自由度の高いチェーン店? 25周年を迎えたフレッシュネスの秘密

自由度の高いチェーン店? 25周年を迎えたフレッシュネスの秘密

2017.12.14

フレッシュネスが貫くコンセプトとは

2017年12月14日はフレッシュネスバーガー創業25周年の記念日である。25年前、1992年の同月同日にフレッシュネスバーガーは東京都渋谷区富ヶ谷にオープンした。以来25年。現在は創業者の手を離れ、コロワイドグループのレインズインターナショナルに経営が渡っている。

経営者は変われど、創業の精神は今も変わらず。コンセプトを受け継ぎつつ、「店舗数を増やしてゆきたい」とフレッシュネスの船曵睦雄社長は語る。では、そのフレッシュネスが受け継ぐべきコンセプト、守るべき魅力とは一体、何だろうか。他のハンバーガーチェーンにはない、フレッシュネスバーガー“ならでは”の魅力について、この記念すべき25周年を機に考えてみたい。

チルドレンを生み出したフレッシュネスの影響力

まずフレッシュネスバーガーには、きっと多くの人が思っているであろう“以上”の「ブランド力」がある。

筆者は「フレッシュネスバーガーに憧れて自分のハンバーガー屋を始めた」という人を少なくとも3人知っている。そのうちの1人、京都の井藤典男さんは、都内に住んでいた1990年代の初め、近所に新しく出来たハンバーガーショップに強い衝撃を受けた。その店こそが富ヶ谷のフレッシュネスバーガー1号店だ。

渋谷区富ヶ谷にあるフレッシュネスバーガー1号店。創業は1992年12月14日。もとは劇団の「稽古場」だった

何よりその「手づくり感」に惹かれたという井藤さん。「お金があれば自分でFCをやっていた」というほどに惚れ込んで、構想10年、ついに勤めを辞め、京都の西大路に自身のハンバーガーショップをオープンする。

井藤さんの店、京都・西大路の「九条ねぎバーガー MAHALO」。地元特産の京野菜「九条ねぎ」を使ったバーガーで一躍人気店に

中でも井藤さんが「意外で、ピーンと来た」というフレッシュネスのお気に入りメニューが「ネギミソバーガー」だった。92年の創業時からあったメニューで、今秋、25周年を記念して復刻販売されている。ネギミソバーガーのネギは白ねぎだが、井藤さんは奥さんの実家が京都特産の青ねぎ「九条ねぎ」の生産者であったことから「九条ねぎバーガー」を開発。そんな井藤さん夫妻の店「九条ねぎバーガー MAHALO(マハロ)」は、来年で創業10年を迎える。

25周年を記念して復刻販売された「ネギみそバーガー」。白ネギの辛味に豆板醤を利かせたミソソースとマヨネーズ、黒コショウが絡んで絶大なインパクトを残す逸品

自作の看板もOK、工夫やアイデアがいかせるチェーン店

実はフレッシュネス本部が定めたもの以外にも、「フレッシュネスというブランドを理解し、よりよく表現・アピールしていただけるデコレーションなら」(船曵社長)、店の側で独自にそろえた雑貨などを「自由に置いてよい」という、各店の自主性に任せた大らかな一面がフレッシュネスにはある。

例えば、本や雑誌を置いている店がある。自作の看板を吊り下げている店もある。毎年秋には、ハロウィンの飾りつけを競う「ディスプレイコンテスト」が社内で開かれ、全国各店がそれぞれのアイデアで思い思いに店の内外をデコレートしている。つまり、同じ飾りつけの店は1つとしてないということだ。

町田店には自作の看板がかかる

そんな自由な気風の中から、ついに独自のハンバーガーショップを構えた例もある。大阪の林知一さんは、かつて大阪市内のフレッシュネスバーガー3店のFCオーナーだった。

ポスターだらけの店舗も!

林さんがオーナーだった当時、フレッシュネスはまだ大阪に3、4店しかなく、その知名度の低さに林さんは大いに苦しめられた。その店の名を誰も知らない……それはチェーン店にとって致命的なことだ。まずは名前を覚えてもらうところから始めねばならない。そこで、少しでも店が目立つよう、記憶に留めてもらうようにと、大好きな「ハリウッド映画」のポスターを店内いっぱいに貼りめぐらせて懸命にアピールした。映画のポスターだらけのフレッシュネス――。そんな店舗は日本でおそらく3店だけ、「自分がオーナーのフレッシュネスだけだったろう」と林さんは振り返る。

フレッシュネス"OB"林さんの店、大阪・豊中の「NICK&RENEE」。A4ランクの黒毛和牛を使った直火焼きパティのバーガーで関西でも屈指の人気を誇る

そうした独自の世界をもっともっと追求すべく、FCを7年やった後、3店を他の人へ譲り、林さんはついに"独立"して、豊中市内に「NICK&RENEE(ニック・アンド・レネイ)」をオープンした。2009年に開業して今年で9年目。今では近畿・大阪を代表するハンバーガーの名店に数えられる。もちろん店内はハリウッド映画のポスターだらけだ。

"OB"の林さんがフレッシュネス現役当時、特にお気に入りだったのが、この「スパムバーガー」だ。しかし、そうした社内人気の高さに関わらず、売り上げ成績が悪かったことから、この秋「生き残りキャンペーン」が催され、その結果、晴れて販売継続が決定したという「知られざる」実力メニューである

大ヒットした千葉の「ピーナッツバターバーガー」

"自由なフレッシュネス"を語る上で、もうひとつ注目したいのが「店舗限定バーガー」だ。

文字通り、その店舗「1店だけ」ないし「限られた地域の店舗だけ」で食べられるメニューだが、ポイントは、期間限定などの一時的なものでなく、常時販売されていること。もうひとつは、商品開発の経緯の中に「店側からの提案や発信」も含まれる点だ。

酒々井プレミアム・アウトレット店のスーパースター「ピーナッツバターバーガー」。ベーコンやアスパラをはじめ、バーガー全体の味に絶妙に絡みつく千葉県産ピーナッツバターのコク味の旨さが印象深い傑作

店舗限定メニューは現在11品ある。第1号は2013年、千葉の酒々井プレミアム・アウトレット店で発売した「ピーナッツバターバーガー」。千葉県の名産「落花生」を使ったバーガーで、登場以来、常に同店舗の1番人気、すべての店舗限定バーガー中でも断トツ1番の売り上げを誇る。

この好評を受けて、さらにその2年後、アウトレット施設側からの要望で「菜の花ベーコンチーズバーガー」を発売した。南房総産の菜の花を乗せた一風変わったバーガーだが、こちらもヒットして、今ではピーナッツバターと並ぶ同店舗の二枚看板になっている。

酒々井プレミアム・アウトレット店限定「菜の花ベーコンチーズバーガー」。南房総産の茹でた菜の花にベーコン、チェダーチーズ、からしマヨネーズの組み合わせで、こちらは一転「大人の味」

「名物にうまいものなし」を覆す限定メニュー

どちらも地域の特産品を使った「その店でしか食べられないメニュー」であるばかりでなく、「名物にうまいものなし」の定説を覆す高い商品力と際立つ個性を持っているのが大ヒットの理由だろう。同店舗のFCオーナーである土肥賢一さんは「また食べたくなる魅力がある」とした上で、「何度も利用される"リピーター"がいるのではないか」と登場以来のロングヒットを分析している。

同じく土肥さんがFCオーナーを務める西早稲田店限定のドリンク「サクラクランベリーソーダ」は今年3月、ついに全国販売されるに至った。

同商品は、店をよく利用する学習院女子大学の学生や教授たちとの交流の中から生まれたもので、地域貢献をテーマに、店舗と学生が一緒になって考えた。同校の校章である「桜」の花の蜜漬けを浮かべたドリンクで、西早稲田店限定で1年間売られたのち、"昇格"して、春の期間限定ドリンクとして全国販売された。

「サクラクランベリーソーダ」は西早稲田店限定ドリンクとして登場。春夏はアイス(ソーダ)、秋冬はホット(チャイ)にして同店で1年間売ったのち、今年の春、全国販売された

このように店舗限定メニューの開発は、店舗が入る商業施設からの依頼や地域からの要望がきっかけで実現した例が多い。こうした「ご当地メニュー」開発の要望に対し、船曵社長は、それに応じられる柔軟性もまたフレッシュネス「だからできる」魅力とし、「もっともっとやっていきたい」と前向きだ。さらに、店舗(=現場)から上がってくるアイデアから新商品が生まれる可能性について、船曵社長は次のように語る。

「フレッシュネスバーガーで働くスタッフの中にはハンバーガーが大好きな人、『もっとこうしたい』『こんなバーガーが作りたい』といった"こだわり"を持っている人が多い。そんな中から、フレッシュネスの商品のクオリティに達する優れたアイデア・企画力のある提案がなされたなら、ぜひ検討したい」

あるいは、これはフレッシュネス全社・全スタッフへ向けた船曵社長からの"メッセージ"であるかも知れない。

フレッシュネスバーガーとは

以上から今回、こんなことがわかった。

1.フレッシュネスで働く人の中には「ハンバーガーが大好きな人」が多い

2.各店それぞれに独自の工夫を凝らし、「自分の店」であるかのようにフレッシュネスを楽しんでいる

3.フレッシュネスの魅力を一言で言うなら「手づくり感」。それに影響されてハンバーガー屋を始めた人もいる。おそらくその「手づくり感」がそうさせたのだろう

フレッシュネスバーガーとは、そんなハンバーガーショップである。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu