静かに広がりをみせる「クアオルト」を体験してきた

静かに広がりをみせる「クアオルト」を体験してきた

2018.04.03

以前、クアオルトについての概要を伝えたが、実際にどのようなものなのかは体験していなかった。だが、クアオルトの先進自治体といわれる山形県・上山市から体験の案内をいただいたので、試してきた。

まず、クアオルトだが、ドイツ語で“治療・療養・保養のための滞在”を表す「クア」と、“場所・地域”を意味する「オルト」を組み合わせた言葉だ。つまり、健康増進や保養のために滞在する地域を表す。クアオルトはドイツで発祥し、10年ほど前から日本でも実施されるようになった。現在は大分県・由布市、和歌山県・田辺市、山形県・上山市、石川県・珠州市、新潟県・妙高市、島根県・太田市、秋田県・三種町、群馬県・みなかみ町、兵庫県・多可町などで取り組まれている。

左:山形新幹線も停車する「かみのやま温泉」駅。右:駅前に新設された「かみのやま温泉観光案内所」。取材時はまだオープンしていなかった

温泉町・城下町・宿場町の顔を持つ上山市

その中でも、もっとも先進的といわれているのが、山形県・上山市だ。同市は開湯から約560年を誇る温泉街。それだけでなく、津軽地方や蝦夷貿易の拠点となった酒田港と江戸を結ぶ羽州街道の宿場町、清和源氏である土岐氏の城下町として栄えた。これほど多様な顔を持つ街はそうそうない。

そして、上山市はクアオルトと相性がよい土地柄だ。まず、前述したとおり、伝統のある温泉街であること。健康増進を考えた際、良質な温泉は必須だろう。そして、農畜産物生産量が高いという利点がある。健康を考えた場合、温泉そして食品は基本となる。さらに、里山にアプローチしやすいというメリットが大きい。

クアオルトでは気候性地形療法が採られる。これは、予防医学や健康増進のために行われる健康づくりの取り組みで、「無理なく歩く」というのが大きな柱となっている。本格的な登山ではなく、自分に合ったペースで歩くには、里山のような地形が最適なのだ。ちなみに上山市には、クアオルトの本場、ドイツ・ミュンヒェン大学から認定された気候性地形療法コースが8コースある。

さて、クアオルトの体験レポートに移ろう。上山市は山形新幹線で2時間30分強のところにある「かみのやま温泉駅」で下車する。今回は体験取材ということで上山市クアオルト推進室の職員の方が迎えてくれた。9時頃の東京発新幹線を利用したので、かみのやま温泉駅に到着したのは、昼食時だった。そこで早速、職員の方に案内されたのが、昼食場所だった。

もちろん、ラーメンや肉料理を提供する店ではない。「クアオルト膳」を提供する店で、カロリーが控えめである。しかも、案内されたのは「楢下宿 こんにゃく番所」というお店。名前のとおり、こんにゃくづくしの料理を提供する店で、こんにゃくを使った懐石料理を提供してくれる。もちろん、こんにゃくなので、カロリーはほとんどない。

「こんにゃくか~」と思った読者の方もいらっしゃるだろうが、何せ懐石料理だ。味や見た目が異なる料理が次々と運ばれてくる。これまで、煮物や汁物に入ったこんにゃくぐらいしか食べてこなかった筆者は、「よくこれだけのバリエーションがあるものだ」と正直に思った。品数が多いので、すべては掲載しきれないが、一部の画像を掲載するので、見た目を楽しんでほしい。

左上:こんにゃく懐石が楽しめるこんにゃく番所。右上:おみやげ用にこんにゃく製品が購入できる。左中:懐石の八寸(約24㎝の盆)。中右:彩り豊かなこんにゃくの造り。左下:ホタテの貝柱風のこんにゃく。右下:フカヒレのように調理されたこんにゃく

クラシック音楽への取り組みも盛ん

上山城の多目的ホールで行われたチェロのレッスン

昼食のあと、国内外で活躍するチェリスト、中木健二さんの公開レッスンに案内された。場所は上山城内にある多目的ホール。残念ながら上山城は改修中でシートに覆われており外観は確認できなかったが、天守閣内の施設は利用できる。実は取材中に「上山音楽祭~ル・シャトーかみのやま2018~」が開催されており、そのためレッスンに案内された。

そしていよいよ気候性地形療法のウォーキングに移る。今回案内されたのは全長約3.1kmの西山コース。もちろん、ミュンヒェン大学の認定コースだ。コース自体は若干のアップダウンはあるものの、「キツイ」と感じることはなかった。むしろ、蔵王連峰の景色を眺めながら、楽しんでウォーキングできた。クアオルト ウォーキングガイドの栗原さんに案内され、無理なく歩けるのがポイントだ。

コースは多少のアップダウンがある。蔵王連峰を眺めながらウォーキングを楽しめる

ウォーキングが終わったあと、宿泊宿へ。案内されたのは上山温泉にある「彩花亭時代屋」。時代屋という名前のとおり、いにしえの雰囲気を醸し出す外観だが、清潔感あふれる館内だ。もちろん、この宿はクアオルト構想に協力する施設で、クアオルト膳や温泉を提供している。

早速、夕食をいただいたが、前述したとおりクアオルト膳はカロリーを控えている。夕食の場合、だいたい500~700kcalに抑えてある。このカロリーでは食べ応えがないと感じるかもしれないが、それは大きな間違い。品数が豊富でローストビーフやお刺身も楽しめた。ご飯は雑穀米なのでヘルシー、デザートにフルーツまで提供される。正直、これで低カロリーなのかと疑ってしまうほどのボリュームだ。塩分もかなり抑えめで薄味だったが、かえって素材の味を楽しめた。

左上:時代屋の外観。名前のとおり、いにしえの雰囲気がある。右上:若竹汁。取材時はちょうどタケノコの時期で、季節に合わせたメニューとなる。左下:庄内豚のタジン鍋。右下:山形牛ローストビーフ。低カロリーといえども、肉料理が楽しめる

温泉でリラックス

夕食後、温泉へ。貸し切り露天風呂付きの部屋もあるらしいのだが、内湯と露天風呂からなる大浴場へ向かった。坪庭を眺めながら入浴でき、リラックスした時間を過ごせた。この日は、お酒を飲み、早めに就寝した。というのも、ある理由があるからだ。

時代屋の内湯と露天風呂

翌朝、5時に起床し、朝風呂へ。そして6時40分に宿のロビーに向かう。それは、クアオルトのプログラムのひとつ、早朝ウォーキングに参加するためだ。案内してくださるのは、時代屋のご主人、冨士重人さん。上山市温泉クアオルト協議会の会長も務める人物だ。6時50分に宿を出ると、そこに多くの方が集まってきた。クアオルト構想に参加するほかの宿からのお客などの集合場所になっており、12~13名の集団になった。

早朝ウォーキングで利用したのは、約2.6kmの葉山コース。温泉街からすぐにアクセスできるコースだ。コースの途中に展望台があり、上山市全体を見下ろせる眺望に優れている点が特徴。早朝なので空気が澄んでおり、爽快感が味わえた。ただ、お気づきの方もいらっしゃるだろうが、実は朝食前だ。空腹という“意外な敵”との戦いもある。ただ、この空腹での早朝ウォーキングが、ある賜物を生み出す。そう、朝食のおいしさが一層きわだつのだ。

左上:ほかの宿の方や時代屋のご主人と早朝ウォーキング。右上:コースの途中にある展望台。左下:早朝ウォーキングの終わりには、ストレッチで体をほぐす。右下:朝食の一部。おなかが減っているので食が進む

その後、宿をあとにし、ヴィンヤード(ブドウ農園)&ワイナリー見学へ。これまで、ワインの記事を数多く書いてきただけに、楽しみがふくらんだ。ワイン生産といえば山梨県や長野県を想像するが、実は神奈川がナンバーワン。ただ、これは輸入ワインおよび原料をボトリングする工場があるからだ。国産ワインということでみれば、山梨県が1位、長野県が2位となる。山形県も5本の指に数えられるほどワイン生産が盛んだ。

残念ながらブドウ栽培の時期ではなかったので、ヴィンヤードにブドウがたわわに実った風景はなかったが、蔵王ウッディファームのワイナリーの見学をさせていただいた。近年、和食が世界文化遺産に登録されたことで、和食に合う日本産ワインの人気が上がっている。ただ、日本でのブドウ生産量は少なく、ワインを大々的に輸出するまでには至っていない。ただそれだけに伸びしろがあると考えられ、将来に期待がかかる。

