クラウドファンディングをソニーが始めた意味

クラウドファンディングをソニーが始めた意味

2018.01.09

ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」がスタートして4年が経とうとしている。これまでSAPから立ち上がった事業は下記の13件におよぶ(2017年12月時点)。

  • MESH
  • Fashion Entertainments
  • HUIS
  • wena
  • AROMASTIC
  • PROJECT REVIEWN
  • isuca
  • toio
  • Qrio
  • エアロセンス
  • ソニー不動産
  • エーテンラボ
  • Nimway

一つの事業としてはまだまだ小ぶりな存在であり、世間の誰もが知るWalkmanやPlayStationのような存在になっているとは言いがたい。ただ、Qrioやwenaなど、そのセグメントでは着実に支持されるプロダクトも出てきた。B2CデバイスからB2Bソリューション事業まで、幅広い案件が存在するが、このうちソニーお得意のコンシューマー向けデバイスについては、専用サイト「First Flight」で販売されている。

実はこのサイト、ただの通販サイトではなく、クラウドファンディングのシステムも兼ねている。なぜソニーが、スタートアップの資金調達でよく利用されるクラウドファンディングの仕組みを活用するのか。同社 新規事業創出部 FF事業室 統括課長 First Flightプロジェクトマネージャーの小澤 勇人氏に話を聞いた。

ソニー 新規事業創出部 FF事業室 統括課長 First Flightプロジェクトマネージャーの小澤 勇人氏

【特集】
ソニー変革の一丁目一番地、SAPのいま

2018年3月期の通期決算予想で、過去最高益となる6300億円が見込まれるソニー。イメージセンサーやテレビなど、既存製品の収益力向上、シェア増がモメンタムを作り出している。一方で、かつてのソニーファンが口を揃えて話す「ソニーらしさ」とは、ウォークマンやプレイステーションを生み出したソニーの社訓「自由闊達にして愉快なる理想工場」の賜物だ。世界中の大企業が新機軸のイノベーションを生み出す苦しみに陥るなか、ソニーは「SAP」でそれを乗り越えようとしている。スタートから4年目に突入するSAPの今を見た。

達成率1696%、驚異の評価を受けた「Qrio」

クラウドファンディングとは、Web上で実現したいアイデアを公表することで、その企画趣旨に賛同した人から資金を調達する造語だ(クラウド=不特定多数の群衆やWeb、ファンディング=資金調達の意)。海外ではKickstarterやIndiegogo、日本でもサイバーエージェント系のMakuakeや、起業家の家入一真氏が立ち上げたCAMPFIREなどがある。

特にMakuakeでは、First Flight立ち上げ前の2014年9月にFES Watch(Fashion Entertainments)、12月にはQrioを実際にプロジェクトとして走らせている。

「SAPとして、お客さまのニーズを確かめないといけない。もちろん、事前に定性的、定量的な調査は行っているものの、それだけでは『本当に買ってくれる人のニーズを把握できるか』と言われると難しい。アイデアを見せ、値段を提示して、購入まで行き着くのか。テストマーケティング、あるいはファクト調査としてのクラウドファンディングだったんです」(小澤氏)

実際に、これらのプロダクトは大きな反響を呼んだ。FES Watchは目標金額216万円に対して299万6888円の達成率138%、Qrioに至っては目標金額162万円に対して2748万9780円の達成率1696%と、潜在的な市場の把握に役立った成功事例となった。

MakuakeでQrioを展開、目標金額を大きく上回った(画像はMakuakeより)

「ただ当時、私たち自身がクラウドファンディングをテストマーケティングとして利用した後に、商品を継続販売するための『ECサイト機能』までシームレスに顧客を誘導できるサイトがなかった。だから、First FlightをSAPとしてスタートさせたんです」(小澤氏)

名指しで「頑張って」

2015年7月に立ち上げたFirst Flightは、クラウドファンディングからECサイトまでの機能をシームレスに繋げるだけでなく、ソニーのサイトとしてソニーファンが、製品のファンが集いやすい環境構築を目指している。

「クラウドファンディングをやったことで、よく『なんで、資金調達をソニーがやるのか』と聞かれるんですが、もちろん資金集めが目当てではありません(苦笑)。私たちは、作った商品に対してお客さまがどういう価値を求めているのか、どういう価格を求めているのか、どういう意見を持っているのか、『本当の声』を知りたいんです」(小澤氏)

プロジェクトに投資した人たちは、即座に開発メンバーに対してコメントができるため、「機能の要望から今後のストラテジまで、幅広いご意見をいただいています(笑)」(小澤氏)。細かい数字は開示できないとしていたが、既存製品のメールアンケートや各種ワークショップのインビテーションに対して、「(アクションの割合が)数倍のレスポンスがある」という。

First Flight

これは、既存製品が悪いわけではなく、SAPならではの特性だと小澤氏。通常の製品では、既存セグメントの新商品として長いスパンで製品ライフサイクルが回ることで注目が薄れるのに対し、「既存の商品カテゴリがない製品を出しているSAPだから、"新しいモノ"への熱量がとても高い。コメントされる方々は、商品発売前から、見たこともない製品にお金を出していただいているわけですから、良い点、悪い点合わせて伝えたい熱い思いがあるんだなと、ひしひしと感じています」(小澤氏)。

そうした顧客に対して「熱い思い」を増す仕掛けも忘れてはいない。例えば、プロジェクトリーダーはもちろん、メンバーまでも実名でプロジェクトの進捗報告に登場させ、「自分たちはこういう思いで、この製品を作っている」という身近さをアピールしている。ソニーという大企業では中の人の顔が見えにくいと思われる逆を突いた仕掛けで「各種プロジェクトのコメントには、名指しで『頑張ってください』という応援がつく。担当者たちもうれしいですよね」と小澤氏も喜ぶ。

中の人が見えれば、製品が届く前、届いた後の不満も、より具体的な意見として伝える人が増える。「最初はコメントの検閲もいざとなれば想定していたんですが杞憂に終わりました。1年半発ちますが、『悪口』は1件もない。お客さまもプロジェクトを担う一員として、不満をある種『良い意見』として書いてくださっています」(小澤氏)。

「Webサイト運営者」として小澤氏がFirst Flightで重視しているKPIは、「テストマーケティングがうまく行くか」。クラウドファンディングからECへの移行した際に、ファンディング時の結果と、EC遷移後の差分をつぶさに見ているという。流入元の分析など、それぞれのプロダクトを詳細に分析した上で、プロジェクトにフィードバックも行う。

例えば、プロジェクトの中でも異色なパーソナルアロマディフューザー「AROMASTIC」では、アパレル系やコスメ系といったドメインからの流入が多く、逆にソニーが本来得意とするテック系メディアで取り上げられても流入や販売にあまり響かなったという。ECサイトは実店舗よりも顧客流入の動線把握が容易になるため、実店舗でどうアプローチかけるかの参考にもなると小澤氏は話す。

また、意外なところでは「FES Watch」と「wena wrist」という時計関係のプロダクトでさえも、傾向の違いが見て取れたと小澤氏。

「FESは、テック系の機能美というよりも電子ペーパーを使ったデザイン性を強調した製品です。一方でwenaは、やはりおサイフケータイの機能が利用できるのに、従来の時計の盤面を使える機能美を追求した製品。似た商品と思われるかもしませんが、FESはアパレル、wenaはテック媒体からの流入、購買が多い。どこにタッチポイントを作るのか、そしてどう波及させるのかを製品ごとにしっかりと考える必要があります」(小澤氏)

こうしたWeb上で把握できるすべてを製品作りやマーケティング指針に活かす取り組みは、新規事業ならではのスピード感、考え方だが、大きく分けて3つの目的が根底にあるようだ。

