種字彫刻師から書体デザイナーへ

モトヤのデザイン部長、のちに技術顧問となった故・太佐源三氏は、橋本さんの最初の師匠だった。

「モダンなひとでした。まだ住みこみの徒弟制度も残っている時代、仕事は師匠の背中を見ておぼえろという職場も多いなかで、太佐さんは言葉でも教えてくれる方でした。神戸の芦屋にお住まいのクリスチャンで、歌がとてもうまかった」(橋本さん)

太佐源三氏。『デザイン』No.5(美術出版社、1978年7月)掲載の記事より

太佐源三氏は、1897年(明治30)生まれ。

太佐氏の父はもともと東京・牛込の印判屋に生まれ、大阪でも印判彫刻を手がけていたが、明治初年には銅板の彫刻師として紙幣版製作などに従事し、その後、活字のもとになる種字の彫刻をおこなうようになった。父の友人に築地活版製造所の種字彫刻師・竹口芳五郎氏がおり、太佐氏の彫る明朝体は、その流れをくんでいる。(*1)

太佐氏自身は、父の仕事に接するうちにおぼえたのが、種字彫刻の道に入るきっかけとなった。1920年(大正9)、大阪工業専修学校高等部機械科を卒業すると、大阪三有社に入って種字彫刻に従事し、三有社丸ゴシックを完成させた。

1929年(昭和4)には種字彫刻師として独立し、朝日新聞社などの種字を彫刻した。現在でもそうだが、新聞社は、各社が独自の書体をもっている。朝日新聞社の本文用明朝体を彫ったのは太佐氏である。

この時代、活字デザインは「描くもの」ではなく「彫るもの」だった。使用サイズ原寸の種字を、鏡文字の状態で凸状に彫ることによって、活字のデザインは表されたのだ。種字を彫るのは、活字の大きさの鉛合金の角柱だ。

〈彫刻者は活字になる文字のレイアウト、デザインから、他の活字と並んだときのバランスを考えて彫刻刀を振わねばならない。その上、この文字面は印刷された時正像になるが、彫刻する時には逆像即ち左文字である。この左文字の状態で、組版にした時の字並びに狂いないものをと、いわゆるヨリ、ヒキ、上り、下りまでを考えながら刻むのだから、その苦心…というよりは高度の技術と熟練が要求されるのである。〉(*2)

これは、太佐氏が種字彫刻師の仕事について書いた文章だ。手で彫刻するいちばん小さいサイズは7号活字だったという。7号とは5.25ポイント=約1.8mm。一辺2mmにも満たない活字材の表面に、左右逆像の文字を彫刻していたのだ。太佐氏は、あらかじめ筆で文字を朱で下書きして彫っていたという。(*1)

1940年(昭和15)、朝日新聞社活版部に入社して種字彫刻に従事。しばらくして一度活版部を離れるものの、1949年(昭和24)に国産ベントン彫刻機を朝日新聞社が導入したことにともない、再び活版部に配属され、母型係長となった。

このとき太佐氏は「活字彫刻のための刀を筆に持ちかえた」。それまでの種字彫刻から、方眼の入った原字用紙に鉛筆や筆で文字をデザインする仕事に変わったのだ。そこで太佐氏が心がけたのは、「読みやすい新聞文字」だった。漢字の画数の多い少ないによって極端に印刷面の黒みが変わることなく、明るくて読みやすい文字にしたい。その思いで、朝日新聞の原字デザインに打ちこんだ。

一方モトヤは、1949年(昭和24)に国産ベントン彫刻機が発売されるやいち早く導入したものの、あらたな原字の描き手が見つからず困っていた。

〈そういうデザインをやる人がほとんどいないので、凸版印刷とか、いろいろ大手の印刷会社でデザインをしているような人、あるいは有名な書家に頼みまして、とにかく明朝体を書いて出発したのですけれども、なかなか思い通りのものが書けない。その当時の金で1枚50円から100円ぐらい、いまの時価にしたら何千円(1万円近いか?)もするような代金を出して書いて、いろいろ母型を彫ってみると、目も当てられないような文字になるということがありまして、つくっては捨て、つくっては捨てという時代が2年ぐらい続きました。〉(*1)

当時のモトヤ社長・古門正夫氏は、ベントン用の原字デザインの苦労についてこう語っている。

古門氏は結局、デザインが一番大切と考え、自分自身で古い活字の印刷物を引き伸ばしたりして、なにがデザインのポイントなのか、3年ほどかけて研究した。さらに、朝日新聞社の彫刻師だった太佐源三氏の腕に目をつけ、1953年(昭和28)、太佐氏が同社を56歳で定年退職になるのを待って、デザイン部長としてモトヤに招いた。

