クリーンエネルギーの代表格「水力発電」の現場を見学

クリーンエネルギーの代表格「水力発電」の現場を見学

2018.07.21

EV「BMW i3」で丸沼ダムを目指す

尾瀬探索に隠されていた東京電力のねらい

尾瀬人気の低迷も大きな課題

MINIのショールームが併設されたBMW GROUP Tokyo Bay

7月中旬。東京・お台場にある「BMW GROUP Tokyo Bay」に数人のメディア、BMWジャパンのスタッフ、東京電力の職員らが集まった。総勢10名強。なぜBMWと東京電力の組み合わせなのか不思議に感じる方もいらっしゃるだろうが、両社はある取り組みにおいて同じベクトルを向いている。

ちなみに、BMW GROUP Tokyo Bayは、BMWグループのフラッグシップ・ショールーム。BMWはもちろんのこと、同グループのカーブランドMINIのクルマも展示されている。付近にはトヨタの多目的型ショールーム「MEGA WEB」もあり、クルマ好きにはたまらない地区だ。

さて、なぜBMWと東京電力が同じベクトルを向いているのか。まず、東京電力だが、知ってのとおり福島原発において大きな事故が起こった。以前から再生可能エネルギーの活用を模索していた同社だが、この事故以降、その姿勢は一層加速した。一方、BMWは電気自動車(EV)の普及に積極的だ。つまり、水力発電によるクリーンな再生可能エネルギーと、クリーンなEVの組み合わせを意識づけるために、今回メディアが招待されたのだ。

そして、この招待のもうひとつの理由が「アクアエナジー100」という電気料金プランをローンチしたこと。これは、水力発電100%のプランで、自宅のクルマがEVならば、このプランによりCO2排出が限りなくゼロに近くなる。料金は通常プランよりも約2割増しになるが、その分、環境保全に生かされる。今回は、そのプランのプロモーションも兼ねたメディアツアーでもある。

目的地は丸沼ダム

目指す場所は群馬県・丸沼発電所(以下、丸沼ダム)、そして移動手段は「BMW i3」。当日は数台のi3が用意され、メディアやBMWスタッフ、東京電力職員が分乗し、関越自動車道を北上した。

コンパクトな「BMW i3」。テールの形状がカワイイ

実は筆者は、EVに乗るのは初めてだった。そのためEVに対して誤った固定観念を持っていた。「高速道路を走行する性能はないのではないか」「山道を登坂するパワーはないのではないか」「航続距離が短く実用的ではないのでは」といったことだ。だが、この日、i3に乗ってみて、そのすべてが間違いだったことを思い知った。高速道路では、追い越し時にグイグイ加速するし、登坂時もスムーズ。むしろガソリン車よりも速いのではないかと感じるほどだ。給電も往路で1回のみ。サービスエリアで30分の急速充電が可能なので、昼食を食べているあいだに完了する。

SAの急速充電器。プラグを差し込んで充電する

EVの実用性は十分だし、そしてクリーンなことを考えれば、もっと日本で普及してもよいのではないかと思った。ただ、今回乗せていただいたi3は、諸経費を含めると600万円ほど。国から補助金が出るとはいえ、やはり価格で躊躇している方も多いのだろう。ただ、ガソリンが高騰している折、ランニングコストを考えれば、もとは取れそうな気もするのだが……。

丸沼ダム見学に戻ろう。今回は一泊二日の旅程だったが、ダム見学は2日目で、まずは宿泊宿のある尾瀬ヶ原に向かう。尾瀬にはクルマが乗り入れられないので、途中の駐車場にi3を駐車。あとは乗り合いバス(ワンボックスの乗り合いタクシー)で、尾瀬入り口まで進んだ。

そこから約1時間ほど、ブナ林の中に設けられた遊歩道を歩く。基本的には緩やかな下りなのであまり苦ではなかったが、帰りに今度は登りになることが頭をよぎった。だが、ブナ林ならではの木漏れ日や吹き抜ける風、そして東京では味わえないさわやかな気温が、そんなことを忘れさせてくれた。

