種字彫刻師から書体デザイナーへ

モトヤのデザイン部長、のちに技術顧問となった故・太佐源三氏は、橋本さんの最初の師匠だった。

「モダンなひとでした。まだ住みこみの徒弟制度も残っている時代、仕事は師匠の背中を見ておぼえろという職場も多いなかで、太佐さんは言葉でも教えてくれる方でした。神戸の芦屋にお住まいのクリスチャンで、歌がとてもうまかった」(橋本さん)

太佐源三氏。『デザイン』No.5(美術出版社、1978年7月)掲載の記事より

太佐源三氏は、1897年(明治30)生まれ。

太佐氏の父はもともと東京・牛込の印判屋に生まれ、大阪でも印判彫刻を手がけていたが、明治初年には銅板の彫刻師として紙幣版製作などに従事し、その後、活字のもとになる種字の彫刻をおこなうようになった。父の友人に築地活版製造所の種字彫刻師・竹口芳五郎氏がおり、太佐氏の彫る明朝体は、その流れをくんでいる。(*1)

太佐氏自身は、父の仕事に接するうちにおぼえたのが、種字彫刻の道に入るきっかけとなった。1920年(大正9)、大阪工業専修学校高等部機械科を卒業すると、大阪三有社に入って種字彫刻に従事し、三有社丸ゴシックを完成させた。

1929年(昭和4)には種字彫刻師として独立し、朝日新聞社などの種字を彫刻した。現在でもそうだが、新聞社は、各社が独自の書体をもっている。朝日新聞社の本文用明朝体を彫ったのは太佐氏である。

この時代、活字デザインは「描くもの」ではなく「彫るもの」だった。使用サイズ原寸の種字を、鏡文字の状態で凸状に彫ることによって、活字のデザインは表されたのだ。種字を彫るのは、活字の大きさの鉛合金の角柱だ。

〈彫刻者は活字になる文字のレイアウト、デザインから、他の活字と並んだときのバランスを考えて彫刻刀を振わねばならない。その上、この文字面は印刷された時正像になるが、彫刻する時には逆像即ち左文字である。この左文字の状態で、組版にした時の字並びに狂いないものをと、いわゆるヨリ、ヒキ、上り、下りまでを考えながら刻むのだから、その苦心…というよりは高度の技術と熟練が要求されるのである。〉(*2)

これは、太佐氏が種字彫刻師の仕事について書いた文章だ。手で彫刻するいちばん小さいサイズは7号活字だったという。7号とは5.25ポイント=約1.8mm。一辺2mmにも満たない活字材の表面に、左右逆像の文字を彫刻していたのだ。太佐氏は、あらかじめ筆で文字を朱で下書きして彫っていたという。(*1)

1940年(昭和15)、朝日新聞社活版部に入社して種字彫刻に従事。しばらくして一度活版部を離れるものの、1949年(昭和24)に国産ベントン彫刻機を朝日新聞社が導入したことにともない、再び活版部に配属され、母型係長となった。

このとき太佐氏は「活字彫刻のための刀を筆に持ちかえた」。それまでの種字彫刻から、方眼の入った原字用紙に鉛筆や筆で文字をデザインする仕事に変わったのだ。そこで太佐氏が心がけたのは、「読みやすい新聞文字」だった。漢字の画数の多い少ないによって極端に印刷面の黒みが変わることなく、明るくて読みやすい文字にしたい。その思いで、朝日新聞の原字デザインに打ちこんだ。

一方モトヤは、1949年(昭和24)に国産ベントン彫刻機が発売されるやいち早く導入したものの、あらたな原字の描き手が見つからず困っていた。

〈そういうデザインをやる人がほとんどいないので、凸版印刷とか、いろいろ大手の印刷会社でデザインをしているような人、あるいは有名な書家に頼みまして、とにかく明朝体を書いて出発したのですけれども、なかなか思い通りのものが書けない。その当時の金で1枚50円から100円ぐらい、いまの時価にしたら何千円(1万円近いか?)もするような代金を出して書いて、いろいろ母型を彫ってみると、目も当てられないような文字になるということがありまして、つくっては捨て、つくっては捨てという時代が2年ぐらい続きました。〉(*1)

当時のモトヤ社長・古門正夫氏は、ベントン用の原字デザインの苦労についてこう語っている。

古門氏は結局、デザインが一番大切と考え、自分自身で古い活字の印刷物を引き伸ばしたりして、なにがデザインのポイントなのか、3年ほどかけて研究した。さらに、朝日新聞社の彫刻師だった太佐源三氏の腕に目をつけ、1953年(昭和28)、太佐氏が同社を56歳で定年退職になるのを待って、デザイン部長としてモトヤに招いた。

〈太佐は明朝体・ゴシック体が得意で、一番最初にいまも評判のよい明朝を手がけたのであります〉(古門氏)(*1)

モトヤでの太佐氏の最初の仕事は、モトヤ明朝のベントン用原字デザインだった。

1958年(昭和33)にモトヤが発行した書体見本帳がある。ベントン彫刻機による彫刻母型がある程度、普及した時期のもので、すでに12台ものベントン彫刻機を導入し(国産ベントン彫刻機は当時1台80~100万円だった)その母型の質に自信をもっていたモトヤは、見本帳の序文で〈「美しい印刷は書体の良いベントン活字を用いなければ出来ない」とゆうことは今や印刷業者の常識となった〉と高らかに宣言している。(*3)さらにこの見本帳のおもしろいのは、書体の組見本の文章が、同社の活字にまつわる内容になっていることだ。

モトヤ書体見本帳より

新聞用13段(9ポイント)扁平明朝の組見本は、美しい印刷には優秀な書体の母型が大事だということを語った文章になっており、そのなかに「餅は餅屋」という小見出しで始まる一文がある。

〈活字の書体にしても生かじりでデザインしたところでロクな物は出来ないに決っている。それよりも充分研究を重ねた優秀な書体を吟味して買った方が利口ではないか。如何に大印刷所、大新聞社と雖も書体の研究となると単なるこの一部分にそう大きな費用もかけられないし、又立派な書体を作ることは天才的技術を持った一部の人々の独占であるといっても過言ではない。実はそれ程困難な仕事だと言える。その人を得るには「運」と「根気」と「金」がかかる。弊社もこのデザイナーの獲得には心血をそそいだのである〉(*3)

「その人」とは太佐源三氏のことだろう。古門社長がどれほど太佐氏の入社を熱望したかが想像できる。

読みやすい文字 デザインのポイント

太佐源三氏がモトヤに入社したのは1953年(昭和28)1月のこと。古門社長からの依頼は「可読性が他社の文字よりはるかによい漢字、モトヤ明朝体の完成」だった。

その当時、世間で見かける印刷物で、太佐氏が満足に思う書体は皆無だったという。太佐氏は視線が流れるようにスラスラと読める、安定感のある文字をつくりたいと考えた。そうして試行錯誤をくりかえしたのち、次のような方針にたどりついた。

〈文字の外郭を結ぶと種々の字形ができる。例えば、国は四角、上は三角、今は菱形というように。これらが文字の大小や、字並びを悪くする原因で、この場合、国は大きく、今は小さく見え、上は下って見える。種々の字形から起る可読性障害を防ぐため〉(*2) 、太佐氏が掲げたポイントは次の通りだ。

〈①字形の面積が大きいものは、字面一杯でなく、内側に少し小さくデザインする。
②重心が下にある文字は、稍上げてデザインする。
③右寄りの傾向の文字は少し左へ寄せてデザインする。
④左寄の傾向の文字は少し右へ寄せてデザインする。
⑤文字の画数が極端に多いものは、画線の中可能な線を細めて全体に明るさを保つようにする。〉(*2)

これらのポイントに留意して完成したのが、当時の「モトヤ明朝体M1」。できるかぎり文字のフトコロ(線で囲まれた空間)を広くし、空間のバランスがよく、明るく見えるようデザインした。

古門社長は太佐氏のデザインについて、〈太佐はクリスチャンで、人柄もよく、音楽を好み、終戦直後NHKの音楽の審査員をやったくらいですから、ピアノは弾けますし、声楽も達者で、なかなかの音楽家なんですね。そういう人が当社の文字を書いたのです。書体にはその制作者の人格が出るものですね。非常に円滑な、あきないすぐれた字です〉と語っている。(*1)

太佐氏の没年は不明だが、1976年(昭和51)1月の『印刷とモトヤ』No.5に寄稿し「しごく健康でいまだ眼鏡なしで新聞が読めるし、あふれるほど元気」と述べており、80歳前後までは存命だったと確認できる。

77歳で『季刊タイポグラフィ』(*4)に掲載されたときには、「主食はさつまいもをふかしてスキムミルクをたくさんまぶしたもの。卵を1日に6~10個。野菜と果物はなんでもたくさん食べることにしている」と若さの秘訣を、「今後も若い世代と交流し、読みやすい、すぐれた書体をデザインしていきたい」と夢を語った。その言葉からは、80歳近いとは思えないみずみずしい情熱が伝わってくる。

「ぼくは師との出会いに恵まれた。自分のこれからの道を教えてもらった。『活字とは、空気か水のようなもの』という太佐さんの言葉は、いまも脳裏から離れません」

そう語る橋本和夫さんの最初の師・太佐源三氏は、読みやすい文字へのこだわりを生涯持ち続けたひとだった。

(つづく)

(注) *1:「中垣信夫連載対談 第4回――モトヤ活字の設計思想 印刷と印刷の彼岸 ゲスト:古門正夫 特別ゲスト:太佐源三」『デザイン』No.5(美術出版社、1978年7月)
*2:太佐源三「文字とともに70年」『印刷とモトヤ』No.5(モトヤ、1976年1月)
*3:「書体」(モトヤ、1958年)
*4:『季刊タイポグラフィ』3月号(日本タイポグラフィ協会編・柏書房発行、1974年)

話し手 プロフィール

 

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

 

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

>次の記事

第7回 人生をかえる出会い

打倒iQOSに挑むプルーム・テックの戦い、世界市場も見据えたJTの新製品

打倒iQOSに挑むプルーム・テックの戦い、世界市場も見据えたJTの新製品

2019.01.22

低温加熱式のJTがライバルと直接競合する高温加熱式に参入

専用リフィルも異なる3種類の製品で広範に網を張るプルーム・テック

海外市場でも兆し見えた加熱式たばこ、日本での成功がより重要に

日本たばこ産業(JT)が加熱式たばこの新製品、「プルーム・テック・プラス (Ploom TECH+)」「プルーム・エス (Ploom S)」の2製品を発表した。シェアトップのiQOSを追撃したいJTだが、ライバルに先行を許している今、どのような戦略を描いているのか。

JTが発表した加熱式たばこの新製品、プルーム・テック・プラス(左)とプルーム・エス

新たに高温加熱式に参入、ライバルと直接競合へ

新製品は、従来のプルーム・テックを改良したプルーム・テック・プラスと、シェアを争う「iQOS」(フィリップ・モリス)や「glo」(BAT)と同様の加熱方式を採用したプルーム・エスの2つ。iQOSとgloが高温加熱式であるのに対し、もともとプルーム・テックは低温加熱式と呼ばれる方式をとっていた。30度という低温で発生させた蒸気をたばこカプセルを通して吸うため、においが少ない一方、吸いごたえに乏しいともいわれていた。

低温加熱式で吸いごたえを追加したプルーム・テック・プラスと、高温加熱式のシェア奪取を狙ったプルーム・エスを投入

そこで、たばこ葉を増やすなどして吸いごたえを高めたのがプルーム・テック・プラスだ。その結果、本体が太く大きくなり、加熱温度も40度と少しだけ高くなったが、においの少なさはそのままに、吸いごたえをアップさせたことをアピールする。

プルーム・エスは高温加熱式を採用し、iQOSやgloと同様の吸いごたえを目指した。こうした高温加熱式は、たばこ葉を高温で蒸すことで蒸気を発生させるため、従来のたばことも異なる独特のにおいを発生させる。

JT副社長・たばこ事業本部長の岩井睦雄氏は、この独特の「におい」のせいでたばこの味わいに違和感を覚える喫煙者が多かったと話す。そのため、「満足度を高めるのは味わい」として、このにおいの低減に取り組んだという。

プルーム・エスでは、たばこ葉を熱する温度を200度に抑えた。これはiQOSの300度、gloの240度に比べて低く、これによって特有のにおいを抑えたという。

吸いごたえや加熱方式が異なる3製品をそろえる意味

JTは新製品投入後も既存製品の取り扱いを継続する。つまり、プルーム・テックのラインアップは3種類となる。iQOSも複数の製品があるが、こちらは機能の違いによって3種類に分けられており、プルーム・テックはそれに対して、吸いごたえや加熱方式によって異なる製品を用意したかっこうだ。

3つの製品を投入することで、選択肢を提供する

岩井副社長は「温度で選ぶ時代」と表現し、低温のプルーム・テック/プルーム・テック・プラスと、高温のプルーム・エスという選択肢によって「好みや生活環境、ライフステージの変化に合わせて、いつでも最適な選択ができる」ことを狙ったとしている。

たばこ事業本部長の岩井睦雄副社長

たばこ部分に互換性がないという問題はありそうだが、現在でも、においの少なさを重視して自宅ではプルーム・テックを吸いつつ、味わいを求めて喫煙所では高温加熱式の加熱式たばこ、と双方を使い分けている人が少なくない。そうしたユーザーに対して、「それぞれで求められるニーズを高いレベルで満たし、両方を提供するのが顧客満足度の最大化に繋がる」(岩井副社長)と判断し、製品開発に取り組んだ。

加熱式たばこ最大市場の日本から、海外市場を見据える

岩井副社長は新製品でiQOSからシェアを奪取し、「中長期的にはRRPカテゴリでもシェアナンバーワンを目指す」と意気込みを語る。

「RRP」とは「リスク低減製品」のこと。「喫煙にともなう健康へのリスクを低減させる可能性がある」と位置づけられる製品だ。

日本では法律上、液体にニコチンを含ませて販売することはできない。電子たばこは、このニコチンを含む液体を蒸気化させるため日本で販売できず、結果、加熱式たばこが普及したという背景もある。加熱式たばこの市場規模では日本が世界最大だが、iQOSが韓国や欧州の一部で販売を強化しており、グローバルでの市場拡大を狙っている。

JTは海外ではlogicブランドで電子たばこを販売している。海外での電子たばこ事業はありつつも、まずは製品の国内ラインナップを拡大して加熱式たばこのシェア拡大を図るとともに、紙巻きたばこを含むすべての製品の価値を向上させることで、市場の拡大に繋げたい考えだ。「日本での成功がグローバルでの成功につながる」と岩井副社長は強調する。

紙巻きたばことRRP製品の双方を拡充する
日本では加熱式、海外では電子たばこを提供中

紙巻きからの移行、数年以内に大きな山場

2018年は加熱式たばこが踊り場を迎えたと言われた。日本ではここ数年で急激に加熱式たばこの普及が進んだが、市場シェアが20%を越えたところでユーザー需要は一巡したとみられる。

ただ、プルーム・テックの全国販売の開始や、他社では直近のiQOSの新モデル投入などを経て、その動向から、需要の伸びは「足踏みしていたが、止まったわけではない」(岩井副社長)との認識にあるという。加えて、紙巻きたばこによる健康懸念の高まりや、オリンピックによる喫煙場所の規制といった外的要因もあり、「必ずシガレット(紙巻きたばこ)からRRPに移ってくる」(同)という見通しだ。

課題は、紙巻きたばことは異なり、デバイスを購入しなければならないというハードルの高さだ。一度購入した後、他社のデバイスへ移行しづらいという難題につながる。

他社の後追いとなった高温加熱式では、「差別化のポイントをしっかりと伝えていく」ことで買い替えを促進する。JTが主導する低温加熱式では、「若干下方修正したが、手応えも感じている」と岩井副社長は説明する。今後は製品の良さをアピールするために、喫煙者に直接説明をする営業スタイルを重視していく方針をとるそうだ。

JTは日本市場で紙巻き、加熱式のいずれでもシェアトップを目指す

JTは1社で複数の選択肢の製品を用意することで、消費者のニーズの受け皿を最大化しようと目論んでいる。この先にグローバルで展開する上で、ユーザーからどのような示唆が得られるのかを検証していき、海外での加熱式たばこの市場拡大にも乗り出していきたいと考えているようだ。

加熱式たばこは間もなく、国内市場シェアだけでなく、海外市場の争奪戦の行方も左右する正念場を迎える。

大手コンビニ3社、成人誌の販売中止を相次ぎ決定

大手コンビニ3社、成人誌の販売中止を相次ぎ決定

2019.01.22

セブン、ローソンに続きファミマも成人誌を販売中止

インバウンドの増加、オリンピックの開催も影響か

コンビニ最大手のセブン-イレブンと業界3位のローソンが成人向け雑誌の販売中止を発表したのに続き、業界2位のファミリーマートも同様の方針を打ち出した。大手3社の足並みがそろい、日本国内のほとんどのコンビニ店頭から成人誌が消える。

国内のセブン-イレブン店舗数は2万店を超え、ローソンとファミマが1万5,000店前後でこれに続く。それぞれ今年の8月末までに取り扱いを原則中止するという。これまで一部店舗で成人誌の販売を中止していた例はあったが、今回は各社全店舗で取り扱いを中止する。業界では昨年1月から、ミニストップが他社に先駆けて全店で取り扱いを中止していた。

もともと諸外国にくらべ、女性や子どもの目につきやすいコンビニ店頭などに成人誌が置かれている日本のゾーニングの現状は特殊であるとの批判があった。また、インバウンドで訪日外国人が増え、この論調に拍車がかかっていたほか、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、イメージ低下を防ぐ要請が強まっていたという背景がある。

コンビニでの成人誌の購買層は近年、高齢男性に偏るとともに売り上げの減少も顕著であったといい、ゾーニングの問題が取り扱い中止の大義名分になったという見方もある。ある出版関係者は、「一部では電子版などネット展開を強化している流れはあるが、今でもコンビニは重要な販路なので、相当な混乱があるだろう」と話す。どちらにせよ、日本の成人誌は岐路に立たされることになる。