  1. 目利き力を上げる
  2. 開発力の強化
  3. 商品価値以上の販売力の強化

目利き力とは、自分たちの頭の中だけで製品を作るのではなく、ソニー外も交えた製品作りにすることで、顧客目線と技術者の作りたいモノのバランスを見極めることだ。2つ目の開発力の強化についても、こうした意見を発売までに商品へ反映させることで、開発期間の短縮やひいては新技術の開発まで、徹底的な顧客目線に立った開発にフォーカスすることを目的にしている。

そして3つ目の販売力は、前述のように「開発者ストーリー」を、開発している人の名前と苦労を見せることで、より製品を顧客に「身近なもの」として捉えてもらうことだ。First Flightには「工業製品なのに息遣いが感じられる」、そんな目標が透けて見える。

自分ゴト化できる場所に

First Flightは立ち上げ当初からPVも数倍以上に伸び、順調に「ソニーの新しいものが集まる場所」として機能しつつあるという。2017年には、海外向けサイトとして「Hatsuhiko」を立ち上げたほか、新しいモノ好きなセレクトショップからの要望に応える形で販売店の募集も始めた。

「大きい会社ですから、商談してハイ決まり、ではなく、契約書を締結して、口座を登録して、と販売までに多くのプロセスを踏まなくてはいけませんでした。ですが、卸売の仕組みを自分たちの中に持ち、ある程度のステップをWeb上で完結できるようにした。少ロットでも試して売ってみたいという方々に、ぜひ製品販売に携わっていただければと思ってます」(小澤氏)

ただ、いくら機能が増え、商品数が増えようとも、理念は「新しいコト、モノに興味がある人が、気軽に『自分も加われるんだ』と思える場にする」ことと小澤氏は語る。革新的な製品は、最初こそ小さな芽でもいつか花開く。ソニーがSAPで蒔いた種(Seed)が成長するか否かは、その土壌となるFirst Flightが健全に広がって行けるどうかにかかっている。

日本では来年発売のBMW「X5」に先行試乗! 横幅2m超でも魅力の走行性能

日本では来年発売のBMW「X5」に先行試乗! 横幅2m超でも魅力の走行性能

2018.10.18

BMWがSUV「X5」をフルモデルチェンジ、アトランタで先行試乗

気にしているのは日本くらい? クルマの大型化は“常識”に

オフロード性能が向上、普段の走りにも好影響?

BMWはSUVの「X5」をフルモデルチェンジし、米国のアトランタで国際試乗会を開催した。

ひと昔前は「オフロード4WD」のイメージが強かったSUVだが、最近はオンロード志向のスポーティなモデルが主流となっており、そのパイオニアともいえるのがX5だ。BMWは同社のSUVラインアップである「X」シリーズを「SAV」(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)と呼び、あえてSUVと差別化を図った。そしてX5は、初代の発売以来、累計70万台以上を販売してきた人気モデルでもある。

アトランタで一足先に新型「X5」を試した

攻めに転じたデザイン、サイズアップはインパクト大

従来は比較的コンサバとも思えるデザインだったX5だが、4代目となる新型は切れ長のヘッドライトや大きなキドニーグリルが印象的なフロントマスクをはじめ、新しさを感じさせる。

だが、デザイン以上にインパクトがあるのはサイズだ。ミラーを含めると全幅は2mを超える。X5に限らず、クルマがモデルチェンジのたびに大きくなっていく昨今だが、この点について開発者に聞くと「コモンセンス」(常識)との答え。確かに、グローバルで見れば、米国や中国の消費者は大きなクルマを好み、当然、ドイツもその志向なのだろう。道路や駐車場に制約があり、サイズを気にするのは狭い日本くらいなのだ。

クルマの大型化は常識とのことだが、横幅2m超はインパクトがある

インパネは最新で使いやすく、スワロフスキーも好印象

エクステリア同様に、インテリアも新しさが際立つ。最も目を引いたのは、シフトノブやスイッチにスワロフスキーのクリスタルが用いられている点だ。透明感があり、キラキラと美しく、室内全体にラグジュアリー感が増している。

