SUVブームは今後も続くのか、2018年に注目したい3つの流れ

SUVブームは今後も続くのか、2018年に注目したい3つの流れ

2018.01.09

昨今の自動車業界のトレンドのひとつがSUVだ。2017年もマツダ「CX-8」など数多くの新型SUVが登場し、日本カー・オブ・ザ・イヤーにはボルボ「XC60」が輝いた。このブームは2018年も続くのだろうか。直近の状況から整理すると、3つの流れに注目が集まりそうだ。

マツダ「CX-8」(画像)など数多くの新型SUVが登場した2017年

SUVブームの背景は

2017年12月、筆者はまずスペインに行ってボルボの新型車「XC40」をドライブし、続いてフランスに渡ってDSブランドの新作「DS7クロスバック」に試乗した。日本に戻ると今度は北海道に向かい、同月発売されたばかりのマツダ「CX-8」に乗った。その間、「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」(COTY)が発表され、ボルボ「XC60」が受賞した。

考えてみたら、すべてSUVである。今の自動車のトレンドのひとつがSUVであることを、あらためて教えられた。

COTYを受賞したボルボ「XC60」

なぜSUVがここまでブームになったのか。理由のひとつにカジュアルでアクティブな雰囲気があるだろう。セダンも昔に比べればスポーティな車種が増えたが、フォーマルなイメージは依然として残っている。そのセダンからファミリーカーの主役の座を奪ったミニバンは、どうしても生活感が抜けない。

ファッションセンスの良いアスリートのような立ち位置が、多くの人をSUVに引き付けているのではないかと思っている。

自動車の低速化もSUV興隆の一因に

もうひとつ、交通事故や環境対策を背景にした自動車の低速化も関係しているだろう。これは特に欧州で顕著で、スピード違反の取り締まりは日本よりはるかに厳しくなっている。そんな中で、空力性能に優れた低いフォルムへのこだわりが薄れてきたことも関係しているはずだ。

しかも最近のSUVは、オフロード走行を念頭に置いた車種はわずかであり、床はそれほど高くない。それでいて、ルーフはセダンやハッチバックより高く、ドライバーの目線も上になる。乗り降りしやすく運転しやすい。これも流行の理由だと思っている。

最近のSUVでオフロード走行を念頭に置いた車種はわずかだ(画像は2018年3月に発売予定の三菱自動車「エクリプス クロス」)

では、2018年のSUVブームはどこへ向かうのか。ヒントのひとつは最初に紹介したマツダ「CX-8」にある。CX-8はミニバンの自社開発を止めたマツダが、それに代わる車種として送り出した3列シートSUVだ。これが発売前の約3カ月で月間販売計画台数の約6倍の予約受注台数を記録した。

ますます充実しそうな3列シートSUV

これまでも3列シートのSUVはあった。トヨタ自動車「ランドクルーザープラド」や日産自動車「エクストレイル」などである。しかし、これらは2列シート車とボディが共通で、3列目は補助席に近いスペースだった。ミニバンの代わりにはならなかったのである。

日産「エクストレイル」(画像)やトヨタ「ランドクルーザープラド」にも3列シートはあるが…

一方のCX-8は、安定した人気を得ている「CX-5」のボディ後半をストレッチした車種と思うかもしれないが、実際は北米向け大型SUV「CX-9」のプラットフォームを活用している。だから、3列目にも身長170cmの筆者が楽に座れるスペースを備えている。

よって、CX-8の全長は4,900mmとトヨタ自動車の大型ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」に迫る。しかし全幅はCX-5と同じであり、見た目も近い巧妙なデザインを施すことで、大きさへの不安を払拭することに成功した。これが、ミニバンに飽きつつあったファミリー層のハートを掴んだようだ。

