自由度の高いチェーン店? 25周年を迎えたフレッシュネスの秘密

自由度の高いチェーン店? 25周年を迎えたフレッシュネスの秘密

2017.12.14

フレッシュネスが貫くコンセプトとは

2017年12月14日はフレッシュネスバーガー創業25周年の記念日である。25年前、1992年の同月同日にフレッシュネスバーガーは東京都渋谷区富ヶ谷にオープンした。以来25年。現在は創業者の手を離れ、コロワイドグループのレインズインターナショナルに経営が渡っている。

経営者は変われど、創業の精神は今も変わらず。コンセプトを受け継ぎつつ、「店舗数を増やしてゆきたい」とフレッシュネスの船曵睦雄社長は語る。では、そのフレッシュネスが受け継ぐべきコンセプト、守るべき魅力とは一体、何だろうか。他のハンバーガーチェーンにはない、フレッシュネスバーガー“ならでは”の魅力について、この記念すべき25周年を機に考えてみたい。

チルドレンを生み出したフレッシュネスの影響力

まずフレッシュネスバーガーには、きっと多くの人が思っているであろう“以上”の「ブランド力」がある。

筆者は「フレッシュネスバーガーに憧れて自分のハンバーガー屋を始めた」という人を少なくとも3人知っている。そのうちの1人、京都の井藤典男さんは、都内に住んでいた1990年代の初め、近所に新しく出来たハンバーガーショップに強い衝撃を受けた。その店こそが富ヶ谷のフレッシュネスバーガー1号店だ。

渋谷区富ヶ谷にあるフレッシュネスバーガー1号店。創業は1992年12月14日。もとは劇団の「稽古場」だった

何よりその「手づくり感」に惹かれたという井藤さん。「お金があれば自分でFCをやっていた」というほどに惚れ込んで、構想10年、ついに勤めを辞め、京都の西大路に自身のハンバーガーショップをオープンする。

井藤さんの店、京都・西大路の「九条ねぎバーガー MAHALO」。地元特産の京野菜「九条ねぎ」を使ったバーガーで一躍人気店に

中でも井藤さんが「意外で、ピーンと来た」というフレッシュネスのお気に入りメニューが「ネギミソバーガー」だった。92年の創業時からあったメニューで、今秋、25周年を記念して復刻販売されている。ネギミソバーガーのネギは白ねぎだが、井藤さんは奥さんの実家が京都特産の青ねぎ「九条ねぎ」の生産者であったことから「九条ねぎバーガー」を開発。そんな井藤さん夫妻の店「九条ねぎバーガー MAHALO(マハロ)」は、来年で創業10年を迎える。

25周年を記念して復刻販売された「ネギみそバーガー」。白ネギの辛味に豆板醤を利かせたミソソースとマヨネーズ、黒コショウが絡んで絶大なインパクトを残す逸品

自作の看板もOK、工夫やアイデアがいかせるチェーン店

実はフレッシュネス本部が定めたもの以外にも、「フレッシュネスというブランドを理解し、よりよく表現・アピールしていただけるデコレーションなら」(船曵社長)、店の側で独自にそろえた雑貨などを「自由に置いてよい」という、各店の自主性に任せた大らかな一面がフレッシュネスにはある。

例えば、本や雑誌を置いている店がある。自作の看板を吊り下げている店もある。毎年秋には、ハロウィンの飾りつけを競う「ディスプレイコンテスト」が社内で開かれ、全国各店がそれぞれのアイデアで思い思いに店の内外をデコレートしている。つまり、同じ飾りつけの店は1つとしてないということだ。

町田店には自作の看板がかかる

そんな自由な気風の中から、ついに独自のハンバーガーショップを構えた例もある。大阪の林知一さんは、かつて大阪市内のフレッシュネスバーガー3店のFCオーナーだった。

ポスターだらけの店舗も!

林さんがオーナーだった当時、フレッシュネスはまだ大阪に3、4店しかなく、その知名度の低さに林さんは大いに苦しめられた。その店の名を誰も知らない……それはチェーン店にとって致命的なことだ。まずは名前を覚えてもらうところから始めねばならない。そこで、少しでも店が目立つよう、記憶に留めてもらうようにと、大好きな「ハリウッド映画」のポスターを店内いっぱいに貼りめぐらせて懸命にアピールした。映画のポスターだらけのフレッシュネス――。そんな店舗は日本でおそらく3店だけ、「自分がオーナーのフレッシュネスだけだったろう」と林さんは振り返る。

フレッシュネス"OB"林さんの店、大阪・豊中の「NICK&RENEE」。A4ランクの黒毛和牛を使った直火焼きパティのバーガーで関西でも屈指の人気を誇る

そうした独自の世界をもっともっと追求すべく、FCを7年やった後、3店を他の人へ譲り、林さんはついに"独立"して、豊中市内に「NICK&RENEE(ニック・アンド・レネイ)」をオープンした。2009年に開業して今年で9年目。今では近畿・大阪を代表するハンバーガーの名店に数えられる。もちろん店内はハリウッド映画のポスターだらけだ。

"OB"の林さんがフレッシュネス現役当時、特にお気に入りだったのが、この「スパムバーガー」だ。しかし、そうした社内人気の高さに関わらず、売り上げ成績が悪かったことから、この秋「生き残りキャンペーン」が催され、その結果、晴れて販売継続が決定したという「知られざる」実力メニューである

大ヒットした千葉の「ピーナッツバターバーガー」

"自由なフレッシュネス"を語る上で、もうひとつ注目したいのが「店舗限定バーガー」だ。

文字通り、その店舗「1店だけ」ないし「限られた地域の店舗だけ」で食べられるメニューだが、ポイントは、期間限定などの一時的なものでなく、常時販売されていること。もうひとつは、商品開発の経緯の中に「店側からの提案や発信」も含まれる点だ。

酒々井プレミアム・アウトレット店のスーパースター「ピーナッツバターバーガー」。ベーコンやアスパラをはじめ、バーガー全体の味に絶妙に絡みつく千葉県産ピーナッツバターのコク味の旨さが印象深い傑作

店舗限定メニューは現在11品ある。第1号は2013年、千葉の酒々井プレミアム・アウトレット店で発売した「ピーナッツバターバーガー」。千葉県の名産「落花生」を使ったバーガーで、登場以来、常に同店舗の1番人気、すべての店舗限定バーガー中でも断トツ1番の売り上げを誇る。

この好評を受けて、さらにその2年後、アウトレット施設側からの要望で「菜の花ベーコンチーズバーガー」を発売した。南房総産の菜の花を乗せた一風変わったバーガーだが、こちらもヒットして、今ではピーナッツバターと並ぶ同店舗の二枚看板になっている。

酒々井プレミアム・アウトレット店限定「菜の花ベーコンチーズバーガー」。南房総産の茹でた菜の花にベーコン、チェダーチーズ、からしマヨネーズの組み合わせで、こちらは一転「大人の味」

「名物にうまいものなし」を覆す限定メニュー

どちらも地域の特産品を使った「その店でしか食べられないメニュー」であるばかりでなく、「名物にうまいものなし」の定説を覆す高い商品力と際立つ個性を持っているのが大ヒットの理由だろう。同店舗のFCオーナーである土肥賢一さんは「また食べたくなる魅力がある」とした上で、「何度も利用される"リピーター"がいるのではないか」と登場以来のロングヒットを分析している。

同じく土肥さんがFCオーナーを務める西早稲田店限定のドリンク「サクラクランベリーソーダ」は今年3月、ついに全国販売されるに至った。

同商品は、店をよく利用する学習院女子大学の学生や教授たちとの交流の中から生まれたもので、地域貢献をテーマに、店舗と学生が一緒になって考えた。同校の校章である「桜」の花の蜜漬けを浮かべたドリンクで、西早稲田店限定で1年間売られたのち、"昇格"して、春の期間限定ドリンクとして全国販売された。

「サクラクランベリーソーダ」は西早稲田店限定ドリンクとして登場。春夏はアイス(ソーダ)、秋冬はホット(チャイ)にして同店で1年間売ったのち、今年の春、全国販売された

このように店舗限定メニューの開発は、店舗が入る商業施設からの依頼や地域からの要望がきっかけで実現した例が多い。こうした「ご当地メニュー」開発の要望に対し、船曵社長は、それに応じられる柔軟性もまたフレッシュネス「だからできる」魅力とし、「もっともっとやっていきたい」と前向きだ。さらに、店舗(=現場)から上がってくるアイデアから新商品が生まれる可能性について、船曵社長は次のように語る。

「フレッシュネスバーガーで働くスタッフの中にはハンバーガーが大好きな人、『もっとこうしたい』『こんなバーガーが作りたい』といった"こだわり"を持っている人が多い。そんな中から、フレッシュネスの商品のクオリティに達する優れたアイデア・企画力のある提案がなされたなら、ぜひ検討したい」

あるいは、これはフレッシュネス全社・全スタッフへ向けた船曵社長からの"メッセージ"であるかも知れない。

フレッシュネスバーガーとは

以上から今回、こんなことがわかった。

1.フレッシュネスで働く人の中には「ハンバーガーが大好きな人」が多い

2.各店それぞれに独自の工夫を凝らし、「自分の店」であるかのようにフレッシュネスを楽しんでいる

3.フレッシュネスの魅力を一言で言うなら「手づくり感」。それに影響されてハンバーガー屋を始めた人もいる。おそらくその「手づくり感」がそうさせたのだろう

フレッシュネスバーガーとは、そんなハンバーガーショップである。

「ノーベル医学生理学賞」、全日本人に響く受賞内容を振り返る

カレー沢薫の時流漂流 第11回

「ノーベル医学生理学賞」、全日本人に響く受賞内容を振り返る

2018.10.15

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第11回は、「ノーベル医学生理学賞の日本人受賞」について

今回のノーベル賞、日本人はノーベル医学生理学賞を本庶佑氏(と米国のジェームズ・アリソン氏の二氏)が受賞した。

ノーベル賞と言えば、「奥さんはこんな人で、こんな内助の功があったのです」という報道の仕方が、成人式で暴れる新成人の次にうんざりされていると思う。

もちろん内助の功が悪いわけではない。才能グラフが偏り過ぎていて、一般社会に放ったら野垂れ死ぬ人間(※個人の感想)を社会性のある者が支え、大きな成果を上げさせるというのは、パートナーシップとしてこれ以上の姿はない。

だが、一番にいう事じゃないだろう、という話なのだ。

本庶氏は一体何故ノーベル賞を取ったのか、その功績はどんなものなのか。その功績を有用なものにするために、今後どうしたら良いか、という内容の方が重要である。

しかし、ノーベル賞受賞者が挙げた功績の中には難解なものも多い。説明されてもそれがどうすごいのかさえわからず、「それより奥さんはどんな人?」と言い出したくなることがあるのも事実だ。

その点、今回の本庶氏の功績はわかりやすいかどうかは別として、我々一般人の関心を大きく引くものである。本庶氏の受賞理由は、「免疫を抑える働きを阻害することで、がんを治療する方法の発見」だ。

「がんの特効薬」報道への懸念

日本人の死因第一位は「がん」である。昔に比べ治療法が進化しているとはいえ、未だに「不治の病」であり、痛みが強く、それを治療する過程がまた苦痛というイメージがある。

「自分ががんになったらどうするか」。日本人なら一度は考えたことがあるのではないだろうか。私も罹っていない今なら「苦しいのは嫌だから痛みを減らして潔く死にたい」などと同人誌の女騎士みたいなことを言えるが、今までの人生、潔かったことなど一度もないのだから、実際罹ったらあらゆる治療法にすがってしまうかもしれない。

だが、治療はもちろん、「痛みを減らして潔く死ぬ」ことにも、多額の費用がかかるのではないか。がんによって起こる苦痛は肉体的なものだけではなく、金銭的にも大きいのだ。患者だけではなく家族にも大きな負担である。

つまり「がん」というのは、日本人すべてにとって脅威なのである。

それに対し、画期的治療法を見つけたと言われたら、その内容はわからなくてもとりあえず「でかした!」と膝を叩いて立ち上がってしまうだろう。

実は本庶氏らが発見したがん治療法は、すでにがん治療の現場で使われている。「オプジーボ」という「免疫チェックポイント阻害薬」を投与することにより、免疫にかけられたブレーキが解除され、がん細胞を攻撃できるようになるそうだ。

これらは「がん免疫療法」と言われ、従来の直接がんを攻撃する治療法と違い、元々人間の体にある免疫の力を利用してがんを攻撃する。実際効果を発揮した例もあり、今後がん治療の主力となることを期待されている治療法なのである。

つまり、「がんの特効薬」が開発されたわけではないため、がんに怯える一日本人としてテンションダウンは否めない。外国人4コマの4コマ目から2コマ目に逆戻りだ。逆に言えば、がん特効薬の実現に一歩近づいたとも言える。

しかし、今回の本庶氏ノーベル賞受賞のニュースの中には、あたかもがんを治す夢の薬が開発されたかのような報道もあるようだ。確かに、「今後がんを完治できるかもしれない治療法の第一歩的なものを踏み出した功績」と言われるより、「がんを治す薬を開発した」と言われた方が、「マ!?」と食いついてしまうのが人情である。

そして、食いついてしまう人というのは、今まさにがん治療をしている人だったりするのだ。実際、ノーベル賞報道以降、「あの治療法はできないだろうか」という問い合わせが増えているそうだ。

ただ、この免疫療法はすべてのがんに効くわけではなく、またすべての人が試せる治療法でもないという。

そういう人を、「新しいものに飛びつこうとする情弱」と言うことはできない。私のように「生きのびてどうすんの?」と聞かれて「わからん」と答える人間でさえ、がんに罹ったら、わらにもすがってしまうだろう。それが明らかに風呂に良く浮いている陰毛であってもだ。残して死ねない子どもなどがいたらなおさらだろう。

問題は、このノーベル賞受賞に乗じて、そういった「わらにもすがる思い」の人間を食い物にする者が現れるのでは、ということである。「あのノーベル賞を取った治療法」と謳って、保険適用外の高額かつ効果も定かではない自由診療を行うクリニックが増えることが懸念されている。

このたび本庶氏があげた功績が大きなものであることは確かだが、「ガンが治って身長が伸びモテるようになった」と札束風呂でダブルピースしているような、持ちあげすぎ報道には専門家も苦言を呈している。

誤った報道をするぐらいなら、「奥さんはこんな人で内助の功がすげえ」、という話を延々としているほうが、まだ平和なのかもしれない。

「Apple vs Google」スマホ戦争を制すのは? 水面下で「AI」中心の覇権争い

「Apple vs Google」スマホ戦争を制すのは? 水面下で「AI」中心の覇権争い

2018.10.15

2018年モデルのスマホが出揃う今、各社動向をまとめる

注目すべきはハイエンド製品の差別化にあり

カメラはGoogle、プラットフォームではAppleが有利か

「iPhone X」ほどの衝撃はなくとも裏では大きな変革が見える

2018年モデルの新型スマートフォンが出揃いつつある。

ここで一度、各社の発表内容をまとめながら、スマートフォン競争の様子を俯瞰して見てみよう。

「5点」に絞られたスマホ競争

Appleは9月12日にiPhone XS・iPhone XRを発表し、5.8インチ・6.5インチの有機ELディスプレイを搭載したiPhone XSシリーズを9月21日に発売した。廉価版となるiPhone XRは10月19日から予約を開始し、10月26日に発売される予定となっている。

iPhone Xs、iPhone Xs Max

Samsungは8月に米国ニューヨークで、フラッグシップとなる6.4インチ有機ELディスプレイを搭載したGalaxy Note9を発表。日本でも10月下旬の発売が決まっている。

Googleは10月9日に米国ニューヨークで、第3世代となる自社ブランドのスマートフォンPixel 3、Pixel 3 XLを発表。こちらも日本で11月に発売される予定だ。10月30日にはニューヨークでOnePlusが新製品を発表する予定となっている。

ここまでの各社の発表から、新モデルのスマートフォン競争でのポイントは、以下の5つに集約されつつある。

1.画面サイズの6.5インチ程度までの拡大
2.有機ELディスプレイを採用した高画質を実現
3.サウンド再生機能
4.カメラ撮影機能
5.スマートウォッチ、ペンなどのアクセサリ

各社の動向を説明する上で、もっとも注目すべきはAppleだ。以下、同社の発表を元に説明を進めていこう。

eSIM対応で欠点をつぶしたApple

まず触れておくべき点は、新たに「eSIM」(中国では2枚のSIM)を活用した2つの回線の同時待ち受け(DSDS)のサポートを実現したこと。また上位モデルとなるiPhone XSでは4×4 MIMOのサポートによる1GbpsクラスのLTE通信を実現した。

これはiPhoneとしては初めての対応となるが、Androidの世界ではすでに実現されてきたことであり、昨年のワイヤレス充電や防水機能などと同様に、通信面での欠点をつぶした対応と見ていいだろう。

機械学習の処理能力を日々のスマホ利用に生かす

次に、AppleとGoogleが同調して仕掛けている「ハイエンドスマートフォンの差別化」要因が顕在化してきた点に注目してみる。

Appleは9月12日、ハイエンドモデルのiPhone XSからエントリーモデルのiPhone XRにまで搭載した「A12 Bionic」に備わっているニューラルエンジンにフォーカスしたプレゼンテーションを展開した。

そこでは、Appleが推進する拡張現実(AR)アプリのデモや、ただカメラで映しているだけで、バスケットボールのシュート練習の分析を行うことができるアプリを紹介。これらのデモは、今までできなかったことを実現する未来の可能性を見せるものであった。

リアルタイムのシュート分析機能が可能に

新しいカメラ機能についてもAppleは、A12 Bionicの性能を根拠とした進化をアピール。上位モデルでカメラが2つ搭載されているiPhone XS以上に、iPhone XRでその真価が発揮されている点も興味深い。

iPhone XRにはiPhone XSと同じ広角レンズを備える1200万画素の新しいセンサーが搭載されたが、望遠レンズのカメラは用意されなかった。

しかしAppleはこの1つのカメラと画像処理プロセッサ、ニューラルエンジンによる機械学習処理を組み合わせることで、2つのカメラと同じようにポートレートモードの写真を撮影することができるようにしている。

ちなみに、人の被写体を認識して背景と切り分けることから人のポートレート撮影に特化される点、そして、望遠レンズではないために近づいて撮影しなければならない点はiPhone XSとの差別要因となる。

その他にもiOS 12では、Siriがユーザーの行動からパターンを見出し、今必要なアプリの機能を提案したり、これに声の命令を割り当てて呼び出せるようにするSiri Shortcutsを用意したが、こちらも機械学習を生かして日々のiPhone利用を便利にする取り組みと位置づけられる。

Googleも、AIでPixel 3を差別化

GoogleのPixel 3の発表もまた、AIによるスマートフォンの差別化を前面に押し出すモノだった点で、Appleとの共通点を見出すことができる。

Pixel 3にも、1220万画素のデュアルピクセルセンサーを備えた1つのカメラが搭載されているが、同時にIntelと共同開発した「Visual Core」が搭載された。これは昨年のPixel 2から用意されていたチップで、いわば2つ目のプロセッサが搭載されているようなものだ。昨年のVisual Coreは8コアで、画像処理を行うことに特化されてきた。

Pixel 3 XL

Pixel 3でGoogleは「2つ目のカメラを搭載する必要はない」との結論に達し、超解像ズームやナイトショットなどのスマートフォンのカメラが苦手とされていたシチュエーションでの撮影品質の向上に加え、やはり機械学習処理によるポートレートモードの搭載、またグループショットで全員が笑顔で揃っているカットをおすすめするTop Shotなどの撮影機能を用意した。

また、Googleレンズは日本語にも対応し、映しているものの文字を自分の言語に翻訳して見せてくれる機能を利用できるようにしている。ほかにも、カメラ機能に関する機械学習処理でも非常に多くの新機能が用意されているが、Pixelの魅力はそれだけではない。

カメラを長押しして「Googleレンズ」を起動させることで、文字を認識し、日本語に翻訳することができる。URLを読み取ることも可能だ

電話機能における進化も注目だ。5月のGoogle I/Oで披露した合成音声を用いて電話でレストランなどの予約を取ることができるGoogle Duplexを11月からニューヨークやサンフランシスコなどの米国の都市で利用可能にするという。

さらに、米国で問題になっているロボットコールと言われる迷惑電話に対して自動的に応答し、端末内で音声認識をして文字でユーザーに対応を選択してもらうCall Screenも備えた。

プラットホーム化ではAppleがリード

スマホ市場を牽引するAppleとGoogleは、スマートフォンのハードウェア、OSの双方をデザインする点で共通している。彼らが、スマートフォンにおいてAIを活用して行くトレンドを作り出そうとしている点でも共通項を見いだせる。

中でも、カメラや画像処理に関するアルゴリズムの実装では、Googleが上回っている。画像認識の精度の高さや、写真・ビデオの補正、人物の認識などは、Googleの方が正確であると評価することができるし、Pixelにこれらのノウハウをしっかりと取り入れてきた。

しかし、AppleはA11 Bionicでニューラルエンジンをプロセッサに組み込み、A12 Bionicではこれを大幅に進化させている。AppleはiPhoneのカメラ機能の向上にニューラルエンジンを用いているが、CoreMLを用いて開発者もその処理性能を生かすことができ、Appleが9月12日に「新しい世代のアプリ」として紹介したツールやゲームの新規性を作り出している。

もちろん、シリコンバレーでも、人工知能や機械学習技術者の不足が叫ばれる現状を考えれば、Appleの機械学習を生かしたアプリの奨励はアグレッシブに映る。しかし、アイディア、デザイン、ユーザビリティなどで差別化するアプリ開発競争に、アルゴリズムが加わっていくことを、Appleは明確に示している。

各社の新製品群は、一見2017年の「iPhone X」から代わり映えしないように見えるが、背後では「AI」を中心として大きな変革が進行しているのだ。