文字修業のはじまり

履歴書の文字が認められ、実技試験に合格して採用されたとはいえ、活字デザインについては、橋本さんはまるっきり未経験者の状態だった。

「原字のゲの字も、活字のカの字もわからない。19歳のぼくはなにも知りませんでしたが、いま思えばそれがよかったのかもしれない。言われたことが全部すんなりと自分のなかに入っていくわけですから。一度自分でやってみて、ダメと思えば直せばいい。そうやって、言われたとおりにやってみて、自分で精査する能力というのが身についたのかもしれません」

しかし、素人がすぐにできるほど、活字デザインは簡単な仕事ではない。最初の3ヵ月ほどは、文字修業をして過ごしたという。

鉛筆でスケッチし、烏口や面相筆と呼ばれる細筆と雲形定規などをもちいて輪郭をとり、中を塗りつぶして墨入れする。それを最後にポスターカラーのホワイトで修正して仕上げる、というひととおりの流れを学んだ。

「最初に明朝体で『一』、その次に『永』という字ばかりを描き続けました」

なぜ「永」なのかというと、この文字は「永字八法(えいじはっぽう)」といって、一文字のなかに書道で用いられる8つの筆法が含まれており、この文字を習得すれば、ほとんどすべての漢字の上達につながるといわれているからだ。

永字八法

「『一』は比較的簡単に終わったんです。『線の太さは何mmにしてください』『ウロコはこういう形にしてください』と言われて、すぐにできた。ところが『永』は進まない。まず、上の『丶』ひとつとってみても、1週間やっても合格しないんです」

ウロコとは、明朝体の横画の終わりについている三角形のこと

「丶」だけで1週間以上である。

「実は点というのは千差万別のかたちがあり、とても難しいものだったんです。長い短いもさまざま、立っているか寝ているかという角度や丸みもさまざま。横線縦線は、漢字であればそこまで多様ではないんですが、点のかたちはキリがない。しかも、置く場所がすこしずれるだけで、文字の表情がおおきく変わってしまう」

素人考えでは、点のかたちなどはそれほど気にせず、むしろ「永」の下部分のかたちにこだわってデザインしたいきもちになる。

「でも、デザイン指導をしてくれたデザイン部長の太佐源三さんには『橋本さん、点を一生懸命やってください』といわれました。『点がうまく描ければ、ほかの部分も理解できますよ』と」

さまざまな明朝体の点を比べてみると、その形は多種多様だ

はてしない「点」

千差万別のかたちがあるなかで、「永」の点は「標準の点」だと橋本さんいう。

「ようやく点が終わったとおもったら、『永』のつづきはひとまず置いて、その次が“れっか”でした」

「れっか」とは「灬」。「点」という字の下にある、4つの点がならんだ部首のことである。やはり、まずはとことん「点」をやるのだ。

れっか

「“れっか” は単に点がならんでいるわけではなくて、左から、前向き、ちょっと後ろ向き、もうちょっと後ろ向き、おおきな後ろ向き……となるわけです。この『ちょっと後ろ向き』というのがむずかしい。立ちすぎかもしれない、寝すぎかもしれない。ほんのちょっとしたあんばいで変わってしまう。これも何度も繰り返して、合格をもらったころには2ヵ月ぐらい経っていたかもしれません」

その後ようやく「永」の続きに入った。

「たとえば『永』の左ハライ、“掠(りゃく)”と呼ばれる部分。これは、のびやかに、すこしゆったりとした左ハライ。同じ左側に払う“啄(たく)”はキツツキですから、勢いがないとダメ。同じようなかたちでも、表情がちがうんです。このように、永字八法にはそれぞれ意味があり、文字の表情をつくるんです。明朝体の縦線横線は定規と烏口で引けますが、点、掠、啄は描かないと引けない線です。だから太佐さんは、まず『点』にこだわったんですね」

(つづく)

話し手 プロフィール

 

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

 

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

>次の記事

第5回 手で覚えるということは、手だけで覚えるということではない

多様化するワークスタイリングに対する三井不動産の提案

多様化するワークスタイリングに対する三井不動産の提案

2018.05.22

働き方改革という言葉が当たり前に使われるようになった。そもそもは、働き過ぎといわれる日本人の健康を考え、ノー残業デーを設定したり、有給休暇取得を推奨したりすることから始まった。

だが、ここ2~3年、潮目が変わってきた。多様化するワーキングスタイル合わせた“働き場所”を提供するサービスが増えてきたのだ。たとえば最近注目されている「アクティビティ・ベースド・ワーキング」(ABW)。これは、自席が用意されているが、コワーキングスペースなどがオフィス内にあり、通話や調べ物は自席で、プレゼン資料作成などで集中したいときはコワーキングスペースで働くという仕組み。アメリカやオーストラリアの企業で採り入れられており、日本もこうしたオフィスが増えるとみられている。

一方、会社以外の働き場所を提供するサービスも増えている。こうしたサービスはデベロッパーが積極的に取り組んでおり、時間貸しのようなオフィスが増えている。会社のオフィスだけでなく、出先や出張の帰りにこうしたオフィスを利用し、仕事をする。また、地方の事業所から都市圏に出なくてはならない際に、こうしたオフィスを利用して仕事をするという例が目立ってきた。

全国30拠点をオフィスとして利用可能

大手デベロッパー、三井不動産もこうした需要に応えるサービスを開始した。昨年4月から開始した「ワークスタイリングSHARE」がそれだ。10分300円という価格でオフィスを利用でき、通信環境やコピー機といった機材を利用できる。これまで、会社以外の場所で仕事をするには、喫茶店やファミレスを利用することが多かった。だが、通信環境が整っていないことが多く、しかも家族連れや学生の会話により、集中できないというジレンマがあった。ところが、こうした貸しオフィスならば、そうした心配は少ない。そして全国30拠点が利用でき、出張時のオフィスとして使える。

ワークスタイリングSTAYの説明を行う三井不動産 ビルディング本部 ワークスタイル推進部 山村知秀氏(左)と同 松澤彰氏

三井不動産は、こうしたニーズに応えるために、ワークスタイリングSHAREやワークスタイリングFLEXというサービスを展開してきた。それに加え、ワークスタイリングSTAYというサービスを5月31日から開始する。STAYというネーミングからもわかるとおり、ビジネスパーソンに泊まる場所を提供するサービスだ。

ワークスタイリングSTAY 汐留イタリア街は、汐留イタリア街のNBF コモディオ汐留(右)にオープンする

ではなぜ、こうしたサービスを開始したのか。それは、首都圏の宿泊事情にある。仮に地方から東京へ急な出張があった際、ホテルがとれない場合がある。2017年、約2,900万人にものぼったインバンド観光客が訪日した。旺盛な彼らの宿泊意欲により、ホテルが満室になっていることが多い。

ところがワークスタイリングSTAYは、契約企業のみが利用できるサービス。海外からの観光客は基本的に利用できないので、急な出張時に宿泊施設を確保しやすい。

用意される部屋は3タイプ。ロフト型の部屋はベッドがロフト、その下がワークスペースになっており、L字型のデスクなので、広いスペースが活用できる。フラット型はベッドのすぐそばにデスクがあり、ベッドとデスクをシームレスに行き来できる。ベッド型は、眠る場所のみ用意されたスペース。仕事をする際は、共用ワークスペースに移動するので、オンとオフをきっちりと分けられる。

左上:エンタランスのカウンター。右上:ロフト型の部屋。左下:フラと型の部屋。右下:ベッド型

さらに共用ワークスペースでは、複数人での打ち合わせが可能で、複合機や書類の溶解ボックスも用意されている。

左上:ワークスペースの一部。右上:複合機や溶解ボックスを用意。左下:シャワーのほか浴場もある。右下:レッグマッサージやアイマッサージといった備品

新幹線や羽田空港にアクセスしやすい立地

三井不動産が想定する利用シーンは以下の4つ。「泊まれるワークスペースとしての活用」「海外出張から朝便で帰国した際の一時リフレッシュ」「宿泊型の研修や会議での利用」「ワークに集中したい個人へのスペース提供」といったところだ。このほかにも、翌日早朝の新幹線や飛行機を利用する際、前泊のためにこの施設を使うということも考えられる。

今回オープンするワークスタイリングSTAY 汐留イタリア街は、東京駅や品川駅へアクセスしやすく、新幹線の利用に便利だ。さらに浜松町駅も近いので、羽田空港へのアクセスもしやすい。まさに、ビジネスパーソンにピッタリの場所といえる。

このワークスタイリングSTAYに限らず、ザ・ミレニアルズといったビジネスに特化した宿泊施設が増えている。このネットワーク時代に「テレビ電話とかではNGなの?」という声も聞こえてきそうだが、さまざまな企業を取材していると、フェイス・トゥ・フェイスに回帰しているような印象を受ける。ネットで出張先とやりとりするのではなく、顔をつきあわせてのビジネスがやはり重要なのだ。そうした意味でも、ビジネスパーソン向けの宿泊施設は増えていくことだろう。

シャープのスマホが躍進を遂げている理由

シャープのスマホが躍進を遂げている理由

2018.05.21

スマートフォンの国内販売台数で「Xperia」シリーズで人気のソニーモバイルコミュニケーションズを抜き、国内メーカー首位となった「AQUOS」シリーズのシャープ。液晶ディスプレイに強みを持ちながら、近年はあまり存在感を発揮できていなかったシャープが、いま大躍進を遂げているのにはどのような理由があるのだろうか。

