まるで違う「AIBO」と「aibo」 - ソニーの変化を表す「クラウド」

まるで違う「AIBO」と「aibo」 - ソニーの変化を表す「クラウド」

2017.11.08

発表会でソニー 代表執行役 社長 兼 CEOの平井 一夫氏のもとに近寄るaibo

ソニーがペットロボット「aibo」を復活させた。前モデルから12年ぶりの再挑戦であり、ソニー 代表執行役 社長 兼 CEOの平井 一夫氏も「AIとロボティクスを組み合わせることで、新たな提案ができる。そのひとつがこの商品」と期待をのぞかせている。

では、過去の「AIBO」と今回の「aibo」は、どう違うのだろうか? 発表内容だけではまだ具体的になっていない部分も多いのだが、少し解説を試みてみたい。

新aiboは魂と個性をネットに記録する

過去のAIBOと最新モデルの違いについて、多くの人がまず気づくのは「外観」の違いだろう。AIBOは「犬型」と言われるが、実はこれまで、明確に「犬」と定義されたことはない。初代の「ERS-110」から世代を経るに従い、次第に犬っぽくなってはいったものの、あくまで「ロボット」という扱いだった。

それが復活したaiboは明確に「犬」とされている。その是非はともかく、狙うところは明確だ。ペットロボットとして「何かよくわからないもの」ではなく、「犬を模したもの」として扱われることを想定しているのだ。だが、もっとも大きな違いは「内側」にある。

aiboは現在のデジタルガジェットらしく、通信を内蔵する。無線LANはもちろん、SIMカードスロットも備え、LTE網に直接接続する。本体購入と同時にネットワークサービスである「aiboベーシックプラン」に加入して利用する。常時ネットワークに接続することが前提の商品であり、クラウド上のソフトウェアとaibo内のソフトウェアが連携し、ペットとしての特質や知性を実現することになる。

aiboの開発リーダーである、ソニー 執行役員 ビジネスエグゼクティブ AIロボティクスビジネスグループ長の川西 泉氏は、「aiboの本体はクラウド側にある」と話す。aiboの個性を含むすべての情報はクラウド上に保管されており、それが逐次「メカとしてのaibo」にもダウンロードされて使われている。

クラウドと協調してaiboが育つ。そのデータはクラウド上でほかのaiboのデータと組み合わされ、さらに次の進化の"糧"となる構想も持つ

スマホの中からaiboに触れるアプリも提供されるのだが、この中で動くのはクラウド上にある「aiboそのもの」と同じデータだ。だから、スマートフォンやWebの画面を介して触れるaibo、そして自宅で触れる「モノのaibo」も、個性や存在としては同じものである。

仮にaiboというハードウエアが故障したり、新しいモデルが登場したりしても、ネットワーク上に保存されたaiboをダウンロードすれば、ふたたび「自分が暮らしたaibo」が戻ってくる。どこかSFめいているが、新aiboは「魂と個性をネットワーク側に持つ」存在なのだ。

アプリ上でも家のaiboと同じ「私だけのaibo」と触れ合える

いまとなっては信じられないことかもしれないが、過去のAIBOは「通信連携する」ことを前提として設計されていなかった。実質的な最終モデルである「ERS-7」になってようやく無線LANが標準搭載になったものの、あくまでAIBOにコマンドを送ったり、AIBO内蔵のカメラが撮影した写真を受け取るために使うくらいのものだった。

ペットとして学んだ個性や周囲を認識する能力、四肢を制御するための能力も、すべてはローカル(ロボット筐体)での処理に依存していた。

例えば、現在のスマホが4GB、場合によっては6GBのものを搭載しているメインメモリーも、初代モデルの「ERS-110」では16MB、ERS-7であっても64MBに過ぎなかった(どちらも「メガバイト」だ!)。ストレージについても、お尻に収納されたメモリースティックは初代モデルで8MBしかなく、最新のiPhone Xが256GBのストレージを内蔵していることを考えれば、まさに「隔世の感」がある。

もちろん、メモリー容量の小ささは「AIBOの登場から16年」という時間の経過によるものであり、さして大きな意味をもたない。何よりも重要なのは、「すべての処理をこの領域にもたせていた」ことであり、パッケージをあけた直後の「何も知らない子犬的な時期」から「ずっと暮らしたあと」の状態まで、すべての状態をごく小さな容量で実現していた……という点である。

ペットロボットとして個性を持ち、飼い主から大きな愛を受けて生活していたAIBOだが、その認識・学習能力はきわめて小さなものであった。物体識別は「色」を手掛かりにする必要があり、周囲の地図を覚える能力もない。充電ステーションへ自走することもできない。

最新のaiboではスマートフォンで利用されるチップセットを活用。そのため、低消費電力かつパワフルな能力を持つ

飼い主がどの仕草を好むのか、といったことを学習する能力は備えているが、あくまでごくシンプルなものである。暮らし始めてから「成犬」に至るまでの過程も、あらかじめ作られていたパターンを、若干の学習に合わせて順に呼び出しているに過ぎない。ペットとしての「シナリオ」が存在しており、それをうまく提示することで、AIBOは「ペットっぽい」動きをしていた。学習して育っているように見えたが、あくまで「出荷時に決められた範囲」のことしか出来ていなかったのである。

AIBOはけっして「生命のように多彩な動きをするロボット」ではなかったが、オーナーに愛された製品だった。それは、「犬のような形であり、オーナーと一緒に暮らした」ものであった結果、オーナー側が自らの思い入れによって「自分の心の中で感じる、自分のAIBOが持つ個性」を生み出していったからだ。

AIBOが自分の思い通りに動いても、そうでなくても、「まあ、ペットも気分によって来る時と来ない時がある」と、勝手に思い込んでいたものだ。多くの場合、AIBOの行動は偶然に過ぎないのだが。それを「思い込み」や「妄想」と切り捨てるのは簡単なことだが、「思い入れをもたらすだけの存在」をつくりあげたことが、AIBOの特別な部分だったのである。

当時の技術力でも、あれだけ自然な動きのロボットを「量産して販売する」のは困難なことだった。AIBOはそれを実現した時点で特異な製品だったのだが、生命的な動きを司る「コンピュータ」としての能力には、やはり限界が大きかった。

話を新aiboに戻そう。

新aiboはネットワーク接続が必須の機器となる。新aiboは、過去のものに比べ、圧倒的に高度な「外界認識機能」を備える。腰にある魚眼レンズカメラで周囲を認識、部屋の立体構造をマッピングして記憶するほか、鼻にあるカメラは人の顔やシルエットを認識する。ボールや骨状のおもちゃ「アイボーン」は相変わらずピンクなのだが、これは過去のAIBOから「お約束として」(川西氏)継承しただけで、特定の色のものしか認識できないわけではない。

多数のセンサーを搭載。鼻先にある魚眼レンズカメラによる撮影(右)では、ソニーの人物認識技術を用いて飼い主などを特定する

オーナーを含めた十数人の顔を識別し、よく遊んでくれる人にはよくなつくようになっているし、声や顔に応じて、そちらへと歩いていくようにもなっている。aibo自身の処理能力やセンサーの能力も向上しており、いまならばかなりのことができるようになった。

メインメモリーは4GBと初代機(ERS-110)比で256倍に、ストレージ容量に至っては2048倍まで増えたが、それに加え、クラウドの力を使えるようになったことで、より多くの処理が可能になっている。こちらを加味すると、容量換算はもはや無意味なレベルだ。

川西氏は「即応性の必要な認識処理はaibo側で行うものの、時間をかけてもいいもの、例えば部屋のマップの分析などは、いったん画像をクラウドに送ってしまい、処理をしてからあたらめて結果を受け取るようになっている」と話す。バックエンドは、Webサービスの構築でみなさんにもお馴染みのAmazon Web Services(AWS)。複数のサービスを組み合わせて、認識や情報の分析が行われる。

AWSをバックエンドに採用した

ではどこまで高度なことができるのか? ペットとしての個性や成長がどこまで幅広いものになったのか?充電ステーションには自走して戻ることができるようになったようだし、「個性の幅は、過去のAIBOとは比べものにならないくらい広くなっている」(川西氏)とはいうものの、そのあたりはまだはっきりしない。シナリオベースで「きまった動きしかしない」ロボットはすぐに飽きてしまうものだ。どれだけ驚きを与えてくれそうなのか、もう少し情報が欲しいとも思う。

