星野リゾートが青森・奥入瀬で9年ぶりに冬季営業を再開したワケ

星野リゾートが青森・奥入瀬で9年ぶりに冬季営業を再開したワケ

2018.03.03

青森県の十和田湖は国内有数の湖として有名だが、そこから太平洋へと水を運ぶ奥入瀬渓流(奥入瀬川)をご存知だろうか? 十和田八幡平国立公園内に位置しており、国の特別名勝、天然記念物に指定されている。ちなみに奥入瀬は「おくいりせ」と読みたくなるが、「おいらせ」と読む。

その渓流の側に、唯一建つホテルが星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルだ。星野リゾートと言えば、長野県の総合リゾート企業として有名だが、青森には青森屋、界 津軽とあわせ3軒の施設を構える。北海道のトマムや長野県など、「スキーリゾート」のイメージもある星野リゾートだけに、豪雪地帯であり、本州最北端という土地柄からあまり連想できない地域に3軒は意外とも言える。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

実際、奥入瀬渓流のある十和田市はこれまで、冬季観光シーズンで苦戦を強いられてきた。12月~3月の冬季4カ月における全国平均の宿泊率はおよそ31%。これに対して十和田市の割合は14%まで落ち込む。奥入瀬渓流ホテル自体は、夏季営業期間は「宿泊率は8割程度」(星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 総支配人 宮越 俊輔氏)と非常に高い。

ただ、2005年に星野リゾート傘下入りしてから2008年まで、冬季期間は十和田市の平均宿泊率に近い惨状で、実に9年もの間、冬季営業を取りやめていた。同じく、十和田市の焼山・八甲田・十和田湖地区における宿泊22施設のうち、4割弱の8施設が休業しており、十和田市としては市内経済を考える上でも低宿泊率・冬季休業がダブルパンチとなっていた。

インバウンド客を取り込め

実際、十和田市 観光商工部 観光推進課 観光企画係 係長の小泉 和也氏は、「冬季期間は観光資源の問題があり、エリア全体で観光客が落ち込んでしまっていた」と話す。夏季は避暑地として自然豊かな環境を堪能できるが、冬は寒さが何よりも全面に出る。実際、取材した2月半ばも最高気温が氷点下と、関東地方在住の身からすれば非常に堪える寒さだ。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 総支配人 宮越 俊輔氏
十和田市 観光商工部 観光推進課 観光企画係 係長 小泉 和也氏

ただ、政府目標が毎年のように改定されたように、訪日外国人のインバウンド需要は本州最北端の地でも急伸している。平成28年に3万2000人だった十和田市のインバウンド客は、平成29年に5万人、平成30年もさらなる需要を見込んでいる。また、JR東日本の冬季キャンペーン「冬のごほうび」にも選ばれており、国内外の需要が増えつつある今こそ、と十和田市は捉えているようだ。

十和田市現代美術館
B1グランプリで優勝を果たしたバラ焼きでも有名な十和田

そこでスタートしたのが、「奥入瀬渓流氷瀑ツアー」だ。夏季は美しい滝や岩壁として見る者を楽しませてくれる奥入瀬渓流だが、冬季はこれが氷爆や氷柱に変化する。昼でも綺麗……なのだが、これだけではインパクトが足りない。そこで十和田市と星野リゾートが協力し、夜間のナイトツアーをこの1月からスタートした。

実はおよそ20年以上前、十和田市(当時・十和田湖町)は平成4~8年の5年に渡ってナイトツアーを実施していた。しかし、当時の照明器具は低消費電力のLEDではなくHIDのもので多くの電力を必要とする。すなわち発電機が必要となり、国立公園である以上、環境面での配慮が必要となり「渋滞による排ガス問題も重なり、終わってしまった」(小泉氏)。

しかしそれから20年が経ち、低消費電力のLED投光器が普及。特に、山形県酒田市の「玉簾の滝」のライトアップで実績のあったパナソニックの協力もあり、車に投光器を載せる形で今回のナイトツアーを実現した。

パナソニックのLED投光器を搭載した車でライトアップ

パナソニックの下支え

20年の歳月は技術革新の歴史でもある。HIDからLEDに変わったことは、単に低消費電力化を進めただけではない。水銀灯ランプなどは固定色になるが、LEDは三原色を利用出来るため、プログラミングによってさまざまな色合いを再現できる。

ナイトツアーでは全7箇所(星野リゾート、十和田市で個別ルートがあるため、それぞれすべてを回れるわけではない)それぞれにテーマを設定した。「雲井の滝」では「浮世絵」、「双白髪の滝」では「樹海」といったように、そのテーマに合う色合いを映し出す。雪の白はLED投光器の色をすべて受け入れるため、滝それぞれの個性に新たな性格を与えてくれる。

パナソニック エコソリューションズ社 ライティング事業部 エンジニアリングセンター 照明エンジニアリング部 東北ECの籠谷 葵氏は、「こういった色を使いたいという要望があれば、グループ会社(パナソニック ES エンジニアリング)のエンジニアが、1つずつ調光・調色、メンテナンスする」と話す。その道のプロフェッショナルが調光・調色することで、最高の色合いを出すというのが狙いだ。

例えば、東京・有楽町にある東急プラザ銀座やJR新宿ミライナタワー、京都タワーといった建築物の常用点灯でもさまざまなカラーリングでライトアップをパナソニックとして手がけてきた。こうした調色によるダイナミックな"演出"は事例が増えており、2020年の東京五輪に向けて特に関東地区では採用例も増えるとみられる。

パナソニック エコソリューションズ社 ライティング事業部 エンジニアリングセンター 照明エンジニアリング部 東北EC 籠谷 葵氏
LED投光器によってライティングの在り方が変わった

「ただし、車の上部に投光器を設置して、というのはパナソニックでも初めての試みです。施設に設置する場合は光の角度などを厳密に定義できますが、奥入瀬は国立公園ですからライトを現場に固定できず、車を移動させるため、毎回同じ角度、場所とはいかず、見え方が変わってしまう。GPSの位置情報をマッピングしたり、到着位置の景色を写真撮影しておいて、それを見て"身体で覚える"ということをやっていただいています」(籠谷氏)

今回の事例ではもう一つ課題があった。例えば低消費電力のLEDといえども、投光器ともなれば家のLED電球とは話が違う。今回のライトアップで利用された「ダイナペインター」は、スペック表の数字を合わせると1000Wを超える。一般家庭でよく利用される50/60W電球20個分を、発電機ではなく電池で賄わなくてはならない。

ただ、そこは総合家電メーカーであるパナソニック。テスラ向け車載電池の大幅減収があったばかりだが、すでに稼働し始めているテスラのみならず、トヨタまでもが大規模な協業を視野に入れている。そうした技術力も背景に、デスク・ラック程度の大きさの蓄電池を用意して、最大8時間の投光を可能にした。20年前には成し得なかった光の彩り、そして環境面の配慮を同時にパナソニックの技術が乗り越えたのだ。

中央下部に見えるのが蓄電池。パナソニックの二次電池事業は世界トップクラスの技術力だ

一般的に、自治体は固定費をかけることを嫌がる。短期レンタル、あるいはリースという形で設備導入するケースが多いが、十和田市はこのLED投光器を3セット"購入"した。それだけ、冬の十和田の素晴らしさを知ってもらおうという期待の現れであり、いかようにも使えるようにしたことで、夏季期間でもなんらかのイベントごとに活用できるだろう。

1月10日にスタートしたこの冬のナイトツアーには600名以上が参加しており、3月中旬までのツアー期間で700名以上を見込む。集客力のある星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルに1セット(1台)貸し出して無料のツアーを、市としてはツアーを運行するためのバス運賃代として2000円を徴収している。

1度宿泊すれば、それだけで数万円が各宿泊施設に落ちてくる。飲食代を含めれば、この冬だけでもそれなりのインパクトがあることがわかる。奥入瀬渓流ホテルの宮越氏も、「Instagramで『氷瀑』と検索すると、奥入瀬のようすが多く出てくる。これだけの氷瀑を見られるスポットはなかなかない。スキーやスノーボードといったアクティブなスポーツをせず、寒い思いもすることなく、冬の絶景を、自然が守られた国立公園で楽しめる場所はない。それが実際に評価として上がってきているんだと思う」と話す。

とはいえ、再チャレンジ初年度。正直なところでは「なかなか難しいと思った」と宮越氏は苦笑いする。設備環境など複数の要因もあるが、稼働させている部屋は6割で、それでもなお空室があるという。

「冬の青森旅行はもともと難しいと感じていた。何を魅力に感じてもらうか、売りを見つける作業を2年前に始めてからここまで来た。赤字は赤字で、冬季休業していたときよりも赤字になりかねない。でもそこは星野リゾートとして、培ってきたノウハウがある。ライトアップは特にインバウンドの外国人の方の反応がいい。海外で影響力のあるインフルエンサーの方などに知ってもらい、特に雪に馴染みのないアジア人にスキーだけではない雪の地域の魅力を訴求していきたい」(宮越氏)

星野リゾートが作り上げた「トマム」というブランドは、かつて一度地に墜ちたものを再生したものだ。「売りがない」だけの地の十和田であれば、もっとスポットライトを浴びてもいい。十和田市と星野リゾート、それぞれが奥入瀬渓流に思いを抱いてナイトツアーを作り上げたが、成功への道筋を照らせるかどうかは、両社がこうした企画を継続して打ち出せるかどうかにかかっている。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu