子供とシニアを重視、独自路線を進むトーンモバイルの戦略

子供とシニアを重視、独自路線を進むトーンモバイルの戦略

2017.07.27

"格安"な料金で人気を博し、大手キャリアからユーザーを奪って急成長しているMVNO。そうした中にあって、ハードからソフトまでを自社で手掛け、子供やシニアをターゲットにするなど、独自色を打ち出して販売拡大を進めているのが、カルチュア・コンビニエンス・クラブ傘下のトーンモバイルだ。同社があえて他社とは一線を画す戦略を取る理由はどこにあるのか。

CCC傘下ながら独自性の強いサービスで注目

ここ数年来、大手キャリアからネットワークを借りて、“格安”な月額料金でモバイル通信サービスを提供するMVNOが人気を獲得するようになった。最近では大手キャリアが、MVNOなど格安なサービスに対抗するため安価な料金プランを提供するようになったことからも、その影響の大きさを見て取ることができるだろう。

だがそうしたMVNOの中にあって、「スマートフォンが安く使える」というMVNOの王道の施策に力を入れるのではなく、独自の方針をもってサービス展開している企業もいくつか見られる。そのうちの1つとして挙げられるのが、レンタルビデオショップの「TSUTAYA」などで知られるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の傘下企業であるトーンモバイルだ。

CCC傘下のトーンモバイルが、MVNOとして展開する「TONE」は、他のMVNOとは大きく異なる戦略を取っている

実際、トーンモバイルがMVNOとして展開する「TONE」のサービス内容を見ると、他のMVNOと比べ大きく異なる戦略を取っていることが分かる。多くのMVNOはSIM、つまりネットワークのみを提供し、端末は別に購入してもらう、水平分離型の販売方法が主流だ。だがTONEはスマートフォンとネットワーク、サービスを一体で提供し、全てのサポートをトーンモバイルが請け負うなど、キャリアと同じ垂直統合型の販売手法をとっている。

通信料は月額1,000円と安いが、通信速度は500~600kbpsと低速で、動画の視聴やアプリのダウンロードをする時は別途高速通信ができるチケットを購入する必要があるという点も、独自性の強さを感じさせる。音声通話に関しても、通常の音声通話を利用するには別途料金を支払う必要があり、標準で用意されているIP電話の利用を推奨。IP電話では利用できない緊急通報に関しても、ソフトウェアで対応できる別の手段を用意している。

ハードウェアに関しても、トーンモバイルが提供するスマートフォンは基本的に1機種のみで、カラーもホワイトの1種類のみと選択の余地がない。しかも販売されるスマートフォンはトーンモバイルが独自に開発・調達したオリジナルモデルであり、採用するOSは標準的なAndroidながら、通常のAndroidでは実現できないさまざまな制御ができるよう、独自のミドルウェアを搭載するなど大幅なカスタマイズが施されたものとなっている。

TONEの新機種「m17」。富士通コネクテッドテクノロジーズが製造しているが、トーンモバイル独自のカスタマイズが施されているのが特徴となる

ターゲットはスマホの中心ではない子供とシニア

ターゲットとするユーザー層にも特徴がある。多くのMVNOは、大手キャリアから既存のスマートフォンユーザーを奪う戦略を取っていることから、ターゲットは20~40代くらいの、スマートフォンを積極的に利用する人達が中心となる。だがトーンモバイルは、あえてその中心となる層は狙わず、スマートフォンの利用が少ないとされる子供、そしてシニアをターゲットとしているのだ。

実際、トーンモバイルが力を入れているサービスを見ると、その狙いがよく理解できる。7月25日に同社が実施した発表会では、子育て世代向け女性誌「VERY」とコラボレーションし、親からの要望に応えるべく、中学生までは夜10時から翌日の朝6時まで、スマートフォンを利用できないようロックをかけられる機能を提供することを発表している。子供向けの対応とはいえ、通信事業者が自ら積極的に“通信させない”取り組みをするのは異例中の異例だ。