スワロフスキーがキラキラするシフトノブが美しい

そして、ドライバーにとって重要なインストルメントパネルも、BMWの最新バージョンへとアップデートを果たしている。楕円形のフルデジタルパネルは、スピードメーターとタコメーターが左右両端から弧を描くようにレイアウトしてあり、センター部でナビなどの情報を確認できる。ヘッドアップディスプレイも含め視認性に優れるため、運転中、ドライバーは目線を大きく動かすことなく、必要な情報を得ることができる。ナビの操作性も向上するなど、見た目のデザインにとどまらず、インフォテイメント全般が快適に、便利に進化している。

視認性の高い運転席

エアサス導入でオフロード性能が向上

一方、「走行性能」の面でドラスティックに変わったのは、4輪に「エアサスペンション」(金属のバネを用いた一般的なサスペンションではなく、圧縮した空気の弾力で衝撃を吸収する)を採用したところ。その最大の理由は、オフロードでのパフォーマンス向上だ。

オフロード性能のニーズは、先代の発売直後から、マーケットリサーチによりすでに課題となっていた。その性能を向上させるためには、エアサスペンションがマスト条件だったのだ。そもそもX5は「オンロード志向のスタイリッシュなSUV」だが、やはりオーナーとしてみれば、せっかくSUVに乗っているのだからオフロード性能も欲しいと思うもの。だが、決して方向転換を図ったわけではなく、走りのレンジを広げたということだ。

エアサスペンションを全てのタイヤに導入し、オフロード性能を向上させた

今回の試乗では、本格的なオフロード&ラフロードを1時間弱にわたって走り、その性能の高さを実感することができた。しかも、タイヤはオフロード専用のものではなく、サマータイヤ「ピレリPゼロ」を装着していたにも関わらずだ。

日本にオフロード仕様は導入せず、一般道での走りはどうか

しかし、日本では、ここまでのオフロード性能を必要とするシチュエーションは極めて稀なので、様々なオプションを装備した「オフロードパッケージ」の導入予定はないという。それじゃ、この恩恵に授かれないのかといえば、そんなことはない。エアサスペンションは、オンロードにおいても多分に奏功するからだ。

エアサスの効果はオンロードでも十分に実感できる

一般道を走り始めて間もなく、その快適な乗り心地に驚かされた。標準装備の18インチに対して21インチのタイヤを装着していたが、スマートで軽快な足さばきなのだ。さらに、上下動では重さを感じさせるようなバタつきもなく、前後左右方向の姿勢変化も少ない。洗練された挙措が印象的だ。初期設定から車高を上下40mm、トータル80mmの幅で変えられるため、例えば高速道路では車高が落ち、空力性能がアップして安定感が増す。ワインディングではクルマが小さくなったかのような軽快な動きを見せる。

エアサスだけでなく、X5はさまざまな電子制御を備えていて、快適性やハンドリング、安定性など、走行性能を高めるために人知れず介入している。そのおかげもあり、「オンロード性能」もスポイルされるどころか、より向上しているのだ。そして、雪道や悪路は、車高を上げることで最低地上高を保ったまま走破できる。

進化した走行性能は、オフロードでも都市でも味わえるはず。新型X5の日本での価格は明らかになっていないが、参考までにいっておくと、現行型は920万円からだ

日本には2019年春、まずはディーゼルエンジンを搭載する「X5 X Drive 30d」から導入予定。広い室内空間を備え、オン/オフどこでも持ち前の走行性能を発揮する安心感の高いX5は、日常はビジネスシーンで活躍、休日にはファミリーで遠出、そんなライフスタイルにおいても高い実用性と満足感が得られるだろう。

コーヒーマシンとウォーターサーバーが「合体」 開発の狙いは?

コーヒーマシンとウォーターサーバーが「合体」 開発の狙いは?

2018.10.18

ネスカフェ日本とアクアクララがマシンを「合体」

水もコーヒーも使えるプランで需要の拡大を狙う

コーヒーの給水を自動化したことで新たな設置可能性も

ウォーターサーバーとコーヒーマシン。オフィスや家庭で利用されるふたつの機器が「合体」した新製品が発表された。

これは、ネスレ日本とアクアクララが、両者の製品をドッキングするために共同開発を行い、実現したもの。10月17日より予約受付を開始し、11月1日から発売する。

両社とも機器を無料で貸し出し、消費財の購入で利益を徴収するビジネスモデルは共通しているが、今回あえて機器を「合体」した狙いはどこにあったのだろうか。

ネスレ日本 代表取締役 社長兼CEO 高岡浩三氏(左)、アクアクラ 代表取締役 社長 赤津裕次郎氏(右)
製品概要

「合体」したマシンがもたらす利便性

今回発表された「一体型マシン」は、ネスレのコーヒー専用マシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50」、あるいはコーヒーや紅茶、抹茶も利用可能な「ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム」のいずれか1台と、アクアクララのウォーターサーバー「AQUA WITH」と一体化したもの。

この「一体型マシン」の開発は1年がかりで、「AQUA WITH」の開発と並行して行われた。コーヒーマシンは上記2機種決め打ちで、筐体にはめ込む格好。複数の機器を家庭用電源で稼働させるため、コーヒーマシンと水の利用を切り替えて行う仕様になっている。

水のタンクを下に置くタイプのサーバー「AQUA WITH」に、コーヒーマシンがドッキング。コーヒーマシンのとなりにあるのが水/湯のタップだ

「合体」したことによる利用側のメリットは、コーヒーマシンへ都度行う給水、余った水の廃棄といった手間を省けること。そして、コーヒーマシン単体の契約では得られない、温水・冷水の利用権も1つのプランに含むことだ。

コーヒーマシンを利用する時は、ウォーターサーバー側の「コーヒーモード」ボタンを押下してから操作する。

機器を「合体」した理由はこの上なくシンプルだが、両社がタッグを組んだ狙いはどこにあったのだろうか。ネスレ日本の高岡浩三 代表取締役 社長兼CEOが挙げた理由の一つは、「共働き世帯の増加」。夫婦がともに多忙な中で求められる家事の"時短"の一環として、この「一体型マシン」が利便性を提供できるとした。

もうひとつの理由は「季節」による需要変動。ネスレ日本側からすれば、夏はアイスコーヒーが、冬はホットコーヒーが求められるという違いがあり、オフィス向けのレンタルサービス「ネスカフェ アンバサダー」にはアイスコーヒー専用機もラインアップしている。

一方、アクアクララの商材である宅配水は、サーバーで温水も提供できるが、夏場の需要の方が高いという。それぞれが強い季節・商材を「一体型マシン」の展開で穴埋めし合い、両社の消費財の売り上げ向上を見込む。

現地で実際に使ってみたところ。コーヒーマシンの使い心地自体は当然変わらないが、給水の工程が無くなった分、煩わしさは減ったように感じた

また、従来給水が必要だったことからコーヒーマシンの設置をためらっていた、顧客のセルフ利用を想定した店舗での設置も提案。テスト稼働時には調剤薬局やスーパーマーケットのイートインコーナーに設置したところ、顧客満足度が向上したという。

テスト稼働時の利用者のコメントは2分50秒ごろから。

なお、利用の申込は両社でそれぞれ受付。マシンの設置は窓口問わずアクアクララ側で実施する。利用料金は、オフィス利用(ネスカフェ アンバサダー)も家庭設置も同額で、月額1,500円。ただし、家庭利用の場合は2年間のウォーターサーバー継続利用と、ネスレ定期便の申込が必要となる。

ネスレ日本の高岡社長は、「2019年までに5万か所に設置」と目標を明言。この数値は「宅配水業界の中ではとても大きな数字」であるとしながらも、これ以上の数が出るのではないかと予測していることを言い添えた。

2019年までに5万か所への設置を目指す

コーヒーマシンの給水・排水は、特に水場が近くにないオフィス利用においては大きく利便を損なう要因となりうる。また、本体下部に水タンクを置くタイプであれば、交換の際の負担も小さくなる。

既存製品が内包していた顧客の"小さな不便"を取り除く共同開発マシンで、どの程度需要を広げられるか注目したい。