スバルが新型フォレスターを日本公開、基幹車種の何が変わったのか

スバルが新型フォレスターを日本公開、基幹車種の何が変わったのか

2018.04.09

SUBARU(スバル)がSUV「フォレスター」の新型(米国仕様)を日本で初公開した。世界で最も売れるスバル車でもあるフォレスターだけに、フルモデルチェンジで何が変わったのかは気になるところ。開発責任者の話と共に新モデルの特徴を見ていきたい。

スバルが新型「フォレスター」(米国仕様)を日本で初めて公開した

スバル販売台数の3分の1は「フォレスター」

スバルは年間約100万台のクルマを販売しているが、フォレスターはその約3分の1を占める同社の基幹車種だ。得意とする米国市場では、「アウトバック」と「フォレスター」が約18万台ずつの販売台数でスバル車の双璧をなす。日本ではモデル末期となった2017年(暦年)こそ1万9,000台弱という販売台数だったが、現行モデルが登場した後の2013年は約3万5,000台が売れて、その後の3年間も平均すると年間2万5,000台前後の売れ行きを示していた。

「フォレスター」のグローバル販売台数

スバルは先頃、ニューヨークモーターショーで新型「フォレスター」を世界初公開(2018年3月28日、現地時間)し、このほど日本でメディア向けのお披露目会を開催した。1997年に登場したフォレスターは約5年ごとにフルモデルチェンジを繰り返し、今回の新型で5代目となる。

5代目となった「フォレスター」

新型フォレスターの世界初公開からスバルには、顧客の声として、現行モデルからの変更点が見えにくいとの意見も届いているという。確かにガラリと姿を変えてはいないフォレスターだが、現行モデルのビッグマイナーチェンジからフォレスターの開発責任者を務めているスバル商品企画本部の布目智之プロジェクトゼネラルマネージャーによれば、新型モデルは「確実な進歩」を実現すべく開発を進めたという。

基本的な価値は「踏襲」

スバルがフォレスターで提供する価値の基本は「どこにでも行ける、どんな場所でも使える」というもの。布目氏は基本的な価値を踏襲しつつ、そこに何を加えられるかを考えて新型モデルを開発したという。

開発にあたってスバルが調べたのは、顧客がSUVにどのような情緒的な価値を求めているかということ。それは「心の中の冒険心を後押ししてくれる走行性能・デザイン」であり、「同乗者まで楽しめる快適な室内空間」であったと布目氏は語る。

スバルは顧客がSUVに求める「情緒的価値」を考えて新型「フォレスター」を作った

SUV“らしさ”を前面に打ち出す「フォレスター」

その観点で新型フォレスターを見ていくと、まずデザインはスクエアながらフェンダーが張り出しており、SUVらしい力強さが感じられる。サイドからピラー(ウィンドウを縦に区切る柱のような部分)につながる削ぎ落としたような硬質な面では、SUVの躍動感も表現しているという。SUVが世界的に流行しているだけに、最近は輸入車勢を含め新型モデルを目にする機会が多いが、どちらかというと「都会的」な印象のクロスオーバーSUVが市場に増える中、スバルの「フォレスター」はいかにもSUVらしい形をしているといった感じだ。

スバルはデザインのテーマとして「ダイナミック」と「ソリッド」を打ち出しているが、「フォレスター」の造形はテーマに忠実な印象を受ける。走りの部分では、フロアの上下振動を押さえるなど、現行モデルに比べ進化を感じられる仕上がりになっているそうだ

寸法を見ると、ホイールベース(前輪と後輪の中心を結んだ長さ)は現行モデルに比べ30ミリ長くなっているが、その延長分は前席と後席の距離を広げるのに使った。これで後席足元の快適性が向上するという。幅も20ミリ広くなっているが、これも助手席と運転席の間を広げるのに使い、室内の「広さ感」を引き上げたそうだ。こういった設計を布目氏は「ヒト中心の寸法設定」と表現する。

ヒト中心の寸法設定

「冒険心」とは出掛けたくなる気持ちのことだと考えられるが、その部分で注目したいのは荷室の使い勝手だ。荷物を積んでキャンプやゴルフに出掛けるという用途がフォレスターにはありそうだが、新型のリヤゲートは開口最大幅が現行モデルに比べ134ミリも広い1,300ミリとなっている。これでゴルフバックは真横にして積み下ろしができるそうだ。新型モデルではリヤゲートを電動で開閉する機能を刷新し、よりスムーズな(素早い)挙動を実現。ルーフレールには荷物をくくりつけるひもを通す穴(タイダウンホール)を設けている。

フルモデルチェンジは「あまり悩まず」

誕生から20年超の歴史を持つフォレスターだけに、ある程度は市場からの評価も確立しているはず。それをフルモデルチェンジする場合は、大きく変えるにしろ小さく変えるにしろ誰かの不満を買うことになりそうなので、開発責任者の苦労は多そうだ。そのあたりについて聞くと布目氏からは、「もともと技術畑なので、あまり悩んでいない」との意外な答えが返ってきた。

「お客様が評価してくれているポイントや、普段使っていて不便を感じないように改良できる部分などを、どこまで積み上げられるかだと思う。現時点で、これ以上はできないというところまで積み上げれば、それが商品の評価につながる」。技術開発が進んでいるので当然だが、スバルでは毎年、クルマに対して盛り込める要素が増えていく。それを最大限、新しいフォレスターに詰め込んだというのが布目氏の言葉の意味だろう。

広いリヤゲートの開口幅

進歩の一端が垣間見える顔認証システム

その進歩を物語るポイントとして布目氏は、新型フォレスターに搭載した「ドライバーモニタリングシステム」という機能を引き合いに出した。これは車内を見守るカメラとそれに関連するシステムのことで、例えばドライバーが脇見や居眠りをした場合、カメラがそれを捉え、早めに警報を出して注意を促す。

こういったシステムは他のメーカーのクルマにも搭載されているが、スバルでは同システムに顔認識技術を盛り込んだ。これによりシステムは最大5人の顔を覚えて、誰が運転席に座るかにより、シートポジションやディスプレイで表示する情報、エアコン設定、ドアミラーの傾きなどを調整する。つまり、ドライバーが各自の好みに合わせて新型フォレスターをパーソナライズできるのだ。「クルマとヒトの間のインターフェースは、もっと親密であってもいい。クルマが自分を認識してくれることが大事なのではと考えたので、若いエンジニアと一緒になって作ってみた」。そう布目氏は話す。

乗る人の顔を覚える新型「フォレスター」

新型フォレスターを買うのは父親だとしても、その子供が時々、このクルマを借りて乗るケースは大いにありそうだ。そんな時でも、クルマが自分を覚えていてくれるというのが、この機能の特徴だ。顔認証機能のついたスマートフォンや、別々のプレイヤーが各自のアカウントでサインインして遊ぶゲーム機などに慣れている世代であれば、この機能を面白がるかもしれない。

こんな機能も追加となった新型フォレスターだが、日本仕様の発表・発売は2018年の初夏になるそうだ。

LINE WORKSを削除(解約)するには?

LINE WORKSを削除(解約)するには?

2019.03.21

LINE WORKSを解約したいと思ったら

解約の前にまずは「所属メンバーの削除」を行う

ユーザーは自分のアカウントを削除できるの?

LINE WORKSを試験的に導入したけれど合わなかったという場合や、利用していたプロジェクトが終了したから削除したいという場合に備えて、LINE WORKSを削除(解約)処理する手順をまとめておく。

LINE WORKSの削除はメンバー削除から

「管理者画面」を開いた上で「基本設定」を開くと、左メニューの一番下に「LINE WORKSの解約」という項目がある。ただし、使っている最中にいきなり解約しようとしても「解約できません」と表示されるはずだ。解約のためには、先に所属メンバー全員を削除しなければならない。

「基本設定」で「LINE WOKRSの解約」を選択
メンバーが残っていると解約できない

メンバー削除は、上メニューで「メンバー」を選んだ画面から行える。最高管理者は削除できないため、解約準備ならば上部のチェックボックスを使って全員を一括選択してから、最高管理者のチェックだけを外すのが簡単だ。上にある「削除」をクリックすると確認画面が表示されるので、「メンバー削除」で完了させよう。

なお「副管理者」など役職者については先に権限を削除してからでなければメンバー削除ができないので注意して欲しい。

「メンバー」で最高管理者以外を選んで「削除」をクリック
確認画面で「メンバー削除」をクリックしよう

解約理由を添えて処理完了

再度「基本設定」で「LINE WORKSの解約」を選ぶと、メンバーの削除が完了していれば解約へ進む画面が表示されるはずだ。最高管理者のパスワードと、解約理由のアンケートを入力すれば解約が完了する。

最高管理者のパスワードを入力
解約理由のアンケートも必須項目だ

個人アカウントの削除方法は?

LINE WORKSを管理者ではなくユーザーとして利用している場合、自分のアカウントを削除することはできない。

LINE WORKSのユーザーアカウントは、会社のメールアドレスのようなイメージだ。アカウントに利用する文字列などはユーザーが決められるが、アカウントの存在自体は管理者がそれぞれに発行している。そのためユーザー側はログインしないことで「使わない」状態にはできても、削除はできない。もし退職する、プロジェクトから外れるなど事情がある場合には、管理者にメンバー削除の依頼を出そう。

同じく、最高管理者の権限を持っている人が異動等でアカウントを削除したい場合には、まずは権限の委任をして、一般ユーザーになってからメンバー削除をしてもらう必要がある。

「LINE WORKS 完全指南 設定&使い方」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/lineworks

関連記事
総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事