滞在型医療プログラムでアンチエイジングを目指す – その2

滞在型医療プログラムでアンチエイジングを目指す – その2

2018.02.16

前回は、ウィメンズヘルスクリニック東京の浜中聡子医学博士に話をうかがった。このクリニックで診察やカウンセリングを受け、自分の身体やメンタルの状況をチェックする。

その情報をもとに、食事や運動のメニューを決め、宮崎県にあるシーガイアで3泊4日の滞在型医療プログラムを体験するのが、アンファーが提供する「ハッピーエイジング・ドック」の概要だ。このハッピーエイジング・ドックのプログラムについて、簡易的に体験してきた。

なぜ簡易的かというと本来は3泊4日の滞在となるが、取材ということもあり、特にお願いして1泊2日の日程にしていただいた。短い期間ではあったが、非常に内容の濃いプログラムであることを、体で感じてきた。

まず初日について。初日に行ったアクティビティは、セグウェイと乗馬だ。実は筆者は両方とも体験したことがない。セグウェイは機械だが、乗馬は生きている動物が相手。乗馬に関しては多少不安があったのだが、体験してみるといろいろと発見があった。

では、レポートに移ろう。セグウェイは2000年頃に登場し、当時は「情報インフラを変革したインターネットのように、移動手段を革新する発明」といったニュアンスで騒がれた。テレビなどの報道をみる限り、本当に「それほどスゴイものなのかな?」という、懐疑的な感想を持ったことを憶えている。そして、いつのまにか記憶から消えていた。

セグウェイの楽しさを体感

体幹や足裏感覚のトレーニングになるセグウェイ

それからおよそ18年後、いよいよハッピーエイジング・ドックによってセグウェイに乗れる機会を得た。おそるおそるセグウェイを走行させてみたが、およそ10秒後には「楽しい」という感覚に変わった。操縦する楽しみというのもあるが、走行ルートはシーガイア周辺に広がる約700ヘクタールもの黒松林が中心だ。景観の良さが、より一層、セグウェイの楽しみを高めてくれる。

ちなみに、松林からはリラックス効果があるとされている「フィトンチッド」が放たれているそうだ。昔から国立病院などが森林に囲まれた場所にあるのはこのためだといわれ、「森林浴」という概念もこの成分が関わっているとされる。

ちなみにセグウェイは道路交通法により公道は走行できない。近年、高齢者による自動車事故が増えている背景もあって、セグウェイのようなパーソナルモビリティが公道を走行できる見通しはほとんどない。だが、黒松林のうち、約300ヘクタールがシーガイアの敷地だ。リゾートエリアならば、公道を走行できないセグウェイでも、乗り回せるというワケだ。

続いて乗馬へのアクティビティに移った。“動物が相手なので不安がある”と前述したが、筆者が乗る馬のおとなしい仕草とつぶらな瞳をみたら、その不安はかなり低減された。ただ、踏み台にのぼり、鐙に足をかけて馬の背にまたがってみると、視界がかなり高い。正直、これまで視界に入ってきた景色とは別世界のように感じる。

なお、馬は道交法のうえでは軽車両に分類される。生きている動物にこんな表現ははばかられるが、道交法上は自転車と同じということになる。従って、公道を進むことが可能だ。この乗馬のアクティビティでは、黒松林を貫く公道を進み、海まで向かった。往路は視界の高さによって違和感があったが、復路では高さに慣れ自然に進めるようになった。

左:インストラクターに教わりながら乗馬(提供:シーガイア)。右:目的地となった日向灘。この日は穏やかだったが荒れることもあるらしい

アンチエイジングが考えられたメニュー

さて、ここまでは、単に遊んでいるようにしか思えないレポートだが、セグウェイと乗馬を体験してみてあることに気づいた。それは、ともにヘルスケアを考えているメニューだということ。セグウェイはハンドル操作に体幹のバランスが大事だと感じたし、足裏感覚を鍛えるのにピッタリだと思った。セグウェイは自律して走行できるので、自転車のように転倒することが少ない。事前に講習を受けることも可能なので、セグウェイの楽しみ方を満喫できるはずだ。

そして乗馬。はたからみると、馬に乗ってラクに移動しているだけにみえるが、手綱を操作する腕、馬の腹を挟む脚、背筋を伸ばした姿勢といった要素が乗馬には必要になる。つまり、腕の筋肉、脚の筋肉、腹筋、背筋に負担がかかる。要するに、乗馬は全身運動なのだ。優雅に馬で移動しているようにみえても、その実、全身の筋肉を使うので結構な運動になる。筆者は脚のもものあたりが、軽い筋肉痛になった。アンチエイジングを対象にしたプログラムだけに、メニューにもひとつひとつ意味があるのだなと、素直に思った。

アクティビティのあとはホテルに入り、体を休めるターンになる。宿泊先はシーガイアのなかで一棟だけ高くそびえる「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」(以下、シェラトン)だ。部屋に通されていろいろな驚きがあったが、まずそのゆったりとしたルーム空間が新鮮だった。

左:宮崎県でもっとも高い建築物となるシェラトン。右:部屋はすべてオーシャンビューで黒松林と海のコントラストが絶景だ

そして、部屋からの眺望。眼下には黒松林が広がり、その向こうには日向灘が横たわっており、緑と青のコントラストがとても印象的だ。ご存じのとおり、松は常緑針葉樹。つまり、晴れていれば年間を通じてこの景色を堪能できる。

左:広く格調高さを感じるツインルーム。右:ガーデンの照明も独創的だった

続いてディナーとなる。今回用意いただいたのは中華料理とのことだが、料理を味わってみて、正直うなった。中華料理は味が濃く、油も多めに使うというイメージがあったが、どれも素材の味を生かした品だった。担当したシェフによると、アンチエイジングを考えれば、塩分や油を控えることは当然だという。かといって味がないかといえばそうではなく、素材の良さを引き出すほんのりとした味付けが施されている。担当シェフは「素材を生かす和食を意識しています。そして、中華料理ではなく中国料理なのですよ」と笑みをみせた。なお、中華料理は日本で進化したメニューで、ラーメンや焼き餃子を提供する個人店が多い。一方、中国料理は、北京ダックやフカヒレ料理を提供する“本場の味”と捉えられている。

いただいたコースメニュー。上段左:「前菜三種盛り合わせ。上段右:薬膳蒸しスープ。2段目左:点心二種盛り合わせ。2段目右:海老のスパイシー炒め ココナッツの香り 佐土原ナス添え。3段目左:ホタテの蒸し物 カニ内子と味噌のソース。3段目右:乾し貝柱のチャーハン。下段左:杏仁とマンゴーの冷たいスープ。下段右:ホテル内の中国料理店「藍海」(ランハイ)の個室

さて、初日最後のアンチエイジングメニューが、いわずとしれた温泉だ。ただ、温泉に関しても豪華の一言。まず、温泉施設である「松泉宮」までの回廊がなんとも風情がある。ここには、いくつか湯船があるが、私が案内されたのは「おゆのみや」という個室温泉だった。湯船の前には畳敷きと板床をミックスさせた部屋があり、ここでくつろいでから入浴できる。もちろん入浴後にほてった体をクールダウンすることもOKだ。なんと、湯船から上がる時間を伝えておけば、かき氷まで提供される。まさに至れり尽くせりの温泉だ。なお、おゆのみやは、小山薫堂氏が提案する「湯道」を体現する初の湯室として誕生した。湯の作法、湯室、湯道具を体験できる場として、国内でも貴重な存在だ。

上段左:温泉のある「松泉宮」までの通路。上段右:個室タイプの湯船「おゆのみや」。小山薫堂氏によるプロデュースだ。下段左:湯船に併設された和室の一部。下段右:湯上がりの時間を指定しておけば、かき氷がそのタイミングで運ばれる

3回目では、2日目の様子をレポートする。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu