新幹線vs旅客機! 移動時間・快適さはどちらが上か? 出張族必見の検証記

新幹線vs旅客機! 移動時間・快適さはどちらが上か? 出張族必見の検証記

2017.08.18

“出張”を命ぜられるビジネスパーソンは多いことだろう。筆者もしばしば出張におもむくが、まれに移動手段をどうするか、悩むことがある。東京に勤めている筆者の場合、出張先が名古屋や大阪ならば、迷わず新幹線を選ぶ。

旅客機を使って名古屋や大阪に出向く方もいらっしゃるだろうが、この距離ならば多くの方が新幹線を選ぶのではないだろうか。

一方、北海道や九州、四国といった海を越える地域におもむく場合は、まず間違いなく旅客機をセレクトする。新幹線の路線から距離のある、島根県や鳥取県の都市を目指す際も旅客機が第一候補だ。

だが、新幹線か旅客機か、微妙に悩む行き先もある。たとえば青森。新幹線ならば約3時間30分の乗車時間、旅客機ならば1時間と少しの空の旅となる。移動時間だけを考えれば旅客機が圧倒的に有利だが、なぜ、どちらにするのか躊躇するのか……。

目的地の距離によっては、どちらを利用するか悩む新幹線と旅客機

旅費のちがいというのもあるが、どうせ会社持ちの経費なので二の次。問題は、羽田空港までの移動時間、そして青森空港から市内への移動時間を考えると、一概に旅客機が有利とは思えないことだ。

先輩社員の出張に便乗

そんな折、この微妙な距離の都市におもむくのに、新幹線か旅客機か、どちらが有利なのか検証できる機会を得た。会社のS先輩が、ある都市に新幹線で出張するのだという。筆者は早速、“新幹線vs旅客機”の検証企画について上司に掛け合い、渋い顔をされながらも許可を得た。筆者は旅客機担当。先輩の出張にまさに“便乗”するというワケだ。

その目的地は広島駅だ。

まず、東京~広島への距離をチェックしてみる。東京駅から広島駅までは、直線距離で約680km。新幹線の場合、約3時間50分の移動時間となる。先ほど例に挙げた青森までの直線距離は約570kmなので、それよりも少し遠く、新幹線での移動時間も約20分長い。

一方、羽田空港から広島空港までの飛行時間は約1時間20分。広島駅まで4時間近くもかかる新幹線に比べれば、圧倒的に旅客機が有利に感じる。「これは勝負あったかな?」と、検証前からほくそ笑んだ。

さて、早速S先輩に企画趣旨を説明したところ、快諾をいただき、お互いのスマホのメッセージ機能によって、「現在、どの辺にいるのか」という連絡を当日にやり取りすることになった。そして何時の新幹線に乗るのかたずねてみたところ、8時30分東京駅発の「のぞみ17号」だという。7時50分頃には自宅最寄り駅を発つという話だ。

ならば筆者も、7時50分頃に自宅最寄り駅を出発して搭乗できる航空便を選ばなくてはならない。候補は2便。9時35分羽田発の「ANA675」か、9時50分羽田発の「JAL257」だ。ただ、自宅最寄り駅から羽田空港国内線ターミナル駅までは1時間以上かかる。チェックインや保安検査の時間を考えると、ANA675では少々危険だ。ここはJAL257に搭乗することに決めた。

ちなみに、検証日の数日前に「お互い、会社から同時スタートしてみては?」とS先輩に提案したことがある。だが、S先輩は「長距離の出張前に一度会社に寄るのはマレでしょ。直行のほうがリアリティは高い」とのこと。「確かに……ちがいない」と納得し、自宅最寄り駅を同時間にスタートするという方式となった。

さて、当日は台風5号の影響に若干心配があったが、すでに北東に過ぎ去り電車に遅れもなく、羽田空港に9時過ぎに到着。保安検査を済ませ、搭乗ゲートロビーに9時20分頃、到着した。9時35分発のANA675では、超ギリギリだったわけだ。

スタートでかなり差がつく

8時30分の発車を示す掲示板

ここで、スマホを確認すると、8時30分過ぎに「発車したよ」というメッセージが残っていた。わかってはいたことだが、「ウワ、もう50分前に出発しているのか!」と冷や汗をかいた。そこで「今どこ?」とメッセージを送ってみたところ、「静岡かな? それとも浜松?」とあいまいな返信がきた。

これは、あとから聞いたことだが、S先輩は車内で文庫小説を読んでいたのだそうだ。新幹線に乗車中、現在地を知るスベはおもに以下の3つだろう。「通過する駅の表示板を読み取る」「車両にある掲示板の“○○駅を通過しました”の表示をチェック」「地図アプリを起動して現在地を調べる」だ。1番目は窓側席かつ、人間離れした動体視力がなければまず無理。2番目3番目は、常に掲示板やスマホをチェックしなくてはならず、こちらから企画への協力をお願いしているS先輩に強いるのは心苦しい。現在地があいまいな答えになっても仕方がないというものだ。

ただ、こちらは羽田空港からまだ1歩も進んでいないのに、S先輩の返信から東京~名古屋間の半分ぐらい、いや、それ以上進んでいるのかもしれないというのがわかった。

そして9時35~40分頃、搭乗が始まった。搭乗が終了しても10分ほどタキシングに移らなかったが、これは離陸後に機長のアナウンスで“システムチェックをしていたため”とわかった。この10分がどう影響するのか、S先輩の現在地を知りたかったが、すでに機内なのでスマホの電源は落としている。

広島空港に到着。ここから広島駅を目指す

そしてフライトすること約1時間20分。11時22分頃、広島空港の到着ロビーの床を踏んだ。予定では「11時10分広島空港着」とのことだったので、10分以上ロスしていることになる。そして、真っ先にS先輩の現在地が気になった。早速スマホを起動すると「10:48京都」「11:03新大阪。1分たりとも遅れない日本の新幹線スゴイ!」「11:18新神戸」と、3通のメッセージがS先輩から送られていた。

つまりだ。筆者が広島空港の到着ロビーに足を踏み入れた約5分前、S先輩は新神戸を過ぎたことになる。「さすが飛行機! 一気に大逆転!!」とは思ったが、ここからが正念場だ。というのも、広島空港は広島市街から東に直線距離で約40kmも離れている。ここからリムジンバスで広島駅に向かわなくてはならない。ちなみに、“タクシー利用はナシ”というのが、今回の取り決めだ。

ここで、痛恨のポカ。空港のトイレに寄ってリムジンバス乗り場に向かうと、11時30分発広島駅行きバスが発車したところだった。まっすぐバス停に向かっていればタイミング的に間に合ったはずだ。ただ、ついていたのは、次のバスが11時40分発だったこと。空港リムジンバスは、1本逃すと30分以上待ちというのは珍しくない。それが、10分待ちで済んだのだから、ラッキーだったといえよう。

さて、リムジンバスが出発してからしばらくして、S先輩に「今どこ?」とたずねると、「あと4分で岡山駅」とのこと。新幹線は定刻どおりなら広島駅に12時26分に到着する。一方、11時40分発広島駅行きリムジンバスは、時刻表によれば12時25分に到着予定となっている。これは、かなりきわどい。新幹線のダイヤが乱れることは滅多にないので、おそらく定刻どおりだろう。一方、バスは「渋滞」というマイナス要素がつきまとう。「渋滞しているかどうかがカギだな」とビクつきながら、窓の外を眺めると、山陽自動車道はすこぶる快調に流れていた。

分単位のデットヒートに! 勝負の行方は?

ただ、高速を降り、広島市内に入ると様相が変わった。渋滞とまではいかないが、何度か信号待ちにつかまる。焦りをおぼえ始めたころ、S先輩から「あと5分で到着」とのメッセージが届いた。土地勘がないので、バスが広島駅にどのくらい近づいているのかわからないというジレンマも生じる。スマホの地図アプリで確認すると、広島駅のわりと近くまで来ているみたいだ。

だが、無情にもS先輩から「着いたよ~」のメッセージが……12時27分だったので、ほぼ定刻に着いたのだろう。そして、その5分後「広島駅新幹線口に到着しました」という、バス運転手のアナウンスが流れてきた。わずか5分……旅客機のフライトが遅れなければ、広島空港でトイレに寄らなければ、わずかの時間だが新幹線に勝てた計算になる。そしてS先輩は本来の目的である業務に向かった。一方、筆者は1泊し、広島市内や宮島見学を満喫してきた。

左から原爆ドーム、広島城、宮島の大鳥居

東京に戻り、S先輩と今回の検証について意見を交換した。まず“安定感”について。これについては圧倒的に新幹線に分がある。S先輩によると、ほぼ定刻どおりに駅に停車し、予定どおりに広島駅に到着したそうだ。一方、旅客機は、今回のようにフライトが遅れることがままある。市街に向かうバスが渋滞に巻き込まれることも考えられ、予定時間に正確に着けるかどうか読めないところがある。

続いて“乗車・乗機時間”。これはもう、飛行機の圧勝だろう。広島駅まで4時間近く乗車する新幹線に比べ、約1時間20分で済む。羽田行き京浜急行やリムジンバスの乗車時間もあるが、目的地近くの空港に短時間でアクセスできるのは心理的にラクだ。

喫煙者にやさしい「のぞみ号」

そのほかはどうだろう。まず“食事”について。両名とも朝食を抜いてきたため、移動中に食事を済ませた。S先輩は車内でサンドイッチ、筆者はチェックイン後にロビーでパンを食べた。豊富な駅弁が入手できることを考えれば、新幹線に軍配が上がりそうだ。

そして“喫煙”について。両名とも喫煙者なので、これははずせないポイントである。東海道新幹線は喫煙者にやさしく、東京駅ホームに喫煙所、のぞみ号には車内に喫煙ルームがある。一方、羽田空港は搭乗ゲートロビーに広めの喫煙室があり、ここでタバコを吸える。もちろん機内は禁煙だが、乗機時間が短いので十分にガマン可能。目的地の空港にも喫煙所が用意されている。もっとも地方の場合、喫煙所はターミナルの外ということも多いが……。車内に喫煙ルームがない東北新幹線などと比べた場合、旅客機のほうが喫煙者へのストレスは少ないか。

左はS先輩が食したカツサンド。右は喫煙ルーム。車窓を眺めながら一服

2人の意見が大いに合致したのは「楽しかった」ということ。まさか、異なる公共交通でここまでの“デッドヒート”になるとは思わなかった。今回の検証でやりとりされたメッセージのラストは「楽しかった!」「盛り上がりましたね」というものだった。

LINE WORKSを削除(解約)するには?

LINE WORKSを削除(解約)するには?

2019.03.21

LINE WORKSを解約したいと思ったら

解約の前にまずは「所属メンバーの削除」を行う

ユーザーは自分のアカウントを削除できるの?

LINE WORKSを試験的に導入したけれど合わなかったという場合や、利用していたプロジェクトが終了したから削除したいという場合に備えて、LINE WORKSを削除(解約)処理する手順をまとめておく。

LINE WORKSの削除はメンバー削除から

「管理者画面」を開いた上で「基本設定」を開くと、左メニューの一番下に「LINE WORKSの解約」という項目がある。ただし、使っている最中にいきなり解約しようとしても「解約できません」と表示されるはずだ。解約のためには、先に所属メンバー全員を削除しなければならない。

「基本設定」で「LINE WOKRSの解約」を選択
メンバーが残っていると解約できない

メンバー削除は、上メニューで「メンバー」を選んだ画面から行える。最高管理者は削除できないため、解約準備ならば上部のチェックボックスを使って全員を一括選択してから、最高管理者のチェックだけを外すのが簡単だ。上にある「削除」をクリックすると確認画面が表示されるので、「メンバー削除」で完了させよう。

なお「副管理者」など役職者については先に権限を削除してからでなければメンバー削除ができないので注意して欲しい。

「メンバー」で最高管理者以外を選んで「削除」をクリック
確認画面で「メンバー削除」をクリックしよう

解約理由を添えて処理完了

再度「基本設定」で「LINE WORKSの解約」を選ぶと、メンバーの削除が完了していれば解約へ進む画面が表示されるはずだ。最高管理者のパスワードと、解約理由のアンケートを入力すれば解約が完了する。

最高管理者のパスワードを入力
解約理由のアンケートも必須項目だ

個人アカウントの削除方法は?

LINE WORKSを管理者ではなくユーザーとして利用している場合、自分のアカウントを削除することはできない。

LINE WORKSのユーザーアカウントは、会社のメールアドレスのようなイメージだ。アカウントに利用する文字列などはユーザーが決められるが、アカウントの存在自体は管理者がそれぞれに発行している。そのためユーザー側はログインしないことで「使わない」状態にはできても、削除はできない。もし退職する、プロジェクトから外れるなど事情がある場合には、管理者にメンバー削除の依頼を出そう。

同じく、最高管理者の権限を持っている人が異動等でアカウントを削除したい場合には、まずは権限の委任をして、一般ユーザーになってからメンバー削除をしてもらう必要がある。

「LINE WORKS 完全指南 設定&使い方」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/lineworks

関連記事
総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事