流体力学から導き出された、ボールのような扇風機 - パナソニック「創風機 Q」

モノのデザイン 第23回

流体力学から導き出された、ボールのような扇風機 - パナソニック「創風機 Q」

2017.06.09

2015年にパナソニックから発売された「創風機 Q」。直径約25センチのボーリングの球のようなかたちをした、これまで見たことのない扇風機で消費者を驚かせた。

翌2016年には、首振り機能を追加するスタンドが発売。2017年4月には、LEDによるイルミネーション機能を追加した第3世代となる新製品「F-BP25T」が発売となった。

パナソニック エコシステムズ 技術部 除加湿・ファン開発課の田井泰氏

市場に登場して以来毎年進化を続ける同商品について、パナソニック エコシステムズ 技術部 除加湿・ファン開発課の田井泰氏に、開発の経緯から製品化に至るプロセスなど、プロダクトとしてのデザインを軸にお話を伺った。

球状の扇風機は何故生まれたか

最初に、6つの穴が開いた球体という、これまでなかった扇風機のデザインはどういった経緯で生まれたのかを単刀直入に訊ねたところ、「デザイン先行ではなく、いかにコンパクトで効率的に、脈動のない風を静かに遠くまで届けられるかを追求してきた結果、辿り着いた形状」と田井氏は語った。

同製品が風を発生させる仕組みは、内蔵のターボファンを回転させることで背面の吸気口から取り込まれた空気が高圧化されて、噴出気流として風を送り出している。しかし、ターボファンによる風は全周に均一に発生する性質があるため、一方向に風を直進させるためには、円筒型の外装が必須になるのだという。内部はファンに対して同心円状に風路をつくることにより、風がスムーズに流れて静音性を保つことができるとのことだ。ターボファンで発生された風は、さらに"誘引気流技術"を組み合わせることで増幅されている。

「ユーザー自身が自由な使い方ができるように」と、"送風機"ではなく「創風機Q」という名称が用いられたというとおり、これまでにない扇風機の使い方をしたという意味でも革新的なデザインだ

「噴出気流が噴き出し口周辺の空気を誘引することで、内側の空気も誘引されて負圧となります。この誘引効果により風量が約7倍にまで増幅され、少ないファンの風で多くの風を発生させることができます。この誘引吸気のために必要な吸気口が、6つの穴を持つ球というデザインにつながりました」(田井氏)

ちなみに本製品の開発は、2012年ごろに社内で開催された「ヤングワーキング」というプログラムで出された、若手の技術担当者からの発案が発端になっているという。田井氏は「最終的な製品と最初のスケッチの形状はほとんど変わっていません。そのことからも分かるように、球状のフォルムははじめから奇抜なデザインを狙ったものではなく、誘引気流の特性を最大限発揮する構成を考えた、流体力学から導き出されたものなんです」と語る。

製品の内部構造。ターボファンと誘引気流技術を掛け合わせた仕組みであることがよくわかる

パナソニックでは、1988年度モデルの扇風機から"1/fゆらぎ"と呼ばれる独自の機能を搭載している。「扇風機は100年もの歴史がある中で、台座・支柱・モーター・羽根・ガードという構成は、現在まで変わっていません。各社は性能面や使い勝手、品質、デザイン、コスト面などで、長年改良を重ねてきましたが、"ストレスのない風"ということが課題にありました」と田井氏。

一般的なプロペラファンの扇風機というのは、1枚1枚のブレードで空気を切って前に押し出せて風を発生させる仕組み。田井氏によると、人工的に作り出した、いわば自然界には存在しない速い脈動の風であるため、人が浴び続けるとだるく感じてしまう性質があるのだという。そこで、“ターボファン”と“誘引気流”の技術を利用して脈動のない風をつくるだけでなく、実際に蓼科高原の風を計測解析し、自然現象にある心地いいと感じる自然のリズムをDCモーターで制御することで再現したのが"1/fゆらぎ"という独自の機能だ。本製品はプロペラファン以外の扇風機でこの機能を初めて搭載した商品でもある。

量産化に立ちはだかった成形の壁

一方、研究部門から引き継ぎ、実際に製品化するにあたっては、やはり一筋縄ではいかなかったとのこと。田井氏は具体的なエピソードとして次のように明かした。

操作部。5段階の風量の他に、パナソニック独自の"1/fゆらぎ"モードを搭載。球体で自由な角度で設置ができるため、ボタンの位置をどこにするかも議論の1つだったという
6つの穴を持つ形状を実現するための金型作成は至難の業。成形の際には、接合部分から少しでも風が漏れてしまうのは製品上NGのため、調整には並ならぬ苦労が費やされたとのことだ

「成形金型は外側に6方向、内側に6方向にスライドを設けなければ形状を実現できないため、高度な金型設計技術が必要で、金型メーカーと何度も検討・打ち合わせを繰り返しましたが、製造現場では、金型はできても成形ができないといった問題なども多くありました。例えば、誘引された空気の吸い込み口になっている6つの穴どうしの内部空間はファンの吹き出し口へ導く風路にもなっているので、接合部分から少しでも風が漏れてしまうと風圧が変わってしまいます。穴の部分は、スタンドの上で吹出し方向を変えるときなど、触れる場所にもなっているので、触った時のひっかかり具合や痛くないかなども含めて、かなり細かな嵌合調整が必要で、大変苦労しました」

首振り機能を独立させた理由

空気の吸引口であると同時に、持ち手の役割も果たす穴の部分は、持った際の引っかかりや手なじみのよさなどさまざまな角度から調整が図られている

冒頭で述べた通り、同製品は第2世代のモデルから首振りの機能が追加された。専用のスタンドをドッキングすることで360°回転できるようになるというものだが、本体と連結しなかったのには、次のような理由があるのだという。

「通常であれば本体と台を一体にするのがセオリーですが、球状のユニークな形を活かして、ユーザーがそれぞれ自由な使い方ができるのが製品のコンセプトでもあるので、あえて分離する構造を採用しました。営業部門からも、既存ユーザーでも使えるように別売品にしたいという要望もありました」

首振りスタンドのコードは、本体が動作していることを電気的に感知するためのものとしてあえて追加されているパーツだ
Qを首振りスタンドに置いた状態

ところが、独立して動く首振りスタンドを採用すると、上に他の物が置かれて別の用途に使われてしまう可能性があり、それが課題として生じたとのこと。そこで取られた方策は、創風機が動作していることを電気的に監視する方法。これにより本体が動作していることを認識して、スタンド単体では動作しない仕様にしたそうだ。

"新たな風と生活スタイルを想像する"

第3世代の新モデルでは、吸い込み口と吹き出し口から、ブルーとオレンジの2色LEDライトを発光する機能が加わった。新機能の狙いと、この2色を採用した理由を訊ねてみた。

「創風機 Qの新たな使い方の提案として、"風+光"による空間演出という価値の創出というのが狙いです。LEDは照明器具ではなく、イルミネーションという位置付けなので、運転中のみ点灯する仕組みになっています。LEDのカラーについては、リビングや寝室など"癒し"を求める空間にマッチする色を目指して検討しました。緑や紫といった色も候補にはありましたが、夏は扇風機、冬はサーキュレーションとして使用できる機能とも併せて議論を重ねた結果、涼しい印象を与える寒色系のブルーと、温かみのある印象を与える暖色系のオレンジの2色を採用しました」

本体のカラー展開はクリスタルレッド、シャンパンゴールド、パールホワイトの3色。LEDイルミネーションの色はブルーとオレンジの2色に統一されているが、本体色が異なるだけで雰囲気も大きく変わる。どの本体にも適したLED色や明るさの選択も試行錯誤の上、社内アンケートにより決定したとのことだ

カラーバリエーションとしては、パールホワイト、クリスタルレッド、シャンパンゴールドの3色を展開する本製品。5月には、本体がシルバー、首振りスタンドがレッドという『宇宙戦艦ヤマト』を彷彿させるコラボレーションモデルも限定で発売されている。

田井氏は今後も「"創風機"の名に込めた"新たな風と生活スタイルを想像する"というコンセプトに沿ったバージョンアップや新製品の開発を考えていきたい」と語る。これまでになかった扇風機の登場で市場にインパクトを与えた同製品の次期製品も楽しみだ。

打倒iQOSに挑むプルーム・テックの戦い、世界市場も見据えたJTの新製品

打倒iQOSに挑むプルーム・テックの戦い、世界市場も見据えたJTの新製品

2019.01.22

低温加熱式のJTがライバルと直接競合する高温加熱式に参入

専用リフィルも異なる3種類の製品で広範に網を張るプルーム・テック

海外市場でも兆し見えた加熱式たばこ、日本での成功がより重要に

日本たばこ産業(JT)が加熱式たばこの新製品、「プルーム・テック・プラス (Ploom TECH+)」「プルーム・エス (Ploom S)」の2製品を発表した。シェアトップのiQOSを追撃したいJTだが、ライバルに先行を許している今、どのような戦略を描いているのか。

JTが発表した加熱式たばこの新製品、プルーム・テック・プラス(左)とプルーム・エス

新たに高温加熱式に参入、ライバルと直接競合へ

新製品は、従来のプルーム・テックを改良したプルーム・テック・プラスと、シェアを争う「iQOS」(フィリップ・モリス)や「glo」(BAT)と同様の加熱方式を採用したプルーム・エスの2つ。iQOSとgloが高温加熱式であるのに対し、もともとプルーム・テックは低温加熱式と呼ばれる方式をとっていた。30度という低温で発生させた蒸気をたばこカプセルを通して吸うため、においが少ない一方、吸いごたえに乏しいともいわれていた。

低温加熱式で吸いごたえを追加したプルーム・テック・プラスと、高温加熱式のシェア奪取を狙ったプルーム・エスを投入

そこで、たばこ葉を増やすなどして吸いごたえを高めたのがプルーム・テック・プラスだ。その結果、本体が太く大きくなり、加熱温度も40度と少しだけ高くなったが、においの少なさはそのままに、吸いごたえをアップさせたことをアピールする。

プルーム・エスは高温加熱式を採用し、iQOSやgloと同様の吸いごたえを目指した。こうした高温加熱式は、たばこ葉を高温で蒸すことで蒸気を発生させるため、従来のたばことも異なる独特のにおいを発生させる。

JT副社長・たばこ事業本部長の岩井睦雄氏は、この独特の「におい」のせいでたばこの味わいに違和感を覚える喫煙者が多かったと話す。そのため、「満足度を高めるのは味わい」として、このにおいの低減に取り組んだという。

プルーム・エスでは、たばこ葉を熱する温度を200度に抑えた。これはiQOSの300度、gloの240度に比べて低く、これによって特有のにおいを抑えたという。

吸いごたえや加熱方式が異なる3製品をそろえる意味

JTは新製品投入後も既存製品の取り扱いを継続する。つまり、プルーム・テックのラインアップは3種類となる。iQOSも複数の製品があるが、こちらは機能の違いによって3種類に分けられており、プルーム・テックはそれに対して、吸いごたえや加熱方式によって異なる製品を用意したかっこうだ。

3つの製品を投入することで、選択肢を提供する

岩井副社長は「温度で選ぶ時代」と表現し、低温のプルーム・テック/プルーム・テック・プラスと、高温のプルーム・エスという選択肢によって「好みや生活環境、ライフステージの変化に合わせて、いつでも最適な選択ができる」ことを狙ったとしている。

たばこ事業本部長の岩井睦雄副社長

たばこ部分に互換性がないという問題はありそうだが、現在でも、においの少なさを重視して自宅ではプルーム・テックを吸いつつ、味わいを求めて喫煙所では高温加熱式の加熱式たばこ、と双方を使い分けている人が少なくない。そうしたユーザーに対して、「それぞれで求められるニーズを高いレベルで満たし、両方を提供するのが顧客満足度の最大化に繋がる」(岩井副社長)と判断し、製品開発に取り組んだ。

加熱式たばこ最大市場の日本から、海外市場を見据える

岩井副社長は新製品でiQOSからシェアを奪取し、「中長期的にはRRPカテゴリでもシェアナンバーワンを目指す」と意気込みを語る。

「RRP」とは「リスク低減製品」のこと。「喫煙にともなう健康へのリスクを低減させる可能性がある」と位置づけられる製品だ。

日本では法律上、液体にニコチンを含ませて販売することはできない。電子たばこは、このニコチンを含む液体を蒸気化させるため日本で販売できず、結果、加熱式たばこが普及したという背景もある。加熱式たばこの市場規模では日本が世界最大だが、iQOSが韓国や欧州の一部で販売を強化しており、グローバルでの市場拡大を狙っている。

JTは海外ではlogicブランドで電子たばこを販売している。海外での電子たばこ事業はありつつも、まずは製品の国内ラインナップを拡大して加熱式たばこのシェア拡大を図るとともに、紙巻きたばこを含むすべての製品の価値を向上させることで、市場の拡大に繋げたい考えだ。「日本での成功がグローバルでの成功につながる」と岩井副社長は強調する。

紙巻きたばことRRP製品の双方を拡充する
日本では加熱式、海外では電子たばこを提供中

紙巻きからの移行、数年以内に大きな山場

2018年は加熱式たばこが踊り場を迎えたと言われた。日本ではここ数年で急激に加熱式たばこの普及が進んだが、市場シェアが20%を越えたところでユーザー需要は一巡したとみられる。

ただ、プルーム・テックの全国販売の開始や、他社では直近のiQOSの新モデル投入などを経て、その動向から、需要の伸びは「足踏みしていたが、止まったわけではない」(岩井副社長)との認識にあるという。加えて、紙巻きたばこによる健康懸念の高まりや、オリンピックによる喫煙場所の規制といった外的要因もあり、「必ずシガレット(紙巻きたばこ)からRRPに移ってくる」(同)という見通しだ。

課題は、紙巻きたばことは異なり、デバイスを購入しなければならないというハードルの高さだ。一度購入した後、他社のデバイスへ移行しづらいという難題につながる。

他社の後追いとなった高温加熱式では、「差別化のポイントをしっかりと伝えていく」ことで買い替えを促進する。JTが主導する低温加熱式では、「若干下方修正したが、手応えも感じている」と岩井副社長は説明する。今後は製品の良さをアピールするために、喫煙者に直接説明をする営業スタイルを重視していく方針をとるそうだ。

JTは日本市場で紙巻き、加熱式のいずれでもシェアトップを目指す

JTは1社で複数の選択肢の製品を用意することで、消費者のニーズの受け皿を最大化しようと目論んでいる。この先にグローバルで展開する上で、ユーザーからどのような示唆が得られるのかを検証していき、海外での加熱式たばこの市場拡大にも乗り出していきたいと考えているようだ。

加熱式たばこは間もなく、国内市場シェアだけでなく、海外市場の争奪戦の行方も左右する正念場を迎える。

大手コンビニ3社、成人誌の販売中止を相次ぎ決定

大手コンビニ3社、成人誌の販売中止を相次ぎ決定

2019.01.22

セブン、ローソンに続きファミマも成人誌を販売中止

インバウンドの増加、オリンピックの開催も影響か

コンビニ最大手のセブン-イレブンと業界3位のローソンが成人向け雑誌の販売中止を発表したのに続き、業界2位のファミリーマートも同様の方針を打ち出した。大手3社の足並みがそろい、日本国内のほとんどのコンビニ店頭から成人誌が消える。

国内のセブン-イレブン店舗数は2万店を超え、ローソンとファミマが1万5,000店前後でこれに続く。それぞれ今年の8月末までに取り扱いを原則中止するという。これまで一部店舗で成人誌の販売を中止していた例はあったが、今回は各社全店舗で取り扱いを中止する。業界では昨年1月から、ミニストップが他社に先駆けて全店で取り扱いを中止していた。

もともと諸外国にくらべ、女性や子どもの目につきやすいコンビニ店頭などに成人誌が置かれている日本のゾーニングの現状は特殊であるとの批判があった。また、インバウンドで訪日外国人が増え、この論調に拍車がかかっていたほか、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、イメージ低下を防ぐ要請が強まっていたという背景がある。

コンビニでの成人誌の購買層は近年、高齢男性に偏るとともに売り上げの減少も顕著であったといい、ゾーニングの問題が取り扱い中止の大義名分になったという見方もある。ある出版関係者は、「一部では電子版などネット展開を強化している流れはあるが、今でもコンビニは重要な販路なので、相当な混乱があるだろう」と話す。どちらにせよ、日本の成人誌は岐路に立たされることになる。