Appleは市場に懐疑的? Amazonが圧倒する「スマートスピーカー」の現状とは

Appleは市場に懐疑的? Amazonが圧倒する「スマートスピーカー」の現状とは

2017.07.09

米Amazonが2016年末、同社のホリデーシーズン商戦でスピーカー型スマートデバイス「Amazon Echo」関連ビジネスの好調を伝えてから早半年以上が経過し、IT業界各社からは次々と競合デバイスの市場投入が発表されている。

Amazon Echo

雨後の筍のように続々と登場する「スマートスピーカー」だが、どのような製品があり、実際にどういったユーザー層や用途を狙っているのだろうか。最新の事情をまとめてみた。

Amazon Echo+Alexaのブームが起きるまで

スピーカーを通じて「Alexa (アレクサ)」というAIアシスタントに話かけることで、音楽を演奏したり、家の電灯のオン/オフを行ったり、あるいは最新のニュースや天気予報を教えてもらったり……。手による操作を必要とせず、音声インタフェースを使ってさまざまな機能を利用できるのが、「スマートスピーカー」と呼ばれる製品の特徴だ。

Amazon Echo Dot

Amazonの「Echo」が一般販売開始となったのは2015年6月で意外と古く、すでに2年以上の稼働実績がある。ただ、このAlexa+Echoのような仕組みが注目され始めたのは比較的最近の話だ。おそらく2016年3月に廉価版の「Echo Dot」の提供が開始されて以降、ユーザーの利用が進んだだけでなく、同年末のホリデーシーズン商戦に機能を強化しつつも値下げが行われたバージョンが投入されたことで、トレンドになったのだとみている。

Alexaには、利用可能な機能を追加する「Skill」という仕組みがあり、これをサードパーティの開発者にSDKの提供・開放している。Amazonが用意したSkillのオンラインストアで公開が可能で、Business Insiderの報道によれば2016年第1四半期にわずか135個だったSkillは、翌第2四半期に1000個を突破。第3四半期に3000個、第4四半期に5000個、2017年第1四半期にはついに1万個の大台に乗っている。Skillの拡張が一気に進んだのは2016年夏以降で、スマートスピーカー分野への最終的な製品投入を各社が決定したのもこの時期だと予想される。

だが、Echoが提供されていない米国以外の多くの国でも、Alexa+Echoの組み合わせが大きな注目を集めるようになったきっかけがある。前述の通り、Amazonは2016年ホリデーシーズン商戦における結果を高らかに発表したが、これに加えて家電展示会「CES 2017」で家電各社と数々の提携を発表した。

Amazonによると同時期だけでEchoの売上が前年比9倍の伸びを示し、Alexa関連デバイスの販売も数百万台規模にのぼったという。また、CES 2017ではLGがAlexa対応冷蔵庫を発表するなど、家電各社がAlexa搭載を行った自社製品のデモストレーションを披露し、その勢いを印象づける結果となった。

さらに2017年5月には7インチ液晶ディスプレイ付きのAlexa対応スマートスピーカー「Amazon Echo Show」も発表され、「単なるスピーカー形状にこだわらない」というメッセージをAmazonは出している。

Amazon Echo Show

「IT企業各社がAmazon Echo+Alexa対抗デバイスの準備を進めている」という噂は、2016年前半にはすでに存在していたと認識している。当時名前が挙がっていたのはGoogleとAppleで、前者は2016年5月に開催された開発者会議「Google I/O」において、実際にGoogle Assistantに対応したスマートスピーカーが「Google Home」の名称で発表された。

今年のGoogle I/Oで日本市場への投入が明言されたGoogle Home

同時期にAppleも対抗製品を開発しているという報道が行われたものの、結局同年6月に開催された開発者会議「WWDC16」でこれが発表されることはなかった。最終的にAppleは翌年6月のWWDC17においてSiri対応スマートスピーカーの「HomePod」という製品を発表している。

AppleのHome Pod

米Microsoftは2016年末に中国の深センで開催されたWinHECにおいて、同社のAIアシスタント「Cortana」を搭載したスマートスピーカーを開発するためのガイドラインを発表した。OSにはWindows 10 IoTを利用することで通常のPC向けWindowsと比較しても軽いフットプリントで動作し、さらにディスプレイの有無によって2種類の要求スペックが定義されている。

同時期に、スピーカー製品で知られるメーカーのHarman Kardon (現在はSamsung Electronics傘下)との提携でCortana対応スマートスピーカーを間もなく提供開始するとティザー広告を展開し、これは後の2017年5月に「Invoke」の名称で正式に発表が行われている。

Harman KardonのInvoke

米系以外のメーカーとしては、中国のオンライン通販大手Alibabaが2017年7月に「Tmall Genie」という製品を発表して話題となった。「AliGenie」というAlibaba独自のAIアシスタントを採用しており、Alexa+Echoで実現されるSkillセットの多くが標準で利用可能になっているという。このほか、SamsungがやはりEcho対抗のスマートスピーカーを準備中という報道が出ている。Samsungはスマートフォン「Galaxy S8」発表に合わせてAIアシスタント「Bixby」の投入を発表しており、この開発中のスマートスピーカーはBixby対応になるという。

Tmall Genie

原稿執筆時点でBixbyの英語対応が遅れていることが伝えられているが、米国での競合らがすでに製品提供が行われている既存のAIアシスタントを自社のスマートスピーカー製品に搭載して市場投入している以上、SamsungもまたBixbyをセールスポイントとして売り込むために開発を急ピッチで進めている段階にある。

日本国内ではコミュニケーションサービスを提供するLINEが、AIアシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」を発表し、一部機能が省略された廉価版デバイスを今夏に先行投入する計画だ。無骨なデザインのスピーカーだけでなく、キャラクターを模したユニークなデザインのスピーカー製品「CHAMP」も提供を予定している。

キャラクター商品として投入されるLINEの「CHAMP」。ほかに他社製品同様のシンプルなスマートスピーカー「WAVE」も投入する

現時点で競合はすべて米国や中国など自社の本拠地のみをターゲットに製品を投入しており、まだ日本への市場展開を行っていない。Amazon Echoは2017年内の国内投入が噂されており、GoogleはGoogle Homeの国内販売を明言しているが、LINEは日本を地場とする強みを活かしてClove+WAVEを先行投入する計画だ。

これらハードウェア製品に関して、Appleが事実上自社製品のみで閉じたエコシステムを形成しているのを除けば、基本的にはAIアシスタントの仕様を公開して外部のメーカーに搭載製品を開発してもらうケースが多い。Amazonが典型的だが、すでにLGをはじめとするメーカーからAlexa搭載デバイスが市場投入されている。

Googleも「Google Assistant built-in」の名称でサードパーティでの採用を推奨している。もともとソフトウェアのOEM供給を主眼とするMicrosoftでは、自社がスマートスピーカー製品を出すことはなく、あくまで基本仕様を定めて前述Invokeのようなサードパーティ製品の開発を促している。Amazonは「Development Kits for AVS (Alexa Voice Service)」で音声認識ハードウェア開発に必要なキットも用意しており、可能な限りエコシステムを拡大していこうという意図がうかがえる。

このように盛り上がるスマートスピーカー市場だが、ビジネスモデルがわからないという方も多いだろう。何より「何に使うの?」と疑問に思っているかもしれない。実際のところ、先行するAmazonの事例を見る限り、利用されている機能の多くは「音楽演奏や機器制御などのハンズフリー操作」の部分にある。例えば、スマートフォンを操作することなくお気に入りのプレイリストなどを演奏させたり、就寝時に消灯や目覚ましのセットを行ったりと、非常にシンプルなものだ。

Amazonの狙いはGoogle、Microsoftも目指す道

Amazon EchoとAlexaに関して、「Amazon Prime」に紐付いたサービスだと指摘されることが多い。音楽演奏や普段の購買行動など、Primeのサービスを快適に利用する仕組みが音声のみで簡単に利用できるからだ。また、Amazonは1家に1台とはいわず、複数台のEcho (Echo Dot)導入を推奨しているように見える。

同社はEcho同士で内線通話できる機能の提供を開始しており、各部屋にEchoを設置しておけば家のどこにいてもAlexaに話しかけるだけでサービスが利用できるからだ。おそらくAmazonが目指すビジネスモデルとは、さまざまな場所にEchoを張り巡らせることでAlexaの利用できる環境を整備し、同社サービスへより多くの人々を誘導することにある。あわよくば同社の大きな収益源であるPrimeの加入が増えてくれれば御の字だろう。

Googleもそれに近いビジネスモデルを描いていると思われる。Google Assistantの利用が広がれば、それだけ各種のデータが蓄積されてユーザーのGoogleサービスでの滞留時間が長くなり、結果として同社のビジネスを広げる機会にもなる。Microsoftは現在Azureというクラウドサービスの提供拡大に邁進しており、やはりCortanaを通してAzureの利用を推進することが将来的なビジネスの拡大へとつながる。その意味では、AlibabaやLINEも同種のビジネスモデルを描いていると予想する。

ポートフォリオに合致しないApple

逆に、ビジネスモデルが見えにくいのがAppleだ。100~150ドル以下でデバイスを大量にばら蒔いてエコシステム拡大に努める競合らに対し、AppleのHomePodは349ドルと高価だ。同社はHomePodを高級スピーカーと位置付けており、さらに前述のようにApple自体がクローズドなエコシステムでサードパーティの介入する余地をあまり残していない。

想像ではあるが、Appleはこのスマートスピーカーの市場にいまだ懐疑的で、少なくとも最低限の利益を確保できるレベルで製品を投入し、あまりリスクを負わない方向性を目指しているように見える。投入時期が2017年末と遅く、さらに市場が米国限定というあたりにその方向性がうかがえる。

製品としては、Amazon Echoが音楽利用中心になっていることを勘案して、高級スピーカーとしての性格を強くしたようにも思える。いずれにせよ、ハードウェアをビジネスの主軸に据えるAppleと、これを撒き餌にビジネスを拡大する方向性を見出している競合とは目指すものが異なるようだ。

携帯3社、「2年縛り」の解約月を3か月に延長へ

携帯3社、「2年縛り」の解約月を3か月に延長へ

2019.01.17

携帯電話の「2年縛り」、解約期間が2か月から3か月に延長

契約期間の最後の月(24か月目)での解約金が不要に

携帯電話3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)は、2年間の利用を条件に基本料金を割り引く「2年縛り」契約について、契約解除料がかからない更新期間を2か月から3か月に延長すると発表した。

これによって、従来の25か月目、26か月目に加え、新たに契約期間の最後の月(24か月目)でも、解約金の約1万円を支払う必要なく、契約を解除できるようになる。変更日は2019年3月1日から。

契約解除料の免除期間に、「24か月目」が追加される。例えば、2019年3月に契約期間満了月を迎えるの2年契約のユーザーは、2019年3~5月が契約更新期間になる (ソフトバンクニュースリリース)

1月16日にKDDI(au)とNTTドコモが、遅れて17日にソフトバンクが同様の内容を発表。17日に行われた第6回の有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」に合わせて、携帯各社の発表が揃う形になった。

2018年8月、菅官房長官が携帯電話料金の値下げに言及して以降、携帯電話各社は、通信料金と端末代金を完全分離した「分離プラン」の導入や、4年間の割賦を前提とした買い方プログラムの見直しなど、各種料金プランの変更を繰り返していた。

2019年には新規参入の楽天、2〜4割程度料金プランを値下げする方針を明言したNTTドコモによる新料金プランの発表が控えている。今後の携帯業界の動向にも注目したい。

「eBASEBALL」の初代覇者が決定! 定番プロリーグとして定着なるか

「eBASEBALL」の初代覇者が決定! 定番プロリーグとして定着なるか

2019.01.17

「eBASEBALL」で初代王者を決めるe日本シリーズが開催された

頂点を争ったのは、埼玉西武ライオンズと横浜DeNAベイスターズ

はたして“もう1つのプロ野球”で頂点に輝いたのは?

1月12日、東京ビッグサイトTFT HALL 500にて、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018」のe日本シリーズが開催された。頂点を争ったのは、埼玉西武ライオンズと横浜DeNAベイスターズ。はたして初代王者に輝いたのは、どちらのチームか。

3カ月間の戦いの末、頂点を争う切符を勝ち取った2チーム

「eBASEBALL」とは、野球ゲーム『実況パワフルプロ野球 2018(パワプロ)』を使用した、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共同で開催するプロリーグだ。

2018年7月より行われたオンライン予選、西日本、東日本選考会を経て、9月末に実際のプロ野球球団による「eドラフト会議」を実施。ドラフトで指名された選手は、プロゲーマーとして各球団に所属する形になった。

11月からは実際のプロ野球のペナントレースのように、セ・リーグ、パ・リーグに分かれて「eペナントレース」がスタート。そして12月に行われた、eペナントレース上位チームによる「eリーグ代表決定戦」によって、パ・リーグの埼玉西武ライオンズと、セ・リーグの横浜DeNAベイスターズが、e日本シリーズへの切符を手にした。

パ・リーグ代表の埼玉西武ライオンズは、eペナントレースを13勝2敗の圧倒的な強さで勝ち抜き、eリーグ代表決定戦でも危なげなく、代表権を獲得。対するセ・リーグ代表の横浜DeNAベイスターズは、キャプテンであるじゃむ~選手のデータを活かした戦術と強力打線、そして巧みな投球術でeリーグ代表権をもぎ取った。

埼玉西武ライオンズのなたでここ選手(写真左)、BOW川選手(写真中)、ミリオン選手(写真右)
横浜DeNAベイスターズのヒデナガトモ選手(写真左)、じゃむ~選手(写真中)、AO選手(写真右)
会場は超満員。立ち見席も出るほどの人気ぶりで、まさに日本一を決定するのに相応しい舞台となった

一発勝負の決勝戦! 最後に笑うのは……?

e日本シリーズでは、各チーム3名による3イニング交代制の試合を1戦だけ行う。そこで勝利したチームがeBASEBALL パワプロ・プロリーグの初代チャンピオンになるわけだ。

『パワプロ』でお馴染みの選手の調子発表

選手の調子を見ると、埼玉西武ライオンズは、主力に不調の選手がおらず実力を存分に発揮できそうなラインアップ。横浜DeNAベイスターズは主砲筒香の好調が嬉しいものの、桑原、ソトの不調が厳しい。どちらかというと調子具合は埼玉西武ライオンズが優位に見られた。

さぁ、いよいよプレイボール。まず1人目、埼玉西武ライオンズはミリオン選手、横浜DeNAベイスターズはヒデナガトモ選手がコントローラーを握る。奇しくも、ペナントレースで最多奪三振のタイトルを獲得した2人の対戦となった。

そのため、激しい投手戦が繰り広げられたが、3回裏に均衡が破られる。豪打を誇る埼玉西武ライオンズとしては珍しいスクイズで1点を先制すると、そこから怒濤の連打で計5点をもぎ取り、序盤にして埼玉西武ライオンズが大量リードを得た。

スクイズ、スチールと小技も冴え、一気に5点を奪うミリオン選手
センターフライの捕球ミスやスクイズの打者をアウトにできなかったなど、ミスが出てしまったヒデナガトモ選手

2人目は埼玉西武ライオンズがBOW川選手、横浜DeNAベイスターズがじゃむ~選手と、キャプテン対決。じゃむ~選手が2点を返すも、BOW川選手が1点を追加し、スコア「西武 6-2 DeNA」で最終プレイヤーにバトンが渡された。

埼玉西武ライオンズのキャプテンを務めるBOW川選手
横浜DeNAベイスターズの軍師ことじゃむ~選手

最後は、ペナントレースで急成長した埼玉西武ライオンズのなたでここ選手と、横浜DeNAベイスターズ無敗のエースAO選手の対戦となった。

最優秀防御率のタイトルを獲得し、eペナントレースでの失点はわずか3点と脅威の安定感を持つAO選手は、e日本シリーズでもその実力を発揮。打撃3冠を獲得したなたでここ選手をみごとに完封した。しかしながら、3イニングでは1点を返すのがやっとで、最終スコアは「6対3」。埼玉西武ライオンズが優勝し、e日本シリーズを制した。

今回の大会で急成長したなたでここ選手
横浜DeNAベイスターズのエースとしてチームを牽引したAO選手
ペナントレースから実況を担当した清水久嗣アナはe日本シリーズの実況も担当
解説を務めた元ヤクルトスワローズ監督の真中満氏
同じく解説を務めた元中日ドラゴンズ監督の谷繁元信氏
ゲーム解説を務めるぶんた氏
パワプロ・プロリーグ初代チャンピオンの埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズも横浜DeNAベイスターズも、打撃、特に本塁打に期待できる選手が揃っており、その打撃力で勝ち進んでいたなかで、e日本シリーズではホームランが「ゼロ」という、頂上決戦に相応しい緊迫感のある試合だったといえよう。

e日本シリーズでは博多激獅会も応援に駆けつけ、プロ野球さながらの応援が飛び交った

試合終了後は、優勝の表彰とともに、各個人タイトルの表彰も行われたので、その様子も紹介しよう。パ・リーグでは、首位打者、本塁打王、打点王、最優秀防御率の4冠を埼玉西武ライオンズのなたでここ選手が獲得。最多奪三振は埼玉西武ライオンズのミリオン選手が獲得した。

また、セ・リーグでは、首位打者と本塁打王の2冠を広島東洋カープのカイ選手、打点王と最優秀防御率の2冠を横浜DeNAベイスターズのAO選手、最多奪三振を横浜DeNAベイスターズのヒデナガトモ選手が獲得。そして、MVPには、4冠獲得のなたでここ選手が選出された。

パ・リーグの最多奪三振を獲得したミリオン選手
セ・リーグの首位打者と本塁打王を獲得したカイ選手
セ・リーグの打点王と最優秀防御率の2冠を獲得したAO選手
セ・リーグの最多奪三振を獲得したヒデナガトモ選手
パ・リーグの首位打者、打点王、本塁打王、最優秀防御率の4冠、そしてMVPを獲得したなたでここ選手
e日本シリーズでは12球団のマスコットがそろい踏み。スポンサーであるSMBCのキャラクター「ミドすけ」も登場した

eBASEBALLは試合を重ねるごとに盛り上がりを見せ、決勝の舞台でもあるe日本シリーズでは立ち見が出るほど多くのファンが駆けつけた。プロ野球ファンにとって、オフシーズン時期の楽しみの1つとして、eBASEBALLが定着しそうな気配も感じる。

最後にNPB(日本プロ野球機構)コミッショナーの斎藤惇氏による締めの挨拶にて、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2019」の開催も発表された。来シーズン、さらなる飛躍と盛り上がりに期待したい。