「CX-8」の全長は大型ミニバンと同等だが、大きさへの不安を感じさせないようなデザインを施してある

CX-8と似たような成り立ちの車種としては、プジョーがCX-5と同格の「3008」と基本設計を共有する「5008」をラインアップしている。また、レクサスは2017年12月、ひとクラス上の「RX」に3列シート車を追加した。いずれもボディ後半を伸ばすことでシートを増設している。

こうした動きは今年もいくつか出てくるだろう。新規の開発は相応に歳月を要するが、例えばフォルクスワーゲンは、欧州では販売しているSUV「ティグアン」の3列シート車の輸入を考えるかもしれない。

フォルクスワーゲンは「ティグアン」(画像)の3列シート車を日本に導入するかもしれない

一方で今年は、日本車やドイツ車以外の選択肢が注目されそうな気もする。

COTY受賞で存在感を高めそうなボルボ

きっかけになりそうなのがボルボ「XC60」のCOTY受賞だ。今回の受賞でXC60を初めて知った人もいるだろう。こうした人たちがディーラーに足を運んで試乗することで、北欧生まれならではのデザインや走りが気に入って購入に至るというストーリーが出てきそうだ。

「XC60」のCOTY受賞はボルボにとって追い風となりそうだ

ボルボはもともと、安全性については世界トップクラスである。XC60もライバルに引けを取らない内容を持っている。多くのユーザーが注目している予防安全や運転支援の分野も同じであり、そのうえでデザインや走りが優れているという事実は、かなりのインパクトになるだろう。

ボルボ「XC40」にヒットの予感、フランスから新顔も登場

さらに、最初に紹介した「XC40」、つまりXC60の弟分が初夏には日本に上陸する。500万円を超える高価格ゆえ、XC60には手が届かないという人も、300万円台スタートと予想されるXC40ならば選択肢に入れられるかもしれない。ボディが小柄な上にデザインはスポーティとなれば、予想以上のヒットもあり得る。

XC40はXC60とは異なるプラットフォームを持つが、乗り心地の良さはXC60に劣らず、コストダウンの匂いは微塵もない。一方で、ハンドリングはXC60より軽快であり、カジュアルな雰囲気をアピールしていた。自慢の安全装備はXC60を上回る部分もあり、期待以上の出来だった。

初夏にも上陸するボルボ「XC40」は、予想以上のヒットもありうるボルボの新型SUVだ

最初に名前を挙げたもう1台、「DS7クロスバック」にも触れておこう。こちらは2014年にシトロエンから分離独立したフレンチプレミアムブランド「DS」の最上級車にあたる。フランスのマクロン大統領が就任パレードで乗り、東京モーターショーで展示されていたことを知っている人もいるだろう。

リモコンキーでロックを解除するとヘットランプのLEDユニットがくるっと回って姿を現し、エンジンスタートボタンを押せばパネルが転回してアナログ時計が現れるなど、フランスらしい独創的な仕掛けが目を楽しませる。

しかも、運転支援システムのために装備されたカメラで路面の凹凸をチェックし、サスペンションの硬さを変えるという新技術も搭載しており、乗り心地はフレンチプレミアムにふさわしい心地よさ。それでいてコーナーでは安定しきっており、快適性能と走行性能のバランスの高さに感心した。

フランスからは「DS7クロスバック」が上陸する

「ジムニー」「Gクラス」「ウルス」と話題が尽きないSUV

もうひとつ、ヘビーデューティSUVの名車たちが新型に切り替わるのも2018年のポイントだ。軽自動車のスズキ「ジムニー」はすでにスクープ写真が出回っているし、米国では2017年11月、ジープ「ラングラー」がモデルチェンジした。そして、高価格ではあるがメルセデス・ベンツ「Gクラス」の新型もまもなく発表される見込みだ。

スーパーカーで有名なランボルギーニがSUV「ウルス」を発表というニュースもあった。こちらも今年、日本にやってくるだろう。こうして車種を挙げていくと、2018年もSUVのネタは尽きないというのが正直なところだ。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu