周りの展示ブースと異なり、4面開放の白を基調としたブースでした。その中でも8種のキッチンそれぞれの世界観が独立して展示される構成となっていて、展示の美しさを示すと同時に、「このキッチンがあればこういった暮らしができそうだな」と、その先にある生活をイメージできるものになりました。

白を基調とした展示ブース内に、8種のキッチンの世界観を個別に展示した

さらに今回のブースではスタイリング面で、中川政七商店さん、堀田カーペットさん、DYK(高儀さん)と協業させていただき、キッチンスタイリングに使用させていただきました。日本製の品質の高さとデザイン性の高い商品で、スタイリング材自体にもご注目いただきましたし、キッチンのスタイリングともマッチして、これによって、展示自体をワンランク上のものにしていただけたと感じています。

ブース内のスタイリングには、日本の協業先の取り扱う国産製品を活用した

開催初日から、私たちのブースに多くの業界関係者が訪れました。商談の数やプレスの来場者が前回出展時をはるかに超えていたため、「海外販路拡大」「ブランディング」という目標に対してひとつの成果になるな、と期待していました。

そんな中、会期中に当社が「ミラノサローネ・アワード」を受賞したという吉報が舞い込んだのです。来場者の方のお声でもご好評をいただけていたことは認識していましたが、1,841の出展企業の中から最も優れている3社のうちの1社であると評価をいただけるとは想像できなかったため、非常に驚きました。

また、受賞理由も商品・空間展示やコンセプトをトータルで評価していただけたことは、とても名誉なことだと感じています。2年以上、プロジェクトメンバーとともに試行錯誤を続けながら「ミラノサローネ」と向き合い積み重ねてきたことがアワード受賞というひとつの成果になったことは、とても喜ばしいことでした。

​「ミラノサローネ・アワード」受賞時の記念写真

国内にも還流を

当社では現在、東京ショールームにて「凱旋展」という形で「ミラノサローネ」に出展した商品の展示を行っています。

ぜひ「ミラノサローネ」で認められたコンパクトキッチンをご体感いただき、多様なコンパクトキッチンがもたらすこれからの暮らしを想像していただければと思います。

ミラノサローネ2018凱旋展

開催期間:10月28日まで
開場時間:10:00 ~ 18:00 ※入場無料
会場:サンワカンパニー東京ショールーム
詳細は特設Webページにて

プラズマ乳酸菌で労働生産性が向上!? ヤフーとキリンが共同発表

プラズマ乳酸菌で労働生産性が向上!? ヤフーとキリンが共同発表

2018.11.16

キリンとヤフーが共同で健康経営に関する研究を実施

プラズマ乳酸菌の摂取が免疫細胞の司令塔を活性化させることを確認

免疫力アップが労働生産性の向上につながることも導き出した

キリンとヤフーは11月15日に、キリングループの研究している「Lactococcus lactis strain Plasma(プラズマ乳酸菌)」について、共同で実施した研究結果を発表した。

研究結果は、「プラズマ乳酸菌を摂取すると、労働パフォーマンスの指標が向上する」というものだ。いったいどういうことなのだろう。

プラズマ乳酸菌が活性化させるのは免疫細胞の司令塔

そもそもプラズマ乳酸菌とは何か。乳酸菌はヨーグルトなどに入っているイメージだが、プラズマとは違う物質なのだろうか。キリン社によると、プラズマ乳酸菌とは免疫細胞の司令塔を活性化する唯一の乳酸菌だという。

どうやら免疫細胞には命令系統のようなものが存在し、司令塔を活性化させることに成功すれば、司令塔の命令を受けるすべての免疫細胞が活性化されるのだという。

ただし、一般的な乳酸菌が活性化できるのは、命令系統下位の細胞のみ。そのため効果も限られる。それに対して今回研究結果を発表した、プラズマ乳酸菌は免疫細胞の司令塔である「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」を活性化することができるため、免疫細胞全体を活性化することができるという。

そんなプラズマ乳酸菌が労働パフォーマンスとどう関係があるのか。次は、今回の研究で行われた試験内容を見てみよう。

一般的な乳酸菌とプラズマ乳酸菌の違い

元気な体が、低労働生産性の「プレゼンティーズム」を回避

今回の試験は、ヤフー社員226名を対象として行われた。プラズマ乳酸菌1000億個含むヨーグルトを4週間摂取し、体調、気分、労働生産性に関するアンケート評価を実施。その結果、非摂取の状態と比較すると、プラズマ乳酸菌を摂取している状態のほうが、活気があり、体調も良好だと感じている人が多かった。

