日本車デザインに新潮流? 注目すべき“ジャパニーズ・ヘリテージ”

日本車デザインに新潮流? 注目すべき“ジャパニーズ・ヘリテージ”

2018.01.10

先の「東京モーターショー」でも感じたことだが、日本車のデザインに新たな流れが起きつつあるようだ。一言で言えば「ジャパニーズ・ヘリテージ」。個性が希薄と言われてきた日本車のデザインが、新たなフェーズに入ったことを実感する、好ましい方向性だ。

日本車デザインに「ジャパニーズ・ヘリテージ」とでも呼ぶべき新たな潮流が起こりつつある(画像はトヨタ自動車の新型「センチュリー」)

欧米と方向性を異にし始めた? 日本車の新しいデザイン

日本の自動車産業は第2次世界大戦後、欧米に追いつけ追い越せという気持ちで歩みを進めてきた。終戦直後には欧米車種のノックダウン生産を行った会社があったし、その後もデザインや技術など、クルマ作りの多くの部分で欧米を参考にしてきた。

中には模倣ではないかと思われるデザインもあった。最近の中国ブランドの自動車と似たような状況だったのかもしれない。なので、筆者が身を置く自動車ジャーナリズムの世界でも欧米、特に欧州車と比べてどうかという視点の評論が多かったような気がする。

しかし、デザインについては最近、欧米と同じ方向性ではない、ジャパンオリジナルの造形が目立ってきたと思っている。その方向性が明確に見えたのが、2017年10~11月に開催された「第45回東京モーターショー」だった。

新型「センチュリー」で再確認した日本製高級車の姿

日本を代表する自動車ブランドであるトヨタ自動車は、ここで数車種のコンセプトカーをお披露目したが、会場でそれに劣らぬ注目を集めていた市販車があった。2018年半ばに発売予定の新型「センチュリー」と、ショー直前に発売された「ジャパンタクシー」だ。

新型「センチュリー」(左)と「ジャパンタクシー」

センチュリーは1967年、つまり今から約半世紀前に登場したトヨタの最高級車である。ちなみに、センチュリーという名前はトヨタの礎を築いた発明家、豊田佐吉の生誕100周年を記念したものだった。

驚くべきは、そこから現在までにモデルチェンジを1度しか行っていないことだ。それは今から約20年前の1997年に実施された。エンジンがV型8気筒から日本の市販乗用車で唯一のV型12気筒に乗せ換えられた一方で、スタイリングは初代の雰囲気を濃厚に残していた。

1967年の登場以来、1度しかモデルチェンジを行っていない「センチュリー」(画像は新型、提供:トヨタ自動車)

当時の日本はバブル経済を経験した直後であり、多くの欧州製高級車が路上を走っていた。しかし、センチュリーのデザインがモデルチェンジでこれらの影響を受けることはなかった。

初代では「フジ・ノーブルホワイト」「カムイ・エターナルブラック」など、日本語と英語の折衷だったボディカラーの名称は、「神威」「瑞雲」など漢字で表記されるようになり、日本の高級車であることを明確にしていた。

現行「センチュリー」の「神威 エターナルブラック」(画像提供:トヨタ自動車)

そして、2017年のモーターショーで一般公開された新型もまた、初代からデザインを継承していた。それが多くの人々に好意的に受け入れられた。

価格は1,000万円以上と予想される超高級車だから、多くの人にとって手が届かない存在だし、皇族の方々や内閣の大臣クラスなど、限られた人々のための車種ではある。しかし、ここまで注目されたのは、日本を代表する高級車であるという雰囲気を独特のデザインから感じ取っていたからではないだろうか。

乗用車とは一線を画す「ハイラックス」も人気に

欧米の影響を受けていない、ジャパンオリジナルのデザインに人気が集まる。これは2017年に発売された他のトヨタ車にも共通している。13年ぶりに日本市場に復活したピックアップトラックの「ハイラックス」と、マイナーチェンジを受けたワンボックスの「ハイエース」だ。

13年ぶりに日本市場に復活した「ハイラックス」

どちらも、現在の乗用車とは一線を画した機能重視の形をしている。ピックアップは米国が源流のボディタイプであるが、ハイエースのワンボックススタイルは現在、日本の商用車が主役となっている。

それが若者に受けている。ハイラックスの購入者の中心は20~30歳代だそうで、ハイエースもマリンスポーツなどレジャーのツールとしての需要が増えているという。

「ハイエース」のマイナーチェンジを機にトヨタが実施した発表会には歴代モデルがそろい踏みした

ハイラックスやハイエースのような新興国でも活躍する商用車は、壊れても簡単に直せること、部品の供給が安定していることが大事である。これが、シンプルで機能重視のデザインを継承する理由だろう。多くの乗用車とは異なるその形が人気を集めているという現象は興味深い。

ホンダのEVコンセプトにも息づくヘリテージ

ジャパンオリジナルを大切にする傾向はトヨタ以外にも見られる。ホンダは同じ東京モーターショーで、「Honda Sports EV Concept」と「Honda Urban EV Concept」という2台のコンセプトカーを発表した。車名が示すように電気自動車(EV)で、丸いLEDランプを据えた顔はさまざまな情報を表示するディスプレイとするなど最新技術を搭載するが、無駄な線を極力排したスタイリングからは懐かしさも感じた。

ホンダが東京モーターショーで展示した「Honda Sports EV Concept」(左)と「Honda Urban EV Concept」

デザイナーは明らかにしていないが、アーバンEVは1972年に発表された初代「シビック」、スポーツEVは1965年に登場した「S600クーペ」のフォルムを彷彿とさせる。似たようなデザインが多いEVコンセプトの中で、ホンダらしいと感じるのは同社のヘリテージをうまく取り込んでいるからだろう。

「S600クーペ」(左)と初代「シビック」(画像提供:ホンダ)

発売前の一部の予想を裏切ってヒット作となった新型「シビック」も、かつてのホンダ車を思わせる雰囲気を濃厚に再現していた。

全高も運転席は現在のセダンやハッチバックとしては低く、その前に広がるインパネやエンジンフードも高さが抑えられており、低いスタンスで水平移動するようなコーナリングを含め、「ワンダーシビック」という愛称で親しまれた3代目「シビック」、デートカーの異名をもらった2代目「プレリュード」など、1980年代のホンダ車を思わせる世界観なのだ。

販売好調の新型「シビック」

現在、ホンダは新しいデザインの方向性を考えている最中だそうで、その1つとして世界的に注目を集めた1980年代のデザインがホンダらしさと考え、その雰囲気を感じるような造形を新型シビックに与えたのだという。

“艶”と“凛”でデザインを語るマツダ

モーターショーに出品されたコンセプトカーでは、マツダ「ビジョンクーペ」にも日本らしさが込められている。3年前のスポーツカーコンセプト「RXビジョン」同様、“艶”と“凛”という2つの日本の美意識を取り入れているからだ。

RXビジョンでは艶の部分を強調したのに対し、今回のビジョンクーペでは凛の部分を強調したそうだ。それをダイナミックな線に頼らず、優美な面で表現した。欧米のジャーナリストからも評価されている理由は、欧米とは違うデザインの価値観を見出したからだろう。

“凛”の「ビジョンクーペ」(左)と“艶”の「RXビジョン」

木造家屋とも通底? 日本で独特な形のクルマが生まれる理由

モーターショーでは発表されなかったが、今年はスズキ「ジムニー」のモデルチェンジも噂されている。すでに出回っているスクープ写真によれば、現行型より角張った、先代を思わせる機能重視のスタイリングになりそうだ。こちらも登場前から多くのクルマ好きの注目を集めている。

軽自動車は基本的に日本専売車種であり、以前からダイハツ「タント」やスズキ「ハスラー」など、欧州のカーデザインの流れとは異なるスタイリングを取り入れ、人気を博していた。

ダイハツ「タント」(左、画像提供:ダイハツ工業)とスズキ「ハスラー」(画像提供:スズキ)

いずれも木造家屋を思わせる水平基調の造形で、欧州に比べて平均速度が低く、空気抵抗などをそれほど追求しなくてよいためもあり、背が高く四角いフォルムが特徴だ。

こうした方向性は前に紹介したセンチュリー、ハイラックス、ハイエースにも通じる。日本の風土や環境から生まれた、日本ならではのカーデザインと言えるのではないだろうか。

かつては、それを欧州に比べて遅れているとする評論もあったが、ユーザーはそこにカッコよさを見出している。その状況にメーカーも気付き、応え始めた。2018年もジャパニーズ・ヘリテージを生かしたカーデザインがいくつか登場するだろう。筆者も日本人の一人として、それを望んでいる。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu