シャープはなぜ国内で冷蔵庫を生産し続けるのか

シャープはなぜ国内で冷蔵庫を生産し続けるのか

2017.12.21

大阪府八尾市のシャープ八尾事業所では、今でも冷蔵庫の国内生産が続けられており、白物家電を国内生産する唯一の拠点といえる。この存在こそが、シャープの冷蔵庫事業の60年を支えてきたのだ。

マザー工場としての八尾事業所

1957年、旧本社エリアの田辺工場(前工程)と平野工場(後工程)で生産を開始した冷蔵庫は、1959年7月に現在の八尾市へと早くも移管された。当時、最新の自動化設備を導入した量産体制の確立によって、東洋一とも言われたメッキ工場やプラチック成形工場などを併設したことで大きな話題を集めた。現在でも、冷蔵庫生産のマザー工場として、ハイエンドモデルの国内生産を続けている。

1959年のシャープ八尾工場の様子
現在のシャープ八尾事業場の様子

その一方で、1974年よりインドネシア・カラワンで冷蔵庫の生産を開始。1988年にはタイ・チャチャンサオ、1997年に中国・上海と、海外の生産拠点を次々と開設した。タイをハブ工場として、直冷式の1ドア小型タイプから、インバーター式5ドア大型タイプまで、幅広いラインアップを生産し、ASEAN、中近東、オセアニア、欧州、中国、日本などに供給している。

インドネシア工場もまた役割が変わっており、同工場で生産した冷蔵庫の約9割を同国内向けに出荷。独自デザインを採用した製品を投入したほか、不安定な電力事情を考慮して畜冷材料を使用した製品も投入している。この製品は電力が停止しても10時間に渡り保冷ができる点が高評価につながっているという。

インドネシア向けの冷蔵庫。現地では花柄模様が受けるという
蓄冷材料を採用した冷蔵庫。停電が起こりやすい地域向けの付加価値モデルとして人気だ

こうした生産体制が確立する中で、あえて八尾事業所を残す理由はあるのか。シャープ 健康・環境システム メジャーアプライアンス事業部長の菅原 靖文氏は、「八尾事業所は、培った独自生産技術を、競争力の源泉として、海外生産拠点に供給する役割を担うマザー工場。その役割はこれからも変わらない」と、国内生産にこだわりをみせる。

冷蔵庫の歴史はシャープ革新の歴史?

1957年に発売した第1号冷蔵庫「HR-320」。一日の電気代は10円だった

シャープの白物家電事業は、1957年に発売した冷蔵庫、洗濯機、掃除機の3つの白物家電の投入で始まった。その中でも冷蔵庫は、発売以来の累計出荷が6000万台に達しており、事業規模で見ても同社を代表する白物家電製品だ。

さらに、6000万台出荷の実情は、近年の「シャープ冷蔵庫」の強さを表している。累計出荷が3000万台を超えたのは、事業スタートから50年となる2007年。そこからわずか10年で倍の累計6000万台を達成したことで、事業の成長曲線が文字通りの「右肩上がり」であることがわかる。

菅原氏は、「冷却方式や付加機能、使い勝手において、『業界初』を相次いで採用し、現在の冷蔵庫の礎となるものをいくつも投入してきた」と自信を見せるが、これは"機能ファースト"ではなく、「お客様の生活の変化にいち早く応える商品開発を続けてきた歴史である」と話す。

1957年に1号機を生産した際、冷蔵庫は「洗濯機」や「白黒テレビ」とともに「三種の神器」に例えられた。「主婦の家事労働からの解放」という役割を果たす最たる商品として開発・生産され、八尾工場での最新設備による量産化は、冷蔵庫の国内普及に大きく貢献したといえるだろう。

冷蔵庫の中央部に電子レンジを搭載したクッキング冷蔵庫「SJ-30R7」。同じ八尾工場内に冷蔵庫と電子レンジの事業部門があったことで実現した融合商品

その後、1960年~1970年代は、冷凍食品の普及やスーパーマーケットの拡大といった環境を背景に食生活の多様化が進んだ。そこで、現在の冷却方式の主流になっているファン式霜なし2ドア冷蔵庫を投入したほか、チルドルームの先駆けとなるフレッシュルームの採用、専用野菜室の先駆けとなる独立野菜室用、使い勝手を考えた業界初の上段冷蔵庫モデルなどを投入した。

1980年~90年代は、マンションの一般化やシステムキッチンの普及、環境問題がクローズアップされるなかで、省スペース化を実現する電子レンジと冷蔵庫を融合したクッキング冷蔵庫、オゾン式電子脱臭装置を搭載した冷蔵庫、ノンフロン真空断熱材を採用した冷蔵庫を発売した。

特に、キッチンのさまざまな間取りに対応した業界初の左右開き冷蔵庫の「どっちもドア冷蔵庫」は大きな話題を呼んだ。どっちもドアは今年で30歳だが、最新モデルでは電動アシスト機能を搭載した「電動どっちもドア」に進化している。

どっちもドアの初期モデル
どっちもドアのメカも世代別に展示した

2000年代から現在にかけては、さらに家庭環境が大きく変容した。中食や家飲みが浸透し、安全や安心に対する関心の高まり、共働き世帯の増加という社会背景も当たり前になった。

これに対してシャープは、「おうちでロック製氷」機能の搭載や、その後のプラズマクラスターイオン搭載へとつながる除菌イオンを搭載した冷蔵庫、地震の揺れを感知すると冷蔵室ドアをロックする「耐震ロック」機能の搭載、さらには蓄電池連携停電モード付冷蔵庫まで世に放った。

このように、これまでの60年間を振り返ってみると、シャープの冷蔵庫は、市場のニーズ変化にあわせて最先端機能を搭載し、日本の冷蔵庫市場をリードするポジションにいたことがわかる。それに加え、国内で培った技術力を背景に海外市場でも地域ニーズにあわせた製品を開発。これが、近年の出荷台数の急成長につながっているはずだ。

海外では、日本品質を訴求する展開も
タイ工場で生産された冷蔵庫。普及モデルを中心に展開している

半世紀以上に渡り、シャープの冷蔵庫事業の成長を支えた八尾事業所は、約13万2000平方メートルの敷地を持つ。冷蔵庫のみならず、白物家電製品を担当する健康・環境システム事業本部の中核拠点としての役割を果たしている。開発部門やデザイン部門なども同事業所の中にあるため、"ものづくり"を追求できる環境としての八尾営業所という側面が見て取れる。

冷蔵庫を生産する棟は5階建て構造で、延床面積は約4万平方メートルだ。1階は外箱成形などが行われ、2階で内箱組立、3階では庫内部品の組み込みや性能検査、4階は扉組立、5階は最終工程の梱包、出荷検査が行われる。つまり、1階から上に上がっていくごとに完成品に近づく仕組みだ。

現在は2つの組立ラインが稼働しており、梱包ラインでこの流れが一本化されるという仕組みだ。異なる機種が生産可能な混流ラインで、それぞれ日産850台、合計で1700台の生産が可能だ。自動化と熟練した作業者による手作業を組みわせているほか、徹底した検査工程など、国内生産にこだわる理由が随所に見られる。

生産・開発拠点としての八尾事業所があるからこそ、世界で支持されるシャープの冷蔵庫がある。そう言っても過言ではない現場力を八尾に垣間見た。

1階では、最初に、4メートルの長さの板金を成形ラインに投入
まずは穴あけや切り込み加工を行う
続いて高周波で50度にまで加熱して、加工しやすくする
前面および背面の縁部分を折り曲げるフランジ加工
冷媒銅パイプを取り付ける工程
生産ラインに投入される冷媒銅パイプ
自動装置でアルミテープで冷媒銅パイプを固定する
上方向から真空パネルを自動で貼りつける
真空パネルが貼りつけられた状態
作業品質を確認しながらテープで固定する

 

 

キャビネット組立ライン。2階で内箱組み立てが行われた部品と組み合わせる
続けて内箱部分に様々な部品を取り付ける

 

 

外箱と内箱のコーナー嵌合部をシールするためにフォームメルトを注入する装置
背面ケースを取り付ける
背面ケースを固定する
コンプレッサーを搭載する作業も1階で行われる

 

 

 

3階の品質検査工程。人による検査と機械による検査を組み合わせている
エージングライン。全量を対象に60分間の電気検査を行う
配管口を取り付ける作業
筐体は移動しながら、真空にしたり、冷媒を充填したりといった作業が背面側から行われる

 

 

取り付けられる部品は箱のなかに入れられてラインに供給
庫内組立ラインの横で部品がセットされる
扉の取り付け工程の様子
5階の梱包ラインに入る冷蔵庫

 

ビニールが自動でかぶせられる
続いて梱包箱に入れられる完成品
バンドマシンで固定された完成品
1階の出荷口に搬送される

 【関連記事】
シャープのスマホが躍進を遂げている理由
シャープが年間を通して最終黒字。これは本物の復活か!?
すっかり"全快"なシャープ、東芝PC事業買収の勝算

関連記事
Googleマップが突然の劣化、ゼンリン地図から自社地図に変更か?

Googleマップが突然の劣化、ゼンリン地図から自社地図に変更か?

2019.03.22

Googleマップが壊れた? 3月21日以降、表示がおかしい

地図のダウンロード機能でゼンリンと決裂したか?

新しい地図は機械学習で地図データ生成という指摘も

Googleマップの表示がおかしい。3月21日頃から、Googleマップの不具合を訴える声が各所で相次いでいる。道路の表示や建物の位置が正確でなかったり、地形すら間違っている場所もある。Googleマップにいったい何が起こったのか。

地図データの提供元がゼンリンではない?

Googleマップの日本地図データはこれまで、地図データで国内大手のゼンリンから提供を受けていた。両社の契約状況は公開されていないが、少なくとも不具合が発生している現在のGoogleマップ上からは、以前までは記載されていたゼンリン社の権利表記が消え、「地図データ (C)2019 Google」へと変更されている。

Googleマップからゼンリン社の権利表記が消えた

Google社は今月のはじめ、今後「数週間以内」に、日本のGoogleマップをアップデートすると予告していた。このアップデートでは、特にダウンロード可能なオフラインマップを追加することに注目が集まっていた。オフライン環境でもダウンロード済みの地図を利用できる便利な機能だが、地図データの契約上の課題があり、日本のGoogleマップでは制限されていた機能だからだ。結局、両社は契約の課題を解決できず、ゼンリンが地図データ提供から降りてしまったことが、今回の不具合の原因と見られる。

新しい地図は使い物になるのか?

現在のGoogleマップは、Googleが新規開発した自社製の地図データを利用しているようだが、いまだに不具合が報告され続けている状態状態であり、混乱が収束する目途は見えていない。

なお、この新しい地図は、航空写真で山脈の陰部分が湖になっていたり、並木の多い道路が公園になっていたりする間違いや、ほかにも交差点に面したコンビニエンスストアの駐車場が道路と語認識されていたりすることから、航空写真をもとにした機械学習や、スマホ位置情報の移動軌跡から地図データを生成しているのではないかと指摘されている。

航空写真では山の陰になっている部分が、川と湖になってしまっている
地図では鎌倉街道から大栗橋公園を抜ける道があるが、実態はただの公園広場だ。スマホ位置情報の移動実績をもとに道と認識したか?

新しい地図の仕組みや改善の見込みについては、Google側のアナウンスを待つほかないわけだが、GoogleマップはAndroidの標準地図として利用されており、影響を受けるユーザーがあまりにも多い。他の地図サービスを駆逐して大きな影響力を持っているのだから、責任も伴うはずだ。

関連記事
ペットボトルコーヒーに対抗? キリンが目指す「午後の紅茶」

ペットボトルコーヒーに対抗? キリンが目指す「午後の紅茶」"仕事のお供"戦略

2019.03.22

「午後の紅茶」に微糖のミルクティーが登場

新CMでは無糖・微糖を中心に新しい飲用シーンを訴求

ペットボトルコーヒーに対抗? 今後の戦略は

昨年まで、ビジネスマンの仕事のお供として「ペットボトルコーヒー」に注目が集まっていたが、今年は「紅茶」が主戦場になるかもしれない。

3月26日より発売されるキリンの「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」は、これまでの“ペットボトルのミルクティーは甘い”というイメージに反して、缶コーヒーでいちカテゴリを築いている「微糖」が特徴。また、同社が長らくカテゴリ内最大シェアを誇る「午後の紅茶 おいしい無糖」についても、あらたな消費イメージを打ち出す方針だ。

今春から「午後の紅茶」新CMに出演する新木優子さん、深田恭子さん、リリー・フランキーさん

ペットボトル紅茶飲料のトップブランドと言える「午後の紅茶」。この春から公開する新CMには、既存の紅茶飲料のイメージを覆す狙いが透けて見えた。

2つの軸で「紅茶」のイメージを変える

紅茶飲料のイメージと言えば、「午後の紅茶」の名前の由来となっている「アフタヌーンティー」(英国発祥の喫茶習慣)に象徴されるように、「女性の飲み物」であり、「時間的・金銭的余裕がある人の趣味」というところだろうか。それも紅茶という商品のひとつの側面だが、近年の消費者層のメインストリームではなくなっている。

今回、キリンが「午後の紅茶」新CMで打ち出したのは、大きく分けてふたつの飲用イメージだ。深田恭子さんが仕事で車を走らせ、駐車して一服するのに選んだのは微糖のミルクティー。一方、アーティスト然としたリリー・フランキーさんが飲んでいるのは無糖の紅茶。2本ともに「仕事のお供」としての訴求が挙げられる。

車を止め、「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」をひとくち飲む
絵を描く合間にのどを潤すのは「午後の紅茶 おいしい無糖」