左:ワイナリーの醸造樽。右:ウッディーファームのワイン

最後に上山市で営業する「さくら亭」にて、クアオルト弁当をいただいた。低カロリー、栄養バランス、塩分等に配慮し四季折々の季節感を味わえる内容となっている。低カロリーとはいえども食べ応えがあり、山形県名物のいも煮もいただくことができた。こうしてクアオルト体験は終了した。

左:さくら亭のクアオルト弁当。右:山形名物のいも煮

さて、クアオルトを巡っては、企業の視線が集まり始めている。2016年に太陽生命保険が「上山型温泉クアオルト活用包括的連携に関する協定書」を締結したのを皮切りに、2017年には損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が健康経営の一環としてクアオルトの活用を発表した。

東京海上日動もクアオルトを活用

そしてさらに、2018年に東京海上日動が上山型温泉クアオルト活用包括的連携協定を締結した。山形銀行が立会人となり、経済産業省・環境省が後押しするという布陣だ。ちなみに東京海上火災は健康経営銘柄認定企業で、こうした企業と上山市の連携は初となる。

締結式に臨む(左から、東京海上日動 専務執行役員 財部剛氏、山形県上山市長 横戸長兵衛氏、山形銀行 取締役頭取 長谷川吉茂氏

こうした保険を扱う企業がクアオルトに熱視線を送るのはなぜか。それは顧客の健康を扱う業務を主体とするからだ。生命保険といえば、契約者が疾病したり万が一のことがあったりした際に保険金が支払われる仕組みだが、健康でいることに越したことはない。生命保険の社員がクアオルトに参加することで健康への意識を高め、それを顧客に伝えようという意図だ。東京海上日動は損害保険のイメージが強いが、生命保険にも参入している。しかも同社は最大手で、1万7,000人以上の従業員を抱える。そうした従業員がクアオルトを利用することは、健康だけでなく地域経済の活性化にもつながる。

さらに、保険業は個人だけではなく法人にも商品提案をする立場。保険商品の提案時にクアオルトの話題に触れれば、福利厚生として興味を持つ人事・総務担当者が出てくる可能性も考えられる。クアオルトが日本に導入されておよそ10年。これまでは、知る人ぞ知る健康療法だったが、ここにきて潮目が変わってきたといえよう。

プラズマ乳酸菌で労働生産性が向上!? ヤフーとキリンが共同発表

プラズマ乳酸菌で労働生産性が向上!? ヤフーとキリンが共同発表

2018.11.16

キリンとヤフーが共同で健康経営に関する研究を実施

プラズマ乳酸菌の摂取が免疫細胞の司令塔を活性化させることを確認

免疫力アップが労働生産性の向上につながることも導き出した

キリンとヤフーは11月15日に、キリングループの研究している「Lactococcus lactis strain Plasma(プラズマ乳酸菌)」について、共同で実施した研究結果を発表した。

研究結果は、「プラズマ乳酸菌を摂取すると、労働パフォーマンスの指標が向上する」というものだ。いったいどういうことなのだろう。

プラズマ乳酸菌が活性化させるのは免疫細胞の司令塔

そもそもプラズマ乳酸菌とは何か。乳酸菌はヨーグルトなどに入っているイメージだが、プラズマとは違う物質なのだろうか。キリン社によると、プラズマ乳酸菌とは免疫細胞の司令塔を活性化する唯一の乳酸菌だという。

どうやら免疫細胞には命令系統のようなものが存在し、司令塔を活性化させることに成功すれば、司令塔の命令を受けるすべての免疫細胞が活性化されるのだという。

ただし、一般的な乳酸菌が活性化できるのは、命令系統下位の細胞のみ。そのため効果も限られる。それに対して今回研究結果を発表した、プラズマ乳酸菌は免疫細胞の司令塔である「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」を活性化することができるため、免疫細胞全体を活性化することができるという。

そんなプラズマ乳酸菌が労働パフォーマンスとどう関係があるのか。次は、今回の研究で行われた試験内容を見てみよう。

一般的な乳酸菌とプラズマ乳酸菌の違い

元気な体が、低労働生産性の「プレゼンティーズム」を回避

今回の試験は、ヤフー社員226名を対象として行われた。プラズマ乳酸菌1000億個含むヨーグルトを4週間摂取し、体調、気分、労働生産性に関するアンケート評価を実施。その結果、非摂取の状態と比較すると、プラズマ乳酸菌を摂取している状態のほうが、活気があり、体調も良好だと感じている人が多かった。

また、「風邪気味で頭がボーっとする」「下痢で何度もトイレに行く」といった、出勤しているが心身の健康上の問題によって十分なパフォーマンスを発揮できていない状態を「プレゼンティーズム」と呼ぶが、今回の試験によって、このプレゼンティーズムの状態が軽減され、労働生産性が向上したことを確認できたという。

つまり、プラズマ乳酸菌を毎日摂取することで、生体内の免疫が活性化し、体調がよくなり、プレゼンティーズムを改善して労働生産性が向上することがわかったのだ。

簡単に言うと、プラズマ乳酸菌を摂取して元気な状態で仕事をすれば、高いパフォーマンスを発揮できるということである。

プラズマ乳酸菌の摂取によってプレゼンティーズムが改善するという結果が得られた

キリン 代表取締役社長の磯崎功典氏は「従業員とその家族が健康であることは、社会にとってプラスの価値を生みます。健康寿命が延びることによる労働力の確保、ひいては、経済の活性化にもつながると考えました。その結果、従業員は考える時間やチャレンジする時間を持てるようになり、仕事のパフォーマンス向上や、イノベーションの実現につながっていくでしょう」と、キリンが健康経営に力を入れる理由を説明した。

キリン 代表取締役社長の磯崎功典氏

同社が乳酸菌事業に参入してから1年。すでに、初年度の売上額は、目標の1.5倍の額にあたる55億円に達しているが、さらに拡大していき、3年後には2.7倍の150億円を目指す。

たしかに筆者自身も、プレゼンティーズム状態だと感じることはしばしばある。疲労だけでなくオフィス内の騒音なども、仕事に集中できない原因の1つだと思われるが、はたして、そのようなメンタル面のプレゼンティーズムも改善されるのだろうか。実際にプラズマ乳酸菌を飲んで、試してみたいところだ。

『パワプロ』eペナントレース開幕! 元プロ野球選手の解説も

『パワプロ』eペナントレース開幕! 元プロ野球選手の解説も

2018.11.16

『パワプロ』のeペナントレースが開幕

プロアナウンサーの実況と元プロ野球選手の解説で盛り上がりを見せた

規模の大きさにプロ選手も緊張していた様子

コナミデジタルエンタテインメントとNPB(一般社団法人日本野球機構)は、11月10日に、ベルサール渋谷ガーデンにて「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018」の開幕戦を開催した。

eBASEBALLは、『実況パワフルプロ野球』のeスポーツイベント。プロ野球全12球団に登録された3名ずつ、計36名のプロゲーマーによって行われる。リーグ内で各チームと3戦ずつ、全15戦行い、ペナントレースを争う。

今回、先だって行われたプロテストeドラフト会議を経て、いよいよ開幕を迎えることになった。開幕戦では、セ・パ両リーグともに試合が行われたが、基本的に土曜日にセ・リーグ、日曜日にパ・リーグの試合が開催される。

試合前にはオンライン投票での勝敗予想も行われる。チーム自体の強さもさることながら、プレイする選手の実力も加味して投票される
全チームではないが、球団マスコットも会場に駆けつけた。一緒に写真撮影したり、サインをもらったりと、ファンにとっては貴重な一日となったのではないだろうか
オープニングでは、ベリーグッドマンによるテーマソングも披露された

1節に実施される試合回数は各チーム3戦。チームの選手が1人ずつ対戦する形式だ。試合は6イニング制で、延長は9回まで。3戦連続で試合をするため、ゲーム内選手のスタミナ面などが後の試合に影響する。つまり、実際のペナントレースと同様に、投手起用などを考える必要が出てくるのだ。

また、選手の調子はランダムで決定される。主力選手の好不調に合わせて戦略を変える必要もあるだろう。エラーや悪送球なども一定確立で発生するので、eスポーツとしては珍しく運要素もある。とはいえ、実際のスポーツ、今回題材としている野球においても運要素がまったくない訳ではないので、そこは逆にリアルとも言える。

試合直前に発表される選手の調子。絶好調、好調、普通、不調、絶不調の5段階あり、絶不調の場合、選手の持つ特殊能力が発動しなくなる。選手の好不調と実力を考え、オーダーを組み直す必要もあるだろう。主力選手が絶不調だったときの絶望感は相当なものだ

開幕戦は、メインスタジアムのセンタースタジアムと、レフトスタジアム、ライトスタジアムの3カ所で実施。いずれもプロのアナウンサーによる実況と元プロ野球選手の解説が行われた。3つのスタジアムでは同時に試合が進行し、他のスタジアムの途中経過なども表示されるといった、まさにプロ野球中継さながらの臨場感を味わえるようだった。会場にいれば、好きなスタジアムでの観戦ができるのも嬉しいところだ。

左からニッポン放送アナウンサーの清水久嗣氏と元中日ドラゴンズ監督の谷繁元信氏、プレイヤーゲストのまめしば氏
左からeスポーツ専門アナウンサーの平岩康佑氏と元千葉ロッテマリーンズの黒木知宏氏、プレイヤーゲストのアールグレイ氏
左から文化放送アナウンサーの槙島範彦氏とギャオス内藤氏、プレイヤーゲストのハル氏
左から清水久嗣アナウンサーと元ソフトバンクホークスの多村仁志氏、プレイヤーゲストのまめしば氏
左からフリーアナウンサーの田中大貴氏と前ヤクルトスワローズ監督の真中満氏、プレイヤーゲストのめし原氏

開幕戦で注目カードの1つとなったのが、センタースタジアムの第2戦で行われた中日ドラゴンズ対ヤクルトスワローズの一戦。ドラゴンズ愛あふれるでらナゴ!選手とeドラフト会議で4チームから指名を受けたマエピー選手の試合だ。ある程度の打撃戦となることは予想されたが、結果は7対3ででらナゴ!選手の勝利。昨年の覇者であるマエピー選手が初戦を落とすという波乱の展開となった。

3試合通しての結果としては、唯一3連勝を飾った西武ライオンズが、頭ひとつリードと言ったところ。セ・リーグは、2勝1敗2チーム、1勝1敗1分2チーム、1勝2敗2チームと混戦状態だ。なお、試合結果と順位表は公式ページからも確認できる。

昨年までも「パワプロチャンピオンシップ」として、大会は開催されていた。しかしながら、いわゆるeスポーツのような位置づけでもなく、注目度も高くなかったこともあり、今年はプロ選手によるeBASEBALLとして大きく様変わりしている。大会出場経験のある選手たちも、規模の大きさや注目度の高さに驚いているようだった。

読売ジャイアンツ所属のティーノ選手は「人前でプレイするのは昨年もやっていましたが、規模が違いますね。打撃が得意だったので、今回の試合も10点くらい取れるかなと思っていましたが、ベルガモット選手も私も3安打とまったく打てませんでした。気がつかないうちに緊張をしていたんだと思います」と、感想を述べた。

東京ヤクルトスワローズのマエピー選手も「すごく緊張しました。キャッチャーの送球が逸れまくって、4回の盗塁のうち、本来なら2回は刺せたと思いましたし、ピッチャーの悪送球やサードのエラーなど、かなり運にも見放されていました。ただ、それを差し引いたとしても、打ち負けていたので、完敗です。来週に向けて練習してきます」と語っていた。

横浜DeNAベイスターズのAO選手は「たぶん、私は数少ない3年連続出場の選手なのですが、今年はやはり独特です。この場の雰囲気に緊張しました。ただ、勝てばヒーローになれると思っていましたし、逆転ホームランを打ったときの大歓声はすごくて、大舞台での試合を楽しめました」と、いずれにしても大会の規模と注目度には緊張をしていたということがわかった。

阪神タイガースの実力者ベルガモット選手と対戦し、1対0で勝利を収めた読売ジャイアンツ所属のティーノ選手
珍しく大敗を喫した東京ヤクルトスワローズ所属のマエピー選手
少ないチャンスをものにし勝利した横浜DeNAベイスターズ所属のAO選手

そのほか、大会の見どころとしては、元プロ野球選手の解説が間近で聞けることや、球団マスコットとふれあえることが挙げられるだろう。アメリカのいわゆるボールパーク状態で、野球や『パワプロ』に興味がない人も十分に楽しめる時間となったのは間違いない。

今後の予定は、毎週土日にeペナントレースが行われ、12月16日には、クライマックスシリーズにあたる「eリーグ代表戦」が行われる。さらに来年の1月12日には「e日本シリーズ」も開催予定だ。

開幕戦のすべての試合はYouTubeのKONAMI公式チャンネルにアーカイブされているので、興味がある人は観てほしい。プロによる実況解説、試合展開の盛り上がりなど実際のプロ野球と比べても遜色ないので、プロ野球ファンも是非。