将来性バツグンもまだ未熟、スマートスピーカーの「落とし穴」

将来性バツグンもまだ未熟、スマートスピーカーの「落とし穴」

2017.11.13

Amazon Echo

スマートスピーカーの本命とも言える「Amazon Echo」がついに日本に上陸した。Amazon Echoという主役が登場したことで、日本でもスマートスピーカー市場が盛り上がりそうな気配があるが、一方で、普及する上で見逃されている「落とし穴」も存在する。

アマゾンはEcho発売に合わせるかたちで、4000万曲以上の音楽を聴ける「Music unlimited」をEchoユーザー向けに月額380円で提供すると発表。こうしたアマゾンが従来から得意としている「コンテンツの安さ」という武器で勝負を挑むが、Echoにはもう一つ「スキル」という売りがある。スマホでいえばアプリのような存在で、Echoに新しい機能・サービスを追加できる。

日本上陸に合わせて、アマゾンでは250以上のスキルを用意。ニュースサイトやradiko、占い、銀行など、幅広いラインナップとなっている。

音声コントロールの課題は「呼び出し」

一方、日本市場におけるスマートスピーカーの販売で1カ月ほど先行したグーグルは、アマゾン・Echoの上陸を相当、意識していたようで、アマゾンが発表会を開いた翌日、スキルと同様にコンテンツ提供会社などがGoogle アシススタントに機能を追加できる「Action on Google」の説明会を開催した。

直接的な比較を嫌がったのか、Action on Googleで提供されているコンテンツの数は公表されなかった。グーグルではAction on Googleに加えて、自然な日本語で発話できる点などをアピールしていた。

この「自然な日本語を話す」というのは、スマートスピーカーにとって生命線ともいえる重要なポイントだ。

実際、アマゾンも日本語の会話には、相当な時間をかけて開発してきたという。日本語には、同じ言葉でも違った意味を持ったり、イントネーションが微妙に違ったりするものが多々ある。ユーザーの指令を正しく聞き取り、最適なイントネーションで発話するのには、かなりの技術力が必要となってくる。

スキルの多さが注目されているAmazon Echoだが、これまでアメリカ版を海外で試用してきた経験からすると、スマートスピーカーならではの課題が見えてくる。Amazon Echoの場合、スキルはスマホのアプリ上から追加していくのだが、しばらくすると、そもそもスキルを追加したこと自体を忘れてしまいがちなのだ。

Amazon Echoを最初に試したタイミングでは、スキルをインストールしてどんな答えが返ってくるのかを楽しむものの、数日も経てばスキルを入れたことすら忘れてしまう。仮に覚えていたとしても、「どんな言葉で話しかければ、スキルが呼び出せるか」ということすら思い出せなかったりする。

また、スキルが思った以上に使い勝手が悪く、頼りにならないことがわかると、1回呼び出しただけで使わなくなったりもする。つまり、日々の生活で必要不可欠なスキルでないと、継続して使われない傾向があるのだ。実際、アマゾンもその「忘れ去られてしまうスキル」については課題としてとらえているようで、ユーザーに対して週に1回、新しいスキルや、どんな言葉をかければ良いかをメールで送りつけ、なんとかスキルを継続的に使ってもらおうとしている。

スマートフォンも、最初のころはアプリをたくさん入れて楽しんだものだが、いつしかアイコンが画面上に並んでいても、使わなくなっていくアプリが増えていった。アップルやグーグルはアプリストアに並ぶアプリの多さを競ったものだが、ユーザーはもはや、新しいアプリを入れようとしない。生活に必要不可欠なアプリだけを厳選して使うようになったのではないか。

特にスキルは、目で確認する機会がAmazon Alexaの設定アプリ上しかない。そのため思い出すきっかけが少なく、すぐに使われなくなるものが増えていきそうだ。

もちろん、グーグルも同じ問題を抱えている。Action on Googleで提供されているコンテンツの一覧が、まとまって掲載されていないのだ。グーグルの徳生裕人製品開発本部長は「見やすいリストを公開するように準備を進めている。理想としては、ユーザーがやりたいことに対して、自然な会話でActions on Googleの機能を呼び出せるようにしていきたい」と語る。

Actions on Googleの発表会では「ピカチュウトーク」が一つの目玉として紹介された

そもそも、ユーザーはActions on Googleによってどういった機能が追加され、「何ができるか」を知らない。「ユーザーにActions on Googleでどういった機能が提供されているか」を認知してもらう努力が必要となってきそうだ。また、スマートスピーカーのスキルで見逃されているのが、「話し言葉と書き言葉の違い」だ。今回、アマゾンのスキルのなかには、ニュースサイトの記事を読み上げるものがかなり存在する。

しかし、ネットに上がっている記事をそのまま読み上げると、ユーザーとしては違和感を抱くのではないか。こうしたネット記事は「書き言葉」で執筆されており、しかも「だ」、「である」調で終わるものも多い。記事を目で読むのと、耳で聞くのでは大きな違いがあるはずだ。

新聞記事を紹介するラジオ番組などがあるが、もちろん、新聞の記事をそのまま朗読しているわけではなく、きちんと話し言葉に直して、読み上げているところがほとんどだ。また、単に話し言葉にするだけでなく、耳で聞いて理解しやすい文章に構成し直したりもしている。

Google Homeでも、NHKラジオニュースや日経電子版NEWSは、アナウンサーがニュースを読み上げているので、とても聞きやすいが、ほかのコンテンツでは、記事をそのまま人工音声で読み上げているだけのものもあるようで、書き言葉のせいか、若干、違和感のあるものも目立つ。

アマゾンとしては、自然に日本語を話せるように開発を進め、さらにスキルの数を稼ごうと、数多くのニュースサイトなどに協力を仰いだのだろうが、肝心な原稿が話し言葉になっていないのが盲点となってきそうだ。いずれにしても、アマゾンもグーグルも日本のユーザーが使うことで鍛えられていくことだろう。そのフォードバックを生かして、すぐに製品やサービスを改善できるかが、勝負のポイントとなっていくだろう。

携帯3社、「2年縛り」の解約月を3か月に延長へ

携帯3社、「2年縛り」の解約月を3か月に延長へ

2019.01.17

携帯電話の「2年縛り」、解約期間が2か月から3か月に延長

契約期間の最後の月(24か月目)での解約金が不要に

携帯電話3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)は、2年間の利用を条件に基本料金を割り引く「2年縛り」契約について、契約解除料がかからない更新期間を2か月から3か月に延長すると発表した。

これによって、従来の25か月目、26か月目に加え、新たに契約期間の最後の月(24か月目)でも、解約金の約1万円を支払う必要なく、契約を解除できるようになる。変更日は2019年3月1日から。

契約解除料の免除期間に、「24か月目」が追加される。例えば、2019年3月に契約期間満了月を迎えるの2年契約のユーザーは、2019年3~5月が契約更新期間になる (ソフトバンクニュースリリース)

1月16日にKDDI(au)とNTTドコモが、遅れて17日にソフトバンクが同様の内容を発表。17日に行われた第6回の有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」に合わせて、携帯各社の発表が揃う形になった。

2018年8月、菅官房長官が携帯電話料金の値下げに言及して以降、携帯電話各社は、通信料金と端末代金を完全分離した「分離プラン」の導入や、4年間の割賦を前提とした買い方プログラムの見直しなど、各種料金プランの変更を繰り返していた。

2019年には新規参入の楽天、2〜4割程度料金プランを値下げする方針を明言したNTTドコモによる新料金プランの発表が控えている。今後の携帯業界の動向にも注目したい。

「eBASEBALL」の初代覇者が決定! 定番プロリーグとして定着なるか

「eBASEBALL」の初代覇者が決定! 定番プロリーグとして定着なるか

2019.01.17

「eBASEBALL」で初代王者を決めるe日本シリーズが開催された

頂点を争ったのは、埼玉西武ライオンズと横浜DeNAベイスターズ

はたして“もう1つのプロ野球”で頂点に輝いたのは?

1月12日、東京ビッグサイトTFT HALL 500にて、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018」のe日本シリーズが開催された。頂点を争ったのは、埼玉西武ライオンズと横浜DeNAベイスターズ。はたして初代王者に輝いたのは、どちらのチームか。

3カ月間の戦いの末、頂点を争う切符を勝ち取った2チーム

「eBASEBALL」とは、野球ゲーム『実況パワフルプロ野球 2018(パワプロ)』を使用した、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共同で開催するプロリーグだ。

2018年7月より行われたオンライン予選、西日本、東日本選考会を経て、9月末に実際のプロ野球球団による「eドラフト会議」を実施。ドラフトで指名された選手は、プロゲーマーとして各球団に所属する形になった。

11月からは実際のプロ野球のペナントレースのように、セ・リーグ、パ・リーグに分かれて「eペナントレース」がスタート。そして12月に行われた、eペナントレース上位チームによる「eリーグ代表決定戦」によって、パ・リーグの埼玉西武ライオンズと、セ・リーグの横浜DeNAベイスターズが、e日本シリーズへの切符を手にした。

パ・リーグ代表の埼玉西武ライオンズは、eペナントレースを13勝2敗の圧倒的な強さで勝ち抜き、eリーグ代表決定戦でも危なげなく、代表権を獲得。対するセ・リーグ代表の横浜DeNAベイスターズは、キャプテンであるじゃむ~選手のデータを活かした戦術と強力打線、そして巧みな投球術でeリーグ代表権をもぎ取った。

埼玉西武ライオンズのなたでここ選手(写真左)、BOW川選手(写真中)、ミリオン選手(写真右)
横浜DeNAベイスターズのヒデナガトモ選手(写真左)、じゃむ~選手(写真中)、AO選手(写真右)
会場は超満員。立ち見席も出るほどの人気ぶりで、まさに日本一を決定するのに相応しい舞台となった

一発勝負の決勝戦! 最後に笑うのは……?

e日本シリーズでは、各チーム3名による3イニング交代制の試合を1戦だけ行う。そこで勝利したチームがeBASEBALL パワプロ・プロリーグの初代チャンピオンになるわけだ。

『パワプロ』でお馴染みの選手の調子発表

選手の調子を見ると、埼玉西武ライオンズは、主力に不調の選手がおらず実力を存分に発揮できそうなラインアップ。横浜DeNAベイスターズは主砲筒香の好調が嬉しいものの、桑原、ソトの不調が厳しい。どちらかというと調子具合は埼玉西武ライオンズが優位に見られた。

さぁ、いよいよプレイボール。まず1人目、埼玉西武ライオンズはミリオン選手、横浜DeNAベイスターズはヒデナガトモ選手がコントローラーを握る。奇しくも、ペナントレースで最多奪三振のタイトルを獲得した2人の対戦となった。

そのため、激しい投手戦が繰り広げられたが、3回裏に均衡が破られる。豪打を誇る埼玉西武ライオンズとしては珍しいスクイズで1点を先制すると、そこから怒濤の連打で計5点をもぎ取り、序盤にして埼玉西武ライオンズが大量リードを得た。

スクイズ、スチールと小技も冴え、一気に5点を奪うミリオン選手
センターフライの捕球ミスやスクイズの打者をアウトにできなかったなど、ミスが出てしまったヒデナガトモ選手

2人目は埼玉西武ライオンズがBOW川選手、横浜DeNAベイスターズがじゃむ~選手と、キャプテン対決。じゃむ~選手が2点を返すも、BOW川選手が1点を追加し、スコア「西武 6-2 DeNA」で最終プレイヤーにバトンが渡された。

埼玉西武ライオンズのキャプテンを務めるBOW川選手
横浜DeNAベイスターズの軍師ことじゃむ~選手

最後は、ペナントレースで急成長した埼玉西武ライオンズのなたでここ選手と、横浜DeNAベイスターズ無敗のエースAO選手の対戦となった。

最優秀防御率のタイトルを獲得し、eペナントレースでの失点はわずか3点と脅威の安定感を持つAO選手は、e日本シリーズでもその実力を発揮。打撃3冠を獲得したなたでここ選手をみごとに完封した。しかしながら、3イニングでは1点を返すのがやっとで、最終スコアは「6対3」。埼玉西武ライオンズが優勝し、e日本シリーズを制した。

今回の大会で急成長したなたでここ選手
横浜DeNAベイスターズのエースとしてチームを牽引したAO選手
ペナントレースから実況を担当した清水久嗣アナはe日本シリーズの実況も担当
解説を務めた元ヤクルトスワローズ監督の真中満氏
同じく解説を務めた元中日ドラゴンズ監督の谷繁元信氏
ゲーム解説を務めるぶんた氏
パワプロ・プロリーグ初代チャンピオンの埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズも横浜DeNAベイスターズも、打撃、特に本塁打に期待できる選手が揃っており、その打撃力で勝ち進んでいたなかで、e日本シリーズではホームランが「ゼロ」という、頂上決戦に相応しい緊迫感のある試合だったといえよう。

e日本シリーズでは博多激獅会も応援に駆けつけ、プロ野球さながらの応援が飛び交った

試合終了後は、優勝の表彰とともに、各個人タイトルの表彰も行われたので、その様子も紹介しよう。パ・リーグでは、首位打者、本塁打王、打点王、最優秀防御率の4冠を埼玉西武ライオンズのなたでここ選手が獲得。最多奪三振は埼玉西武ライオンズのミリオン選手が獲得した。

また、セ・リーグでは、首位打者と本塁打王の2冠を広島東洋カープのカイ選手、打点王と最優秀防御率の2冠を横浜DeNAベイスターズのAO選手、最多奪三振を横浜DeNAベイスターズのヒデナガトモ選手が獲得。そして、MVPには、4冠獲得のなたでここ選手が選出された。

パ・リーグの最多奪三振を獲得したミリオン選手
セ・リーグの首位打者と本塁打王を獲得したカイ選手
セ・リーグの打点王と最優秀防御率の2冠を獲得したAO選手
セ・リーグの最多奪三振を獲得したヒデナガトモ選手
パ・リーグの首位打者、打点王、本塁打王、最優秀防御率の4冠、そしてMVPを獲得したなたでここ選手
e日本シリーズでは12球団のマスコットがそろい踏み。スポンサーであるSMBCのキャラクター「ミドすけ」も登場した

eBASEBALLは試合を重ねるごとに盛り上がりを見せ、決勝の舞台でもあるe日本シリーズでは立ち見が出るほど多くのファンが駆けつけた。プロ野球ファンにとって、オフシーズン時期の楽しみの1つとして、eBASEBALLが定着しそうな気配も感じる。

最後にNPB(日本プロ野球機構)コミッショナーの斎藤惇氏による締めの挨拶にて、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2019」の開催も発表された。来シーズン、さらなる飛躍と盛り上がりに期待したい。