電気自動車は普通のクルマになったか、新型「リーフ」試乗で検証する

電気自動車は普通のクルマになったか、新型「リーフ」試乗で検証する

2017.11.21

10月12日に掲載したレポート「新型リーフは使いやすい電気自動車になった? 日産担当者に聞く」で、日産自動車・日本EV事業部の寺西章マネージャーは、「ガソリンエンジン車などと同じ条件で勝負できるようになったと思います」と語っている。10月2日の発売以来、これまでに約9,500台の受注と出足は好調な新型「リーフ」だが、その進化はどれほどのものなのか。試乗して確かめた。

新型「リーフ」に試乗

普通のクルマとしてのEVに

結論を言えば新型「リーフ」は、これまで走行距離に不安を持つとされてきた電気自動車(EV)であったことを忘れさせる普通のクルマであった。また、寺西マネージャーも「電気代の安さという経済性の側面だけでなく、それ以上の魅力がEVにはあることを伝えていきたいと考えています」というように、先進技術の「プロパイロット・パーキング」などの機能によって、それだけでも手に入れたいと思う魅力を備えていた。

まず、EVとしての性能を簡単におさらいしておきたい。初代「リーフ」は発売当初、充電1回あたりの走行距離がJC08モードで200キロだったのが、マイナーチェンジを受けるごとに228キロ、280キロと距離を伸ばしてきた。そして、新型「リーフ」では400キロへと大幅に進歩している。初期の2倍となる走行距離だ。

充電1回あたりの走行距離は、初代「リーフ」の発売当初に比べ2倍となる400キロに延びた

それに伴い、充電時間も長くなり、充電ゼロの状況から満充電までの時間は、200V(ボルト)・15A(アンペア)の普通充電で、当初は約8時間であったのが、新型では16時間に延びている。ただし、新たに用意された200V・30Aでの充電設備を設置することにより、8時間で済むようにもできる。

「エクストレイル」に続きプロパイロットを採用

日産は現在、電動化と自動運転を新商品の柱としている。自動運転に関しては、運転支援としてレベル2水準の「プロパイロット」をミニバンの「セレナ」でまず採用し、続いてSUVの「エクストレイル」に搭載してきた。これに今回、新型リーフが加わった。プロパイロットによりリーフは、高速道路などでの同一車線内の走行において、前を走るクルマとの車間距離を自動調節しながら一定速度で走り、カーブではハンドルも自動で切ることが可能になっている。

ただし、現行のレベル2の段階では、運転者が走行の全責任を負うのが条件だ。手放しでの運転や、ペダル操作からの全くの離脱は禁止されている。簡単に言えば、従来通りの運転をすることになるが、車線逸脱を起こさなかったり、前を走るクルマに追突しそうになったりせずに、一定速度で高速道路を楽に走り続けることができる(ただし、割り込みのクルマには要注意)。また、渋滞の際には、前車に追突することなく自動停止し、自動発進もする。

プロパイロット搭載で高速道路の走行が楽に

ワンペダルで味わうEVならではの走り心地

次に、小型車の「ノート e-POWER」で初登場した「e-Pedal」も新型リーフに採用されている。モーター走行であることをいかし、アクセルペダルのみで加速と減速、そして停止までをできるようにした機能だ。加速の際にはアクセルペダルを踏むと電気が流れ、モーターを駆動する。減速する際は、モーターを発電機として働かせ、発電する際に生じる抵抗力を使って減速させる。これを、回生ブレーキという。モーターと発電機の原理が同じであることから可能になる機能だ。

e-Pedalではモーター走行ならではの感覚を味わえる

そして、新型リーフで初採用となったのが「プロパイロット・パーキング」である。使い方としては、プロパイロット・パーキングのスイッチを押して、駐車したい枠をカーナビゲーションの画面上で定め、作動開始をタッチ操作したあと、プロパイロット・パーキングのスイッチを指で押し続ける。すると、ハンドル操作や前後への移動を含め、すべてを自動でクルマが行い、駐車する。終了後は、自動的にシフトが「P」(パーキング)に入り、駐車ブレーキも掛かる。並列と縦列の双方で自動駐車が可能だ。

以上が新型リーフの概要である。では、次に試乗の報告をしよう。

小さくなった充電計が意味するもの

運転席に座り、メーターを見てまず気付かされるのは、充電計がすごく小さな表示になったことだ。初代リーフでは、メーター右側に大きく目立つ充電計が配置されていた。変更の理由としては、充電1回あたりの走行距離が初代の発売当初に比べ2倍の400キロに延びたことが大きい。運転中、頻繁に電力消費を確認しなくても、大方の目的地へは途中の補充電なしに到着できることを意味している。

走行中のEVならではの静かさや振動の少なさ、加速の滑らかさといった特徴が、充電の心配なしに味わえる。しかも、距離への心配がなくなったことで、ドライブを楽しめる普通のクルマになっていることに気づかされる。そして、たまに充電計に目を向けてみるが、まだ6~7割も電気がある様子に安心するのである。同時に、走行可能距離も示されるので、もし充電が必要な場合も余裕をもって充電器の場所を探すことができる。

ちなみに、試乗した「G」グレードのカーナビ画面には、充電器施設の場所が表示され、なおかつ充電しているEVの有無も確認できた。

試乗では横浜の日産本社から南下し、横浜横須賀道路などを使って横須賀美術館(観音崎公園内)の方まで足を伸ばした。満充電で出発し、途中で試験的に数分間の急速充電を行ったが、日産本社にクルマを返す頃になっても、バッテリー残量は60%台の数値を示していた

慣れれば快適な先進技術

e-Pedalは、慣れないうちはアクセルペダルを素早く戻しすぎて、強いエンジンブレーキがかかったようにガクッと車速を落とすことになるが、慣れてくるうち、クルマの流れにアクセルペダルだけでのせていける快適さを感じられるようになる。

ただし高速道路では車速が高くなるので、わずかな速度調節をする際にはe-Pedalのスイッチを解除し、通常のモードでアクセル操作をした方が一定速度を保ちやすい。市街地か高速道路かで、使い分けるといいだろう。

e-Pedalは慣れれば楽だが、市街地と高速道路で使い分けるのがオススメだ

新登場のプロパイロット・パーキングも、試乗先の駐車場で試してみた。最初は、隣のクルマに万が一にも接触してはいけないと、空いた駐車枠で試してみた。だが、その心配はまったくの杞憂であった。駐車枠をはみ出すことなく、なおかつ駐車枠の真ん中に見事にクルマが収まったのである。

やってみると操作は簡単で、作動開始に手間取ることはない。駐車する際の移動速度も自分で運転したときと変わらず、手早く駐車を終えるのであった。場所が狭く、一発で駐車枠に収まりきらない時には、何度もハンドルを切り返し、前後へ移動することもすべて自動で行う。

プロパイロット・パーキングの操作は簡単。ハンドル操作は自動で、切り返しまで行う

今回は暗い地下駐車場でも試した。照明の明かりの下でも何ら問題なく安全に駐車を終えた。これは、便利だ。

プロパイロット・パーキングの作動中は、カーナビ画面に車両の後方や真上からクルマを見下ろした周囲の様子を知らせる画像が映るので、周辺の確認もしやすい。このプロパイロット・パーキングがあるだけでも、欲しくなるクルマだというのが正直な感想である。

日本で充実しつつあるEVの選択肢

現在、国内で購入できるEVには、日産リーフの他に、三菱自動車工業「i-MiEV」、BMW「i3」、テスラ「モデルS」および「モデルX」といった選択肢がある。そして間もなく、フォルクスワーゲン「ゴルフ」のEVも加わる。「e-ゴルフ」は2017年末から限定車種が納車開始となり、2018年には通常の受注が始まる。

このうち、軽自動車のi-MiEVは約227万円からという価格設定だ。次に新型リーフが約315万円からという値段となっている。そして、i3やe-ゴルフは500万円前後である。テスラは同社初の量販車となる「モデル3」が導入されるまでは、モデルSやモデルXは約1,000万円からの価格となる。

リーフも、プロパイロットが標準装備されるのは最上級車種の「G」グレードで、価格も400万円近くにはなるが、エコカー減税、自動車税減税、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金を合わせると、最大で約55万1,000円の優遇措置を得られる。先進技術はともかく、EVを安く手に入れたいというのであれば、廉価版の「S」グレードなら実質的に260万円弱で手に入れられることになる。

廉価版の「S」グレードであれば新型「リーフ」は260万円弱で手に入る

日産が活用する先行者としてのノウハウ

新型リーフは、特別なクルマではなく普通のクルマとしてEVを選んでほしいと開発された2世代目だ。その目的は、性能的にも価格的にも果たされていると試乗で実感することができた。

さらにプロパイロット・パーキングは、これまでに経験した他社も含めた駐車支援機能に比べ、明らかに簡単・便利で実用的に仕上がっており、技術の日産を誇れるだけの先進性を備えていた。

日産は性能的にも価格的にもEVを普通のクルマにしたと言える

EVを2010年に導入し、通信機を搭載して充電場所の検索をしやすくしたり、スマートフォンとの連携により、充電中のリーフに自宅から空調のオン/オフを指示できるようにしたりと、EVならではの特徴をいかした商品性をいち早く実現してきた日産は、先駆者としてのノウハウをリーフの2世代目に活用している。

EVは、もはや特別なクルマではなく、EVであること以外の装備や機能によって選ばれるべきクルマに前進しているのを新型リーフで実感した。まずは、このクルマを自分の手で運転してみることを大いに薦める。

関連記事
LINE WORKSを削除(解約)するには?

LINE WORKSを削除(解約)するには?

2019.03.21

LINE WORKSを解約したいと思ったら

解約の前にまずは「所属メンバーの削除」を行う

ユーザーは自分のアカウントを削除できるの?

LINE WORKSを試験的に導入したけれど合わなかったという場合や、利用していたプロジェクトが終了したから削除したいという場合に備えて、LINE WORKSを削除(解約)処理する手順をまとめておく。

LINE WORKSの削除はメンバー削除から

「管理者画面」を開いた上で「基本設定」を開くと、左メニューの一番下に「LINE WORKSの解約」という項目がある。ただし、使っている最中にいきなり解約しようとしても「解約できません」と表示されるはずだ。解約のためには、先に所属メンバー全員を削除しなければならない。

「基本設定」で「LINE WOKRSの解約」を選択
メンバーが残っていると解約できない

メンバー削除は、上メニューで「メンバー」を選んだ画面から行える。最高管理者は削除できないため、解約準備ならば上部のチェックボックスを使って全員を一括選択してから、最高管理者のチェックだけを外すのが簡単だ。上にある「削除」をクリックすると確認画面が表示されるので、「メンバー削除」で完了させよう。

なお「副管理者」など役職者については先に権限を削除してからでなければメンバー削除ができないので注意して欲しい。

「メンバー」で最高管理者以外を選んで「削除」をクリック
確認画面で「メンバー削除」をクリックしよう

解約理由を添えて処理完了

再度「基本設定」で「LINE WORKSの解約」を選ぶと、メンバーの削除が完了していれば解約へ進む画面が表示されるはずだ。最高管理者のパスワードと、解約理由のアンケートを入力すれば解約が完了する。

最高管理者のパスワードを入力
解約理由のアンケートも必須項目だ

個人アカウントの削除方法は?

LINE WORKSを管理者ではなくユーザーとして利用している場合、自分のアカウントを削除することはできない。

LINE WORKSのユーザーアカウントは、会社のメールアドレスのようなイメージだ。アカウントに利用する文字列などはユーザーが決められるが、アカウントの存在自体は管理者がそれぞれに発行している。そのためユーザー側はログインしないことで「使わない」状態にはできても、削除はできない。もし退職する、プロジェクトから外れるなど事情がある場合には、管理者にメンバー削除の依頼を出そう。

同じく、最高管理者の権限を持っている人が異動等でアカウントを削除したい場合には、まずは権限の委任をして、一般ユーザーになってからメンバー削除をしてもらう必要がある。

「LINE WORKS 完全指南 設定&使い方」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/lineworks

関連記事
総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事