VERY読者の子育て世代の意見を取り入れ、中学生までは夜10時から翌6時まで、緊急時の通話など一部機能を除き、スマートフォンを利用できない仕組みを設けた

さらに同日には、指定の場所に訪れると、自動的にロックがかかる「ジオロック」機能や、親子で紙に約束事を書き、それを撮影することで、利用時間や使えるアプリを決められる「親子の約束」などの機能を追加したことが発表されている。しかもこれらの機能は独自のハードウェアと連動させていることから、親世代よりもスマートフォンに関する知識を豊富に持つ子供であっても、容易に制限を解除できない仕組みになっているという。

一方シニア向けとしては、やはりスマートフォンに馴染みがなく不安や抵抗感を抱く人が多いことから、安心して利用できる仕組みに力を入れている。フィーチャーフォンからのアドレス帳移行や、リモートなどによるサポート機能を標準で提供するのに加え、最近ではあまり力を入れなくなった紙の説明書に、あえて力を入れて取り組むなど、不安を取り除くための施策に注力している。

TONEではスマートフォン初心者が多いシニアに安心感を与えるべく、あえて紙のマニュアルに力を入れているという

さらにスマートフォンに馴染んでいない人に向け、テキストの入力を音声でしやすくする仕組みを提供するほか、スマートフォンを持って歩くとTポイントが貯まる仕組みなども用意。また離れた場所に暮らす家族に安心感を与えるべく、歩数が一定に達していない場合は家族に通知が届くなど、シニアの見守りに関する機能も充実させている。

MVNOのレッドオーシャン化を見越した戦略

トーンモバイルでは、子供、そしてシニア世代を獲得した後に、スマートフォンのメインユーザーを獲得する考えを持っているとのこと。なぜメインとなるユーザー層ではなく、そうではないユーザー層の獲得を優先しているのだろうか。

そこにはMVNO市場の動向が大きく影響しているようだ。急速に人気を高めているMVNOだが、参入障壁も低いことから、既に600社を超える企業がMVNOに参入しているとされている。それだけ多くのMVNOが参入していることからMVNO同士の競争も激しくなっており、日本通信やNTTぷららなど、コンシューマー向けサービスから撤退するMVNOも徐々に出てきている。

実はトーンモバイルの前身は、インターネットサービスプロバイダー(ISP)大手のフリービットが、独自にMVNOとして展開していた「フリービットモバイル」であり、トーンモバイルの代表取締役社長を務める石田宏樹氏も、元々はフリービットモバイルの社長であった(現在は会長)。現在のMVNO同様、参入障壁が低く多くの事業者が参入したISP事業で勝ち抜いてきた石田氏は、フリービットモバイル時代からMVNOが将来的に価格競争に陥る可能性を予測。当初より端末と通信、サービスを提供する垂直統合型のビジネスモデルを提供するなど、独自色の強いサービスを展開していたのだ。

トーンモバイルの前身は「フリービットモバイル」であり、当時から現在同様、垂直統合型のサービスを展開するなど独自色の強いMVNOとして知られていた

そうした独自色の強いフリービットモバイルが、CCCとの提携、そしてCCC主導のビジネスへと移行したのに伴い、子供やシニアなど従来よりターゲット層を絞り込みつつも、CCCの持つ販売網を生かして拡大する戦略をとるようになった。この独自戦略が功を奏し、例えば子供向けの取り組みに関しては、公益社団法人全国子ども会連合会や東京都などからの推奨を獲得するなど、差異化を図ることには成功しているようだ。

だがいずれはトーンモバイルも、子供やシニアだけでなく、スマートフォンのメインとなるユーザー層を狙いに行くべき時が来る。独自の工夫により、あえてレッドオーシャンを避ける戦略を取り続ける同社だが、今後はより先の市場拡大に向けた展望を明らかにする必要もあるといえそうだ。

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事