モノのデザイン 第20回

"鍋屋が作るべき炊飯器"を実現するために - 愛知ドビー「バーミキュラ ライスポット」

2017.04.11

2010年に発売され、一時は納品まで15カ月待ちと言われるほどの大ヒット商品となった、愛知ドビーの鋳物ホーロー製無水調理鍋「バーミキュラ」。2016年12月には、IHクッキングヒーターとセットにした炊飯用の新製品「バーミキュラ ライスポット」が発売された。

「バーミキュラ ライスポット」

直火でも使用可能な鍋を直接IHヒーターにセットして炊飯するという、従来の電気式炊飯器にはない画期的なスタイルと、鍋としても単独で直火で使えるという汎用性の高さ、そして洗練されたデザインにより、7万9800円という高価な商品にもかかわらず、現在も入荷待ち2カ月という人気商品となっている。

今回はこのヒット商品の開発秘話やこだわりなどプロダクトデザインにまつわる話を中心に、愛知ドビー取締役 ブランド統括室 室長の折橋みな氏に訊ねた。

鍋メーカーがつくる”炊飯器”

愛知ドビー取締役 ブランド統括室 室長 折橋みな氏

「弊社は家電メーカーではありません。あくまで"鍋"という調理器具を作っている会社なんです」と話す、折橋氏。今回の商品を開発するにあたっては、常に同社の代表的製品である鍋「バーミキュラ」を中心に進められていったのだという。そして商品を企画するに至った経緯を次のように説明する。

「バーミキュラというのは、もともと無水調理で野菜をおいしく料理するために作った商品だったのですが、ユーザーの方からご飯を炊くととてもおいしいという声が多く聞かれました。しかしその一方で、無水調理鍋というのは火加減が難しいという声もあり、簡単に調理ができておいしいご飯を炊くためにはどうしたらよいか?ということから、バーミキュラにとって最適な熱源を開発しようということになったんです。そしてそれを突き詰めていった結果が、"ポットヒーター"と呼んでいるIHヒーターになります」

バーミキュラにとっての理想的な熱源として生まれたポットヒーターは、底面のハイパワーIHコイルと側面から鍋を加熱できるアルミヒーター、外気からの冷たい空気を遮断できる断熱カバーから主に構成される。この仕組みで接した部分にしか熱を与えられない通常のIHヒーターの弱点を補い、かまど炊きに近い鍋を包み込むような加熱が再現できるという。一般においしいご飯を炊くには、素早く沸点に到達させることが不可欠とされているが、電源によらない別の工夫との合わせ技で最大消費電力に制限のある一般家庭用電化製品において、直火に迫る高火力を実現したのだという。

「バーミキュラ ライスポット」のポットヒーター

鍋を炊飯に特化したデザインに

一方、鍋に関しても従来のバーミキュラとは若干の変更が施されている。元来のバーミキュラは"トリプルサーモテクノロジー"と呼ばれる三層のホーロー構造と精度0.01ミリという密閉性、"リブ"と称される鍋底の波模様が特徴。ライスポットではこれら3つの要素は継承しながらも、リブの模様が異なることに気が付く。折橋氏によると、これは炊飯用に特化して変更されたとのことだ。

「バーミキュラ ライスポット」は、鍋が従来のものとは異なる設計がされていて、その変更点のひとつとして、鍋底のリブが水紋状になっている(画像右)

「通常のバーミキュラのリブは縦にストライプ状に設けられているのですが、ライスポットは水紋状にしました。理由は、炊けたご飯をほぐす"飯返し"がしやすいことと、洗いやすくするためです」

また、よりお米をスムーズに対流させるために、ライスポットの鍋は形状も下側がより丸くなっているのも特徴だ。しかし、通常のライスポットと最も違うのは"フタ"の部分。実はこの部分にこそ、お米をおいしく炊くために炊飯に特化した仕掛けが多数施されているのだ。

その最も大きな秘密が"フローティングリッド"と呼ばれる機構。ライスポットのフタには一部小さな"溝"があえて設けられている。鍋の高い密閉性を保ちながら、中の蒸気をスムーズに外へ逃すための機構として考え出されたものだが、折橋氏はこの方式を採用した理由を次のように明かす。

「非常に密閉性が高いバーミキュラは高火力で炊飯させると吹きこぼれてしまうんです。それを解決させるためには、例えば圧力鍋のように穴を開けて圧力が溜まるのを防ぐとか何か付属品を付けるという方法もあるのですが、バーミキュラが持つシンプルで無駄のないデザイン性を大事にしたかったので、何か余計なものを付けるという以外の方法ということでこの機構に辿り着きました。通常の炊飯器だと蒸気を出す場所は一定ですが、この仕組みだとフタの位置次第で、蒸気口の場所も自由に変えることもできるので、壁紙を濡らしてしまうといった問題も同時に解消することができました」

炊飯はもちろん、料理をする「鍋」としても利用できる

ライスポットのフタは、上部に"つまみ"がないことも従来のバーミキュラと大きく異なるもう1つのポイントだ。つまみが裏側からネジ留めされている通常のバーミキュラとは違い、継ぎ目がない一体構造になっている。さらに、内側には"ダブルリッドリング"という2つのリング状の突起が設けられている。これには、炊飯用に特化して生まれたライスポットならではの理由があるのだ。というのも、ライスポットは一般的な炊飯器のような"ごはんの保温"の機能を持たない。折橋氏はその理由を次のように説明した。

「実は弊社がウェブで独自の調査をしたところ、2/3の方が"保温はなくてもいい"と回答しました。通常の炊飯器には上蓋が必ず付いていますが、これは保温のためには必須のものなのです。しかし、ご飯がおいしくなる理由の1つには"温度差"もあります。鍋の上下の温度差により激しい対流が起きることで全体をムラなく加熱することができ、蒸らしの行程の際には冷却することで旨みが凝縮されるんですが、上蓋があることがそれをどうしても阻害してしまうんです。弊社ではご飯がおいしくなくなる原因がフタにあると考えて、思い切って保温機能を止めることにしました。その代わりに、"お櫃"としての鍋の機能性を高めようと考えられたのがダブルリッドリングなんです」

「炊き上がった後に発生した蒸気が鍋肌を伝ってそのまま下に落ちるとご飯がベチャベチャになってしまいますが、これを防ぐために設けました。このリングがあることにより、蒸気がそのまま真下に落ちていき、ご飯の表面の乾燥を防ぎツヤツヤの状態を保つことができるんです。ユーザーの方からはフタにパッキン等がないためメンテナンスもしやすいと好評です」

シックなカラーの理由は「本物感」

一方、意匠デザインとして見た場合のライスポットは、従来のバーミキュラに比べると男性的な印象を受ける。ピンクなど淡色系の複数のカラーバリエーションを展開するバーミキュラに対して、ブラック&シルバーを基調としたシックなカラーの1点のみだ。「最初から家電を作るという意識ではなく、新たな調理道具を作るつもりで開発を進めましたので、調理道具としての"本物感"が出したかったんです。例えばステンレスのボウルとかそんなイメージですね。お櫃の代わりにもなるので、和をイメージさせることも意識しました」と折橋氏。

従来のバーミキュラ。カラーリングはシックながらやわらかなもので、ライスポット用のそれとは印象がかなり異なる

前述のとおり、ライスポットは鍋とヒーター部分に大きく分かれている。意匠として見た場合には、この2つが一体化した場合と、それぞれ独立した場合のデザイン性を意識する必要もある。意匠デザインする際にはどのようなことを意識して進められたのだろうか。

「ライスポットはまずは鋳物ホーロー鍋としてのバーミキュラの機能をそのまま受け継ぐ必要があります。かつご飯をおいしく炊くことができるという機能を形状に詰め込んだ結果がこの形です。お鍋が第一という考え方ではありますが、ヒーターにセットにした時の一体感は絶対になければなりません。さらに、お鍋を抜き取った時にはヒーターだけが残りますが、いずれの場合にも隠したくなるようなデザインではあってはならないと思いました。ヒーターだけが独立してあっても美しく、最近ではアイランドキッチンも増えましたし、キッチンに置かれた時にどこから見ても美しい"360°デザイン"を目指しました」

操作部に物理ボタンはなく、電源OFF時に文字はすべて消える
ポットヒーター裏面のパンチング加工や電源プラグの接続、そしてコンセントまで、隠したくならない"360°デザイン"を徹底

折橋氏の説明のとおり、ライスポットは前からはもちろんだが、確かに背面の美しさにも目が奪われる。例えば鍋を冷却する際に稼動するファンの排気口がパンチング状であったり、コードの出る位置のバランスのよさや丸い独特の形状のプラグなど随所に細やかなこだわりが感じられる。

「炊飯器の後ろ側って隠したくなるデザインが多いですよね。だからそういうものをなくしたいと思って、背面のデザインにもこだわりました。ただ、コードに関しては巻き取り式が一番ですが、構造上の制約でどうしても難しい面があります。出しっ放しになるならば妥協せずにやろうということで、色から何から、すべて特注で作りました」と折橋氏。

「鍋屋がやるべき炊飯器」を実現するために

"鍋屋が作る炊飯器"として、ライスポットの開発は最初から最後まで鍋を中心に進められたとはいうが、それぞれが共働して機能する2つの機器を、機能とデザインを両立させながら調節を図っていくのは決して容易ではないことは想像に難くない。折橋氏は中でも特に苦労した点を次のように話した。

「機能だけで進めてしまうと、機能をこうやるにはこのぐらいのスペースが必要というふうになってどんどん大きくなってしまったと思います。それは絶対に避けたかったので、今回は外側のデザインを初期の段階で割と固めてから進めていきました。ここに納まる構造を考えようということで、一番の肝であるIHのコイルもスペースが限られているのでちょっと折り曲げて二段にしたり。デザインの制約がある中で、いかにおいしくできるかっていうところを考えていきました」

最後に、今回のバーミキュラライスポットの製品化について、折橋氏は「鍋屋がやるべき炊飯器」と振り返った。「これまでにないことをしようとしているので、法律的な部分の確認作業もすごく大変でした。調理器具の新たな形として開発をしたものの、家電製品として安全面でクリアにしなければならない壁も多くありました。そういう意味では、大手の家電メーカーではなかなかできないデザインだったかもしれないので、弊社がやる意味があったと思っています」。

折橋氏によると、ライスポットが発売されて以降、ユーザーからは小型版を求める声も多いとのこと。今後もそうしたニーズにも耳を傾けつつも、「お鍋の会社として、あくまで鍋を中心に据えた製品開発をしていきたい。家電ではないかもしれないし、他にもいい熱源があればまったく別の新しいものを発売するかもしれません」と展望を語ってくれた。

プラズマ乳酸菌で労働生産性が向上!? ヤフーとキリンが共同発表

プラズマ乳酸菌で労働生産性が向上!? ヤフーとキリンが共同発表

2018.11.16

キリンとヤフーが共同で健康経営に関する研究を実施

プラズマ乳酸菌の摂取が免疫細胞の司令塔を活性化させることを確認

免疫力アップが労働生産性の向上につながることも導き出した

キリンとヤフーは11月15日に、キリングループの研究している「Lactococcus lactis strain Plasma(プラズマ乳酸菌)」について、共同で実施した研究結果を発表した。

研究結果は、「プラズマ乳酸菌を摂取すると、労働パフォーマンスの指標が向上する」というものだ。いったいどういうことなのだろう。

プラズマ乳酸菌が活性化させるのは免疫細胞の司令塔

そもそもプラズマ乳酸菌とは何か。乳酸菌はヨーグルトなどに入っているイメージだが、プラズマとは違う物質なのだろうか。キリン社によると、プラズマ乳酸菌とは免疫細胞の司令塔を活性化する唯一の乳酸菌だという。

どうやら免疫細胞には命令系統のようなものが存在し、司令塔を活性化させることに成功すれば、司令塔の命令を受けるすべての免疫細胞が活性化されるのだという。

ただし、一般的な乳酸菌が活性化できるのは、命令系統下位の細胞のみ。そのため効果も限られる。それに対して今回研究結果を発表した、プラズマ乳酸菌は免疫細胞の司令塔である「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」を活性化することができるため、免疫細胞全体を活性化することができるという。

そんなプラズマ乳酸菌が労働パフォーマンスとどう関係があるのか。次は、今回の研究で行われた試験内容を見てみよう。

一般的な乳酸菌とプラズマ乳酸菌の違い

元気な体が、低労働生産性の「プレゼンティーズム」を回避

今回の試験は、ヤフー社員226名を対象として行われた。プラズマ乳酸菌1000億個含むヨーグルトを4週間摂取し、体調、気分、労働生産性に関するアンケート評価を実施。その結果、非摂取の状態と比較すると、プラズマ乳酸菌を摂取している状態のほうが、活気があり、体調も良好だと感じている人が多かった。

また、「風邪気味で頭がボーっとする」「下痢で何度もトイレに行く」といった、出勤しているが心身の健康上の問題によって十分なパフォーマンスを発揮できていない状態を「プレゼンティーズム」と呼ぶが、今回の試験によって、このプレゼンティーズムの状態が軽減され、労働生産性が向上したことを確認できたという。

つまり、プラズマ乳酸菌を毎日摂取することで、生体内の免疫が活性化し、体調がよくなり、プレゼンティーズムを改善して労働生産性が向上することがわかったのだ。

簡単に言うと、プラズマ乳酸菌を摂取して元気な状態で仕事をすれば、高いパフォーマンスを発揮できるということである。

プラズマ乳酸菌の摂取によってプレゼンティーズムが改善するという結果が得られた

キリン 代表取締役社長の磯崎功典氏は「従業員とその家族が健康であることは、社会にとってプラスの価値を生みます。健康寿命が延びることによる労働力の確保、ひいては、経済の活性化にもつながると考えました。その結果、従業員は考える時間やチャレンジする時間を持てるようになり、仕事のパフォーマンス向上や、イノベーションの実現につながっていくでしょう」と、キリンが健康経営に力を入れる理由を説明した。

キリン 代表取締役社長の磯崎功典氏

同社が乳酸菌事業に参入してから1年。すでに、初年度の売上額は、目標の1.5倍の額にあたる55億円に達しているが、さらに拡大していき、3年後には2.7倍の150億円を目指す。

たしかに筆者自身も、プレゼンティーズム状態だと感じることはしばしばある。疲労だけでなくオフィス内の騒音なども、仕事に集中できない原因の1つだと思われるが、はたして、そのようなメンタル面のプレゼンティーズムも改善されるのだろうか。実際にプラズマ乳酸菌を飲んで、試してみたいところだ。

『パワプロ』eペナントレース開幕! 元プロ野球選手の解説も

『パワプロ』eペナントレース開幕! 元プロ野球選手の解説も

2018.11.16

『パワプロ』のeペナントレースが開幕

プロアナウンサーの実況と元プロ野球選手の解説で盛り上がりを見せた

規模の大きさにプロ選手も緊張していた様子

コナミデジタルエンタテインメントとNPB(一般社団法人日本野球機構)は、11月10日に、ベルサール渋谷ガーデンにて「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018」の開幕戦を開催した。

eBASEBALLは、『実況パワフルプロ野球』のeスポーツイベント。プロ野球全12球団に登録された3名ずつ、計36名のプロゲーマーによって行われる。リーグ内で各チームと3戦ずつ、全15戦行い、ペナントレースを争う。

今回、先だって行われたプロテストeドラフト会議を経て、いよいよ開幕を迎えることになった。開幕戦では、セ・パ両リーグともに試合が行われたが、基本的に土曜日にセ・リーグ、日曜日にパ・リーグの試合が開催される。

試合前にはオンライン投票での勝敗予想も行われる。チーム自体の強さもさることながら、プレイする選手の実力も加味して投票される
全チームではないが、球団マスコットも会場に駆けつけた。一緒に写真撮影したり、サインをもらったりと、ファンにとっては貴重な一日となったのではないだろうか
オープニングでは、ベリーグッドマンによるテーマソングも披露された

1節に実施される試合回数は各チーム3戦。チームの選手が1人ずつ対戦する形式だ。試合は6イニング制で、延長は9回まで。3戦連続で試合をするため、ゲーム内選手のスタミナ面などが後の試合に影響する。つまり、実際のペナントレースと同様に、投手起用などを考える必要が出てくるのだ。

また、選手の調子はランダムで決定される。主力選手の好不調に合わせて戦略を変える必要もあるだろう。エラーや悪送球なども一定確立で発生するので、eスポーツとしては珍しく運要素もある。とはいえ、実際のスポーツ、今回題材としている野球においても運要素がまったくない訳ではないので、そこは逆にリアルとも言える。

試合直前に発表される選手の調子。絶好調、好調、普通、不調、絶不調の5段階あり、絶不調の場合、選手の持つ特殊能力が発動しなくなる。選手の好不調と実力を考え、オーダーを組み直す必要もあるだろう。主力選手が絶不調だったときの絶望感は相当なものだ

