「ビジョン・クーペ」が登場、モーターショーでデザインを語るマツダ

「ビジョン・クーペ」が登場、モーターショーでデザインを語るマツダ

2017.10.31

10月28日から一般公開された「第45回 東京モーターショー2017」で異彩を放っているのがマツダだ。電動化の流れに反旗を翻すような「夢のエンジン」を発表するとともに、新世代の「魂動」(こどう)デザインも展示。これまでとは何が違うのか、会場でデザイナーに聞いた。

「マツダ 魁(カイ) CONCEPT」とプレスブリーフィングに登壇した小飼雅道社長

電動化だけではないモーターショーの見どころ

東京モーターショーが、先週土曜日から東京ビックサイトで一般公開されている。筆者は先週、水・木曜日のプレスデーでひと足先にチェックすることができた。同業者の話にもあったけれど、一言で言えば予想以上だったと思っている。

一部のマスメディアは電動化にしかスポットを当てなかったようだが、実際は、それ以外にも見どころがたくさんあった。その中で、個人的に印象に残ったのは“ジャパニーズ・ヘリテージ”の流れだ。

トヨタ自動車は超高級車「センチュリー」を21年ぶりにモデルチェンジし、ダイハツ工業は1960年代の大衆車の復刻版と言えるコンセプトカー「DN COMPAGNO」(DNコンパーノ)を出展。2輪車では本田技研工業が累計生産台数1億台を達成した「スーパーカブ」の新型、そして川崎重工業(カワサキ)は、1970年代に一世を風靡したスーパースポーツ「Z1」の復刻版と言える「Z900RS」を送り出した。

トヨタは「センチュリー」をモデルチェンジ(左の画像)。ダイハツはコンセプトカー「DNコンパーノ」(画像右の右側)を「コンパーノ・ベルリーナ」(同左側)と並べて展示

一方で、文字どおり我が道を行っていたブランドがあった。マツダだ。同社は2010年、「スカイアクティブテクノロジー」(SKYACTIV TECHNOLOGY)という新世代技術の投入を発表するとともに、コンセプトカーの「靭」(シナリ)を公開し、「魂動」(こどう)という新しいデザインテーマを提案した。今回は、この2つのテーマの新たなステップを展示していたのだ。

エンジンも展示したマツダの独自路線

このうちスカイアクティブについては、別の記事でテストコースでの試乗記事を紹介している。ガソリンとディーゼルの“いいとこ取り”といえる夢のエンジン、つまり、ガソリンを燃料としつつディーゼルのような圧縮点火方式を実現することで燃費性能を大幅に高めた「SKYACTIV-X」だ。

そこで今回は、もうひとつのトピックである魂動デザインの深化(進化ではない)について、コンセプトカーを紹介しながら解説していきたい。

今回のモーターショーでマツダは、「マツダ VISION COUPE」(ビジョン・クーペ)と「マツダ 魁(カイ) CONCEPT」(魁コンセプト)という2台のコンセプトカーを世界初公開した。

「ビジョン・クーペ」(左)と「魁コンセプト」

このうち魁コンセプトは、前述したSKYACTIV-Xや、スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャーと名付けた新世代プラットフォームを採用しており、次期「アクセラ」なのではないかという噂もある。純粋に魂動デザインの深化を表現したコンセプトカーはビジョン・クーペになる。

照明にもこだわり、RXビジョンとも共通項

会場に着くと、落ち着いたメタリックカラーをまとう流麗な4ドアクーペがターンテーブルに置かれていた。上からは、ターンテーブルと同じぐらい大きな円形の照明の柔らかい光が、ビジョン・クーペを照らしている。

円形の照明に照らされた「ビジョン・クーペ」

そのシーンを見た瞬間、筆者は2年前の東京モーターショーのマツダ・ブースを思い出した。そこには「Mazda RX-VISION」(RXビジョン)と名付けられたスポーツカーが、同様の舞台装置の中で展示されていた。

2年前は、マツダがロータリーエンジン搭載車に使って来た「RX」の2文字を用いていたものの、他のブランドもコンセプトカーに起用することが多い「ビジョン」という言葉を使ったところは共通しているし、なによりも、天井に仕込まれた照明のデザインが似ていた。

東京モーターショーに先立ちマツダが開催したイベント「マツダデザインナイト2017」で展示されていた「RXビジョン」

「艶」と「凛」で次世代のデザインを語るマツダ

マツダのデザイン本部アドバンスデザインスタジオでビジョン・クーペに関わった岩尾典史氏に話を聞くと、前回のRXビジョンと今回のビジョン・クーペには共通項もあるという。

魂動デザインは2010年に発表した「靭」以来、草原を駆けるチーターなど、生きた形をスタイリングにすることを普遍的な根源としている。その点では、2年前のRXビジョンと今回のクーペ・ビジョンは共通しているという。

「具体的には『艶』と『凛』、つまり艶やかさと凛とした部分を共有しているところは同じです。しかし、RXビジョンが艶やかさを重視して造形されたのに対し、ビジョン・クーペは凛とした部分を強調して造形したという違いがあります」(岩尾氏)

「艶」と「凛」を共有する「ビジョン・クーペ」と「RXビジョン」

凛とした部分とは、日本の美意識の中にある「引き算の美学」に宿っているという。これ見よがしに主張するのではなく、引くこと、省略することで生まれる余白の豊かさだ。マツダはこの部分を大切に考え、キャラクターラインなどの線で個性を表現するのではなく、面に当たる光の移ろいを表現することに挑戦したというのだ。

光の当たり具合を反映する面の表現

たしかにビジョン・クーペを見ると、現行「アテンザ」や「アクセラ」などに用いているボディサイドのキャラクターラインがない。RXビジョンもそうだった。線に頼らない、面で魅せるデザインを貫いている。

光の当たり具合で表情を変えるクルマ

線に頼らないデザインは想いを伝えることが難しい。光が当たったとき、線があればそこで明暗がくっきり分かれるけれど、面の凹凸は光の角度によっては分かりにくい。そこでマツダは照明にこだわった。2年前のRXビジョンと今回のビジョン・クーペの展示に使われた大きな白い照明装置だ。

RXビジョンが出展されたとき、デザイン本部長として魂動デザインを立ち上げた前田育男氏にRXビジョンについて伺ったところ、照明もデザインの一部という答えが返って来た。今回のビジョン・クーペも同様のこだわりで作り上げられたのだろう。

光がデザインの一部となる(画像提供:マツダ)

ビジョン・クーペの正面に立ち、ゆっくり回転していく車体を見ていると、ボディサイドで少しずつ姿を変えていく光の映り込みが、屋外の道を走り去っていくときの光の移ろいに見える。それをインドアのブースで体感するための装置なのだ。そして色にも工夫がある。

「前回のモーターショーに展示されたRXビジョンは、艶やかさをアピールするために、魂動デザインのイメージカラーとしてきた『ソウルレッド』の進化形と言える赤を用いました。しかし、今回のビジョン・クーペでは、金属質の強さを再現したいという目的があったのでダークシルバーとしました」(前出の岩尾氏)

ダークシルバーで金属質の強さを表現(画像提供:マツダ)

クーペスタイルにも反映されるマツダの伝統

4ドアクーペというボディタイプにした理由もある。プレミアムブランドでこの種のボディがトレンドになっているからではない。マツダは乗用車第1号の「R360クーペ」、前輪駆動のロータリーエンジン車であった「ルーチェ・ロータリークーペ」など、クーペにこだわってきたブランドのひとつだ。ビジョン・クーペはこうした文化を反映したデザインでもある。

1969年発売の「ルーチェ・ロータリークーペ」(画像提供:マツダ)

2年前に公開されたRXビジョンは近い将来、ロータリーエンジンを積んだスポーツカーとして市販化されると噂されている。今回のビジョン・クーペは、次期「アテンザ」になるのだろうか。これまでもコンセプトカーのデザインを量産車に忠実に反映してきたマツダだからこそ、「SKYACTIV-X」だけでなく新世代の魂動デザインにも注目したい。

関連記事
LINE WORKSを削除(解約)するには?

LINE WORKSを削除(解約)するには?

2019.03.21

LINE WORKSを解約したいと思ったら

解約の前にまずは「所属メンバーの削除」を行う

ユーザーは自分のアカウントを削除できるの?

LINE WORKSを試験的に導入したけれど合わなかったという場合や、利用していたプロジェクトが終了したから削除したいという場合に備えて、LINE WORKSを削除(解約)処理する手順をまとめておく。

LINE WORKSの削除はメンバー削除から

「管理者画面」を開いた上で「基本設定」を開くと、左メニューの一番下に「LINE WORKSの解約」という項目がある。ただし、使っている最中にいきなり解約しようとしても「解約できません」と表示されるはずだ。解約のためには、先に所属メンバー全員を削除しなければならない。

「基本設定」で「LINE WOKRSの解約」を選択
メンバーが残っていると解約できない

メンバー削除は、上メニューで「メンバー」を選んだ画面から行える。最高管理者は削除できないため、解約準備ならば上部のチェックボックスを使って全員を一括選択してから、最高管理者のチェックだけを外すのが簡単だ。上にある「削除」をクリックすると確認画面が表示されるので、「メンバー削除」で完了させよう。

なお「副管理者」など役職者については先に権限を削除してからでなければメンバー削除ができないので注意して欲しい。

「メンバー」で最高管理者以外を選んで「削除」をクリック
確認画面で「メンバー削除」をクリックしよう

解約理由を添えて処理完了

再度「基本設定」で「LINE WORKSの解約」を選ぶと、メンバーの削除が完了していれば解約へ進む画面が表示されるはずだ。最高管理者のパスワードと、解約理由のアンケートを入力すれば解約が完了する。

最高管理者のパスワードを入力
解約理由のアンケートも必須項目だ

個人アカウントの削除方法は?

LINE WORKSを管理者ではなくユーザーとして利用している場合、自分のアカウントを削除することはできない。

LINE WORKSのユーザーアカウントは、会社のメールアドレスのようなイメージだ。アカウントに利用する文字列などはユーザーが決められるが、アカウントの存在自体は管理者がそれぞれに発行している。そのためユーザー側はログインしないことで「使わない」状態にはできても、削除はできない。もし退職する、プロジェクトから外れるなど事情がある場合には、管理者にメンバー削除の依頼を出そう。

同じく、最高管理者の権限を持っている人が異動等でアカウントを削除したい場合には、まずは権限の委任をして、一般ユーザーになってからメンバー削除をしてもらう必要がある。

「LINE WORKS 完全指南 設定&使い方」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/lineworks

関連記事
総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事