「エクストレイル」に乗って考えた日産“らしさ”の行方

「エクストレイル」に乗って考えた日産“らしさ”の行方

2017.07.14

日産自動車が主力SUV「エクストレイル」をマイナーチェンジして発売した。変更点はいくつかあるが、最も目を引いたのは運転支援システム「プロパイロット」の搭載だ。今回はエクストレイルに乗って新機能を試しつつ、日産が「自動化」と「電動化」を2本柱に進める技術開発の方向性について考えてみた。

試乗した「エクストレイル」はハイブリッドタイプだった

SUVに運転支援機能を展開

日産のSUV「エクストレイル」に、メーカーオプションとして運転支援機能「プロパイロット」が設定された。これは、先にミニバンの「セレナ」に設定された機能で、スイッチを入れると、同一車線内で加減速と操舵を自動的に支援し、より快適な運転ができるようにする。現段階では自動運転と言えず、運転者が操作の責任を負う運転支援だが、適切な条件下であれば、あたかも自動運転のような走りを体験することができる。

ハンドルの右側スポークにあるプロパイロットスイッチを入れ、次に、追従型クルーズコントロールのスイッチを入れると、前を走るクルマとの車間距離を保ちながら、設定速度内で現在走行中の車線内を維持するように、クルマが自ら制御する。前走車がいなければ、設定速度を維持して走行を続ける。

青いマークが見えているのがプロパイロットのスイッチだ

国産車では、スバル「アイサイト」に追加されたツーリングアシストが登場するまで、ハンドル操作をクルマが主導し、車線内を維持する機能は日産セレナのみであった。エクストレイルがマイナーチェンジを受ける時期を捉え、プロパイロットを設定したのである。セレナ発売から約10カ月を経て、今回試乗したエクストレイルのプロパイロットは、着実な進化を体感させた。

進化とは何かといえば、より自然な操作になり、あたかも自分で運転しているかのような、違和感のない作動となったのである。

実は、昨年セレナに搭載されたプロパイロットも、一部の自動車ジャーナリストが評論したほど不出来ではなかった。技術面では改善すべき点があったかもしれないが、機能としては利点を実感できるものであった。

ハンドル操作の過剰は車酔いにつながる

自動車ジャーナリストは全般に一般の消費者に比べ運転に長け、また様々なクルマに乗る機会が多いので、試乗の評価は辛口になりがちだ。それは、技術評論として間違いではない。だが、消費者にとっての利点はどうかという視点では、セレナのプロパイロットも大いに評価されるべき性能であったのだ。

ミニバンの「セレナ」(画像)で「プロパイロット」を始めて導入し、SUVへと同技術を展開した日産

私の見るところ、一般的に多くの運転者は、運転中の視線が近く、たいてい目の前を走るクルマの様子を見ている。だが、本来は目の前のクルマを視界に入れながらも、2~3台前のクルマの様子や、その先の道の行方を見ているべきである。

それができず、目の前のクルマに注目しすぎるあまり、カーブではハンドルの切り遅れが生じ、切り遅れるので急ハンドルになり、急ハンドルになるので切り込みすぎてしまうことが多く、それを修正するためハンドルを切り戻す操作が入る。クルマが惰行すると言うほど大げさではないが、小さく惰行した状態が続くので、運転者はともかくも、同乗者は車酔いを起こしやすくなる。

プロパイロットのハンドル操作で同乗者も安心?

プロパイロットを利用すると、フロントウィンドウの上端に設定されたカメラで前方を見ながら、車線の真ん中を維持するようハンドルが自動調整されるので、曲がっていく車線の通りにハンドルが切り込まれる。つまり、ハンドルの切り遅れも、切り込みすぎも、切り戻しもない。小刻みな惰行をしなくなるので、同乗者は快適かつ安心して座席に身を任せることができ、車酔いもしにくくなる。

エクストレイルとプロパイロットの相性は

とくに、3列シートのミニバンでは、3列目の座席が後輪の後ろ側に位置するため、例えばバスの一番後ろの席に座ったように、体が余計に揺すられて車酔いしやすくなる。そのうえ、運転する人のハンドル操作の、切り遅れ、切り込みすぎ、切り戻しによる小刻みな惰行が加われば、車酔いするのは当たり前だ。プロパイロットなら、それがなくなるというわけだ。

日産が、車酔いしやすい座席のあるミニバンで最初にプロパイロットを設定したことの見識の深さに感銘したものである。結果、セレナ販売台数の7割近くの顧客がプロパイロットを注文しているという。消費者も、よくわかっている。

エクストレイルでは、それでもセレナで気になった点が改善されていると感じた。たとえば、車線の真ん中を維持しながら走行を続けるためハンドルを自動操作する際、ハンドルを小刻みに左右へ修正する様がセレナでは違和感を覚えさせた。その小刻みな動きがエクストレイルではなくなっている。

また、車線の真ん中を維持するとはいえ、セレナの場合はやや左に寄っているように運転席からは見え、路肩に寄りすぎてしまわないか気掛かりであった。これも、エクストレイルでは、運転席から見てまさに車線の真ん中を走り続けるような認識ができるようになった。

進化の理由は車種の違いだけ?

そのほか、速度を設定し、一定の速度で走行中、高速道路入口の合流や、追い越し車線からクルマが前に入ってきたとき、車間距離を保つため速度調節をすることになるが、その際の減速の仕方、あるいは前が開きすぎた際に速度を上げるときの加速の仕方が、唐突ではなく、それでいて遅れることもなく、的確に加減速するようになった。クルマがカメラで前の様子を見て、状況を確認し、判断し、そして操作につなげる様子が、人の運転に近くなったのである。

この改善点について、日産の関係者は一様に、車種の違いによるところが大きいと話す。たしかにセレナはミニバンであるため、車高が高く、走行中にふらつきやすい車種である。それを真っ直ぐ走らせたり、カーブを滑らかに走らせたりするためには、ハンドルの修正をこまめに行う必要があるかもしれない。

プロパイロットが進化したと感じるのは、車種の違いによるところが大きいと日産は説明する

また、今回はエクストレイルのハイブリッド車(HV)で試乗したのだが、セレナのマイルドハイブリッドに比べ、モーターをより積極的に使えるので、回生(モーターを発電機として使いながら、その抵抗で減速させる)による減速や、モーターによる加速により、加減速はより滑らかに、かつ力強く進化していた。その差は、ハイブリッドシステムの違いによる。

とはいえ、セレナ発売から約10カ月の間に開発者たちが尽力した成果が、車種の違いと合わせて、プロパイロットをより使いたくなる性能にしたのは間違いないだろう。

自動制御に適するモーター駆動

今回の試乗では、はからずもモーターの効用が明らかになった。実は、日産のプロパイロットや自動運転技術は、電気自動車(EV)で進められている。そして間もなく、新型「リーフ」にプロパイロットが搭載されることになる。

日産が技術開発の2本柱に据えるクルマの「自動化」と「電動化」の道が、次期「リーフ」でついに交わる(画像は現行リーフ)

プロパイロットや将来の自動運転に、なぜモーター駆動が効果的であるのか。理由は、エンジンとモーターの出力特性の違いによる。

エンジンは、回転数が高まるに従って力を次第に大きくしていく特性がある。それに対しモーターは、回転しはじめるときから最大の力を発揮することができる特徴を持つ。したがって、交通の流れの中で、頻繁に加減速が必要な状況では、起きた事態に対し素早く応答できるのがモーターなのである。

エンジンは、コンピューターが加減速を指示しても、それを実現するため、燃料噴射量を変更し、その燃料を使って燃焼が起こり、そこではじめて力を出す。力を出すまでのステップが多いのがエンジンである。対するモーターは、電流を調節すれば即座に出力を変えられる。この応答の良さが、滑らかな加減速につながる。

エクストレイルのプロパイロットでの加減速がより的確だと感じた理由は、ハイブリッドシステムの違いにあり、エクストレイルの方がセレナよりモーター依存度が高いため、加減速の制御をより緻密に行うことができたのだと想像できる。

間もなく、新型リーフにプロパイロットが搭載される予定だ。EVで、どんな作動感覚を味わわせるのか楽しみである。

音づくりから感じた日産の配慮

もう1つ、エクストレイルで気づかされたのは、運転者のハンドル操作がおろそかになったとクルマが判断した際の警告の出し方である。

まず、メーター内のインジケータに警告が示される。それに気づかないでいると警告音が鳴る。これが電話の呼び出し音のような音色で、しかも音量はそれほど大きくはない。音量が小さいと聞き逃す恐れがあるが、その音を、電話の呼び出し音のようにすることで、人はその音に気付きやすくなるのではないか。

現代人は、日常生活の中で電話への応答には敏感になっている。「ピピピッ」とか「ビー」というような別の警告音であれば、鬱陶しく思ったり、同乗者も不安になったり、音量が大きくないと聞き逃したりしそうだ。しかし、電話の呼び出し音に似た音色であれば、誰もが気付きやすく、なおかつ強い警告音より嫌悪感は少ないのではないだろうか。

今後、自動運転へ向かって開発が進むにつれて、万が一の状況に対し、クルマが運転者や同乗者へ警告を発する場面が増えてくるかもしれない。その際に、確実に認識され、なおかつ鬱陶しく感じたり強く不安を与えすぎたりしない表現方法が必要になってくるだろう。一般的に、ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)といわれる分野だ。

HMIにメーカーごとの個性が出るとすれば、それは将来のクルマ選びに影響を及ぼす要素になる

自動化・電動化の時代に重要となる差別化ポイントとは

EVやHVが低速走行する際、エンジン音がしないので危険だとの指摘を受け、国土交通省は低速走行中の音出しを指導した。それに対し日産は、様々な音を研究し、人工的に音を合成し、耳に心地よく、かつEVらしく、それでいて確実にクルマが走っていることを知らせる音作りをしてきた。それを搭載したリーフの擬音は、他社に比べいい音色だと思う。

次世代のクルマには、そうした人とクルマとの関係を取り持つ新たな表現方法がますます必要になってくると思われる。

EVや自動運転はクルマをコモディティ化するので、メーカー側は商品性を示せなくなったり、クルマがつまらなくなったりするのではないかと懸念する声を耳にする。だが、プロパイロットの仕上がり具合や、リーフの疑似走行音など、メーカーごとの違いを明らかにする手法は、その企業の商品性の与え方や、目指すべき商品の姿が明確であるかに関わってくる。

コモディティ化どころか、差別化がますます不可欠であり、そこが存亡を分けることになるのではないだろうか。

関連記事
NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu