スーパーカーのランボルギーニからSUV「ウルス」が登場する理由

スーパーカーのランボルギーニからSUV「ウルス」が登場する理由

2018.02.10

ランボルギーニがSUVを発売する。かねてから流れていた噂が真実になった。2月6日、「ウルス」(URUS)と名づけられたSUVが東京で発表されたのだ。スーパーカーのランボルギーニがなぜSUVなのか。中身はランボルギーニにふさわしいのか。改めて考えてみた。

2月6日に六本木の泉ガーデンギャラリーで開催された「ウルス」発表会の様子。クルマに手を置いているのは来日したランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO

「ウルス」登場にポルシェの影響?

1963年に自動車メーカーとして産声を上げたランボルギーニは当初、V型12気筒エンジンを車体の前に積み、後輪を駆動するラグジュアリークーペも作っていた。しかし、同じエンジンをミッドシップ搭載したスーパーカー「ミウラ」や「カウンタック」が高い評価を得ると、以降発表した車種の多くがミッドシップ2人乗りのスーパーカーになった。

現在販売されているV型10気筒の「ウラカン」、そしてV12の「アヴェンタドール」も同様である。

ランボルギーニといえば、「カウンタック」(画像)などのスーパーカーを作るメーカーというイメージだが…(ランボルギーニ・デイ 2017にて編集部撮影)

そのランボルギーニがなぜ、SUVを出したのか。ランボルギーニと同じフォルクスワーゲン・グループに属するポルシェの成功に影響されたことは否定できないだろう。

ベントレー、マセラティ、ジャガーからも登場したSUV

2002年にポルシェ初のSUVである「カイエン」が発表されるまで、このブランドは2ドアのスポーツカーだけを作り続けてきた。代表格が1964年以来の歴史を誇るリアエンジンの「911」だ。

しかし、ポルシェが発表した2017年の全世界での販売台数によると、トータルで約24.6万台を販売した中で、「718ケイマン」および「718ボクスター」が2.5万台、「911」が3.2万台、「パナメーラ」が2.8万台、「マカン」が9.7万台以上と発表されている。残りがカイエンとなるので、その台数は6.4万台となる。

ポルシェの売れ筋となっているSUV「マカン」

つまり、SUVのカイエンとマカンを足すと16.1万台であり、全体の65%にも上る。いまや、ポルシェの主力はSUVなのである。逆に、911と718を合わせたスポーツカーは23%に過ぎないことになる。

これ以外にも、やはりフォルクスワーゲン・グループのベントレー、ランボルギーニと同じイタリアのマセラティ、英国のジャガーなどが、ここ10年の間に初めてSUVを発売し、いずれも好調な販売成績をあげている。

それだけではない。SUVには縁がないだろうと見られていた英国の超高級車ロールス・ロイスと、スポーツカーの代表格であるフェラーリもSUVを送り出そうとしている。

実はSUVを作ったこともあるランボルギーニ

ただし、これらのブランドの中で、ランボルギーニは例外的な存在でもある。かつてSUVを手掛けたことがあるからだ。1970年代に発表した「チータ」と1980年代に作られた「LM002」である。

かつてランボルギーニが作ったSUV「LM002」

このうち、米軍向けとして開発されたチータは制式採用が叶わず、試作車のみで生涯を終わるが、当時のカウンタックと基本的に同じエンジンを積んだLM002は、少数ながら生産・販売されている。

だから今回の発表会で、筆者はLM002の実車を見ることができるかもしれないと期待していた。しかし、会場に置かれていたのは、ウルスの他にはウラカンとアヴェンタドールの2台のスーパーカーだけ。それどころか、プレゼンテーションでもLM002に言及することはなかった。

「ウルス」の発表会には「ウラカン」(画像)と「アヴェンタドール」が置かれていた

あえてマニアを狙わない戦略も見え隠れ

でも、この方針は正しいと思った。チータやLM002はオフロード走行を念頭に置いた車種であり、舗装路をスーパーカー並みに走ることを目的に送り出されたウルスとは目指す方向があまりにも違う。しかも、LM002を知るのはコアなランボルギーニ・マニアだけだ。

日本での知名度が限りなくゼロに近い車種に無理矢理イメージをつなげるより、ウルスを全く新しいランボルギーニとして紹介したほうが分かりやすいし、幅広いユーザーにアピールできるはずだ。

「ウルス」と「LM002」(画像)は、同じSUVだが方向性が全く異なる(ランボルギーニ・デイ 2017にて編集部撮影)

そういえば発表会場も、ランボルギーニのブランドイメージからするとフツーだった。もっと挑戦的で情熱的な空間を予想していたので、肩透かしを食ったような印象だったが、これも既存のマニアとは別の種類のユーザーにアピールすることで、拡販を目指したいという気持ちの表れなのだろう。

しかし、見た目は写真でお分かりのように、ランボルギーニのSUVである。とにかくエッジが効いている。インテリアはそれに比べると独自色は薄いが、シートのグラフィックなどによって“らしさ”を演出していることが分かる。

ランボルギーニのSUVだけあってエッジの効いた見た目だ

それでいて、現行ランボルギーニとしては唯一となる後席には大人が楽に座れ、後方の荷室にはゴルフバッグが2~3個収まるという。スーパーカーでは得られない使い勝手をウルスは実現している。

エンジンの小ささは気になるものの…

ちょっと意外だったのはエンジンで、ランボルギーニ初のターボ付きとなるそれは、4LのV型8気筒と小さい。6.5LのV12エンジンを背負って運んでいるような走りのアヴェンタドールを知る者としては残念に思った。

でも、ウルスを買うユーザーの多くは、そんなことは気にしないだろう。現にポルシェのカイエンやマカンは、911が50年以上搭載し続けてきた水平対向6気筒エンジンではないが、大部分のユーザーはその点を問題視していない。

エンジンは小さいと感じたが、「ウルス」の購入者が気にするかどうかは別の話だ

大事なのは、個々のエンジニアリングがどうかではなく、デザイン、パフォーマンス、ドライビングエモーションなど、ブランドとしてのDNAが備わっているかどうかなのである。

販売台数2倍の野心的な目標に不可欠な存在

たしかに性能は凄い。最高出力は650hp、最大トルクは850Nmで、後者についてはアヴェンタドールを上回る。

全長5,112mm、全幅2,016mm、全高1,638mmという巨体でありながら、車両重量は2.2トン未満と軽量化に気を配ったおかげもあり、時速100キロまでの加速は3.6秒、最高速度は305キロと、世界最速SUVであることをアピールした。

4WDのみならず4WS(4輪操舵システム)も備え、トルクべクタリング、エアサスペンション、アクティブスタビライザー、カーボンセラミックブレーキなどのハイテクもあますところなく装備。エゴモードと名付けられた個別設定も可能なドライブモード・セレクター「タンブーロ」も用意している。

価格は2,580万円。同等のボディサイズを持つアウディのSUV「Q7」の約2.5倍だが、ウラカンとは同等である。しかもウルスは、ウラカンとは違い5人が乗れてゴルフバッグも積める。

先進技術も満載の「ウルス」。荷室(画像右)にはゴルフバッグも積める

今回の発表会には、イタリアからステファノ・ドメニカリCEOも来日した。かつてフェラーリF1チームの代表も務めたドメニカリ氏は、日本はランボルギーニにとって米国に次ぐ世界第2位のマーケットであると紹介。世界レベルでは、これから2年間で販売台数を2倍にしたいと表明した。

スーパーカーだけでは、この数字は達成不可能だろう。ランボルギーニのようなブランドも、今やビジネスが大事なのである。マニア以外にもアピールできるSUVが登場したからこそ成長が期待できるし、ウルスが売れて開発資金が増えれば、スーパーカーの進化にも拍車が掛かる。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu