「XT5」は日本にぴったり? 流行のSUVにキャデラックという選択肢

「XT5」は日本にぴったり? 流行のSUVにキャデラックという選択肢

2017.11.16

近年、世界的に人気を高めているのがSUVだ。昔ながらのジープ的な4輪駆動車の逞しさを残しながら、日常生活の中での利用も重視するクルマとして、日本でも見かける機会が多い。人気カテゴリーで車種も豊富だが、キャデラックの新車「XT5」も一度は試してみるべきクルマだと言える。

キャデラックの新型クロスオーバーSUV「XT5」

米ゼネラルモーターズ(GM)の高級車ブランドであるキャデラックから、新型のクロスオーバーSUVとして「XT5クロスオーバー」が2017年7月に日本初公開され、10月から販売が開始された。このクルマは、これまでの「SRX」の後継車になる。

XT5については試乗の感想も含めお伝えするとして、まずはSUVの歴史を振り返り、その文脈でXT5の立ち位置を考えてみたい。

「XT5」はSUVの歴史に名を刻めるか

走破性と街乗りの両立が魅力のSUV

SUVの発端は、英ランドローバー社の「レンジローバー」誕生に遡ることができる。レンジローバーは本格的な悪路走破性を備えながら、高級乗用車のような快適性を持つ車種として1970年に誕生した。当時からフルタイム4輪駆動方式を採用し、2輪駆動と4輪駆動の切り替えを必要とするパートタイム4輪駆動方式に比べ、日々の使い勝手を大幅に向上させていた。

日本車では、1981年にいすゞ自動車から「ロデオビッグホーン」が登場し、翌82年には三菱自動車工業から「パジェロ」が誕生した。これらは当時、レクリエーショナル・ビークル(RV)と呼ばれ、郊外へ休暇に出かけた際に悪路も走れる車種という位置づけだった。そして、キャンプやスキーが流行ったのである。

1982年に発売となった「パジェロ」(画像提供:三菱自動車工業)

米国ではジープ「チェロキー」が1974年に生まれ、1984年からの2世代目が日本でも人気を呼んだ。

これらは当時まだ、SUVとはっきり区分けされてはいなかったが、それぞれの自動車メーカーには軍用や過酷な道なき大地を駆ける車種として、ランドローバー社には「ランドローバー」(のちに「ディフェンダー」)、三菱自にはジープのノックダウン生産による「三菱ジープ」、もちろん本家米国には軍用の「ジープ」があり、それぞれに悪路を走破するための高度な4輪駆動技術を持っていた。そうした本格派の派生としてSUVにつながる車種が登場したのである。

富裕層のクルマとしても定着、トヨタ「ハリアー」も登場

SUVという位置づけがより明確になってくるのは、1990年代に入ってからだ。米国西海岸の高級住宅地であるビバリーヒルズなどで、レンジローバーに乗る富裕層が出てきた。

富裕層の乗る高級車と言えば、米国なら「キャデラック」、英国なら「ロールスロイス」、あるいはドイツの「メルセデス・ベンツ」、そして高性能スポーツカーなどがあるが、そうした乗用4ドアセダンなどと一味違う見栄えや乗り心地、存在感を見せる車種として、レンジローバーに注目が集まったのではないか。金持ちであることを単に誇示するだけでなく、人となりとして、より行動的で活発であることを示す持ち物と考えられたのだろう。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンが2017年7月に受注を開始した「レンジローバー・ヴェラール」

そこに目を付けたのが、トヨタ自動車の「ハリアー」だった。こちらは本格的4輪駆動車からの派生ではなく、中型乗用4ドアセダンとして米国で販売1位をとっている「カムリ」が基になった。4輪駆動車としての能力はそれなりだが、基が乗用車なので、快適性は格段に違った。そこに多くの人が魅力を感じだし、SUVという存在が確立されていったのである。

ラグジュアリークロスオーバーとしてのキャデラック「XT5」

SUVの発想はさらに広がり、本格的4輪駆動車として存在してきたジープのような格好をした車種でありながら、実は4輪駆動ではなく2輪駆動のクルマまで現れるようになる。

そうなると、何をもってSUVと定義するのかが曖昧になってきた。そして、あらゆる要素を1つに融合したクロスオーバー車という呼び名が登場することになる。

定義が曖昧になってきたSUV。キャデラック「XT5」はどのような位置づけになるのか

クロスオーバー車とは、4輪駆動車のようでありながら、乗用車の快適性や、高級さをより備え、日常的な利用にも便利なクルマであるというように、昔ながらの分類を超えて、複合的な魅力を併せ持つクルマだと位置づけられる。

前置きが長くなったが、キャデラック「XT5」は、ラグジュアリークロスオーバーと紹介されるSUVだ。

やや無骨な外観、乗り心地は高級乗用車

XT5は、最新のキャデラック各車種と共通の顔つきやデザインの雰囲気を備えながら、4輪駆動車であることを明らかにする車高の高さが外観の特徴だ。ドアを開け乗り込むと、高級車のような上質な室内空間があり、内装デザインは目に心地よい豪華かつお洒落な雰囲気を湛えている。

外観からすると、やや武骨な印象も与える4輪駆動車の佇まいでありながら、室内に居ると高級乗用車の快さを伝えてくる。そこがまさしく、ラグジュアリークロスオーバーということなのだろう。

キャデラックであることを物語る外観と、豪華な内装(画像提供:GMジャパン)

運転をし始めると、何よりその軽快な走りが印象深い。悪路を駆け抜けるためのゴツゴツとした頑丈さはあまり感じさせない。それよりも、車高が私の身長を超える1.7メートルと高いにも関わらず、背の低いスポーティな車種を運転するかのように身軽だ。

前型の「SRX」に比べ90キロもの軽量化を実現していることが、その軽快さを生み出しているのだろう。その結果、車体全長が4.8メートルあるということ以上に、車幅が1.9メートルを超えかなり幅広いにも関わらず、クルマの大きさをあまり意識せず、自在に運転することができた。

大きなクルマではあるが、軽快な走りが印象深い(画像提供:GMジャパン)

キャデラックはデトロイトからニューヨークへ

この気軽な気分にさせる運転感覚は、前型のSRXと明らかに異なる。その背景には、2009年に連邦倒産法第11章(チャプター11)の適用を受け、新生GMとしての再スタート後、グローバルキャデラックの本社をミシガン州デトロイトからニューヨーク州ニューヨークへ移したことも関わっているのではないかと想像する。

重厚長大なモノづくりの街から、世界から人々が集まり文化を生み出すニューヨークへと拠点を移したことで、今という時代を生きる人々が求める感性をキャデラックが身にまとったのではないだろうか。

XT5に乗っていると、とにかく心地よい。運転も楽だ。こう言うと、高性能であることを旨とするドイツ車勢に劣っているのではないかと思い込む読者があるかもしれない。だが、ドイツ車のSUVやクロスオーバー車とは、また違った味わいのある、それでいてしっかり走るクルマにXT5は仕上がっている。

ドイツ車とは違った味わいがある「XT5」(画像提供:GMジャパン)

例えば軽快な走行感覚も、高速道路に入るとドイツ車のように腰を落ち着けた安定性を発揮しだす。駆動方式の切り替えにより、もちろん前輪駆動で走っている時も安定感を感じるのだが、4輪駆動へ切り替えればいっそう安心を高める。さらに、スポーツモードを選ぶとハンドルの手ごたえが重くなり、乗り心地もやや硬めにはなるが、快適性を損なうことなく爽快に高速道路を走り続ける。

この感覚は、ドイツ勢と明らかに異なる。そして、日本での利用に最適な走行性能と快適性だと思わせるのである。

速度制限から見るクルマの使用条件

速度無制限区間のあるアウトバーンを走るドイツ車は、高速性能という点で世界屈指だろう。だが、公道における速度無制限など、世界のどこにも他に例がなく、特殊な環境だ。一方、米国の速度制限は国内のそれに近く、すなわちクルマの使用条件が日米では似ている。

もちろん、道幅や路地の有無、あるいは舗装の違いなどはあるが、似たような条件で走ることを視野に開発すれば、おのずと日米で乗りやすいクルマとなっていくのである。ただし同時に、世界的に売っていく車種として、高速性能も満たしている。それがXT5である。

さらに、後席の快適性が特筆すべき点だ。後席は床へきちんと足を下ろして座れる座席の高さがあり、腿を座席で支えることができるので、走行中も体が安定する。クッションの硬さも適度だ。さらに、天井ほぼ一杯にシェードを開けることで空を見上げることのできる「ウルトラビューパノラミック電動サンルーフ」には、息を呑むだろう。そもそも、ガラスサンルーフという発想を生み出したのは米国だ。

電動サンルーフのシェードを開ければ夜空を眺めることもできる(画像提供:GMジャパン)

操縦安定性は一新、変わる“アメ車”のイメージ

4ドアセダンの「CTS」が2003年に誕生して以降、キャデラックは単なる国内車種ではなくなり、かつて“アメ車”と国内で揶揄されたような、操縦安定性は二の次といったような乗り味ではなくなっている。その後、ドイツ勢を追うような運転感覚が目指されたが、ここに来て、“新生アメリカ車”とでも言うべき独自の新しい乗り味を実現していると感じる。

もはや、国内でドイツ車に乗る意味はどこにあるのかとさえ思わせる最新のキャデラックに、ぜひ乗ってみるべきだ。

「XT5」に乗れば“アメ車”のイメージは変わるかもしれない

25万台の国内ラグジュアリー市場を主眼に、成熟した国内市場のコア層(中核となる顧客)との接触を重視した経営戦略を進めるゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、左ハンドル車のみの輸入となっているが、日本での人気が右肩上がりで推移するならば、再び右ハンドル車の輸入がかなうかもしれない。

まずは最新のキャデラックを見て、運転してみてはどうだろう。目から鱗が落ちること間違いなく、クルマの選択肢が広がるに違いない。

バズりを狙いスベって炎上、「リアルガチでやばい」年金ツイート問題

カレー沢薫の時流漂流 第33回

バズりを狙いスベって炎上、「リアルガチでやばい」年金ツイート問題

2019.03.25

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第33回は、リアルガチでやばい「日本年金機構のツイート炎上」について

日本年金機構のツイッター広告が炎上し、即ツイ消しおよび謝罪する事態になったという。その炎上したツイートというのがこちらの文言だ。

「ガチヤバイ!? リアルガチでやばいかも!? 新社会人のみなさまへ 受け取る年金少なくなってない!? ねんきんネットで確認だ!」

これは非常によくある「ウケると思ってスベッた上に大炎上」パターンであり、「炎上ガチャ」でこれが出て来たら確実に低レアなので「即売却」といった感じだ。

問題のツイートでは何かを差別、あるいは蔑視しているワケでもなく、火力としてはチャッカマン程度であり、そんなに怒らなくてもとさえ思えるが、やはり怒る方にも理由はある。

日本年金機構はこれまでに大きな不祥事を起こしてきている。2007年にはオンライン化した年金データに不備や誤りが多いことが発覚した「消えた年金問題」というのがあった。

ちゃんと年金を納めていてもそれが記録されていないため、将来の年金額が減ってしまうかもしれない、という非常に重大な事件である。国民から取るだけ取っておいて、その管理がずさん、という、メロスでなくても激怒して走り出す案件であった。また、2015年には215万人の個人情報を流出させるという情報漏えい事件も起こしている。

こんな信用残機ゼロの状態では「ちょっとしたおふざけ」でも「ガチでやばいのはお前らのせいだろ」「何故こっちを煽る? まずそっちがちゃんとしろ」「こんなことに俺たちの年金を使いやがって」という鬼のマジレスが来てしまうのは当然である。

広告にユーモアは大事だが、「年金」クラスの笑いごとじゃないテーマになると「真面目かよ!」と言われるぐらい真面目にしておいたほうが良い、という好例だ。

炎上広告が出ると必ず「おかしいと思う奴はいなかったのか」「誰か止めろよ」という声が出るが、「SNSでバズること」を目的にすると、人間の視野は2度ぐらいになってしまう。そのため、過度な悪ふざけになっているとか、弩級の差別表現が入っているということにマジで気づかなかったりするのだ。

また、社内に「これはおかしい」と思う人間が5億人いたとしても、トップが「これはウケる」と思ってしまっていたら、下っ端にそれを止めることはできない。個人がやるとどうしても考えが偏るので、企業はさまざまな性別年代の人間に意見を聞いた上で、広告を打った方が良いと思う。

だが意見を幅広く聞いた上で、一番上がそれを「考えすぎだって」と一蹴して断行したりするので、組織の炎上というのは根深い問題である。

今回の炎上を「明日は我が身」と思う理由

だが今回の年金機構の炎上は、個人的感情として「一概に責められぬ」感がある。

今回の広告はその表現を「他人事かよ」と大いに責められたわけだが、年金機構的にはそんなつもりはなく、どうやったら若者に年金に関心を持ってもらえるか、真面目に考えた結果「ああなってしまった」のではないだろうか。

二十代前半ばかりの職場でただ1人アラフォーの自分が、無理して若者言葉を使い盛大にスベッた挙句、給湯室でメチャクチャ悪口言われてた、みたいな図を想像すると、「身に覚えがある」もしくは「明日は我が身」なので、あまり責められないのだ。

実際、年金機構は年金に対し捨て鉢になっているわけではなく、何とか国民に年金に関心を持ってもらい、適切に払ってもらいたいと思っていることだけは確かなのである。

ところで、私は去年無職になったことにより、厚生年金から国民年金になってしまった。当然国民年金だと厚生年金より将来もらえる額は少ない。将来の不安を感じた私は、「国民年金基金」の資料を取り寄せた。

国民年金基金とは、自営業や私のような無職が国民年金とは別途で年金料を収め、将来もらえる年金額を増やせるという制度である。支払った金額は確定申告の控除対象にもなるので節税にもなるのだ。

年金は当てにならないから他で老後資金を作ろうという声も大きいが、それでも年金ほど確実でリスクが少ないものは今のところない、という意見も多く見られる。

だが、資料を申し込んだ時は熱かった気持ちが、届いた時冷めているというのはよくあることで、取り寄せるだけ取り寄せてしばらく放置していた。

すると国民年金基金から電話がかかってきたのである。私は電話が苦手で、取ると青紫色の粉瘤が出来るので取らなかったのだが、こんなテーマで書くことになるなら粉瘤の一つや二つ覚悟で取れば良かった。おそらくだが「国民年金基金どうでしょう?」という内容だったのではないだろうか。端的に言えば「営業電話」である。

その後、電話は数回かかってきて、驚くべきことに、日曜日でもかかってきた。国の機関が日曜に動くとは思っていなかったので驚愕である。

「必死かよ」と思ったが、事実必死なのだろう。それぐらい年金はひっ迫しているのだ。もしかしたらノルマ的なものすらあるのかもしれない。

年金をもらうのは我々である。企業の炎上なら「不買運動」ができるが、年金の場合「不払運動」になり、後々受取額が減って困るのは国民の方である。

今回の炎上で国民が年金に対しますます拒否感を持ってしまったのは、年金機構というより我々にとっての悲劇なのだ。広告自体には反感を持ったかもしれないが、年金に関心を持ち、自身の年金状態を確認するのは大事なことである。

私も次に電話がかかってきたら、粉瘤上等で取ってみようと思う。

関連記事
LINEをやめるには? アカウント削除の方法

LINEをやめるには? アカウント削除の方法

2019.03.25

LINEの利用をやめる時はアカウントの削除が必要

機種変更などで使う「引き継ぎ」とは違うので注意

LINEアカウントの削除には、注意が必要だ。機種変更やスマートフォンの故障、アプリの不調といった理由で削除を考えているとしたら、それは間違っている。その場合に必要なのは「引き継ぎ」という処理だ。

アカウント削除はLINE利用そのものをやめる時に行う作業だ。新しく別のアカウントを作り直してもいいが、これまで繋がりのあった人々との縁は切れてしまう。もし連絡を取り続けたいのならば、あらためて友だち登録をしてもらわなければならない。

最近はLINEの連絡先しか知らないという関係も珍しくないから、中には交流が途切れてしまう相手もいるだろう。そういったことを理解した上で、削除作業を進めてほしい。

LINEアカウントを削除する

メイン画面で右上にある歯車マークをタップし、設定画面を開いたら「アカウント」を選択しよう。次に一番下にある「アカウント削除」をタップすると、警告画面が表示されるはずだ。アカウントにログインできなくなるというのは、もう同じアカウントが利用できないことを意味する。問題なければ「次へ」をタップしよう。

設定で「アカウント」を選択
一番下にある「アカウント削除」をタップ
警告画面の中身を読んだ上で「次へ」をタップ

次の画面では、アカウントを本当に削除するのかが確認される。これまで獲得したポイントやアイテム、購入したコイン等も全てなくなるということが「保有アイテム」のところで示されているはずだ。

今回説明に利用しているアカウントは、LINEをほとんど利用していない状態なので、多くの項目が「0」になっているが、ある程度利用していればスタンプをたくさん購入してきていたり、購入のためにコインを保有していたりといったこともあるだろう。それらは新しく作ったアカウントに引き渡すようなことはできない。全て失って問題ないということであれば、下にある「すべてのアイテムが削除されることを理解しました。」という欄にチェックを入れよう。

コイン、ポイント、スタンプ、着せかえの全てが削除されることを理解したらチェックを入れる

下へスクロールすると、連携アプリについても確認される。LINEアカウントを利用してログインしていたアプリや、LINEコインで何かが購入できていた連携アプリがあれば、その連携も解除される。問題がなければ、確認項目にチェックを入れてさらに下へ進もう。

連携アプリがある場合はそちらの利用についても確認したい

最後に友だちリストやトーク履歴を含む全てが利用できなくなることが再確認される。ここにもチェックを入れると「アカウント削除」ボタンが有効になるはずだ。本当に問題がなければ「アカウント削除」ボタンを押して完了させよう。

全ての確認用チェックボタンにチェックを入れれば削除処理が有効になる。「アカウント削除」ボタンが有効になったらタップして完了だ

「LINE(ライン)基本の使い方ガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/line

関連記事