天井から音が降り注ぐ、照明とスピーカーの融合 - パナソニック「AIR PANEL LED THE SOUND」

モノのデザイン 第36回

天井から音が降り注ぐ、照明とスピーカーの融合 - パナソニック「AIR PANEL LED THE SOUND」

2018.03.13

パナソニックから2月21日に発売された「AIR PANEL LED THE SOUND」。LEDシーリングライトとスピーカーが合体したユニークな製品だ。

LEDシーリングとして調色や調光ができるのはもちろん、Bluetooth経由でスマートフォンと連携することで、スマートフォン内の音楽を再生できる。また、ワイヤレス送信機同梱タイプは、ワイヤレス送信機と通信することでテレビの音を流すこともできる。

2月21日発売のパナソニックの「AIR PANEL LED THE SOUND」。LEDシーリングライトとスピーカーを合体化させた画期的な商品。天井に取り付けて空間をスタイリッシュに見せる

光とともに天井から音が降り注ぐように流れるというのは、これまでにはない感覚の体験だ。そこで今回は、同製品の開発やデザインに携わった2人の担当者に、製品のコンセプトをはじめ、開発プロセス、デザイン上のこだわりについて話を伺った。

LED部門の企画・開発担当者を務めた、パナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部コンシューマ商品企画課の居相徹氏(左)とデザイン担当の同社デザインセンターの速水拓氏(右)

同製品の開発は、およそ2年前の2016年に遡る。2016年10月に、パナソニックは「AIR PANEL」シリーズと呼ばれるLED シーリングライトを発売。AIR PANEL LED THE SOUNDは同シリーズの角型タイプ(2017年9月発売)をベースに、同社のBluetoothスピーカーを搭載したものだ。

しかし、この製品は、シーリングとスピーカーのどちらを出発点として生まれたものではないという。「生活シーンからの発想で、どちら側が先というわけではない。パナソニックとして、事業を横串に新しい住空間の価値を提供できないか? と考えた際に辿り着いたのが、あかりと音の融合でした」と語るのは、主にLEDシーリング側の企画・開発部分の担当者を務めた、パナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部コンシューマ商品企画課の居相徹氏だ。

製品開発の初期の段階での課題は「組み合わせをどうするか? 」。最初の時点では、すでにあるものを合体させただけのものだったそうだが、真っ先に問題となったのはやはりスピーカーの音質。というのも、スピーカーの音質を直接的に左右する要素は"容量"になるが、天井に取り付けるシーリングとしての機能を満たすために大きくはできないからだ。主にLEDシーリング部分のデザインを担当した、パナソニックエコソリューションズ社 デザインセンターの速水拓氏は次のように苦悩を明かした。

「音をよくするために、スピーカーの担当側は当然容量が必要だと主張します。そこで、なるべく小型軽量で音のいいスピーカーにしようとプロトタイプを作っては実験を繰り返しましたが、何個作っても納得のいく音にできませんでした。またシーリングライトとしても十分な機能を満たす必要があります。理論上はうまくいきそうだと思っても、光の漏れ方やスピーカーとのバランスは実際試作品を作って見てみないことには結果はわからないという状態で、それぞれ単体の製品を作るのに比べるとはるかに手間がかかりました」

スピーカーとLEDシーリングライトを合体させることにより、単体での製品では検討する必要のない要素も克服しなければならなかったという。特に、LEDシーリングライトは天井の照明用配線器具にワンタッチでの取り付けが必至となる。配線器具の耐荷重は5キロまでのため、重量を抑えつつもスピーカーを装備しなければならない点が特に難しかったと話す。

AIR PANEL LED THE SOUNDには、最終的にLEDシーリングライトの両サイドに2つのスピーカーが搭載された。3×9センチのコーン型ユニットで、新たに設計されたバスレフポート(低音域の増幅器)を内部に備え、コンパクトでありながらも低域を増強することでバランスのよい音質を実現。また、ネオジウムマグネットと呼ばれる素材を採用することでグラム単位の軽量化と磁気回路の増強を図り、クリアで広がりのある音響効果を達成したとのことだ。

AIR PANEL LED THE SOUNDのスピーカー部分。小型軽量のために新たに開発されたスピーカーユニットとパスレフポート孔から主に構成されている

AIR PANEL LED THE SOUNDは、単なるLEDシーリング一体型スピーカーではない。サウンドが天井から降り注ぐように広がるという、これまでにないユーザー体験を提供しているのも特長だ。

というのも、通常の置き型スピーカーの場合は、正面に向かい合った場合を想定して再生される音の設計がなされる。そのため、一般的にスピーカーの中心から左右にずれたり、離れるほどに音圧が弱まる傾向にある。

これに対し、AIR PANEL LED THE SOUNDは天井から音が降り注ぎ、部屋全体へと広がるように設計されている。部屋のどの位置に居ても、聞こえ方に違いが少ないのだ。簡単に言うと、"指向性スピーカー"の逆のようなもので、スタジオにいるかのように、どの位置からでも同じように聞こえるという特異なスピーカーだ。

スピーカーユニットには、ネオジウムマグネットと呼ばれる素材を採用。グラム単位の軽量化を目指すとともに、磁気回路の増強が図ら、重量の問題と音質を両立させることに

居相氏によると、AIR PANEL LED THE SOUNDでは、平均的な大人がソファに座った際の耳の高さとなる1.2メートルに近いほど、音が広がる設計がされているそうだ。さまざまな検証の結果、スピーカーの取り付け角度は12.5°で、厚さ99ミリというのが、極力薄く小型軽量でありながらも最も部屋全体に音が広がる条件となったといい、それに合わせてスピーカーの設計がなされたのだという。また、天井に取り付ける製品である限り、集合住宅などの場合には、上階に音を響かせてはいけない。「音が響かないかということも含めてしっかり検証しました」と振り返る。