もうひとつは、おなじくリリー・フランキーさんがカレーと紅茶飲料を一緒に味わうというCM。過去には同社の無糖紅茶が「おにぎりに合う」と訴求したこともあるが、あらためて食事中の飲料として「フードペアリング」を提案する。

カレーのような香りの強い食べ物とも合わせられる点を訴求
最年少の新木優子さんは、無糖紅茶を飲むようになった自分を「大人になった」と評するCMに出演。若者への無糖紅茶訴求を担う

紅茶を、コーヒーや緑茶と並ぶカテゴリに

カフェなどでは食後の飲み物をコーヒーか紅茶から選ぶのが定番だが、ペットボトル飲料市場では状況が異なる。コーヒーに次ぐ大規模市場は緑茶飲料で、紅茶はそこから比べるとかなり小規模だ。日本全体の清涼飲料市場で見れば、そのシェアは5%以下。仕事中の飲料としてメジャーなコーヒーが14.5%、緑茶飲料が13.3%という数字を見ると、半分以下という状況となっている。

清涼飲料市場において、紅茶はコーヒー、緑茶と比べて市場が小さい

こうした市場背景を確認した上で、今後「紅茶を、コーヒーや緑茶などの無糖茶と並ぶカテゴリに成長させたい」と意欲を示したのは、午後の紅茶を担当するキリンビバレッジ マーケティング部 商品担当 部長代理の加藤麻里子氏。世界での紅茶飲料と茶葉生産量の伸び、国内紅茶市場の回復傾向を論拠に、RTD紅茶のトップブランドとして、新しい紅茶文化を創っていきたいと語った。

「午後の紅茶」ブランド全体としては、既存の定番3種は甘さを求める若年層に対して継続投資を実施。甘さから離れる20代~30代の働く女性に向け、紅茶飲料としては珍しい「微糖」の新製品「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」を投入する。

午後の紅茶ブランドにおける年代別の主要商品マッピング

また、30代後半意以降の年代を健康意識や嗜好の変化から「糖離れ・無糖飲用層」と位置づけ、すでに市場で受け入れられている「午後の紅茶 おいしい無糖」の訴求強化を行っていく。

狙うはペットボトルコーヒーへの「対抗」ではなく…?

「2年前までコーヒーのCMをやっていたのにどのツラ下げて…というのはありますが」と茶化しながらも、自分のような「おじさん」にこそ紅茶は飲みやすいとコメントしたリリー・フランキーさん

製品ごとに異なる年齢層を狙って投入される新CM。「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」のCMでは、商品をことさらには誇張しない画面作りやキャスティング、出演者の自然体な演技とは裏腹に、「コーヒーから寝返っちゃおうかな」(リリー・フランキー出演「寝返り」編)、「ラテよりこっちかな」(深田恭子出演・「裏切られた」編)など、“コーヒー飲料からの転向”を示唆するようなセリフが目立つ。

働く大人がコーヒーから紅茶に「乗り換え」することを示唆するCMは、ここ2年でワーカー向けのペットボトル飲料の拡大を牽引し、ちょうど先日同ブランドから紅茶飲料を発売したサントリーの「クラフトボス」をはじめ、昨今増えているワーカー向けのコーヒーペット飲料に対する宣戦布告にも読める。だが、加藤氏にペットボトルコーヒー飲料のヒットに紅茶で対抗する構えかどうか尋ねると、決してそうではないという。

「今やひとつのカテゴリとなっているペットボトルコーヒー飲料も、複数社から新商品を展開し、協力して棚の広さを獲得した経緯があります。現状、紅茶飲料の棚は一段程度ですが、これを各社協力して2段へと増やしていきたいです」 

オフィス需要に対して、企業とコラボレーションし飲用機会を設ける試みも

また、「仕事のお供」需要を喚起する施策として、三菱地所に対して仕事中の飲料として「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」を提供。働き方改革推進企業とコラボレーションし、オフィスでの休息機会に手に取る飲料として配布する。今後、他の企業からオファーがあればそちらにも対応するとのこと。想定シーンに対して直接サンプリングすることで、需要の広がりを見込んでいる。

「午後の紅茶」は、日本国内の紅茶飲料としてはNo.1ブランドの地位を獲得しているだけに、紅茶飲用の文化を牽引して、先述の通りコーヒー・緑茶に並ぶ市場規模への拡大を狙っている。

昨今はスターバックスの「TEAVANA」、タリーズコーヒーの紅茶業態などが定着しており、タピオカミルクティーブームも依然続くなど、カフェ業界でも紅茶に追い風が吹いている。今後、午後の紅茶が「コーヒー党」や「緑茶党」をどれだけ引き込めるか、注目したい。

関連記事