天井から音が降り注ぐ、照明とスピーカーの融合 - パナソニック「AIR PANEL LED THE SOUND」

モノのデザイン 第36回

天井から音が降り注ぐ、照明とスピーカーの融合 - パナソニック「AIR PANEL LED THE SOUND」

2018.03.13

パナソニックから2月21日に発売された「AIR PANEL LED THE SOUND」。LEDシーリングライトとスピーカーが合体したユニークな製品だ。

LEDシーリングとして調色や調光ができるのはもちろん、Bluetooth経由でスマートフォンと連携することで、スマートフォン内の音楽を再生できる。また、ワイヤレス送信機同梱タイプは、ワイヤレス送信機と通信することでテレビの音を流すこともできる。

2月21日発売のパナソニックの「AIR PANEL LED THE SOUND」。LEDシーリングライトとスピーカーを合体化させた画期的な商品。天井に取り付けて空間をスタイリッシュに見せる

光とともに天井から音が降り注ぐように流れるというのは、これまでにはない感覚の体験だ。そこで今回は、同製品の開発やデザインに携わった2人の担当者に、製品のコンセプトをはじめ、開発プロセス、デザイン上のこだわりについて話を伺った。

LED部門の企画・開発担当者を務めた、パナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部コンシューマ商品企画課の居相徹氏(左)とデザイン担当の同社デザインセンターの速水拓氏(右)

同製品の開発は、およそ2年前の2016年に遡る。2016年10月に、パナソニックは「AIR PANEL」シリーズと呼ばれるLED シーリングライトを発売。AIR PANEL LED THE SOUNDは同シリーズの角型タイプ(2017年9月発売)をベースに、同社のBluetoothスピーカーを搭載したものだ。

しかし、この製品は、シーリングとスピーカーのどちらを出発点として生まれたものではないという。「生活シーンからの発想で、どちら側が先というわけではない。パナソニックとして、事業を横串に新しい住空間の価値を提供できないか? と考えた際に辿り着いたのが、あかりと音の融合でした」と語るのは、主にLEDシーリング側の企画・開発部分の担当者を務めた、パナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部コンシューマ商品企画課の居相徹氏だ。

製品開発の初期の段階での課題は「組み合わせをどうするか? 」。最初の時点では、すでにあるものを合体させただけのものだったそうだが、真っ先に問題となったのはやはりスピーカーの音質。というのも、スピーカーの音質を直接的に左右する要素は"容量"になるが、天井に取り付けるシーリングとしての機能を満たすために大きくはできないからだ。主にLEDシーリング部分のデザインを担当した、パナソニックエコソリューションズ社 デザインセンターの速水拓氏は次のように苦悩を明かした。

「音をよくするために、スピーカーの担当側は当然容量が必要だと主張します。そこで、なるべく小型軽量で音のいいスピーカーにしようとプロトタイプを作っては実験を繰り返しましたが、何個作っても納得のいく音にできませんでした。またシーリングライトとしても十分な機能を満たす必要があります。理論上はうまくいきそうだと思っても、光の漏れ方やスピーカーとのバランスは実際試作品を作って見てみないことには結果はわからないという状態で、それぞれ単体の製品を作るのに比べるとはるかに手間がかかりました」

スピーカーとLEDシーリングライトを合体させることにより、単体での製品では検討する必要のない要素も克服しなければならなかったという。特に、LEDシーリングライトは天井の照明用配線器具にワンタッチでの取り付けが必至となる。配線器具の耐荷重は5キロまでのため、重量を抑えつつもスピーカーを装備しなければならない点が特に難しかったと話す。

AIR PANEL LED THE SOUNDには、最終的にLEDシーリングライトの両サイドに2つのスピーカーが搭載された。3×9センチのコーン型ユニットで、新たに設計されたバスレフポート(低音域の増幅器)を内部に備え、コンパクトでありながらも低域を増強することでバランスのよい音質を実現。また、ネオジウムマグネットと呼ばれる素材を採用することでグラム単位の軽量化と磁気回路の増強を図り、クリアで広がりのある音響効果を達成したとのことだ。

AIR PANEL LED THE SOUNDのスピーカー部分。小型軽量のために新たに開発されたスピーカーユニットとパスレフポート孔から主に構成されている

AIR PANEL LED THE SOUNDは、単なるLEDシーリング一体型スピーカーではない。サウンドが天井から降り注ぐように広がるという、これまでにないユーザー体験を提供しているのも特長だ。

というのも、通常の置き型スピーカーの場合は、正面に向かい合った場合を想定して再生される音の設計がなされる。そのため、一般的にスピーカーの中心から左右にずれたり、離れるほどに音圧が弱まる傾向にある。

これに対し、AIR PANEL LED THE SOUNDは天井から音が降り注ぎ、部屋全体へと広がるように設計されている。部屋のどの位置に居ても、聞こえ方に違いが少ないのだ。簡単に言うと、"指向性スピーカー"の逆のようなもので、スタジオにいるかのように、どの位置からでも同じように聞こえるという特異なスピーカーだ。

スピーカーユニットには、ネオジウムマグネットと呼ばれる素材を採用。グラム単位の軽量化を目指すとともに、磁気回路の増強が図ら、重量の問題と音質を両立させることに

居相氏によると、AIR PANEL LED THE SOUNDでは、平均的な大人がソファに座った際の耳の高さとなる1.2メートルに近いほど、音が広がる設計がされているそうだ。さまざまな検証の結果、スピーカーの取り付け角度は12.5°で、厚さ99ミリというのが、極力薄く小型軽量でありながらも最も部屋全体に音が広がる条件となったといい、それに合わせてスピーカーの設計がなされたのだという。また、天井に取り付ける製品である限り、集合住宅などの場合には、上階に音を響かせてはいけない。「音が響かないかということも含めてしっかり検証しました」と振り返る。

AIR PANEL LED THE SOUNDは、360°に広がる音の体験と3方向の照らし分けによる、空間演出の新たなユーザー体験を提供することをプロジェクトの軸として開発が進められた

AIR PANEL LED THE SOUNDで再生した音や音楽を実際に体験してみると、スピーカーは左右2チャンネルだが、それぞれの音がオーバーラップするように聞こえるのも特長だ。モノラルでもサラウンドシステムでもない、かつて経験したことのない音の聞こえ方だ。

「天井から聴こえるという360°スピーカーなので、そもそも左右のチャンネルという概念がありません。しかし、音のソース自体は左右に分かれています。この部分はスピーカーの担当チームがとても苦労した部分で、デジタル的な信号処理によりミキシングをうまく行い、最適化が図られました」と居相氏。速水氏も「オーディオ製品も手がけているメーカーとして、"パナソニック"のオーディオとして恥ずかしくないものを出さなければならないという意気込みがありました」と付け加えた。

一方、外観上のデザインについては、部屋のインテリアの一部を成すLEDシーリングライトとして洗練されたものでなければならない。AIR PANEL LED THE SOUNDの原型となった「パネルシリーズ」には、丸形や三つ葉のクローバーのような3枚パネルのタイプなどもラインナップするが、速水氏によると、角型タイプが採用されたのは実空間への"なじみやすさ"を最優先させたためだという。

2枚のパネルとセンター光で3方向に照らし分けが行えるAIR PANEL LED THE SOUND。色味や明るさと方向の組み合わせで、1つの部屋に居ながら照明により気分や目的に合わせて、生活空間の雰囲気やムードを変えられる

「他のタイプもそれぞれに人気があるのですが、どんな部屋やインテリアにも溶け込むスタイリッシュさという点では、スクウェアフォルムが最適だということで選ばれました。同じように、スピーカー部分に関してもある程度"アイキャッチ"でありながらも、目立ちすぎず、違和感なくすっきりとなじませるかでいくつものパターンを作って試行錯誤を繰り返しました」

AIR PANEL LED THE SOUNDは、生活シーンに対して「新たな空間価値を創造する」というのが製品開発の原点にある。スピーカーから流れる音とともに、照明器具としては、2枚のパネルとセンター光で3方向に照らし分けることができるなど、シーンに合わせた空間演出やパーソナライゼーション機能を提供する製品でもある。

そういう意味では、これからの日常生活の在り方を変える発明品とも言える。また、白物家電の1つである照明器具と、黒物家電の1つであるオーディオ機器を単に利便性のためだけに一体化させたのに留まらず、それぞれの潜在的な魅力を新たに掘り起こすことを成功させた。総合電機メーカーとして長年の実績を持つパナソニックだからこそ具現化できた製品とも言える。

wenaプロジェクトリーダーが語る「スマートウォッチ市場の今」

wenaプロジェクトリーダーが語る「スマートウォッチ市場の今」

2018.09.18

ソニー「wena wrist」開発者に取材

腕時計とスマートウォッチの境界線は”なめらかに”

セイコーとのコラボ新モデルも登場

ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(SAP)」から生まれたハイブリッド型スマートウォッチ「wena wrist」が登場して、2年半が経過しようとしている。そしてこの秋、新製品を投入しプロジェクトも新しい段階に入る。

wenaはどう市場に受け入れられ、これからどのような道を歩もうとしているのだろうか? プロジェクト責任者である、ソニー Startup Acceleration部 wena事業室統括課長の對馬哲平氏に話を聞いた。

ソニー Startup Acceleration部 wena事業室統括課長の對馬哲平氏

人に近づくと「バリエーションは増える」

wenaはいわゆるスマートウォッチに類する製品だが、他のスマートウォッチ、例えばApple Watchなどとは大きく異なる点がある。それは、「時計」でなく「バンド」がインテリジェントになっている、ということだ。wena wristではモーションセンサやスマートフォンとの通信部分がバンド側にあり、バンドと時計のヘッドを組み合わせることができれば、どんな腕時計であってもスマートウォッチになる。

2016年の発売以降、wenaには多数の製品が用意された。對馬氏は、「ソニーといえど、これほどたくさんのバリエーションを販売する製品はなかったのでは」という。だが、そのことは、wenaのプロジェクトチームにとっては「当然」のことだった。

「身につけるものは、冷蔵庫や洗濯機とは違い、非常に強い趣向性が求められます。弊社の吉田(憲一郎社長)も『人に近づく』という経営の方向性を示していますが、人に近づくほど、より趣向性が求められると思っているんです」(對馬氏)

確かに、腕時計は商慣習的に、非常に種類が多い。對馬氏によれば、市場全体で、1年に1社だけで50から60もの製品が出るというのだ。「wenaもその戦略にそって、モデル数は増やさざるを得ない。ですから、ヘッド(時計)部分は多数のラインアップを用意しています」。

しかしながら、ヘッドは複数種類あるものの、バンド部は3つしか存在しない。このことは、wenaという製品の特徴がわかりやすく現れた部分かと思う。腕時計はファッション性が重要で、好みも広い。機能も重要だが、それだけで選ばれるわけではない。だからこそ、wenaはバンド部とヘッド部を分け、腕時計としてのアイデンティティがより強く出る部分を自分で「選べる」ようにしている。

wenaオリジナルのヘッドあるが、それ以外にも時計メーカーやブランドとのコラボレーションを進め、「選べる」ことを強みとしている。wena wristを自分の好きな時計につけて使っている人も多いという。

セイコーとのコラボで「機械式」「登山用」も登場

そんな中で登場するのが、wenaの新モデルである。これまでwenaは、自らのブランドの時計部には、メーカーとコラボし、彼らに設計・製造を委託したものが使われてきた。ただし、ブランドとしてはあくまで「wena」である。

しかし今回、セイコーとのコラボレーションが決定した。セイコーの機械式のデザインをベースとしたモデルと、登山用のデジタルウォッチを使ったモデルである。どちらも、セイコーとwenaのダブルブランド。いままでと違うのは、時計としてはあくまで「セイコーの製品」である、ということだ。

wenaの「SEIKO Digital」シリーズ

wenaの「SEIKO Mechanical」シリーズ

 

「これまでもいろんなブランド様とコラボモデルを出してきましたが、今度は相手先のブランド名が入ります。ブランド名が入るということは、その社の『社名がかかる』ということですから、大変です。一番はじめから、時計メーカーと組みたいと思っていましたが、伝統のあるセイコー様と組めたのは嬉しい限りです」(對馬氏)

どちらも、デザインなどはwenaのコラボモデル専用のものだが、特にユニークなのは、登山用のモデルの方だ。実はこちら、ヘッド側にも「スマートウォッチ」としての機能がある。バンドとヘッド、両方がスマートフォンと連動するようになっているのだ。

「wenaと登山用ヘッド、両方のアプリをスマホに入れて用途に合わせて使い分けます。スマートウォッチ系ではありますが、ヘッド部は登山用です。標高や登山スピードなど、登山に必要な機能を持っているのが特徴です。それに対してwenaは、活動量計や通知機能、電子マネーといったタウンユースに特化しています。双方が補完関係にあるので選びました」(對馬氏)

スマートウォッチというと「機能」というイメージが優先しがちだ。実際、wenaもスタートした時は、「バンドだけでスマートウォッチ化できる」という機能が注目された部分が大きい。だが現在、wenaのアピールポイントは少々変わって来ている。

「2016年に『第1世代』を出した時は、やはり、斬新さ・新しさを強調しました。現在、スマートウォッチの市場は全世界で9000億円程度で、時計市場の7分の1・8分の1くらいと言われています。ですからそろそろ、『腕時計とスマートウォッチとwena、という第3の選択肢』『いまはこういう選択肢もある』という形を打ち出すことにしました」(對馬氏)

すなわち、スマートウォッチの中でもデザインバリエーションやヘッドの付け替えの自由さをアピールした。これには事情もあった。このプロジェクトでは、開発にかけられる人数も限られていたことから、ソフトウェアで他社に対して明確な優位性を出すのは難しかったという。そのため、そこは割り切り、他社連携でアピールすることにしたのだ。

「1社独占」はない。コラボでバリエーション拡大へ

スマートウォッチは大きく期待されたジャンルである。「ポストスマートフォン」のようないい方もされたが、実際にはスマートフォンの周辺機器であり、市場としては落ち着いてきた印象だ。そこに、エクササイズという用途に軸を切り直したApple Watchが広がり、結果的に、気付いてみれば「期待したほどではないが、底堅い市場を構築した」状態である、といっていい。

そんな市場を、wenaはどうやって切り開こうとしているのだろうか?

2016年頃を振り返ってみると、主だったスマートウォッチは、ディスプレイ付きか、wenaのようなバンド式のものしかなかった。そこから、ちょっとした通知だけを時計側に入れたもの、「時計合わせだけ」をスマホ連携でやるものなど、いろいろなものが増えてきた。特に最近は、腕時計側からのアプローチが増えている印象がある。

「腕時計とスマートウォッチの境界線は次第になだらかになってきていると思います。そういう市場ですから、1社独占はあまりない。そもそも趣向性が大事なので、みなが同じものをすることはないんです」(對馬氏)

スマートウォッチ市場ではアップルが50% のシェアをもっているが、腕時計市場全体ではワンオブゼムに過ぎない。

「wenaも利便性は追求したいので、もっと機能拡張をしたり、時計側になにかを組み込む可能性もあるでしょう。しかし我々は、アナログ時計の良さと利便性を両立させる立場だとも思っています。それは、身につける喜びと利便性の両立でもあります。しかし、今のソニー・wenaからではアプローチできないお客様がたくさんいます。そうした層に知っていただくためにも、バリエーションを増やし、コラボレーションを充実させていきたいです」(對馬氏)

重課金勢が歓喜!? Google Playで「魔石」が買えるポイントプログラム開始

重課金勢が歓喜!? Google Playで「魔石」が買えるポイントプログラム開始

2018.09.18

Google Playが新たにポイントプログラムを開始した

ポイントはPlayストアの買い物や対象アプリ内アイテムとの交換に使える

ポイント付与率はステータスに応じて変化

Googleは2018年9月18日、日本ユーザーを対象に、Google Playにおけるポイントプログラム「Google Play Points」を開始すると発表した。

「Google Play Points」のアイコンは魔石のようなデザイン

「Google Play Points」は、Google Play上でアプリやゲーム、音楽、映画、電子書籍などのコンテンツを購入することで、ポイントを獲得することができるプログラム。貯めたポイントは、Playストアのクレジットとして使えるだけでなく、対象ゲーム内のアイテムなどと交換することも可能だ。

また、会員は利用率に応じて5段階のステータスに分けられる。現状、初期ステータスは「ブロンズ」からスタート。「ブロンズ」の場合は100円につき1ポイントの付与率だが、「ダイヤモンド」までランクアップできれば100円につき2ポイントが付与されるようになる。

さらに、「パズドラで100円使うたびに4ポイント付与」「FFBEをインストールすると5ポイントゲット」といった、週ごとのポイント増量キャンペーンも実施される予定だ。

同プログラムの利用は無料。入会特典として、利用開始から7日間限定で100円につき3ポイント付与というキャンペーンが実施される。

会員のステータス一覧
Play Pointsの画面イメージ。ホーム画面では、自分のステータスとポイント残高、現在のキャンペーン内容などを確認できる
Google Play Lifecycle Programs & Partnership DirectorのEunice Kim氏

発表会に登壇したGoogle Play Lifecycle Programs & Partnership DirectorのEunice Kim氏は「日本ユーザーに感謝の気持ちを示したいと思い、このプログラムを開始いたしました。日本には強力なデベロッパーも多く、そのパートナーシップを活用すれば、日本ユーザーに喜ばれるユニークなプログラムを提供できるのではないかと考えました」と、日本エリアのみで同プログラムを開始することになった経緯を述べた。

 

連携パートナー一覧

夢中になっているゲームであれば、ついつい課金してしまうのが人の性。このポイントプログラムを機に、今まで「欲しいアイテムが手に入るイベント中のみ課金」していたユーザーも、「ポイントが多く貯まる今のうちに課金して魔石を貯めておこう」という思考になる可能性が高い。「あと1回課金すれば、ポイントでもう1回ガチャができるぞ」という人も出てくるだろう。Androidユーザーはますます課金がはかどること間違いなしだ。

つい先日iPhoneの新機種が発表されたばかりではあるが、重課金勢にとってこのプログラムはAndroidへの乗り換えを検討する重要なファクターになり得るのではないだろうか。

なお、Google Playのギフトカードでチャージして決済した場合でも、ポイントを貯めることが可能とのことなので、「すでにカードを購入してしまった」という人も安心してほしい。