また、「風邪気味で頭がボーっとする」「下痢で何度もトイレに行く」といった、出勤しているが心身の健康上の問題によって十分なパフォーマンスを発揮できていない状態を「プレゼンティーズム」と呼ぶが、今回の試験によって、このプレゼンティーズムの状態が軽減され、労働生産性が向上したことを確認できたという。

つまり、プラズマ乳酸菌を毎日摂取することで、生体内の免疫が活性化し、体調がよくなり、プレゼンティーズムを改善して労働生産性が向上することがわかったのだ。

簡単に言うと、プラズマ乳酸菌を摂取して元気な状態で仕事をすれば、高いパフォーマンスを発揮できるということである。

プラズマ乳酸菌の摂取によってプレゼンティーズムが改善するという結果が得られた

キリン 代表取締役社長の磯崎功典氏は「従業員とその家族が健康であることは、社会にとってプラスの価値を生みます。健康寿命が延びることによる労働力の確保、ひいては、経済の活性化にもつながると考えました。その結果、従業員は考える時間やチャレンジする時間を持てるようになり、仕事のパフォーマンス向上や、イノベーションの実現につながっていくでしょう」と、キリンが健康経営に力を入れる理由を説明した。

キリン 代表取締役社長の磯崎功典氏

同社が乳酸菌事業に参入してから1年。すでに、初年度の売上額は、目標の1.5倍の額にあたる55億円に達しているが、さらに拡大していき、3年後には2.7倍の150億円を目指す。

たしかに筆者自身も、プレゼンティーズム状態だと感じることはしばしばある。疲労だけでなくオフィス内の騒音なども、仕事に集中できない原因の1つだと思われるが、はたして、そのようなメンタル面のプレゼンティーズムも改善されるのだろうか。実際にプラズマ乳酸菌を飲んで、試してみたいところだ。

『パワプロ』eペナントレース開幕! 元プロ野球選手の解説も

『パワプロ』eペナントレース開幕! 元プロ野球選手の解説も

2018.11.16

『パワプロ』のeペナントレースが開幕

プロアナウンサーの実況と元プロ野球選手の解説で盛り上がりを見せた

規模の大きさにプロ選手も緊張していた様子

コナミデジタルエンタテインメントとNPB(一般社団法人日本野球機構)は、11月10日に、ベルサール渋谷ガーデンにて「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018」の開幕戦を開催した。

eBASEBALLは、『実況パワフルプロ野球』のeスポーツイベント。プロ野球全12球団に登録された3名ずつ、計36名のプロゲーマーによって行われる。リーグ内で各チームと3戦ずつ、全15戦行い、ペナントレースを争う。

今回、先だって行われたプロテストeドラフト会議を経て、いよいよ開幕を迎えることになった。開幕戦では、セ・パ両リーグともに試合が行われたが、基本的に土曜日にセ・リーグ、日曜日にパ・リーグの試合が開催される。

試合前にはオンライン投票での勝敗予想も行われる。チーム自体の強さもさることながら、プレイする選手の実力も加味して投票される
全チームではないが、球団マスコットも会場に駆けつけた。一緒に写真撮影したり、サインをもらったりと、ファンにとっては貴重な一日となったのではないだろうか
オープニングでは、ベリーグッドマンによるテーマソングも披露された

1節に実施される試合回数は各チーム3戦。チームの選手が1人ずつ対戦する形式だ。試合は6イニング制で、延長は9回まで。3戦連続で試合をするため、ゲーム内選手のスタミナ面などが後の試合に影響する。つまり、実際のペナントレースと同様に、投手起用などを考える必要が出てくるのだ。

また、選手の調子はランダムで決定される。主力選手の好不調に合わせて戦略を変える必要もあるだろう。エラーや悪送球なども一定確立で発生するので、eスポーツとしては珍しく運要素もある。とはいえ、実際のスポーツ、今回題材としている野球においても運要素がまったくない訳ではないので、そこは逆にリアルとも言える。

試合直前に発表される選手の調子。絶好調、好調、普通、不調、絶不調の5段階あり、絶不調の場合、選手の持つ特殊能力が発動しなくなる。選手の好不調と実力を考え、オーダーを組み直す必要もあるだろう。主力選手が絶不調だったときの絶望感は相当なものだ