とはいえ、そこを逐一すべて明らかにしてしまうのは、手品のネタばれのような部分があり、興を削ぐ部分もあろう。生活の中での「快活さ」「かしこさ」などを、発売に向けてもう少しうまくプロモーションしてもらいたい、と思う。

なお、ペットロボットにはひとつ、重要な問題がつきまとう。

それが「寿命」だ。一緒に暮らす感覚になるため、他の家電製品と違い、「壊れる」ことへの恐怖はさらに大きいものになる。旧AIBOのサポートが終了したことが、オーナーに大きな衝撃を与えたことは記憶に新しい。ソニーはもう一度、あの悲劇を繰り返してはならない。

特に新aiboは、クラウドと連携する仕組みになっている。だから、「本体が壊れなくてもサービスが終了したら、動かなくなってしまうのでは」と感じる。ただ、この点については、一応配慮されているようだ。

「サービスとの接続がなくなっても、aiboは動きます。ただし、新しい学習ができません。その時の状態のまま、動き続けることになります」

筆者の問いに、川西氏はそう答えた。すなわち、クラウド側の処理は主に「学習」に使われており、日常的な動きはaiboの中で行われている、ということだ。この辺から、新しいaiboの「クラウドによる進化」という特質が少し見えてくるわけだ。

新AQUOSは“片手ポケット族”狙う iPhone不在の「小型スマホ」市場に勝機

新AQUOSは“片手ポケット族”狙う iPhone不在の「小型スマホ」市場に勝機

2018.11.16

シャープが新スマホ「AQUOS R2 compact」を発表

大画面化の波に逆らい、「片手ポケット族」が増加傾向に

iPhone不在の「小型スマホ」市場を狙う

11月15日、シャープがAndroidスマートフォンの新製品「AQUOS R2 compact」を発表した。名前に「compact」と付いている通り、最近のスマホ市場では選択肢が減っている小型モデルであることが特徴だ。

小型スマホの需要を取り込む「AQUOS R2 compact」

コンパクトな見た目とは裏腹に、中身にはハイエンドである「AQUOS R」シリーズのスペックを詰め込んでいる。世界的にスマホの大画面化がトレンドとなっている中で、あえて時代に逆行するシャープの狙いはどこにあるのだろうか。

スマホを片手で持ち、ポケットに入れて使う人が増加

世界のスマホ市場では、6.5インチの「iPhone XS Max」に代表される大画面モデルが人気を博している。だが、日本では通勤電車などの利用シーンにおいて、片手で使う人が多いといわれている。シャープによれば、スマホを片手で持つ人は64% 、服のポケットに入れて持ち運ぶ人は49% に達しており、その割合は上昇傾向にあるという。

片手で持ち、ポケットに入れて持ち歩く「片手ポケット族」が多いという

その背景として、シャープはスマホの「インフラ化」を指摘する。SNSやコンテンツを楽しむだけでなく、サービスの利用やモバイル決済にスマホは欠かせない存在になっており、日常生活でスマホを取り出す場面が増えている。

AQUOS R2 compactは、日本人の手のサイズを念頭に置いた「横幅64mm」のボディに、できるだけ高性能な部品を詰め込んだハイエンドコンパクト機になっている。プロセッサは最新のSnapdragon 845、メモリは4GBを搭載しているが、これは大画面モデルのAQUOS R2と同等だ。

ポケットに入れやすいサイズに高性能を詰め込んだ

スマホ本体を小型化する一方、画面は前モデルの「AQUOS R compact」より大型化した。このためにシャープは画面の上下に切り欠き(ノッチ)を持つIGZOディスプレイを開発。インカメラと指紋センサを搭載しつつ、表示領域を上下に広げてきた。

前モデル(左)と比べて新モデル(右)は表示領域が広がった

「iPhone不在」の小型スマホ市場を直撃

シャープによれば、小型スマホを求める人は全体の3割程度という。スマホ市場では残りの7割に向けた大画面モデルが幅を利かせており、最新のiPhoneでは6.5インチのXS Maxに加え、一般向けモデルの「iPhone XR」も6.1インチとなっている。

一方、小型モデルとして根強い人気のあった「iPhone SE」は、後継モデルが出ないまま販売が終了。中古市場では価格が上昇する騒ぎもあった。

日本で最大シェアを誇るiPhoneだが、小型スマホ市場では存在感が薄れつつある。ソニーモバイルはXperiaシリーズのコンパクト機を投入しているが、2018年夏モデルの「Xperia XZ2 Compact」と比較して、シャープ機は画面の大きさ、薄さ、軽さの面で圧倒している。

中国メーカーとして日本でも勢いを伸ばすファーウェイ、OPPOも世界市場において大画面化競争を繰り広げており、小型モデルに積極的な動きは見せていない。この点もシャープにとって有利に働いている状況だ。

また、AQUOS R2 compactは顔認証と指紋認証の両方に対応しているのも特徴。これは、iPhoneにもXperiaにもない機能だ。スマホをポケットから取り出し、顔の前に持ち上げるだけでロックを解除できる顔認証だが、卓上に置いている場合は使いにくい。だが指紋センサがあれば、指を置くだけで済む。

顔認証に加えて指紋認証にも対応

スマホの端末メーカーの多くはグローバル市場に目を向け、大画面化のトレンドを追いがちだ。だが、シャープは国内の需要をしっかりとらえた上で、日本のユーザーに刺さる製品作りを続けている。

依然としてiPhone人気が続いている中で、限られた市場であっても「不在」のチャンスをタイムリーに活かし、ユーザーを奪還する。国内に目配りできるシャープならではの戦い方に注目したい。

大画面化するスマートフォン 使いやすさの試行錯誤は縦長から折り畳みへ

知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第23回

大画面化するスマートフォン 使いやすさの試行錯誤は縦長から折り畳みへ

2018.11.16

海外メーカーの台頭で日本にも大画面化の波が到来

大画面化と使いやすさの両立、各社の工夫の歴史

縦長スマホにとって代わるのは「折り畳み」スマホか

スマートフォンのディスプレイは年々大型化が進んでおり、かつては「大きすぎる」と言われた5インチディスプレイが、今や小さい部類に入ってしまうほどだ。一方で使いやすさを維持しながらディスプレイの大画面化を実現するため、メーカー各社はさまざまな工夫を重ねている。スマートフォンのディスプレイサイズはなぜ大きくなり、今後はどのように変化していくのだろうか。

海外メーカーの台頭で日本でも大画面化に拍車

スマートフォンにとってディスプレイは、単に情報を表示するだけでなく、タッチして操作するインタフェースも兼ねている非常に重要な存在だ。そのスマートフォンのディスプレイが、ここ10年ほどで最も大きく変化した要素が「サイズ」である。

どれくらい大きくなったのかというのは、新旧のスマートフォンのディスプレイサイズを比べてみれば一目瞭然だ。日本で最初に発売されたiPhoneである「iPhone 3G」のディスプレイサイズは3.5インチだった。一方、「iPhone X」や「iPhone XS」、「iPhone XR」といった最近のiPhoneのディスプレイサイズは6インチ級があたりまえ。1.7倍に以上に拡大しているのだ。

今やスマートフォンのディスプレイサイズは5インチ以上が一般的で、6インチも珍しくなくなった。画像の「iPhone X」のディスプレイサイズは5.85インチだ

さらに「iPhone XS Max」は6.5インチもあるし、他の大手メーカーでもサムスン電子の「Galaxy S9+」やファーウェイの「HUAWEI P20 Pro」のように、6インチを超えるディスプレイを採用した機種は増えている。なぜ、これほどまでにディスプレイサイズが大きくなったのかというと、それは大画面が欲しいというユーザーが多いため。スマートフォンの性能向上によって動画やコミック、ゲームなどのコンテンツを楽しむ人が増えていることから、ユーザーのニーズに応えるかたちで、大画面が求められるようになったといえよう。

だが日本国内の事情に目を向けてみると、公共交通機関での通勤・通学が多いのに加え、片手で文字入力ができる「フリック入力」が広く普及したこともあり、片手でスマートフォンを操作する傾向が強く、実は大画面に対するニーズはそこまで大きい訳ではない。実際日本では、4インチディスプレイの「iPhone SE」が人気を保っていたし、シャープの「AQUOS R Compact」やソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ2 Compact」などのように、4インチ台のディスプレイを採用したコンパクトなスマートフォンも投入されている。

2018年の夏モデルとして販売されている「Xperia XZ2 Compact」は4.9インチと、最近では珍しくなった4インチ台のディスプレイを採用したコンパクトモデルだ

にもかかわらず、日本でも大画面のスマートフォンが増えているのはなぜか。まずは国内のスマートフォンメーカーが減少したことで、市場に海外メーカー製のスマートフォンが増えているためだ。海外では移動手段の違いに加え、文字入力システムの違いからスマートフォンを両手で持って操作する機会も多く、片手操作に対するこだわりが弱いのだ。

新興国などでも、ディスプレイサイズが大きいほど人気が出る傾向が目立ち、大画面に対するニーズが強いのである。海外製スマートフォンが日本市場に入り込みやすくなったことが、日本国内においてもスマートフォンの大画面化を進めたといえる。

縦長スマホの元祖はアップルだった?

とはいえ、スマートフォンが大画面化するに従って、本体の横幅がひろがり、さすがに海外のユーザーからも「持ちづらい」という声が増えてきたようだ。そこで近年急速に増えているのが、従来の16:9比率ではなく、18:9や19:9といった縦長比率のディスプレイの採用である。

持ちづらさに影響する横幅をこれ以上広げることなく、ディスプレイを縦に伸ばすことで大画面化しようとしたのだ。この流れをけん引したのは韓国メーカーで、2017年にはLGエレクトロニクスが「LG G6」(日本未発売)、サムスン電子が「Galaxy S8/S8+」といったように、縦長比率のディスプレイを採用した機種を積極的に投入した。

2017年発売の「Galaxy S8」「Galaxy S8+」は、18.9:9と縦長比率の有機ELディスプレイ「インフィニティディスプレイ」を採用したことで大きな話題となった

この韓国の両メーカーとも、グループ内にディスプレイデバイスを開発する企業を持っている。それゆえ縦長比率のディスプレイが生み出されたのには、実は大画面化だけが目的ではない。自社のスマートフォンに新しいディスプレイをいち早く搭載し、トレンドを作り上げることで、グループ企業のディスプレイデバイス販売拡大につなげる狙いもあったといえる。

だが、縦長ディスプレイで大画面化するというアイデアを真っ先に実践したのは、実はアップルである。アップルはかつてディスプレイの大画面化に消極的で、2011年発売の「iPhone 4s」までは3.5インチのサイズにこだわっていた。だが大画面化を求めるユーザーの声を受け、2012年発売の「iPhone 5」でディスプレイサイズを4インチに拡大した際に、ディスプレイの横幅はそのままに、縦に長くするという手法をとったのである。ある意味、アップルは5年前に現在のトレンドを先取りしていた、といえるかもしれない。

スマートフォンのディスプレイを縦に伸ばして大画面化するというアイデアをいち早く実践したのは、アップルの「iPhone 5」だった

しかしながら、ディスプレイを縦に伸ばして画面サイズを大きくする工夫にも、いずれ物理的な限界が来ることは目に見えている。そこで、さらなる大画面化の追求で、いま注目されているのが折り畳み式ディスプレイだ。このアイデア自体は、NTTドコモが2013年の「MEDIAS W」(NECカシオ モバイルコミュニケーションズ製)、2018年の「M」(ZTE製)で既に実現しているものだが、いずれも2枚のディスプレイを用いていたため、どうしても画面の折り目に継ぎ目が発生してしまう弱みを抱えている。

折り畳みスマートフォンとして注目されたNTTドコモの「M」は、2枚のディスプレイを用いるスタイルであるため折り畳み部分に継ぎ目が発生してしまう

だが有機ELを用いれば、ディスプレイを折り曲げられる“真の”折り畳みスマートフォンが開発できると言われており、大手スマートフォンメーカーがその開発を進めているとの観測報道も幾度となくなされている。

これは折り畳みできるという意味の「フォルダブル」スマホなどと呼ばれ、先ごろはサムスン電子が、来年発表するというフォルダブルスマホ「Galaxy F」のプロトタイプを開発者向けに見せはじめたりしている。2019年は各社から製品が登場するのではないか? との声もあるようだが、いま確実に言えることは、真の折り畳みスマートフォンがいつ、どのメーカーが、どのような形で投入するのかが、大いに注目されているということだけである。