開幕戦は、メインスタジアムのセンタースタジアムと、レフトスタジアム、ライトスタジアムの3カ所で実施。いずれもプロのアナウンサーによる実況と元プロ野球選手の解説が行われた。3つのスタジアムでは同時に試合が進行し、他のスタジアムの途中経過なども表示されるといった、まさにプロ野球中継さながらの臨場感を味わえるようだった。会場にいれば、好きなスタジアムでの観戦ができるのも嬉しいところだ。

左からニッポン放送アナウンサーの清水久嗣氏と元中日ドラゴンズ監督の谷繁元信氏、プレイヤーゲストのまめしば氏
左からeスポーツ専門アナウンサーの平岩康佑氏と元千葉ロッテマリーンズの黒木知宏氏、プレイヤーゲストのアールグレイ氏
左から文化放送アナウンサーの槙島範彦氏とギャオス内藤氏、プレイヤーゲストのハル氏
左から清水久嗣アナウンサーと元ソフトバンクホークスの多村仁志氏、プレイヤーゲストのまめしば氏
左からフリーアナウンサーの田中大貴氏と前ヤクルトスワローズ監督の真中満氏、プレイヤーゲストのめし原氏

開幕戦で注目カードの1つとなったのが、センタースタジアムの第2戦で行われた中日ドラゴンズ対ヤクルトスワローズの一戦。ドラゴンズ愛あふれるでらナゴ!選手とeドラフト会議で4チームから指名を受けたマエピー選手の試合だ。ある程度の打撃戦となることは予想されたが、結果は7対3ででらナゴ!選手の勝利。昨年の覇者であるマエピー選手が初戦を落とすという波乱の展開となった。

3試合通しての結果としては、唯一3連勝を飾った西武ライオンズが、頭ひとつリードと言ったところ。セ・リーグは、2勝1敗2チーム、1勝1敗1分2チーム、1勝2敗2チームと混戦状態だ。なお、試合結果と順位表は公式ページからも確認できる。

昨年までも「パワプロチャンピオンシップ」として、大会は開催されていた。しかしながら、いわゆるeスポーツのような位置づけでもなく、注目度も高くなかったこともあり、今年はプロ選手によるeBASEBALLとして大きく様変わりしている。大会出場経験のある選手たちも、規模の大きさや注目度の高さに驚いているようだった。

読売ジャイアンツ所属のティーノ選手は「人前でプレイするのは昨年もやっていましたが、規模が違いますね。打撃が得意だったので、今回の試合も10点くらい取れるかなと思っていましたが、ベルガモット選手も私も3安打とまったく打てませんでした。気がつかないうちに緊張をしていたんだと思います」と、感想を述べた。

東京ヤクルトスワローズのマエピー選手も「すごく緊張しました。キャッチャーの送球が逸れまくって、4回の盗塁のうち、本来なら2回は刺せたと思いましたし、ピッチャーの悪送球やサードのエラーなど、かなり運にも見放されていました。ただ、それを差し引いたとしても、打ち負けていたので、完敗です。来週に向けて練習してきます」と語っていた。

横浜DeNAベイスターズのAO選手は「たぶん、私は数少ない3年連続出場の選手なのですが、今年はやはり独特です。この場の雰囲気に緊張しました。ただ、勝てばヒーローになれると思っていましたし、逆転ホームランを打ったときの大歓声はすごくて、大舞台での試合を楽しめました」と、いずれにしても大会の規模と注目度には緊張をしていたということがわかった。

阪神タイガースの実力者ベルガモット選手と対戦し、1対0で勝利を収めた読売ジャイアンツ所属のティーノ選手
珍しく大敗を喫した東京ヤクルトスワローズ所属のマエピー選手
少ないチャンスをものにし勝利した横浜DeNAベイスターズ所属のAO選手

そのほか、大会の見どころとしては、元プロ野球選手の解説が間近で聞けることや、球団マスコットとふれあえることが挙げられるだろう。アメリカのいわゆるボールパーク状態で、野球や『パワプロ』に興味がない人も十分に楽しめる時間となったのは間違いない。

今後の予定は、毎週土日にeペナントレースが行われ、12月16日には、クライマックスシリーズにあたる「eリーグ代表戦」が行われる。さらに来年の1月12日には「e日本シリーズ」も開催予定だ。

開幕戦のすべての試合はYouTubeのKONAMI公式チャンネルにアーカイブされているので、興味がある人は観てほしい。プロによる実況解説、試合展開の盛り上がりなど実際のプロ野球と比べても遜色ないので、プロ野球ファンも是非。