〈太佐は明朝体・ゴシック体が得意で、一番最初にいまも評判のよい明朝を手がけたのであります〉(古門氏)(*1)

モトヤでの太佐氏の最初の仕事は、モトヤ明朝のベントン用原字デザインだった。

1958年(昭和33)にモトヤが発行した書体見本帳がある。ベントン彫刻機による彫刻母型がある程度、普及した時期のもので、すでに12台ものベントン彫刻機を導入し(国産ベントン彫刻機は当時1台80~100万円だった)その母型の質に自信をもっていたモトヤは、見本帳の序文で〈「美しい印刷は書体の良いベントン活字を用いなければ出来ない」とゆうことは今や印刷業者の常識となった〉と高らかに宣言している。(*3)さらにこの見本帳のおもしろいのは、書体の組見本の文章が、同社の活字にまつわる内容になっていることだ。

モトヤ書体見本帳より

新聞用13段(9ポイント)扁平明朝の組見本は、美しい印刷には優秀な書体の母型が大事だということを語った文章になっており、そのなかに「餅は餅屋」という小見出しで始まる一文がある。

〈活字の書体にしても生かじりでデザインしたところでロクな物は出来ないに決っている。それよりも充分研究を重ねた優秀な書体を吟味して買った方が利口ではないか。如何に大印刷所、大新聞社と雖も書体の研究となると単なるこの一部分にそう大きな費用もかけられないし、又立派な書体を作ることは天才的技術を持った一部の人々の独占であるといっても過言ではない。実はそれ程困難な仕事だと言える。その人を得るには「運」と「根気」と「金」がかかる。弊社もこのデザイナーの獲得には心血をそそいだのである〉(*3)

「その人」とは太佐源三氏のことだろう。古門社長がどれほど太佐氏の入社を熱望したかが想像できる。

読みやすい文字 デザインのポイント

太佐源三氏がモトヤに入社したのは1953年(昭和28)1月のこと。古門社長からの依頼は「可読性が他社の文字よりはるかによい漢字、モトヤ明朝体の完成」だった。

その当時、世間で見かける印刷物で、太佐氏が満足に思う書体は皆無だったという。太佐氏は視線が流れるようにスラスラと読める、安定感のある文字をつくりたいと考えた。そうして試行錯誤をくりかえしたのち、次のような方針にたどりついた。

〈文字の外郭を結ぶと種々の字形ができる。例えば、国は四角、上は三角、今は菱形というように。これらが文字の大小や、字並びを悪くする原因で、この場合、国は大きく、今は小さく見え、上は下って見える。種々の字形から起る可読性障害を防ぐため〉(*2) 、太佐氏が掲げたポイントは次の通りだ。

〈①字形の面積が大きいものは、字面一杯でなく、内側に少し小さくデザインする。
②重心が下にある文字は、稍上げてデザインする。
③右寄りの傾向の文字は少し左へ寄せてデザインする。
④左寄の傾向の文字は少し右へ寄せてデザインする。
⑤文字の画数が極端に多いものは、画線の中可能な線を細めて全体に明るさを保つようにする。〉(*2)

これらのポイントに留意して完成したのが、当時の「モトヤ明朝体M1」。できるかぎり文字のフトコロ(線で囲まれた空間)を広くし、空間のバランスがよく、明るく見えるようデザインした。

古門社長は太佐氏のデザインについて、〈太佐はクリスチャンで、人柄もよく、音楽を好み、終戦直後NHKの音楽の審査員をやったくらいですから、ピアノは弾けますし、声楽も達者で、なかなかの音楽家なんですね。そういう人が当社の文字を書いたのです。書体にはその制作者の人格が出るものですね。非常に円滑な、あきないすぐれた字です〉と語っている。(*1)

太佐氏の没年は不明だが、1976年(昭和51)1月の『印刷とモトヤ』No.5に寄稿し「しごく健康でいまだ眼鏡なしで新聞が読めるし、あふれるほど元気」と述べており、80歳前後までは存命だったと確認できる。

77歳で『季刊タイポグラフィ』(*4)に掲載されたときには、「主食はさつまいもをふかしてスキムミルクをたくさんまぶしたもの。卵を1日に6~10個。野菜と果物はなんでもたくさん食べることにしている」と若さの秘訣を、「今後も若い世代と交流し、読みやすい、すぐれた書体をデザインしていきたい」と夢を語った。その言葉からは、80歳近いとは思えないみずみずしい情熱が伝わってくる。

