新型「リーフ」は使いやすい電気自動車になった? 日産担当者に聞く

新型「リーフ」は使いやすい電気自動車になった? 日産担当者に聞く

2017.10.12

電気自動車(EV)への注目が集まる中、技術的に長足の進化を遂げて登場した日産の二代目「リーフ」。2010年に登場した初代に比べ、クルマ選びの選択肢に入る機会は格段に増えそうだが、購入検討者が気にするのは、そもそもリーフは買いやすいクルマなのか、そして、買ったとして便利に使えるのかといったポイントなのではないだろうか。その辺りを含め、リーフのマーケティングを担当する日産の寺西章氏に話を聞いた。

日産の日本EV事業部でマーケティングマネージャーを務める寺西章氏

航続距離への不安は解消、EVシフトが追い風に

日産リーフが2010年に発売された当時、同社CEOだったカルロス・ゴーン氏は2016年までの目標として、日産とルノーを合わせて150万台のEVを販売すると宣言した。だが、2017年時点で日産とルノーを合わせた販売台数は40万台を超えたにとどまっている。

とはいえ、ここへきて世界の自動車メーカーが電動化へ意欲を示し、逆にハイブリッド車(HV)は環境車と認められなくなる事態も起きている。そうした時代の追い風が吹き始めたところに登場した日産リーフの二代目は、JC08モードで400キロという、今日のEVの一充電走行距離では最先端に並ぶ性能を持つに至った。これまで、消費者の多くが心配していた走行距離への不安は、解消したと言っていい。

航続距離でEV最先端の水準を実現する新型「リーフ」

ガソリン車との勝負に向け条件は整った

技術的進化が進む一方、日産のEV販売戦略はどのような状況にあるのか。日産の寺西氏は次のように語る。

「EVのマイナス要因は、開発側が大幅に改善してくれました。これで、ガソリンエンジン車などと同じ条件で勝負できるようになったと思います。その上、先進装備として『プロパイロット』や『e-Pedal』、また新型リーフからの新装備となる『プロパイロット・パーキング』などが加わったこともプラスの方向へ作用し、お客様に魅力を感じていただける商品になりました」

「販売面では、従来の『エコカーとして』とか、電気代の安さという経済性の側面だけでなく、それ以上の魅力がEVにはあることを伝えていきたいと考えています。新車カタログでは“新次元”という言葉を使って表現しています」

新型リーフは日産が初めて「プロパイロット・パーキング」を導入したクルマとなった

「媒体を通じた取り組みでは、EVのリーダーであるという自負や姿勢を訴え続けるとともに、より多くの方に乗ってみたいと思っていただけるようなイメージづくりをしていきたいと思います」

「その上で、やはり実際に乗って体験していただくことが、ご購入いただくうえで最も重要な点と考えています。弊社の調査によれば、EVに乗った経験のある方は、まだ免許人口の2~3%にも届かないほどです。経験者が少ないことから、古い印象のまま、馬力が無いのではないかとか、排気音がしないのでつまらないクルマなのではないかと思われているところがあります。しかし、一度乗ってみていただければ印象が変わり、まさに目から鱗が落ちるといった体験をしていただけるでしょう。販売店で試乗をしていただき、戻ってきたところで最新のプロパイロット・パーキングの自動駐車を試していただければ、未来感覚を感じていただけるのではないでしょうか」

百聞は一見に如かずと言うが、まさにEVの本当の魅力を知るには体験に勝るものはない。とはいえ、まだ購入するかどうかを決めかねている段階で、販売店を訪ねるのは気が引けるという人も多いだろう。

寺西マネージャーはリーフの魅力は乗れば分かると自負するが、販売店での試乗にはハードルを感じる消費者も存在する。そこで日産は、「イオンモール」などでの体験試乗を全国的に展開していく考えだ。「『ノートe-POWER』でも盛況でしたので、その経験を踏まえ、新型リーフでも体験試乗を行って、環境にいいクルマというだけでないワクワク感を広めていきたいです」と寺西マネージャーは語る。

環境性能にとどまらないリーフの魅力は乗れば分かると寺西マネージャーは語る

集合住宅の充電問題にも切り込む日産

ところで、EVの普及で課題となっているのが、集合住宅における充電コンセントの設置の難しさである。居住者がEVを購入し、敷地内の駐車場で充電したいと思っても、共同利用の場所である駐車場にコンセント設置工事を行うには、管理組合の合意が必要になる場合が多い。そこで否決されてしまうと、EVの購入を諦めなければならないことになりかねない。

そこで日産、大京アステージ、NECの3社は、集合住宅へのEV用コンセント設置を促進するための覚書を締結し、既築のマンションへの充電コンセント設置を支援することになった。まずは、選定されたマンションでの実証が始まる。

その内容として、まずはマンション駐車場への充電設備の設置費用を実質ゼロ円とし、住民側の負担をなくす。そして、管理組合との折衝や、約款の改訂などには大京アステージが支援を行う。これによりEVの所有者は、月々のサービス基本料と電気代の支払いをするだけで充電設備を使えるようになる。

マンションにEVの充電設備を設置するのはなかなか難しい

集合住宅における充電コンセント設置の問題は、日産だけの話ではなく、またEVに限った話でもない。充電を行うプラグインハイブリッド車(PHV)も同様であり、他の自動車メーカーや輸入車メーカーも、解決の糸口を掴めずにいた課題であった。そこに、日産が一歩切り込んだことになる。

充電し放題のプランも

一方で、日産の調査によれば、戸建てのリーフ所有者でも、自宅に充電コンセントの設置工事をしている人は4割程度。実は、公共の充電器を利用してリーフに乗っている人が多いのだ。それはガソリンスタンドで給油する感覚だが、EVの充電には給油よりも長く時間が掛かる。なぜ、そのようなリーフの乗り方をする人がいるのだろうか。

自宅で充電できなくてもリーフは運用できる

日産では、定額で何度も充電できる“使い放題プラン”を実施している。月額2,000円を支払えば、充電のたびに掛かる電気代を定額で済ませられるのである。極端に言えば、2,000円で日本一周のドライブもできてしまうというキャンペーンである。距離を乗る人には、自宅で充電するより安上がりになるだろう。

日産は、初代リーフ発売の際に1週間無料で試乗できるキャンペーンを展開した。実際にEVの使い勝手や走行感覚を日常生活のなかで体験してもらうことで、リーフの販売につながったとの話も耳にする。このように、これまでのエンジン車やHVでは採用されてこなかった新発想の販売促進策を、これまでも日産は取り入れてきているのだ。

とはいえ、1台のEVを売るために、それだけの手間や投資をなぜ続けられるのか。端的に言って、EVを販売することで、かえって損をしてはいないのか。寺西マネージャーに聞くと、次のような答えが返ってきた。

「そこは、かつてCOOを務めてきた志賀俊之が、『EVは大義である』と常々言っていて、『虚仮の一念岩をも通す』で、その思いを貫こうという空気が今も社内にあります。確かに持ち出しは多いですが、新型リーフの登場は、そのターニングポイントになるだろうと考えています。HVに代われるかの勝負の局面にあるので、投資を続け、EVがブランドとしてお客様に受け入れられるよう働きかけていきます。そして、EVの大衆化を実現し、花を咲かせると信じてやっています」

EVへの取り組みは日産の大義でもある

我慢の先行投資が結実する日は

それでも事業である以上、いつまでも投資を続けるだけでは済まされない。寺西マネージャーは今後の見通しについて、次のように語る。

「10年も先までというのは考えられないでしょう。5年先くらいまでのところで、日産としてEVの存在を自社の個性に定着させるところまで持ってゆけるのではないかと思います。そのためにモーターショーで車種展開を提示していきますし、日産・ルノー・三菱の提携の中で、2022年までに12台のEVを出していくとしています」

「充電器の整備においても、充電網の整備に力を入れていきたいですし、自宅での充電環境を整えることもしていきたいです。世界各地のモーターショーで、各自動車メーカーがEV戦略を発表しているように、EVが事業として成功していけるような環境になりつつあることを、国内の販売店さんにも理解していただけるようにしていかなければなりません」

EVが事業として成立する環境は整いつつある

そしてここへきて、販売が好調の「ノートe-POWER」が、EV販売のきっかけにもなっているという。

「(ノートe-POWERでは)充電せずに、EVのような走りを体験できることによって、EVの凄さを知っていただけるようになりました。そして、一度モーターの走りを経験してしまうと、エンジン車には戻れないといった声も耳にします。販売店でも、お客様にリーフとノートe-POWERの両方を試乗していただき、利用のご事情に合わせた選択をしていただく営業の仕方もしています。ノートe-POWERの誕生が、リーフ販売の後押しにもなっているのです」

どんどん身近になるEV、勢いづく日産のマーケ部隊

低速トルクの太いディーゼルターボエンジンが運転のしやすさを謳うが、EVのモーターはそれ以上に力強く、であるからこそ少しのアクセル操作でも速度にのせていくことができる。軽いペダル操作は、運転のしやすさにつながるのである。そういった部分が、もうエンジン車には戻れないといった声にもつながっているのだろう。なおかつ、排ガスゼロはEVならでは強みだ。

クルマの進化という技術開発と、エンジン車とは違うEV体験の提供というマーケティングの取り組みが両輪となり、いよいよ、EVを身近に感じられる時代が近づきつつあると言えるのではないか。“やっちゃえ NISSAN”から“ぶっちぎれ 技術の日産”へ、EVのマーケティングも勢いづいている。

関連記事
ミラノのデザイン展示会で注目を集めた日本企業の新提案

ミラノのデザイン展示会で注目を集めた日本企業の新提案

空気の可視化に挑戦したダイキン

素材の新たな可能性を見せた住友林業とINAX

話題のパナソニック 透過ディスプレイの展示も

4月9日よりイタリア・ミラノで開催された「ミラノサローネ国際家具見本市」と「ミラノデザインウィーク2019」。そこには、数多くの日本企業が出展していた。

ミラノで開かれたこのデザイン系のイベントは、CESやIFA、CEATECなどテック系の展示会のように、最新技術にフォーカスしたものではない。各社の展示では、コンセプチュアルな提案や、企業としての哲学をインストラクションとして発表するものが多く見られた。

今回は、日本企業による代表的な展示をいくつか紹介したい。

多くの日本の企業が出展していたデザインウィークの「SuperDesign Show 2019」

ダイキンは空気を可視化すると言う試みに挑戦

昨年に続き、4年目の「ミラノデザインウィーク」への出展を行ったダイキン。エアコンをはじめとする空調メーカーとして世界的にも知られ、実は年商2兆円のうち、約8割を海外で売り上げている。

欧州や中国など世界各国で事業を展開しているが、その中でも強いのが開催地であるイタリアだ。「ミラノデザインウィーク 2019」では、現地法人のダイキンイタリアが中心となり、同社の哲学を伝えるためにインスタレーションの展示を行っていた。

ダイキンとnendoがコラボしたインスタレーションには、常に行列ができていた

2019年のダイキンは昨年に引き続き、佐藤オオキ氏を中心とするデザインオフィス「nendo」とコラボレーションした展示を行っていた。今年の展示タイトルは「breeze of light」。テーマは「空気」だ。実際に会場となった「TENOHA MILANO」を訪れ、体験してみた。

真っ暗な廊下を抜けた後、目の前に広がったのは約32m×18mの大空間。そこには偏光板で作った約1万7,000本の花が並んでいる。来場者がその中にある小道を進んで行くと、天井にセットされた115灯の照明の光がゆっくりと動く。すると、それを受けた偏光板の花が作り出す光と影も動き出す。

空間内に入ると静寂の中にふわっとした空気を感じた。それは空気を視覚的に感じていたためだと後でわかった

まるで風が吹いているかのような感覚にとらわれるが実際には吹いていない。偏光板という存在を通して光が空気を感じさせてくれているのだ。会場の奥の方には"もや"をかけており、空間の広がりも感じられるようになっていた。

偏光板で作った1万7,000本の花。花が薄くなったり濃くなったり、影ができたりを繰り返す

ダイキンのインスタレーションで試みられていたのは「空気の可視化」だ。実際に空間の中で風は吹いていない。しかし、光と影がそれを感じさせてくれる。今そこに空気があると自然に認知できるのだ。

ダイキンはエアコンや加湿器、空気清浄機などを取り扱い、温度や湿度を調整して、快適な空気を作り出そうとしている会社だ。今回の展示は、空気を可視化し、デザインしていくというダイキンの哲学を表したものだった。

木材を活かす住友林業、水と人の文化をみせたINAX

住宅メーカーの住友林業と、住宅設備を取り扱うLIXILグループのINAXの展示を紹介したい。両者に共通するのは、それぞれ「木材」と「水」という、事業の根幹となる素材をテーマにした展示を行っていたことだ。

今回がミラノデザインウィークへの初出展だったという住友林業は、(以下で挙げる)木材が持つ7つの効能を紹介していた。

(1) 思考力を持続させる
(2) 緊張を和らげ、集中力を持続
(3) 脳を活性化する水平の木目
(4) ストレスを溜まりにくくする
(5) 時の流れを短く感じさせる
(6) 目に優しい反射光
(7) 記憶の想起

会場には、これらの効果・効能を実際に形にした木製プロダクトとして、卓上パーテーションと天蓋を出展していた。住友林業によると、例えば病院の待合室などにこの天蓋を配置することで、待ち時間を短く感じられるようになり、ストレスを下げる効果が期待できるという。

ウォルナット、オーク、チーク、チェリー、スギ材で制作された天蓋。確かにこれが頭上にあると不思議な優しさを感じる

また、パーテーションは木目の方向にも意味があり、縦向きの場合は集中力が増し、横向きの場合はリラックス効果が得られるといい、設置する空間によって使い分けられるとしていた。ともに、木材が持つ可能性を感じさせてくれる展示だった。

様々なサイズ、形状のパーテーションを用意。仕事場でも使えそうだ

一方、バスルームなどを手掛けるINAXのブースは、「The Rituals of Water」(水の文化)をテーマに、同社の歴史的な記録や製品の数々を紹介するとともに、ショートムービーなど様々なアプローチでINAXの考える水の世界観を提案していた。

明治時代に作られた染め付けの便器。トイレへの美意識の歴史がわかる

さらに会場ではアジア各国に販売を予定しているトイレ、浴槽、洗面器、そして金具やタイルなどで構成された新コレクション「S600LINE」と「S400 LINE」のお披露目も行っていた。「日本の美意識を現代のスタイルで取り入れた」というプロダクトになっており、新しさと懐かしさの両方が感じられるものに仕上がっていた。

新作の「S600LINE」のバスタブ。日本的な美しさを感じられた

このほかにも日本の多彩な水の文化を表す展示として、日本の水景をモチーフに様々な仕上げが施された薄型洗面器などのプロダクトも紹介していた。

日本各地をイメージしたカラフルなセラミック製の薄型洗面器「CERAFINE」

パナソニックは透過OLEDをひっそりと公開

今年のミラノサローネにパナソニックは参加していなかったが、スイスの家具メーカー Vitraのブースで、パナソニックが同社と連携して開発した透明ディスプレイを見ることができた。

電源オフでは背景が透けて見え、電源を入れると映像が映るパナソニックの透明テレビ

パナソニックの透明ディスプレイは、今年の3月に中国・上海で開催された「AWE 2019」でお披露目されていたが、ミラノで展示されていたものはデザインが少し異なり、周囲を木の枠に囲まれた姿で登場。注目度は高く、多くの来場者が足をとめて透明ディスプレイに見入っていた。

日本でよく知られた企業の展示を紹介してきたが、いずれも国内の展示会で見せる顔とは一風変わったものばかり。各社のデザイン理念が体験できるものとなっていた。ここで披露された展示や製品が、国内で「逆輸入」的に注目を浴びることもあるため、今後の展開にも期待したい。

関連記事
Gmailで削除したメールをゴミ箱から復元させる方法

Gmailで削除したメールをゴミ箱から復元させる方法

2019.04.19

Gmailでは「送信済み」「ゴミ箱」に絞ってメールを検索できる

誤って削除したメールをゴミ箱から復元するには?

Gmailで保存しているメールは、指定ワードで検索することができる。受信トレイだけではなく、「送信済み」といったディレクトリ単位でも探せるので、検索結果を絞り込みたいときに便利だ。

メールを検索する

まずは一般的なメールの検索方法を紹介する。方法は簡単。検索窓にテキストを入力するだけだ。検索ボタンを押すと、そのテキストを含むメールが一覧で表示される。検索対象はゴミ箱や迷惑メールを除くすべてのメールだ。

また、ディレクトリ単位での検索も可能。たとえば「送信済み」を選択した状態だと、検索窓に「in:sent」というワードが最初から入力されている。この状態で検索テキストを入力すると、送信済みメールのなかから検索テキストを含むメールが検索される。仮に「送信済み」のメールリストを開いている状態でも、「in:sent」の文字を削除してから検索すれば、すべてのメールが検索対象になる。

Gmailの検索窓にテキストを入力すると、該当するメールが表示される
「送信済み」を選択して同様に検索すると、ボックス内のみを対象にすることができる

メールを削除する

メールを削除する場合は、表示エリアの左端にあるチェックボックスを使う。チェックされた状態でゴミ箱アイコンをクリックすれば削除は完了する。表示されているメールを一度に削除したい場合は、上部にあるチェックボックスをクリックすると、表示されているすべてのメールが選択されるので、その状態で、ゴミ箱アイコンをクリックすればよい。

個別のメールを削除するには、一覧表示中で右側に表示されるゴミ箱もしくは、メールを開いた状態で件名上に表示されているゴミ箱をクリックする方法もある。

メールの左端にあるボックスにチェックを入れる
上段のボックスをクリックすると表示中のメールすべてにチェックが入る
選択した状態でゴミ箱アイコンをクリックすれば削除が完了。メールは「ゴミ箱」に移行される

削除したメールを元に戻す

ゴミ箱に移動したメールは、完全に削除される前であれば元に戻すことができる。うっかり削除してしまった場合は、次の操作でゴミ箱から受信トレイなどへメールを移行させよう。

削除したメールを受信トレイに戻すには、削除したときと同じ要領でメールを選択し、フォルダアイコンのリストから「受信トレイ」を選べばよい。もしくは、右クリックメニューから「受信トレイに移動」を選択するか、メールを開いた状態で件名のうしろにある「ゴミ箱ラベル」の「×ボタン」をクリックする。

ただし、ゴミ箱にあるメールを「完全に削除」すると、復元が難しくなるので注意が必要だ。また、ゴミ箱に移動したメールは30日後に自動的に完全削除される。

左メニューから「ゴミ箱」を選び、復元させたいメールをチェックボックスで指定する。そのあと「フォルダアイコン(移動)」から「受信トレイ」を選択する
右クリックでも同様の操作が可能

迷惑メールが届いたら

Gmailが迷惑メールだと判断したメールは、「迷惑メール」ディレクトリに自動的に振り分けられるようになっている。しかし、ときには受信トレイに迷惑メールが届くこともある。

手動削除や迷惑メールフォルダへの手動移動でもいいが、その他メニューから「迷惑メールを報告」を選択すると、類似メールを迷惑メールフォルダに自動で移行してくれるようになる。

反対に、迷惑メールに誤って通常のメールが振り分けられることもあるので、ときどき迷惑メールフォルダに大事なメールが入っていないか確認するといいだろう。

迷惑メールが届いたらメールの右上にある「…(縦3点)」をクリックしてメニューから「迷惑メールを報告」を選択しよう

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事