開幕戦は、メインスタジアムのセンタースタジアムと、レフトスタジアム、ライトスタジアムの3カ所で実施。いずれもプロのアナウンサーによる実況と元プロ野球選手の解説が行われた。3つのスタジアムでは同時に試合が進行し、他のスタジアムの途中経過なども表示されるといった、まさにプロ野球中継さながらの臨場感を味わえるようだった。会場にいれば、好きなスタジアムでの観戦ができるのも嬉しいところだ。

左からニッポン放送アナウンサーの清水久嗣氏と元中日ドラゴンズ監督の谷繁元信氏、プレイヤーゲストのまめしば氏
左からeスポーツ専門アナウンサーの平岩康佑氏と元千葉ロッテマリーンズの黒木知宏氏、プレイヤーゲストのアールグレイ氏
左から文化放送アナウンサーの槙島範彦氏とギャオス内藤氏、プレイヤーゲストのハル氏
左から清水久嗣アナウンサーと元ソフトバンクホークスの多村仁志氏、プレイヤーゲストのまめしば氏
左からフリーアナウンサーの田中大貴氏と前ヤクルトスワローズ監督の真中満氏、プレイヤーゲストのめし原氏

開幕戦で注目カードの1つとなったのが、センタースタジアムの第2戦で行われた中日ドラゴンズ対ヤクルトスワローズの一戦。ドラゴンズ愛あふれるでらナゴ!選手とeドラフト会議で4チームから指名を受けたマエピー選手の試合だ。ある程度の打撃戦となることは予想されたが、結果は7対3ででらナゴ!選手の勝利。昨年の覇者であるマエピー選手が初戦を落とすという波乱の展開となった。

3試合通しての結果としては、唯一3連勝を飾った西武ライオンズが、頭ひとつリードと言ったところ。セ・リーグは、2勝1敗2チーム、1勝1敗1分2チーム、1勝2敗2チームと混戦状態だ。なお、試合結果と順位表は公式ページからも確認できる。

昨年までも「パワプロチャンピオンシップ」として、大会は開催されていた。しかしながら、いわゆるeスポーツのような位置づけでもなく、注目度も高くなかったこともあり、今年はプロ選手によるeBASEBALLとして大きく様変わりしている。大会出場経験のある選手たちも、規模の大きさや注目度の高さに驚いているようだった。

読売ジャイアンツ所属のティーノ選手は「人前でプレイするのは昨年もやっていましたが、規模が違いますね。打撃が得意だったので、今回の試合も10点くらい取れるかなと思っていましたが、ベルガモット選手も私も3安打とまったく打てませんでした。気がつかないうちに緊張をしていたんだと思います」と、感想を述べた。

東京ヤクルトスワローズのマエピー選手も「すごく緊張しました。キャッチャーの送球が逸れまくって、4回の盗塁のうち、本来なら2回は刺せたと思いましたし、ピッチャーの悪送球やサードのエラーなど、かなり運にも見放されていました。ただ、それを差し引いたとしても、打ち負けていたので、完敗です。来週に向けて練習してきます」と語っていた。

横浜DeNAベイスターズのAO選手は「たぶん、私は数少ない3年連続出場の選手なのですが、今年はやはり独特です。この場の雰囲気に緊張しました。ただ、勝てばヒーローになれると思っていましたし、逆転ホームランを打ったときの大歓声はすごくて、大舞台での試合を楽しめました」と、いずれにしても大会の規模と注目度には緊張をしていたということがわかった。

阪神タイガースの実力者ベルガモット選手と対戦し、1対0で勝利を収めた読売ジャイアンツ所属のティーノ選手
珍しく大敗を喫した東京ヤクルトスワローズ所属のマエピー選手
少ないチャンスをものにし勝利した横浜DeNAベイスターズ所属のAO選手

そのほか、大会の見どころとしては、元プロ野球選手の解説が間近で聞けることや、球団マスコットとふれあえることが挙げられるだろう。アメリカのいわゆるボールパーク状態で、野球や『パワプロ』に興味がない人も十分に楽しめる時間となったのは間違いない。

今後の予定は、毎週土日にeペナントレースが行われ、12月16日には、クライマックスシリーズにあたる「eリーグ代表戦」が行われる。さらに来年の1月12日には「e日本シリーズ」も開催予定だ。

開幕戦のすべての試合はYouTubeのKONAMI公式チャンネルにアーカイブされているので、興味がある人は観てほしい。プロによる実況解説、試合展開の盛り上がりなど実際のプロ野球と比べても遜色ないので、プロ野球ファンも是非。