そして到着した宿は「尾瀬ロッジ」。いかにも山間の宿といった風情の外観だが、内装は清潔で旅館などと遜色はない。食事も品数豊富で満腹感が得られる。ちなみに夕食のメインディッシュはお肉の陶板焼きで、ビールやワインも飲むことができた。クルマが通行できないところで、お肉やお酒が楽しめるのは「ボッカさん」と呼ばれる運搬係の貢献があるからだ。食事のハナシのあとで申し訳ないが、トイレの一部がオシリ洗浄機能付きだったのを付け加えておく。

いかにもな雰囲気の尾瀬ロッジ。食事は陶板焼きがメインで、ポン酢を付けて食べる

何もみえない漆黒の闇

さて、ロッジでの印象的な体験を2つ。ひとつは、夜間外に出てみると、まったくもって漆黒の闇だったこと。視界は皆無といってよい。星空が見えればよかったのだが、どうやら空は雲で覆われているらしい。何十年も生きてきたが、これほどの闇は初めての経験で逆に新鮮だった。できれば、その闇をお目にかけたいのだが、カメラで撮っても仕方がない。フラッシュをたいてしまうと、そもそも闇ではなくなる。

そしてもうひとつがロッジの水。ミネラルウォーターを買うためにフロントに行ったのだが、置いてないという。「洗面台の水を飲んでください」といわれ、そのとおりにしたのだが、冷たくてウマイ! こんな水が蛇口から飲めるのならば、ペットボトルの水など確かに不要だろう。

そして20:30ぐらいに消灯。やはり山の夜は早い。

翌朝、朝食のあと、尾瀬探索に向かった。メディアはもちろん、BMWスタッフ、東京電力職員も一緒だ。

今回は丸沼ダム見学が主目的だったが、東京電力のねらいが尾瀬探索に隠されていた。実は尾瀬の約4割が東京電力の土地。もともと水力発電のために用地を取得したのだが、観光客の増加、住民の反対(最初は一人だけが反対運動)などがあり、計画を断念した。以降、保全という立場に回り、尾瀬の土地を守っている。ある意味、CSRといえるだろう。さらに国立公園特別保護地区にも指定され、開発は不可能になっている。

そして今回、尾瀬探索にメディアを招待したのは、尾瀬人気の復活のため。最盛期には約70万人が訪れていたが、現在は30万人ほどまで減ってしまったそうだ。これには、ある仮説がある。尾瀬人気が高かったころ、「夏の思い出」という歌がヒットし、小学校や中学校の合唱では、定番の曲となっていた。

尾瀬人気が低下している理由は?

ところがだ。現在はこの曲を歌う学校が激減しているという。それにともない、尾瀬の知名度が低下した。実際、筆者がよく行く居酒屋のアルバイトに「明日から尾瀬に行く」と伝えたところ、「それどこですか?」という返事が返ってきた。

さて、尾瀬ヶ原はまさに写真などでみる景観と一緒だった。広大な湿原の中に木道が延び、燧ケ岳(ひうちがだけ)や至仏山(しぶつさん)がみえ、白樺も点在している。実はこの木道、東京電力や群馬県、福島県、新潟県などによって設置されたものだ。もし、尾瀬を訪れることがあれば、木道の板を確認してほしい。設置した企業や自治体、いつ造られたのかといった刻印が押されている。

左上:木道がどこまでも延びる、尾瀬おなじみの光景。右上:沼に燧岳が映る「逆さ燧」。残念ながら山頂部は雲に覆われていたが、これはこれで風情がある。左下:白樺林が点在し、高原の雰囲気を演出。右下:木道に刻まれた、TEPCOのマークと設置時期

ただ、それは気づいたときでいい。やはりみるべきは広大な湿原と点在する沼、そして豊かな植生だ。残念ながら尾瀬のシンボルともいえる水芭蕉のシーズンは終わっていたが、「ニッコウキスゲ」や「ヒオウギアヤメ」など、数々の花が咲いていた。本来、取材できたのだが、花の図鑑でも作るのかというくらい、さまざまな花を夢中で撮った。

尾瀬の花々。左上:ニッコウキスゲ、右上:ヒオウギアヤメ、左下:オゼヌマアザミ、右下:コオニユリ

尾瀬探索のあと、本来の目的である丸沼ダムを目指す。ブナ林の復路で駐車場に向かった際「オヤッ!?」と思ったのは、国際色が豊かだったこと。ハイキングではすれ違うハイカーに挨拶するのが基本だが、私の「おはようございます」の言葉に、「ニーハオ!」「グッドモーニング」という言葉が返ってきた。尾瀬人気は低下しているが、インバウンドの知名度は高いのかもしれない。

さて、いよいよ丸沼ダムだ。このダムは昭和3年から建設され昭和6年に完成。コンクリートが少なくて済む「パットレスダム」となっている。当時、マンパワーはあったが、コンクリートが高価だったのでこの方式が採られたという。日本には8カ所しかなく(うち2カ所は廃止・現在6カ所)、貴重な存在なのだそうだ。

その証拠に、「ぐんまの土木遺産」、そして国の重要文化財に指定されている。そのダムの上を歩かせていただいた。普段は関係者しか通れないので、柵は低めだが、景観がすばらしかった。丸沼を東西に分けるように堰堤が延び、ダムの上流と下流でかなりの高低差がある。

重要文化財を示す石碑と重要文化財指定書。下段は堰堤の上から上流側と下流側を撮った写真。同じところから撮ったが、上流(左)と下流の水面の高さがかなり異なる

美しい景観の丸沼ダム

ただ、丸沼は美しく、エメラルドグリーンの水が印象的だった。多くのダムは川をせき止めるため、大雨が降ると土砂が流入しやすい。ところが、丸沼には小川しか注いでなく、大雨が降っても濁りにくいのだそうだ。上流にも下流にもボートが浮かび、フライフィッシングなどを楽しむ釣り客も多かった。水面をみると、40cmぐらいのニジマス? が悠々と泳いでいるのが確認でき、しかも人の目の前でライズ(水面の虫を補食すること)を繰り返していた。あまりの警戒心のなさに、少し驚いた。

そしていよいよダムの中へ。70段以上の階段を降りると、堰堤の最下部に出る。ここからダムの全景が見わたせる。高さ約32m、長さ約88mの堰堤は圧巻だ。ただ、瀑布のように水を流し発電タービンを回すのではない。沼上流から水を取り込み、それを下流の沼底から排水する仕組みだ。なので、ボート客に与える恐怖は少ない。

ダムの最下部に向かうには、秘密基地のような階段を降りていく。丸沼ダムの全景。この堰堤の向こう側が上流側

こうして、丸沼ダム見学は終了した。BMW i3に分乗し、復路を走った。残念だったのは、あのロッジの水をもう一度飲みたかったこと。ところが、片品村で訪れた建設中の道の駅「尾瀬かたしな」で、尾瀬の水を引いた水くみ場があった。飲むのは自己責任とのことだが、躊躇なく飲んだ。もちろん、おいしかった。

ミラノのデザイン展示会で注目を集めた日本企業の新提案

ミラノのデザイン展示会で注目を集めた日本企業の新提案

空気の可視化に挑戦したダイキン

素材の新たな可能性を見せた住友林業とINAX

話題のパナソニック 透過ディスプレイの展示も

4月9日よりイタリア・ミラノで開催された「ミラノサローネ国際家具見本市」と「ミラノデザインウィーク2019」。そこには、数多くの日本企業が出展していた。

ミラノで開かれたこのデザイン系のイベントは、CESやIFA、CEATECなどテック系の展示会のように、最新技術にフォーカスしたものではない。各社の展示では、コンセプチュアルな提案や、企業としての哲学をインストラクションとして発表するものが多く見られた。

今回は、日本企業による代表的な展示をいくつか紹介したい。

多くの日本の企業が出展していたデザインウィークの「SuperDesign Show 2019」

ダイキンは空気を可視化すると言う試みに挑戦

昨年に続き、4年目の「ミラノデザインウィーク」への出展を行ったダイキン。エアコンをはじめとする空調メーカーとして世界的にも知られ、実は年商2兆円のうち、約8割を海外で売り上げている。

欧州や中国など世界各国で事業を展開しているが、その中でも強いのが開催地であるイタリアだ。「ミラノデザインウィーク 2019」では、現地法人のダイキンイタリアが中心となり、同社の哲学を伝えるためにインスタレーションの展示を行っていた。

ダイキンとnendoがコラボしたインスタレーションには、常に行列ができていた

2019年のダイキンは昨年に引き続き、佐藤オオキ氏を中心とするデザインオフィス「nendo」とコラボレーションした展示を行っていた。今年の展示タイトルは「breeze of light」。テーマは「空気」だ。実際に会場となった「TENOHA MILANO」を訪れ、体験してみた。