AIR PANEL LED THE SOUNDは、360°に広がる音の体験と3方向の照らし分けによる、空間演出の新たなユーザー体験を提供することをプロジェクトの軸として開発が進められた

AIR PANEL LED THE SOUNDで再生した音や音楽を実際に体験してみると、スピーカーは左右2チャンネルだが、それぞれの音がオーバーラップするように聞こえるのも特長だ。モノラルでもサラウンドシステムでもない、かつて経験したことのない音の聞こえ方だ。

「天井から聴こえるという360°スピーカーなので、そもそも左右のチャンネルという概念がありません。しかし、音のソース自体は左右に分かれています。この部分はスピーカーの担当チームがとても苦労した部分で、デジタル的な信号処理によりミキシングをうまく行い、最適化が図られました」と居相氏。速水氏も「オーディオ製品も手がけているメーカーとして、"パナソニック"のオーディオとして恥ずかしくないものを出さなければならないという意気込みがありました」と付け加えた。

一方、外観上のデザインについては、部屋のインテリアの一部を成すLEDシーリングライトとして洗練されたものでなければならない。AIR PANEL LED THE SOUNDの原型となった「パネルシリーズ」には、丸形や三つ葉のクローバーのような3枚パネルのタイプなどもラインナップするが、速水氏によると、角型タイプが採用されたのは実空間への"なじみやすさ"を最優先させたためだという。

2枚のパネルとセンター光で3方向に照らし分けが行えるAIR PANEL LED THE SOUND。色味や明るさと方向の組み合わせで、1つの部屋に居ながら照明により気分や目的に合わせて、生活空間の雰囲気やムードを変えられる

「他のタイプもそれぞれに人気があるのですが、どんな部屋やインテリアにも溶け込むスタイリッシュさという点では、スクウェアフォルムが最適だということで選ばれました。同じように、スピーカー部分に関してもある程度"アイキャッチ"でありながらも、目立ちすぎず、違和感なくすっきりとなじませるかでいくつものパターンを作って試行錯誤を繰り返しました」

AIR PANEL LED THE SOUNDは、生活シーンに対して「新たな空間価値を創造する」というのが製品開発の原点にある。スピーカーから流れる音とともに、照明器具としては、2枚のパネルとセンター光で3方向に照らし分けることができるなど、シーンに合わせた空間演出やパーソナライゼーション機能を提供する製品でもある。

そういう意味では、これからの日常生活の在り方を変える発明品とも言える。また、白物家電の1つである照明器具と、黒物家電の1つであるオーディオ機器を単に利便性のためだけに一体化させたのに留まらず、それぞれの潜在的な魅力を新たに掘り起こすことを成功させた。総合電機メーカーとして長年の実績を持つパナソニックだからこそ具現化できた製品とも言える。

LINE WORKSを削除(解約)するには?

LINE WORKSを削除(解約)するには?

2019.03.21

LINE WORKSを解約したいと思ったら

解約の前にまずは「所属メンバーの削除」を行う

ユーザーは自分のアカウントを削除できるの?

LINE WORKSを試験的に導入したけれど合わなかったという場合や、利用していたプロジェクトが終了したから削除したいという場合に備えて、LINE WORKSを削除(解約)処理する手順をまとめておく。

LINE WORKSの削除はメンバー削除から

「管理者画面」を開いた上で「基本設定」を開くと、左メニューの一番下に「LINE WORKSの解約」という項目がある。ただし、使っている最中にいきなり解約しようとしても「解約できません」と表示されるはずだ。解約のためには、先に所属メンバー全員を削除しなければならない。

「基本設定」で「LINE WOKRSの解約」を選択
メンバーが残っていると解約できない

メンバー削除は、上メニューで「メンバー」を選んだ画面から行える。最高管理者は削除できないため、解約準備ならば上部のチェックボックスを使って全員を一括選択してから、最高管理者のチェックだけを外すのが簡単だ。上にある「削除」をクリックすると確認画面が表示されるので、「メンバー削除」で完了させよう。

なお「副管理者」など役職者については先に権限を削除してからでなければメンバー削除ができないので注意して欲しい。

「メンバー」で最高管理者以外を選んで「削除」をクリック
確認画面で「メンバー削除」をクリックしよう

解約理由を添えて処理完了

再度「基本設定」で「LINE WORKSの解約」を選ぶと、メンバーの削除が完了していれば解約へ進む画面が表示されるはずだ。最高管理者のパスワードと、解約理由のアンケートを入力すれば解約が完了する。

最高管理者のパスワードを入力
解約理由のアンケートも必須項目だ

個人アカウントの削除方法は?

LINE WORKSを管理者ではなくユーザーとして利用している場合、自分のアカウントを削除することはできない。

LINE WORKSのユーザーアカウントは、会社のメールアドレスのようなイメージだ。アカウントに利用する文字列などはユーザーが決められるが、アカウントの存在自体は管理者がそれぞれに発行している。そのためユーザー側はログインしないことで「使わない」状態にはできても、削除はできない。もし退職する、プロジェクトから外れるなど事情がある場合には、管理者にメンバー削除の依頼を出そう。

同じく、最高管理者の権限を持っている人が異動等でアカウントを削除したい場合には、まずは権限の委任をして、一般ユーザーになってからメンバー削除をしてもらう必要がある。

「LINE WORKS 完全指南 設定&使い方」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/lineworks

関連記事
総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事