自社開発の「IGZO液晶」が最大の強み

ここ最近、国内スマートフォン市場で躍進を遂げているのがシャープだ。昨年には各種調査において、国内のAndroidスマートフォンの販売台数で首位を獲得していたソニーモバイルコミュニケーションズを抜き、首位の座を獲得。今年も首位の座を維持するべく、新製品「AQUOS R2」「AQUOS sense plus」を投入するなど攻めの姿勢を見せている。

シャープのスマートフォンで特徴的な機能となっているのは、やはり液晶ディスプレイである。シャープはこれまで、高精細ながら省電力性に優れた自社開発の「IGZO液晶」を採用したディスプレイをスマートフォンに搭載し、他社との差異化を図ってきた。

そのことを象徴する要素の1つが、「IGZOフリーフォームディスプレイ」である。これは通常は四角いディスプレイを、自由な形にできるというもの。AQUOS R2を例に挙げると、四辺に丸みを帯び、インカメラ部分がくり抜かれている本体のボディデザインに、ディスプレイの形状そのものを合わせていることが分かる。

液晶技術を存分に生かした「AQUOS R2」。「IGZOフリーフォームディスプレイ」により、丸みがあり、フロントカメラ部分を切り欠いた形状にディスプレイを合わせている

そしてもう1つは「ハイスピードIGZO」である。これは120Hz駆動、要するに1秒間にディスプレイを書き換える回数が、通常のディスプレイが60回であるのに対し、ハイスピードIGZOを採用したディスプレイは120回となっているのだ。ハイスピード液晶の採用によって、残像が少なく、タッチ操作にディスプレイの表示がしっかり追いつくことから、滑らかな操作感を実現できるのである。

AQUOS R2は「ハイスピードIGZO」も採用。120Hz駆動でタッチ操作に画面の表示がしっかり追従し、快適な操作感を実現してくれる

ディスプレイはスマートフォンの顔であり、直接触れて操作するインターフェースでもある。それだけに、自社で液晶ディスプレイを直接手掛ける強みが、シャープのスマートフォンには生かされているわけだ。最近では、スマートフォンにも有機ELの採用が広がっており、液晶の優位性は薄らいでいるとも言われているが、シャープは液晶技術にさらに磨きをかけ、他にはない特徴を打ち出しているのである。

販売戦略の転換が躍進の契機に

だがシャープが液晶ディスプレイに強い、というのは以前から多くの人が知っていることだ。ではなぜ、シャープがここ最近躍進を遂げているのかというと、それは販売戦略の変化によるところが大きい。

シャープは他の国内メーカーと同様、販売数が多い大手3キャリア向けに端末を提供するビジネスを展開しているのだが、それぞれのキャリアに配慮してか、同じ端末でありながら、例えばフラッグシップモデルであれば、NTTドコモ向けは「AQUOS ZETA」、au向けは「AQUOS Serie」、ソフトバンク向けは「AQUOS Xx」といったように、キャリアに応じて異なるブランド名を付けて販売していた。そのことが、シャープのスマートフォンのイメージが伝わりにくい要因となっていたのである。

そこでシャープは2017年より、フラッグシップモデルは「AQUOS R」、ミドルクラスのモデルは「AQUOS sense」に統一。このブランド戦略の変更によって、顧客にシャープのスマートフォンのイメージが明確に伝わりやすくなったことから、ブランドイメージ向上と販売拡大へとつながったのである。

2017年のフラッグシップモデルから、ブランド名を「AQUOS R」に統一したことが、シャープ躍進の大きな要因の1つとなった

そしてもう1つ、シャープが躍進を遂げた大きな要因となっているのが、ミドルクラスのAQUOS senseの存在である。AQUOS senseは3万円前後と低価格ながら、フルHDのIGZOディスプレイを搭載するなどお得感を打ち出しヒットを記録している。

AQUOS senseのコストパフォーマンスの高さを実現する鍵となっているのは、販路の広さにある。AQUOS senseは大手3キャリアだけでなく、そのサブブランドにも提供されているし、さらにはMVNOに向けても、ボディ素材をやや変更して価格を抑えた「AQUOS sense lite」を提供している。販路を増やすことで出荷台数を増やし、製造コストを下げていることから低価格を実現できているわけだ。

「AQUOS sense」の好評を受け、高機能モデルの「AQUOS sense plus」をSIMフリーモデルとして提供。独自のSIMフリー端末を展開できるというのも今のシャープの強みだ

こうした攻めの販売戦略を取ることができるようになった裏には、2016年にシャープが鴻海精密工業の傘下となり、経営面での不安がなくなったことが大きいと考えられる。国内での復活に続いてスマートフォンで欧州への進出を計画するなど、勢いに乗るシャープが今後どこまで躍進できるのか、大いに注目される所だ。