真っ暗な廊下を抜けた後、目の前に広がったのは約32m×18mの大空間。そこには偏光板で作った約1万7,000本の花が並んでいる。来場者がその中にある小道を進んで行くと、天井にセットされた115灯の照明の光がゆっくりと動く。すると、それを受けた偏光板の花が作り出す光と影も動き出す。

空間内に入ると静寂の中にふわっとした空気を感じた。それは空気を視覚的に感じていたためだと後でわかった

まるで風が吹いているかのような感覚にとらわれるが実際には吹いていない。偏光板という存在を通して光が空気を感じさせてくれているのだ。会場の奥の方には"もや"をかけており、空間の広がりも感じられるようになっていた。

偏光板で作った1万7,000本の花。花が薄くなったり濃くなったり、影ができたりを繰り返す

ダイキンのインスタレーションで試みられていたのは「空気の可視化」だ。実際に空間の中で風は吹いていない。しかし、光と影がそれを感じさせてくれる。今そこに空気があると自然に認知できるのだ。

ダイキンはエアコンや加湿器、空気清浄機などを取り扱い、温度や湿度を調整して、快適な空気を作り出そうとしている会社だ。今回の展示は、空気を可視化し、デザインしていくというダイキンの哲学を表したものだった。

木材を活かす住友林業、水と人の文化をみせたINAX

住宅メーカーの住友林業と、住宅設備を取り扱うLIXILグループのINAXの展示を紹介したい。両者に共通するのは、それぞれ「木材」と「水」という、事業の根幹となる素材をテーマにした展示を行っていたことだ。

今回がミラノデザインウィークへの初出展だったという住友林業は、(以下で挙げる)木材が持つ7つの効能を紹介していた。

(1) 思考力を持続させる
(2) 緊張を和らげ、集中力を持続
(3) 脳を活性化する水平の木目
(4) ストレスを溜まりにくくする
(5) 時の流れを短く感じさせる
(6) 目に優しい反射光
(7) 記憶の想起

会場には、これらの効果・効能を実際に形にした木製プロダクトとして、卓上パーテーションと天蓋を出展していた。住友林業によると、例えば病院の待合室などにこの天蓋を配置することで、待ち時間を短く感じられるようになり、ストレスを下げる効果が期待できるという。

ウォルナット、オーク、チーク、チェリー、スギ材で制作された天蓋。確かにこれが頭上にあると不思議な優しさを感じる

また、パーテーションは木目の方向にも意味があり、縦向きの場合は集中力が増し、横向きの場合はリラックス効果が得られるといい、設置する空間によって使い分けられるとしていた。ともに、木材が持つ可能性を感じさせてくれる展示だった。

様々なサイズ、形状のパーテーションを用意。仕事場でも使えそうだ

一方、バスルームなどを手掛けるINAXのブースは、「The Rituals of Water」(水の文化)をテーマに、同社の歴史的な記録や製品の数々を紹介するとともに、ショートムービーなど様々なアプローチでINAXの考える水の世界観を提案していた。

明治時代に作られた染め付けの便器。トイレへの美意識の歴史がわかる

さらに会場ではアジア各国に販売を予定しているトイレ、浴槽、洗面器、そして金具やタイルなどで構成された新コレクション「S600LINE」と「S400 LINE」のお披露目も行っていた。「日本の美意識を現代のスタイルで取り入れた」というプロダクトになっており、新しさと懐かしさの両方が感じられるものに仕上がっていた。

新作の「S600LINE」のバスタブ。日本的な美しさを感じられた

このほかにも日本の多彩な水の文化を表す展示として、日本の水景をモチーフに様々な仕上げが施された薄型洗面器などのプロダクトも紹介していた。

日本各地をイメージしたカラフルなセラミック製の薄型洗面器「CERAFINE」

パナソニックは透過OLEDをひっそりと公開

今年のミラノサローネにパナソニックは参加していなかったが、スイスの家具メーカー Vitraのブースで、パナソニックが同社と連携して開発した透明ディスプレイを見ることができた。

電源オフでは背景が透けて見え、電源を入れると映像が映るパナソニックの透明テレビ

パナソニックの透明ディスプレイは、今年の3月に中国・上海で開催された「AWE 2019」でお披露目されていたが、ミラノで展示されていたものはデザインが少し異なり、周囲を木の枠に囲まれた姿で登場。注目度は高く、多くの来場者が足をとめて透明ディスプレイに見入っていた。

日本でよく知られた企業の展示を紹介してきたが、いずれも国内の展示会で見せる顔とは一風変わったものばかり。各社のデザイン理念が体験できるものとなっていた。ここで披露された展示や製品が、国内で「逆輸入」的に注目を浴びることもあるため、今後の展開にも期待したい。

関連記事
Gmailで削除したメールをゴミ箱から復元させる方法

Gmailで削除したメールをゴミ箱から復元させる方法

2019.04.19

Gmailでは「送信済み」「ゴミ箱」に絞ってメールを検索できる

誤って削除したメールをゴミ箱から復元するには?

Gmailで保存しているメールは、指定ワードで検索することができる。受信トレイだけではなく、「送信済み」といったディレクトリ単位でも探せるので、検索結果を絞り込みたいときに便利だ。

メールを検索する

まずは一般的なメールの検索方法を紹介する。方法は簡単。検索窓にテキストを入力するだけだ。検索ボタンを押すと、そのテキストを含むメールが一覧で表示される。検索対象はゴミ箱や迷惑メールを除くすべてのメールだ。

また、ディレクトリ単位での検索も可能。たとえば「送信済み」を選択した状態だと、検索窓に「in:sent」というワードが最初から入力されている。この状態で検索テキストを入力すると、送信済みメールのなかから検索テキストを含むメールが検索される。仮に「送信済み」のメールリストを開いている状態でも、「in:sent」の文字を削除してから検索すれば、すべてのメールが検索対象になる。

Gmailの検索窓にテキストを入力すると、該当するメールが表示される
「送信済み」を選択して同様に検索すると、ボックス内のみを対象にすることができる

メールを削除する

メールを削除する場合は、表示エリアの左端にあるチェックボックスを使う。チェックされた状態でゴミ箱アイコンをクリックすれば削除は完了する。表示されているメールを一度に削除したい場合は、上部にあるチェックボックスをクリックすると、表示されているすべてのメールが選択されるので、その状態で、ゴミ箱アイコンをクリックすればよい。

個別のメールを削除するには、一覧表示中で右側に表示されるゴミ箱もしくは、メールを開いた状態で件名上に表示されているゴミ箱をクリックする方法もある。

メールの左端にあるボックスにチェックを入れる
上段のボックスをクリックすると表示中のメールすべてにチェックが入る
選択した状態でゴミ箱アイコンをクリックすれば削除が完了。メールは「ゴミ箱」に移行される

削除したメールを元に戻す

ゴミ箱に移動したメールは、完全に削除される前であれば元に戻すことができる。うっかり削除してしまった場合は、次の操作でゴミ箱から受信トレイなどへメールを移行させよう。

削除したメールを受信トレイに戻すには、削除したときと同じ要領でメールを選択し、フォルダアイコンのリストから「受信トレイ」を選べばよい。もしくは、右クリックメニューから「受信トレイに移動」を選択するか、メールを開いた状態で件名のうしろにある「ゴミ箱ラベル」の「×ボタン」をクリックする。

ただし、ゴミ箱にあるメールを「完全に削除」すると、復元が難しくなるので注意が必要だ。また、ゴミ箱に移動したメールは30日後に自動的に完全削除される。

左メニューから「ゴミ箱」を選び、復元させたいメールをチェックボックスで指定する。そのあと「フォルダアイコン(移動)」から「受信トレイ」を選択する
右クリックでも同様の操作が可能

迷惑メールが届いたら

Gmailが迷惑メールだと判断したメールは、「迷惑メール」ディレクトリに自動的に振り分けられるようになっている。しかし、ときには受信トレイに迷惑メールが届くこともある。

手動削除や迷惑メールフォルダへの手動移動でもいいが、その他メニューから「迷惑メールを報告」を選択すると、類似メールを迷惑メールフォルダに自動で移行してくれるようになる。

反対に、迷惑メールに誤って通常のメールが振り分けられることもあるので、ときどき迷惑メールフォルダに大事なメールが入っていないか確認するといいだろう。

迷惑メールが届いたらメールの右上にある「…(縦3点)」をクリックしてメニューから「迷惑メールを報告」を選択しよう

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事