「ぼくは師との出会いに恵まれた。自分のこれからの道を教えてもらった。『活字とは、空気か水のようなもの』という太佐さんの言葉は、いまも脳裏から離れません」

そう語る橋本和夫さんの最初の師・太佐源三氏は、読みやすい文字へのこだわりを生涯持ち続けたひとだった。

(つづく)

(注) *1:「中垣信夫連載対談 第4回――モトヤ活字の設計思想 印刷と印刷の彼岸 ゲスト:古門正夫 特別ゲスト:太佐源三」『デザイン』No.5(美術出版社、1978年7月)
*2:太佐源三「文字とともに70年」『印刷とモトヤ』No.5(モトヤ、1976年1月)
*3:「書体」(モトヤ、1958年)
*4:『季刊タイポグラフィ』3月号(日本タイポグラフィ協会編・柏書房発行、1974年)

話し手 プロフィール

 

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

 

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

>次の記事

第7回 人生をかえる出会い

日本の掃除機市場を変革した元外交官、日本市場への本格参入を語る

モノのデザイン 第53回

日本の掃除機市場を変革した元外交官、日本市場への本格参入を語る

2019.04.25

シャークニンジャ日本法人の社長 ゴードン・トム氏に直撃

「コードレススティッククリーナー」人気の立役者が語る参入秘話

日本向けの製品カスタム、消費者ニーズの取り入れ図る

全米ナンバーワンの掃除機ブランド「シャーク」。日本では、長年スチームクリーナーのメーカーとして知られていたが、2017年6月に日本法人が設立され、翌2018年夏に日本市場に本格参入した。

第1弾として、同年8月にコードレススティッククリーナーの「EVOFLEX」を発売。翌9月にはハンディクリーナー「EVOPOWER」、10月にはスチームモップ3製品、ロボット掃除機「EVOROBOT」と精力的に新製品を日本市場に投入している。

そこで今回は、シャークニンジャ日本法人の社長を務めるゴードン・トム氏を直撃。同社の日本市場への本格参入の意図と、今後の戦略や日本の掃除機市場や消費者について伺った。

シャークニンジャ日本法人の社長のゴードン・トム氏。英国の元外交官で、20年前にダイソンの掃除機を日本に広め、現在の業界の発展につながる市場の開拓の礎を築いた人物だ

「コードレススティッククリーナー」人気の立役者

ゴードン・トム氏と言えば、日本の掃除機市場の変革者と呼んでも過言ではない人物。もとはイギリスの外交官として来日。赴任中の1990年代にダイソンの日本法人の初代社長に抜擢された(編集注:イギリスの外交官には副業を認める制度がある)。

当時国内メーカーの寡占状態であった日本の掃除機市場に“吸引力が落ちない”の謳い文句で同社のサイクロン掃除機を展開し、「ダイソン」ブランドの地位確立の礎を築いた。

ダイソンを退いた後は、エレクトロラックス日本法人の社長に就任し、キャニスター型に代わり、現在日本の掃除機市場において主流となった“コードレススティッククリーナー”の人気を定着させた。

外国人でありながら、日本の掃除機市場を知り尽くした“業界のマシュー・ペリー”的存在のトム氏だが、今度は全米ナンバーワンの掃除機メーカーの日本法人の社長として日本に再上陸したのは、どういった経緯なのだろうか。

「2014年にエレクトロラックス社を退職して、以降はマーケティングのコンサルタントの仕事をしていましたが、2016年の9月ごろにシャークから連絡がありました。当時のシャークの売上は北米が95%、イギリスが5%ほど。中国法人を立ち上げ、代理店経由でメキシコにも進出するなど本格的な国際化戦略を進めており、日本も大事な市場の1つと考えていました。そんな中、私のところに相談があり、翌2017年の1月くらいにボストンの本社へ出向き、エンジニアやデザイナーに会って話をし、3~4月ぐらいに日本に展開する商材や現地法人の設立、取引・流通事情、マーケティング戦略の提案をしました」

日本法人の設立にあたっては、最終的にはトム氏自らが初代社長に就任することになり、これまでの経験をもとに、オフィスの設置場所や人材集めなども自ら担ったとのことだ。

参入にあたり日本向けにカスタム

次に着手したのは、日本市場に投入する商材の選定。氏曰く「これまでで最高の掃除機に出会えた」と評する同社の製品で、日本市場参入第1弾に選ばれたのは、「EVOFLEX」。本国では2017年秋に発売され、ボタン1つでパイプを90°曲げて掃除ができるという独特のギミックで注目を集めた製品だが、日本で発売するにあたっては多くが日本向けにカスタマイズされたという。

日本市場への本格参入の第1弾として2018年8月に発売されたコードレススティッククリーナー「EVOFLEX」。本国でおよそ1年前に発売された製品(左)を、サイズからモーター、操作性に至るまで、日本向けに大幅にカスタマイズした上で登場し

「本国で開発された最初の試作機は、私の目から見たら全然ダメでした。まず、大きすぎて日本人の身体にも家にもマッチしていませんでした」

パイプ部分が90°曲がって家具の下にも潜り込みやすいという、製品のアイデンティティーとも言える独自性はそのまま継承しつつも、パーツの着脱をしやすくするためにボタンの改良が施されるなど、日本のユーザーに受け容れられるよう細かい部分にまで配慮がなされた

そこで実際に、試作機を用いて日本の家庭50世帯で6週間のテストを3回行い、その結果、日本向けの「EVOFLEX」は、原型は同じでありながらも本国の製品とは見た目も中身もかなり異なる製品に仕上がった。「例えば、ヘッドブラシは、畳や木材などが多い日本家屋の床に合わせて柔らかいローラーにしました。ダストカップも中身が見える透明な素材で、中のメンテナンスがしやすいように角を丸くしています」とトム氏。

それ以外にも、高音域のモーター音を好まない日本のユーザーのために音を低減したり、高性能なHEPAフィルターの採用や、取り外しやすいメッシュフィルターを採用してサイクロン部の手入れをしやするなど、掃除機の本質性能だけでなく、操作性やメンテナンス性にこだわった改良が多数施された。

こうした改良点について、トム氏は日本とアメリカの掃除機に対する消費者の根本的な考え方や流通ルートの違いを明かす。

「日本の場合には、掃除機や家電製品の購入は、家電量販店が主流ですが、米国の場合にはウォルマートなどの巨大スーパーで購入するケースが一般的です。そこでは日本のように実際に製品に手で触れて試してみるという機会がありません。そのため、製品への信頼度が重要で、ブランド力というのはとても大事なのです」

日本でも昨秋発売された同社のロボット掃除機。本国ではそのおよそ1年前に発売されているが、ほぼアイロボット社の独占市場であったアメリカのロボット掃除機市場において、初めてアイロボット以外で2桁のシェアに躍り出ている。

2018年10月発売のロボット掃除機「EVOROBOT」。掃除機メーカーとしてのブランドへの信頼性と、十分な機能・性能と消費者が受け入れやすい価格帯で、アイロボットの「ルンバ」以外で初めて10%を超えるシェアを獲得したという

さらに、米国の消費者は「掃除機が必要」という需要があった上で、その用途を満たすための機能と予算を照らし合わせて製品を選ぶというのが購入の意思決定。ゆえに、デザインやメンテナンスといった要素は日本人ほど重視されず、むしろ「さまざまなユーザー層の需要に応えるために、価格によって付属品を選べることが重要なのです」と話す。

20年前の日本市場は「つまらなかった」

一方、約20年前に日本の掃除機市場に乗り込み、「日本の掃除機は紙パックのキャニスター式ばかりで個性がなく、つまらなかった」と当時を振り返るトム氏。業界の“エバンジェリスト”として、日本市場においてシャークブランドのプレゼンスをどのように高めていくのかに注目される。

そこで目を向けたのが、昨年9月に発売された「EVOPOWER」だ。本国での発売後、日本向けにカスタマイズして上陸した「EVOFLEX」とは異なり、日本をメインマーケットとして、日本の消費者のニーズを多く取り入れて開発されたハンディクリーナーで、その後に英国でも発売されているとのこと。

さらに、今年1月には長崎県の無形文化財である「臥牛窯」とコラボレーションし、「EVOPOWER」に絵付けを施した限定商品を発売するなど、"日本発"の掃除機を送り出している。今後もこうした商品展開や戦略を積極的に進めていく方針なのだろか。最後に、シャークニンジャの展望について訊ねてみたところ、次のように語ってくれた。

2018年9月発売の「EVOPOWER」。コンパクトで部屋に設置しやすくサッと使える機動力のよさと、生活感を感じさせない外観でインテリアにもなじみ、部屋に常設しやすいと好評だ
「臥牛窯」とのコラボレーションで生まれた限定の「EVOPOWER」。プロモーションというよりも、どちらかと言うと日本の伝統工芸贔屓のゴードン社長の“趣味”で作られたようだが、今後も相性がよいものがあれば実現していきたいとのこと

「シャークの掃除機は、あくまでユーザーの使い勝手が最優先です。ゆえに、EVOPOWERも持ちやすく、どこにでも置いて使いやすいサイズ・形状を追求したハンディクリーナーですが、空間に置かれた時のこともイメージし、見た目のデザインにもこだわって開発された、これまでになかった商品だと思います。そういう意味ではEVOPOWERのデザインはまさに"機能美"と言えます。臥牛窯は、単に私が好きだと言う理由でやりました(笑)。積極的にとまでは言えませんが、伝統工芸が好きなので、実現できれば個人的には今後もコラボ商品を展開してみたいですね」

ダイソンで日本の掃除機市場に風穴を開け、エレクトロラックスで新たな掃除スタイルを日本に定着させたゴードン・トム氏。掃除機メーカーとして全米で絶対的なブランド力を誇るシャークニンジャを率い、今度はどのような手腕を奮うのか楽しみである。

長年の経験・知見を武器にした"掃除機"を通じた外交で、日本と諸外国をつないで、今後も世の中の掃除・家事スタイルやあり方を変えていってくれることへの期待が寄せられる、ゴードン・トム氏
関連記事
「情報」と「経験」はお金にならない?

文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」 第5回

「情報」と「経験」はお金にならない?

2019.04.25

私は文房具関連のイベントに出演させていただくことがあるのだが、いつも不思議に思うことがある。それは、ほとんどのイベントが入場無料であることだ。

文房具の世界において、イベントは主にトークイベント、実演販売、ワークショップの3種類に分かれているのが定番だが、いずれにしても入場(参加)無料であることが多いのである。

どのイベントでも、来てくれた方が新たな情報や経験を得て帰っていくことは間違いない。それなのに無料ということは、情報や経験はあくまで販促にしか使えない、つまりお金にならないものだと、文房具界が考えているということだろうか?

リアルの逆襲

おそらくどの業界でもあることだと思うが、昨今はモノを売ろうとするとインターネット販売vsリアル店舗、という構図が存在する。文房具界も同じだ。

インターネットでは店頭よりも安く文房具を買えることが多いし、外出の手間もかからない。また、売る側にとっては万引きの心配が要らない(文房具店の万引き被害は深刻なのだ)。そういう事情から、文房具店は数を減らしていている。ネットに押されているわけだ。

しかし、店舗だけが持つ価値も、もちろんある。実際に商品を手に取ることができるし、ウィンドウショッピングで思わぬ出会いもあるかもしれない。どちらもお客様にとっては大きなメリットだし、その価値が認められているからこそ文房具店が消えていないのだろう。

そして、リアル店舗だけの強みをさらに打ち出そうと文房具店(やメーカー、代理店など)が近年力を入れているのが、冒頭で述べたイベントだ。

イベントなど「場」への回帰は、文房具業界に限らない近年の流行りともいえるし、そういったイベントから私に声がかかるのは非常に光栄なのだが、さて、どうして「入場無料」なのだろうか。

情報と経験は価値になる

入場無料の背景には、イベントでの直接的な利益ではなく、間接的な利益を狙っているということがある。たとえばイベントに足を運んでくださるお客様が店で買い物をしてくれることや、イベントをきっかけに店のリピーターになることだ。

そのため、「(入場料を取ることで)お客様が来ないと困るから」というイベント主催者側の不安が先に立ち、無料となる。まったく同感だ。私も集客の恐怖はよく知っている。その根底には、具体的なモノを手に入れられないならお金はもらえない、という発想がある(その証拠に、少ないながら行われる有料のイベントは、お土産つきの場合が多い)。

だが、よく考えるとこの発想は変だ。コンサートや映画、著名人の講演は有料なのが普通だが、そこでは情報や経験に値段をつけている。映画が有料だと言って文句を言う人はいないだろう。

なぜ文房具界には情報や経験を売るという発想がないのだろうか?

「情報」を売ったことがない文房具界

思うに、文房具界はモノを売って生きてきた業界だから、情報を売ってきたコンテンツ業界並にとは言わないにしても、情報に価値があることに気づけていないのではないだろうか。

しかし、ネットvsリアルという普遍的な構図の中では、情報や経験の価値こそが鍵を握る。単にモノを売るだけならネットには敵わないからだ。

文房具は実に楽しい。だが、その楽しさの何割かは文房具そのものではなく、その周囲にある、新しい使い方や楽しみ方といった情報・経験なのだ。文房具の楽しさは、文房具というモノを超えていく。だから、店舗やイベントにはお金を払うような価値があるのだと、改めて考えてみるべきだと思うのだ。

関連記事