なぜボルボ「XC60」のカタチは魅力的なのか、デザイナーに聞く秘密

なぜボルボ「XC60」のカタチは魅力的なのか、デザイナーに聞く秘密

2017.12.16

「2017~2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したボルボ「XC60」。評価された理由のひとつに北欧デザインがあった。ボルボのカタチはなぜ魅力的なのか、生まれ故郷のスウェーデンでデザイナーに聞いた。来年上陸予定の弟分「XC40」の試乗記とともにお届けしよう。

カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボ「XC60」。高い評価を受けた要素のひとつであるデザインを見ていく

クルマづくりを一新したボルボの新世代SUV

ボルボは昨年発売した大型SUV「XC90」と今年デビューのセダン「S90」/ワゴン「V90」からなる「90シリーズ」から、クルマ作りを一新している。プラットフォームは新設計で、エンジンは4気筒に一本化。デザインも新しくなった。

今年登場したXC60もこれらの特徴を受け継ぎつつ、ボディサイズは小柄になって日本の道でも取り回ししやすい大きさになり、価格も90シリーズよりお手頃になった。こうした内容が日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)でも高い評価を受けたようだ。

筆者は先週、ボルボの本社があるスウェーデン第2の都市ヨーテボリを訪れ、XC60のデザイナーからプレゼンテーションを受けた。そこでCOTY受賞の理由を、デザイン面から紹介していきたい。

ボルボのデザインスタジオ

「XC60」のこだわりは? スウェーデンでデザイナーに聞く

エクステリアでまず重要だったのが、プラットフォームの一新だ。

従来のボルボは、フォード・グループに属していた2010年以前に開発したプラットフォームを使っており、デザイン面の制約が大きかった。それが専用設計となったことで、車体前部のオーバーハング(前輪から前端までの張り出し部分)が短く、前輪と車室部分が離れた、スポーティでプレステージ性の高いプロポーションが実現できたという。

同じプラットフォームはXC90にも用いている。しかし、全長4,950mm、全幅1,960mm、全高1,775mm、ホイールベース2,985mmという堂々としたサイズを持つXC90に対し、XC60は全長4,690mm、全幅1,900mm、全高1,660mm、ホイールベース2,865mmと、長さは5ナンバー枠内に収まる。

しかもサイドウインドー後端のキックアップを明確にし、ボディサイド下側に抉りを入れ、フェンダーにプレスラインを追加することで、車格にふさわしい躍動感を高めているのである。

サイドウインドー後端のキックアップが明確

グリルを斜めに走るバーがボルボであることをアピールする顔も差別化を図っている。新世代ボルボのアイデンティティであるヘッドランプ中央の「トールハンマー」(北欧神話の雷神が持つハンマー)型デイタイムランニングランプをグリルまで伸ばし、トールハンマーの高さでグリルに折れ線を付けている。細部までこだわったデザインなのだ。

ヘッドランプ中央に雷神トールのハンマーが

リアゲートもXC90より立体的な造形となっており、ダイナミックさを強調。そのうえで伝統の縦長ランプは下端を水平に伸ばすことで、XC90に比べて幅の狭い車体に広がり感をプラスすることに成功している。

インパネは素材にこだわり、さりげない主張も

インテリアデザインについては、まずインパネに特徴がある。上のラインはジェントル、下は上下にメリハリをつけることで、センターパネルやエアコンルーバーなどのディテールをきれいに見せることにこだわった。一方のドアトリムは、ひとつのラインをカーブさせることで一体感を出している。

「XC60」のインパネ

その上で本物の素材にこだわり、金属や木材を多用。樹脂を使う場合もメタルコートを施すことで、触れた際にひんやりした感じをもたらしている。

面白いのは助手席側のシルバーのキャラクターラインにスウェーデン国旗が織り込まれていること。さりげない主張だ。しかもこの国旗の部分でラインが分かれており、上に張られた木と下側の樹脂の熱による膨張率の違いを吸収するという機能も保たせているのだ。

「XC60」のドアトリム

居住性と使いやすさにも配慮

シートは前後とも90シリーズと共通とすることで座り心地にこだわった。このうち後席は、ベースの部分はXC90用、シートはV90用とすることで、隙間にタブレットなどが入るスペースを設けている。細かい部分まで考え抜かれた空間なのだ。

新世代ボルボはディスプレイの使いやすさにも定評がある。縦長なので地図が見やすく、メニューの表示は明快で、タッチ操作のほか音声操作も可能。スイッチが整理されていることも目に付く。この部分は情報機器部門と共同で進めたそうで、シンプルかつクリーンに見せるべく、スイッチを少なくすることにも留意したという。

ボルボのSUVにカジュアルな雰囲気の“末っ子”が誕生

そんなXC60に弟が生まれた。今年9月に発表された「XC40」だ。日本には来年の初夏に上陸すると言われるこの新型車に、スペイン・バルセロナで行われた国際試乗会で乗ることができた。

XC40のサイズは全長4,425mm、全幅1,863mm、全高1,652mm、ホイールベース2,702mmで、長さはトヨタ自動車「C-HR」やスバル「XV」と同等だ。そのスタイリングは、XC90からXC60につながる流れを受け継ぎながら、車格にふさわしくカジュアルな雰囲気も身につけていた。

車格に相応しいカジュアルな雰囲気を持つ「XC40」

サイドウインドー後端のキックアップはさらにダイナミックだし、ボディサイド下部の抉りも明確で、同じモチーフを前後のフェンダーにも入れることで、よりアクティブな雰囲気になっている。

さらにルーフを塗り分けた2トーンカラー、クラシックな雰囲気を醸し出すプレーンなリアパネル、カーペットにオレンジを用いたインテリアなど、ボルボとしてはかなり遊び心あふれるデザインにまとめてあった。

ボルボでは3つのシリーズを靴にたとえており、90シリーズは革靴、60シリーズはスエードのシューズ、40シリーズはスニーカーをイメージしている。たしかにXC40はボルボのスニーカーという雰囲気がする。

「XC60」以上の注目車に? 日本では400万円以下で登場

メカニズムでは、XC90やXC60が用いるSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)とは異なる、小型車用プラットフォームCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)を初採用していることが特徴だ。

これの出来がXC60に劣らぬほど素晴らしかった。小型車用ということで安っぽくなっているかと思ったが、さにあらず。乗り心地はボルボらしく穏やかでしっとりしており、長距離をリラックスして走ることができる。そのうえでXC60より短いホイールベースのおかげで、身のこなしは軽快になった。

エンジンは2L直列4気筒ガソリンターボの「T5」とディーゼルターボの「D4」があり、いずれも8速ATを組み合わせたAWD(四輪駆動)だ。ボディがXC60より100キロ以上軽いこともあり、ガソリンでも加速は十分。ディーゼルはさらに力強く燃費にも優れるけれど、エンジンの軽さを含めた車体とのバランスではガソリン車が好ましいと思った。

ボルボ自慢の安全装備も、時速140キロ未満でステアリングアシストを含むアダプティブクルーズコントロール、交差点などで出会い頭の衝突を防ぐべく搭載された衝突被害軽減ブレーキなど、上級車種に遜色ないレベルになっている。

こうした内容の北欧製SUVが、日本でも400万円以下で手に入る。日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたXC60以上に注目を集める存在になりそうだ。

関連記事
LINE WORKSを削除(解約)するには?

LINE WORKSを削除(解約)するには?

2019.03.21

LINE WORKSを解約したいと思ったら

解約の前にまずは「所属メンバーの削除」を行う

ユーザーは自分のアカウントを削除できるの?

LINE WORKSを試験的に導入したけれど合わなかったという場合や、利用していたプロジェクトが終了したから削除したいという場合に備えて、LINE WORKSを削除(解約)処理する手順をまとめておく。

LINE WORKSの削除はメンバー削除から

「管理者画面」を開いた上で「基本設定」を開くと、左メニューの一番下に「LINE WORKSの解約」という項目がある。ただし、使っている最中にいきなり解約しようとしても「解約できません」と表示されるはずだ。解約のためには、先に所属メンバー全員を削除しなければならない。

「基本設定」で「LINE WOKRSの解約」を選択
メンバーが残っていると解約できない

メンバー削除は、上メニューで「メンバー」を選んだ画面から行える。最高管理者は削除できないため、解約準備ならば上部のチェックボックスを使って全員を一括選択してから、最高管理者のチェックだけを外すのが簡単だ。上にある「削除」をクリックすると確認画面が表示されるので、「メンバー削除」で完了させよう。

なお「副管理者」など役職者については先に権限を削除してからでなければメンバー削除ができないので注意して欲しい。

「メンバー」で最高管理者以外を選んで「削除」をクリック
確認画面で「メンバー削除」をクリックしよう

解約理由を添えて処理完了

再度「基本設定」で「LINE WORKSの解約」を選ぶと、メンバーの削除が完了していれば解約へ進む画面が表示されるはずだ。最高管理者のパスワードと、解約理由のアンケートを入力すれば解約が完了する。

最高管理者のパスワードを入力
解約理由のアンケートも必須項目だ

個人アカウントの削除方法は?

LINE WORKSを管理者ではなくユーザーとして利用している場合、自分のアカウントを削除することはできない。

LINE WORKSのユーザーアカウントは、会社のメールアドレスのようなイメージだ。アカウントに利用する文字列などはユーザーが決められるが、アカウントの存在自体は管理者がそれぞれに発行している。そのためユーザー側はログインしないことで「使わない」状態にはできても、削除はできない。もし退職する、プロジェクトから外れるなど事情がある場合には、管理者にメンバー削除の依頼を出そう。

同じく、最高管理者の権限を持っている人が異動等でアカウントを削除したい場合には、まずは権限の委任をして、一般ユーザーになってからメンバー削除をしてもらう必要がある。

「LINE WORKS 完全指南 設定&使い方」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/lineworks

関連記事
総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事